プラレールの「青」など、色や音の新商標出願は515件に 特許庁

プラレールの「青」など、色や音の新商標出願は515件に 特許庁
プラレールの「青」など、色や音の新商標出願は515件に 特許庁(写真=Thinkstock/Getty Images) ((ZUU online))

 テレビCMなど企業の製品の使われる特徴的な色や効果音などが、4月から商標登録できるようになり、特許庁は4月14日、新しいタイプの商標出願が計515件に達したと発表した。出願が一番多かったのは「色彩」の分野で203件に上った。

 新たに商標登録の対象となったのは、「音」「色彩」「位置」「動き」「ホログラム」の5種類。従来までは文字や図形しか登録できなかったが、今年4月1日施行の改正商標法で新たに追加されることになった。

 特許庁の発表によると、4月10日までの出願状況では、「色彩」の203件が最も多く、ついで「音」の166件、「位置」の106件が続いた。

 「色彩」では、タカラトミー <7867> が列車おもちゃ製品「プラレール」の線路に使っている青色を出願。久光製薬 <4530> は貼付剤「サロンパス」に使っている濃い青色と緑色の組み合わせを、イオン <8267> は企業ロゴなどに使っている明るい赤紫色を出願した。

 「音」では江崎グリコ <2206> がテレビCMで使っている「グ・リ・コ」の旋律を、大幸薬品も <4574> 正露丸のテレビCMで使っているラッパのメロディーを出願した。

 色や音の商標登録は欧米ではすでに浸透しており、世界展開する企業などから国内での導入が望まれていた。(ZUU online 編集部)

当時の記事を読む

ZUU Onlineの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

国内ニュース

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2015年4月15日の経済記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。