マネックス証券が「AIレポート」を無料配信する狙い――Good Moneygerとコラボ

マネックス証券が「AIレポート」を無料配信する狙い――Good Moneygerとコラボ
マネックス証券が「AIレポート」を無料配信する狙い――Good Moneygerとコラボ(写真=ZUU online編集部) (ZUU online)

今春あたりから国内証券会社によるAIを使ったレポート提供が目立っている。大和証券やカブドットコム証券、岡三オンライン証券などは国内について、SBI証券は米国について、それぞれ口座開設者に向けて公開している。

こうした中、マネックス証券は口座開設者だけでなく、誰もが読める形でAIレポートを配信。Webサイトに世界の景況感とそれぞれの地域のや債券、REITへの投資スタンスを配信している。レポート本文についてはスタートアップGood Moneygerによるものという。マネックス証券プロダクト部長の牧 力爾氏にその狙いや背景などについて聴いた。(聞き手:濱田 優ZUU online編集長)

■ここはAIで、ここは人間が

――今年4月から配信を始めたAIレポート、内容はGood Moneyger提供とのことですが、なぜ配信することにしたのか、配信開始後の反響とあわせて教えてください。

おかげさまで問い合わせを結構いただいています。こうしたメディアからの取材もありましたし、同業他社から問い合わせが入るなど、反響はあったと思います。

なぜ配信を始めたかというと、その出発点は単純に(過去ではなく)将来の市場や相場の見通しという投資家なら誰でも知りたいことを伝えられないかというところ。お客様の実際の取引対象としては日本が多いですが、例えば資産形成層のお客様には投資信託をはじめ様々な地域に投資する商品を提供しておりますので、日本に限らず、海外の各地域の景況感もお伝えしていきたいと考えています。

――御社のWebサイトで誰でも読めますが、あらためて内容について教えてください。

まず上からみていくと、「今後1ケ月の世界動向の天気予報マップ」として、1カ月先の景況感を天気予報形式で表しています。ここは世界地図で、景況感が良い地域を「晴」、あまりよくない地域を「曇り」、よくない地域を「雨」とあらわすほか、降水確率も表示しています。月初よりも相場環境がよくなる確率が高ければ、降水確率は低くなる仕組みです。

地図の下のグラフは「Good Moneyger A.I.合成インデックス」。これがAIを活用して生成されたGood Moneyger独自の指標です。地域は「米国」「日本」「欧州」「新興国」に分けていて、それぞれに「地域偏差値」も出しています。単純に高ければ景況感はいいということになります。

2つ並んでいるグラフのうち左側は2007年からのデータ、右側は2016年から現在までの期間をクローズアップしたものです。左側、長期のグラフで08年ごろグラフがグンと凹んでいるところがありますが、これはリーマン・ショックのとき。このグラフはいわゆるバックテストのようなものといえますが、金融危機に対してしっかり反応していることが分かります。

――地域偏差値の横にコメントがありますが、これはAIが書いているわけではない?

残念ながらそこは人が書いています(笑)。指標の生成はAIがやって、それを補完するようなコメントを書くのは人間がやっている。人間だと無意識のうちに自分に都合のいい評価を書いてしまうという可能性もありますが、数値の部分はAIが作っているのでそうした恣意的な余地はありません。

同業他社からの問い合わせもあったとお話しましたが、お話を聞きに来られたのは、ある金融機関の、レポートを書く立場の方ではなく、企画系の部署の方でした。業務改善、効率化につかえないか、AIにレポートを書かせられないかという期待をお持ちだったようです。

当社チーフ・ストラテジストの広木も指摘していますが、市況コメントのように、ある程度定型化できるものはAIで書けるかもしれませんが、まだ現状では人間のエコノミストやストラテジストが書くようなレポートは難しいようです。

レポート一番下の「Good Moneyger A.I. によるアセットスコア一覧」の項目は、上で紹介したインデックスにもとづく景況感にあわせて、各資産、具体的には式、債券、REITについて各地域のパフォーマンスを分析しています。オススメ度合いで◎、〇、△で表現していて、「-」は分析対象外です。

最後に、ここはレポート外ですが、「AIが算出した指標をもとにマネックス証券がおすすめする投資信託」という項目を設けています。ここに載せている投資信託は当社が選んでいます。この手のレポートでおすすめの投資信託まで落とし込んで紹介しているものは他にあまりないと思いますね。

――投資家にしてみれば、この手のレポートを読んで経済の先行き、方向性は分かった、で何を買えばいいの?ってことになります。

公募投資信託が6000あるといわれるなかで、どれを選べばいいのかは難しいと思います。レポートだけで売買判断をされることはないと思いますが、まず絞り込む上で具体的な投資信託がそこにいくつか紹介されていることは、投資判断・行動に資するかと。

――Good MoneygerがAIレポートをまとめて御社のサイトで公開されるまでのタイムラグはどれくらいあるのでしょうか?

実際にはほとんどないですね。レポートの中身には触っていませんから、確認したうえでおすすめの投資信託を選んだり、体裁を整えたりする程度で迅速に出すようにしています。

...続きを読む

あわせて読みたい

ZUU Onlineの記事をもっと見る 2017年11月14日の経済記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。