川崎重工とシスメックス、医療用ロボット本格開発に着手

川崎重工とシスメックス、医療用ロボット本格開発に着手
崎重工とシスメックス、医療用ロボット本格開発に着手(写真=Thinkstock/Getty Images) ((ZUU online 編集部))
       

 川崎重工業 <7012> とシスメックス <6869> は4月2日、両社の合弁会社「メディカロイド」(本社・神戸市)が、医療用ロボットの本格開発に着手する、と発表した。開発から設計、製造、販売、アフターサービスの体制をつくる。
 
 メディカロイド社が産業用ロボットをベースに医療用に応用した製品(アプライドロボット)と、手術支援を目的に新規開発する製品(手術支援ロボット)を開発する。2016年度にアプライドロボットを、19年度に手術支援ロボットを製品として市場に出し、30年度には売上高1000億円を目指す。
  
 メディカロイド社は2013年に設立。神戸医療産業市(ポートアイランド)を拠点に、医療用ロボットの開発に向けたマーケティングに取り組んできた。
 
 これに伴い、川崎重工とシスメックスはメディカロイドに共同で25億円の追加出資を決めた。 増資比率は各50%。産業用ロボットの技術を持つ川崎重工と、医療分野で検査・診断の技術を持つシスメックスの強みを活かすことで、世界の医療産業の発展に寄与を目指すとしている。(ZUU online 編集部)

当時の記事を読む

ZUU Onlineの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

国内ニュース

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2015年4月2日の経済記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。