企業買収により会社の株価はどうなる?気になるポイントを解説

企業買収により会社の株価はどうなる?気になるポイントを解説
企業買収により会社の株価はどうなる?気になるポイントを解説(写真=PIXTA) ((ZUU online))

新聞でも大きく報道されることがある企業買収。特に大型買収などは世間でも注目を浴びやすく、その後の展開がどうなるのか巷の話題となることもしばしばだ。それでは株価はどうだろうか。保有している株主にとっては、気が気ではないかもしれない。

ここでは、企業買収により会社の株価はどう動くのか、気になるポイントを解説していくことにしよう。

■買収された会社の株価はどうなる?

一般的に、上場企業の買収では証券取引所で値がついている株価をもとに買収価格が決定される。通常は株価に対してプレミアムを上乗せすることで、買収価格が決定される。つまり、市場で評価されている株価よりも買収価格が高いことが多いため、保有する株主にとってはメリットがあるといえる。

2007年以降に行われた買収事例の中で、もっとも買収価格が上がった事例として東宝が、コマ・スタジアムを買収したケースを挙げることができる。2008年7月に公表されたものだが、当時の3ヵ月平均株価が1,670円に対し、買収価格は7,400円の提示だった。プレミアムは+343.11%で、なんと平均株価の4.4倍での買収となったから驚きだ。

このように買収株価が大きく吊り上がるのは、含み益が評価されておらず、資産価値が高いケース、東証2部など投資家があまり注目していない市場に上場しているケース、買収企業にとって是が非でも欲しいケースなどがある。

なお、2007年から2016年7月までの段階で公開買い付け(TOB)を行ったケースの平均プレミアムは+39.45%(計543件)。平均でみても、プレミアムの上乗せ幅がかなり高いことがわかる。ただし、すべての公開買い付けにおいてプレミアムが高いわけではない。そのため、買収されたからといって、株主は必ずしも喜べるとはいえないのだ。

■買収される会社の株価が上がる?下がる?買収する側は?

上記のように、一般的には買収される会社の株価は上がりやすいといえる。通常は、市場でも買収提示価格に近づくように取引される。

ただし、すべてを買い付けないケース(例:30%だけ買い取る場合など)では、必ずしも市場価格が買収価格に近づくとは限らない。なぜならば抽選で外れる可能性もあり、その後の株価が維持できるかどうかがわからないためだ。中には買収後も上場維持するケースがあるが、その後の事業展開がうまくいっていない場合は株価が下がっていくこともある。また、買収価格が低く見積もられることもあり、その場合には市場価格も低下する恐れがある。

それでは、買収する側の株価はどうだろうか。上場企業同士の買収の場合には、買い手、売り手いずれの株価にも注目が集まることになる。市場が買い手を評価する(買収により今後の事業拡大が期待できる)場合には、株価は上昇する可能性が高い。

一方、買収価格が高いケースや企業規模の割にM&Aの規模が大きい場合には、その後の成長に疑問符や不安がつきまとい、市場ではむしろマイナスに評価されることもある。実際、ソフトバンクのボーダフォン買収などの際には、買収規模が大きく、借り入れに対する不安もあったことから、公表時には株価が下がった(その後見直しがされ、評価された)。

このように、買収側の株価は上がるとも下がるとも言えない。いかに市場との対話ができるか、市場との情報の非対称性を取り除くことができるかにかかってくるものと思われる。

■買収による株価変動の要因は最終的には業績次第

買収により、買い手も売り手も株価が変動する。ポジティブな評価ならばプラスに、ネガティブな評価ならばマイナスに評価されることは上記でも説明した。

なお、買収後の株価変動は、市場動向などにも左右される側面があるが、大型買収の場合にはその買収により、売り上げや利益が着実に伸びているのかどうか、投資回収ができているかどうかを市場はチェックしていくことになる。順調に推移している場合には株価も堅調となろう。成功とはいえない場合には株価は低下する恐れがある。

買収によって株価がすぐに上がるとはいえない。仮に評価されてもその後の業績次第では株価が低迷するおそれもある。結局のところ、数年たってみないと評価も定まらないというのが一般的といえよう。 (提供:M&Aアドバイザーズ)

あわせて読みたい

記事提供社から

この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。