世界のへんな夜「のっぺり顔が生んだ、奇妙で熱いインドシナの夜」

世界のへんな夜「のっぺり顔が生んだ、奇妙で熱いインドシナの夜」
拡大する(全2枚)

約20年前、世界各地を放浪していた私は、カンボジアの首都プノンペンをひとり歩いていたところ、全速力で走ってきた見知らぬおばちゃんに抱きつかれ……。カンボジアとベトナムを股にかけたインドシナの夜を前編・後編に分けてお届けします。

第二夜「ルーマニアの夜」はこちら!

私、日本人なんだけど……

私は目が細く、顔が平たく、くびれもない。おまけに筋金入りの猫背である。

美人でもグラマーでもないので、道を歩いていて誰かに振り返られたことはまずない。福耳でもなく、お金持ちになるホクロもなく、アジア人顔のなかでもこれといった特徴も個性もない。ないない尽くしではあるが、実はこの顔が旅先ではおおいに威力を発揮するのだ。

なぜなら、二度見するほどの美人が旅先で歩くと目立ってしまうし、悪い男も寄ってくる。だから危機管理を考えると、旅先において目立たない顔はメリットである。もちろん、ヨーロッパの田舎やアフリカのサバンナなどで歩けば、さすがに目を引くが、同じアジアなら現地の人にすんなり溶け込めるのだ。

さて、そんな“地味顔”の私がインドシナへと旅に出た。タイから飛行機でカンボジアへ飛ぶと、20年前ほど前の首都・プノンペンはまだまだ内戦の跡が残っており、街は荒れ果てていた。しょっちゅうホテルの電気や水が止まるし、外に出れば道はボコボコで街は埃だらけ。酒瓶を抱えたおじさんが道端に座り、お金をねだっているし、野良犬もウロウロして、治安はあまりいいとは言えなかった。

この記事の画像

「世界のへんな夜「のっぺり顔が生んだ、奇妙で熱いインドシナの夜」」の画像1 「世界のへんな夜「のっぺり顔が生んだ、奇妙で熱いインドシナの夜」」の画像2
編集部おすすめ

当時の記事を読む

おとなの週末の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

グルメニュースランキング

グルメランキングをもっと見る
お買いものリンク