東芝が2014年度業績予想を「未定」に変更、不適切会計で

東芝が2014年度業績予想を「未定」に変更、不適切会計で
東芝が2014年度業績予想を「未定」に変更、不適切会計で(写真=Thinkstock/Getty Images) (ZUU online)

 東芝 <6502>は5月8日、2015年3月期(14年度通期)決算の業績予想を取り消し、「未定」にすると発表した。未定としていた期末配当についても無配とした。今年4月に判明した不適切な会計処理の影響を確認しており、現時点で業績が予想できないため。決算発表は6月以降になる見込み。
 
 東芝はこれまでに、一部のインフラ関連工事で工事原価総額が過少に見積もられるなど、会計処理で問題があった可能性を発表している。
 
 同社は同日、第三者委員会設置を公表。これまでの特別調査委員会から調査の枠組みを移行させる。特別調査委員会のこれまでの調査によると、2013年度以前の過年度決算修正を行う可能性が生じているという。
 
 15年3月期の見通しは、営業利益で前期比13.5%増の3300億円などとしていた。

あわせて読みたい

ZUU Onlineの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

次に読みたい関連記事「ソニー」のニュース

次に読みたい関連記事「ソニー」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「三菱重工業」のニュース

次に読みたい関連記事「三菱重工業」のニュースをもっと見る

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2015年5月8日の経済記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。