BiS、“自給自足”で走り抜けたツアーが終幕「しょうがないよねと1ミリも思われたくなかった」【オフィシャルレポート】
BiS『We Gotta Go BiS TOUR』6月9日(日) 東京・代官山UNIT (Photo:大橋祐希)

BiSが、6月9日に東京・代官山UNITで関東ツアー『We Gotta Go BiS TOUR』のファイナル公演を開催した。



BiSは、4月よりマネジメント体制の変更により、BiSメンバーがマネージャーを兼務し、ライブパフォーマンスはもちろん、ライブのブッキング・運営、グッズ制作なとマネジメント業務も行っており、現体制となって初となる本ツアーを自身の力のみで走り抜けた。

会場には、新体制のBiSの勇姿を見届けるべく、全国から研究員が集結し、開演前から熱気が充満していた。



そんなライブの幕開けは、第3期BiSの代表曲「STUPiD」。ライブ開始とともに会場のボルテージは一気に上がり、早速お祭り騒ぎとなる。その後も、現在までにライブで育て上げた楽曲や最新アルバム『NEVERMiND』に収録されているフルカワユタカ(DOPING PANDA)プロデュース「LAZY DANCE」中村弘二(ナカコー)プロデュース「Olenimorph, Ole」など新曲を織り交ぜつつ、ライブ序盤からクライマックスかのような盛り上がりを見せた。



BiS、“自給自足”で走り抜けたツアーが終幕「しょうがないよねと1ミリも思われたくなかった」【オフィシャルレポート】

ライブ中盤には「teacher teacher teacher」「FUCKiNG OUT」「テレフォン」といったキラーチューンを披露。終盤には、ナノ3が「次にやる曲は、『R.U.N』という曲です。

このツアーで本当に研究員と一体になれる曲になったと思っていて、このツアーでとても印象に残っている楽曲です。」と話し、「R.U.N」へ突入した。その後もBiSが誇るエモーショナル楽曲を連投し本編を締めた。



BiS「R.U.N (NEW TYPE Ver.)」オフィシャルオーディオ



アンコールで再登場したメンバーは、それぞれの心境をMCで話した。



クレナイ・ワールズエンド
「このツアーは自分の体感的にあっという間でした。4月から“自給自足”になって、公演ごとにセトリも変えたり、やることが増えて毎日必死でした。でも、自分たちで決めたことだったし、研究員からしょうがないよねと1ミリも思われたくなかったので、今まで以上にBiSの良さを魅せるために全部戦力でやりました。

“自給自足”になって、やりがいしかないし、こんなに夢中になれるものに出会えたことを誇りに思います」



イコ・ムゲンノカナタ
「ツアー初日のワクワクドキドキがつい最近のことのようです。ツアーが終わってしまうことが寂しいですけど、研究員とこんな素敵な空間を作れて本当に嬉しいです。これからどうしていくのか不安でいっぱいで、“自給自足”ってことに対してネガティブな印象だったんだけど、ツアーを通して、“自給自足”って唯一無二だし、BiSにとって強い個性になるなと思っていて、今はポジティブな気持ちです。あと、研究員は大きくて優しくてあったかいパワーを持っていて、そんなパワーに支えられていると本当に気がつきました。いつもありがとう」



ヒューガー
「このツアーは本当にあっという間で、終わるのが寂しくて、終わりたくないです。このツアーが始まる前から、どうやったらみんなを楽しませられるかなとか今まで以上に全員で真剣に向き合ってきました。

今後、晴れの日も雨の日も虹の日もあるけど、BiSの存在や楽曲がみんなの毎日をちょっとでも彩れるように、これからも私たちらしく強く成長していきたいし、そのためにこの先何が起こったとしても全員で乗り越えていきます」



ナノ3
「あっという間すぎる! ツアーが始まる前まですごく怖くて不安でした。“自給自足”という体制になったけど、やりたいことをやれる環境ではあるけど、その分不安になることもありました。全部がうまくいったわけではないけど、メンバーとか研究員の意見とかを聞きながら、今まで以上にBiSのことを考えていけた期間だなと思って。そんな大事なツアーを研究員と作れたこと、本当に嬉しいです。これから、まだまだやりたいことはあるんだけど、それを実現することの難しさを実感していますが、それでもこの5人と、そして研究員と一緒に前に進んで行けたらと思ってます。研究員のみんな、これからも私たちと一緒に歩んでくれますか?」と問いかけると会場から歓声が上がった。



BiS、“自給自足”で走り抜けたツアーが終幕「しょうがないよねと1ミリも思われたくなかった」【オフィシャルレポート】

最後にトギーが、「ツアーファイナルって、いいライブにしなきゃと気合が入りすぎてガチガチになってしまうんですが、“今日は誰よりもライブを楽しんでやるぞ!”と思ってきたんですが、私が一番でしたねー!! 自分が一番だと思う人ー!?」と研究員に投げかけると、会場中から手があがり、今日のライブに対する研究員の充実具合を象徴しているようだった。



続けて、「全力で楽しんでくれて本当にうれしいです。今、BiSは大きく変わっているタイミングで、これからどんな変化になるかわからないんだけど、今後も挑戦して。失敗して。でも、もう1回挑戦してという感じにどんどん良い方向に変化していけたらと思ってます。研究員ともっともっと楽しい時間を過ごせるように、考えて準備して、ライブして、お金の計算もして、物販も運んでという感じで全部楽しみながらやっていくので今後ともよろしくお願いします!」が冗談交じりに話し、会場を盛り上げた。



BiS、“自給自足”で走り抜けたツアーが終幕「しょうがないよねと1ミリも思われたくなかった」【オフィシャルレポート】

アンコールでは、感涙ソング「TOUCH ME」、BiS新時代の代表曲「Sakura」、ラストに「CURTAiN CALL」という流れで“自給自足”ツアーのファイナルを締めくくった。



終演後のMCでは、9月より全国5カ所をまわる全国ツアー『ALL FOR BiS, ALL FOR YOU LiVE』の開催と、6月10日(月) 正午より販売される配信アルバム『NEVERMiND(NEW TYPE Ver.)』の特典付き商品の発売が発表された。



BiS、“自給自足”で走り抜けたツアーが終幕「しょうがないよねと1ミリも思われたくなかった」【オフィシャルレポート】

Photo:大橋祐希



<公演情報>
We Gotta Go BiS TOUR



6月9日(日) 東京・代官山UNIT



セットリスト

M1. STUPiD
M2. BASKET BOX
M3. LAZY DANCE
M4. LOVELY LOVELY
M5. Olenimorph, Ole
M6. DESTROY
M7. thousand crickets
M8. teacher teacher teacher
M9. DEAD or A LiME
M10. FUCKiNG OUT
M11. テレフォン
M12. つよがりさん
M13. R.U.N
M14. イミテーションセンセーション
M15. なまえをよんで
M16. NO CHOiCE
EN1. TOUCH ME
EN2. Sakura
EN3. CURTAiN CALL



セットリストプレイリスト:
https://lnk.to/pl_wegottagobis



<ツアー情報>
ALL FOR BiS, ALL FOR YOU LiVE



9月1日(日)大阪・Live House Pangea
10月6日(日) 宮城・LIVE HOUSE enn 2nd
10月26日(土) 福岡・小倉FUSE
11月3日(日・祝) 愛知・NAGOYA栄R.A.D
12月28日(土) 東京・新宿MARZ



<リリース情報>
『NEVER MiND(NEW TYPE Ver.)』全9商品



発売中
※クラウン ミュージック ストア限定商品



クラウンミュージックストア(murket):
https://crown.murket.jp/



公式サイト:
https://www.brandnewidolsociety.tokyo/