名古屋グルメ_本格的な江戸前寿司がリーズナブルに味わえる穴場店。錦3丁目『鮨 古川』/名古屋エリア限定情報(84)

数ヵ月前、一度引退を宣言した寿司職人から電話があった。「60歳になって、もう一度、寿司職人として仕事ができたらと思って……」。また、あの人が握る寿司が食べられると思うと、わくわくした。そして、今年7月1日。中区錦3丁目に『 古川』はオープンした。メニューは「おまかせ」(8000円)のみ……。

名古屋グルメ_本格的な江戸前寿司がリーズナブルに味わえる穴場店。錦3丁目『鮨 古川』/名古屋エリア限定情報(84)

本格的な江戸前寿司がリーズナブルに味わえる穴場店。錦3丁目『鮨 古川』


今年4月、取材に向かう途中に携帯電話が鳴った。

ディスプレイを見ると、懐かしい名前が表示された。

2012年の秋に『おとなの週末』の寿司特集で取材した上前津の『鮨 古川』の大将、山口慶二さんからだった……。

名古屋グルメ_本格的な江戸前寿司がリーズナブルに味わえる穴場店。錦3丁目『鮨 古川』/名古屋エリア限定情報(84)

山口さんは、東京生まれの東京育ち。

実家は寿司屋を営んでいて、若いころには銀座の高級寿司店で修業した経歴を持つ。

しかし、結果的に家業は継がず、縁あって名古屋で寿司職人としての才能を開花させたのだった。


『鮨 古川』は、ネタを熟成させたり、酢や塩で締めたりと、一つ一つにていねいな仕事を施した江戸前寿司。

名古屋にも食べさせてくれる店はあるが、庶民にとっては敷居が高い。

そんななか、上前津という場所柄なのか、『鮨 古川』はかなりリーズナブルだった。

取材後も私は足繁く通うようになった。

名古屋グルメ_本格的な江戸前寿司がリーズナブルに味わえる穴場店。錦3丁目『鮨 古川』/名古屋エリア限定情報(84)

ところが、店が上前津から錦、丸の内へと移転したり、寿司から割烹へと業態が替わったりした。

そのたびに値段も高くなっていき、足が遠のいてしまった。

そして、昨年11月。

あわせて読みたい

気になるキーワード

まとメシの記事をもっと見る 2019年10月7日のグルメ記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「焼き肉」のニュース

次に読みたい関連記事「焼き肉」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「イタリアン」のニュース

次に読みたい関連記事「イタリアン」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「から揚げ」のニュース

次に読みたい関連記事「から揚げ」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

グルメニュースアクセスランキング

グルメランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

SNSで話題のグルメなどおいしい情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。