=日本株銘柄フォーカス=【決算メモ】日本電産 <6594>

=日本株銘柄フォーカス=【決算メモ】日本電産 <6594>
=日本株銘柄フォーカス=【決算メモ】日本電産 <6594> (写真=PIXTA) (ZUU online)

■会社予想はコンセンサス下回るも悲観する必要はなし

25日に発表となった日本電産の2016年3月期の営業利益は前期比12.3%増の1245億円となりました。これは業績予想の公表値1300億円を、また今回の決算で初めて明らかにされた社内計画値の1400億円を下回っての着地となりました。

このように公表の業績予想と別の社内計画があるは特段珍しいことではありません。日本電産にも社内計画値があることは知られていましたが、それがいくらかはこれまで知らされていませんでした。

業績予想の公表値も社内計画も下回った前期の営業利益ですが、社内計画値との比較でみればおよそ150億円の下振れとなります。3四半期に50億円、そして第4四半期に100億円ほど計画から下振れたようで、アップルのiPhoneの販売不振による触覚デバイスの低迷やパソコンの販売不振によるハードディスクの下振れなどが影響したとのことです。

2017年3月期の営業利益の会社予想は前期比4.4%増の1300億円です。これはアナリストのコンセンサス予想1450億円程度を下回る水準です。

しかし、前期もそうだったように今期も公表値を上回る社内計画値があると推測され、それはおそらくアナリストのコンセンサス予想に近い数字ではないかと思われます。したがって会社予想がコンセンサス予想を下回ったことを悲観する必要はなさそうです。

日本電産ではHDD用を中心とした小型モータから車載用や家電・商業・産業用へと重点事業のシフトを進めています。2020年に車載用で7000億円から1兆円、家電・商業・産業用で4000-6000億円の売り上げを目指していますが、足元ではそれに向けて順調に受注が積み上がっているようです。

金山敏之(かなやま・としゆき)
マネックス証券 シニア・マーケットアナリスト

あわせて読みたい

ZUU Onlineの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2016年4月27日の経済記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。