タコベル、シェイク・シャック…ファーストフード新時代?相次ぐ「黒船」ネクストブームはどこ?

タコベル、シェイク・シャック…ファーストフード新時代?相次ぐ「黒船」ネクストブームはどこ?
タコベル、シェイク・シャック…ファーストフード新時代?相次ぐ「黒船」ネクストブームはどこ?(写真=ZUU online 編集部) ((ZUU online))
       

 海外で人気のファーストフードチェーンが続々と日本に上陸している。今年4月にアメリカナンバーワンのタコス店「タコベル」が渋谷道玄坂に日本1号店をオープン。また、ニューヨーク発のハンバーガーブランド「シェイク・シャック」も16年に都内への出店を控えている。

 「マクドナルド」「モスバーガー」などの国内の大手チェーンが苦戦する一方で、ファーストフード店、カフェなどの業態も含めると空前の新店ラッシュといえる。またこの流れを受け、新たなチェーンの出店も続きそうだ。

◼︎—話題の「あのお店」がついに日本上陸!

 「タコベル」はアメリカを中心に全世界で6,000店舗を展開しているメキシカン・ファーストフード店。1980年代に日本に進出したものの、業績の不振などで撤退しており、今回は「日本再上陸」となる。

 世界的にも人気が高まっているメキシコ料理が手軽に食べられることが人気で、オープン初日は平日にも関わらず、200人の行列ができる盛況ぶりとなった。メニューはトルティーヤに肉やレタスをはさんだ「タコス」、肉とサルサ、ライス、野菜をトルティーヤで巻いたブリトーが中心となっている。価格は単品のタコスが320円、ブリトーが500円、タコス2つにポテトとドリンクの付いたセットメニューが790円。

 日本再上陸にあたり、「牛角」などを展開するアスラポート・ダイニングとフランチャイズ契約を締結。海外ではショッピングモールなどに積極的に進出しており、今後の店舗拡大なども予想される。

 一方、16年に東京でのオープンが予定されている「シェイク・シャック」は、ニューヨーク発のハンバーガーブランド。日本ではサザビーリーグが独占契約を締結し、20年までに10店舗の展開を予定している。新鋭のンバーガーショップとして知られる「シェイク・シャック」は、2004年にニューヨークのマディソン・スクエア公園に第一号店をオープンし、厳選した食材や調理法によるハンバーガーが人気で、現在までに9ヵ国64店舗で展開。日本ではハンバーガー、ホットドックやフローズンカスタード(アイスクリーム)が提供される予定で、価格は未定だがこだわった店舗作りも有名で、やや高級路線のハンバーガーチェーンになることが予想される。

 今回取り上げた2チェーンは店舗の特徴やターゲット層が若干異なるが、いずれもオープン前から話題となり、関心の高さが伺える。

◼︎—なぜ今出店ラッシュなのか?

 新たなチェーンの「上陸」が相次ぐ背景には、食の多様化や新しい外食店に対する期待感などが強まっていることにあるだろう。「タコベル」が以前日本での展開がうまくいかなかった理由として、「ファーストフードはハンバーガーが中心で、タコスはなじみが薄かった」(業界関係者)との声もある。

 メキシコ料理は日本ではあまり一般的ではなかったが、メキシコの隣国であり、多くのヒスパニック系移民を抱えるアメリカでは、メキシコ料理は広く普及している。また、メキシコの伝統料理は、2010年に世界無形遺産に認定されるなど注目を集めている。

 「タコベル」にはアメリカ本国やハワイで体験した層などから日本上陸を待ち望む声も多かったようで、「前回とは全く市場環境が違う」(同)とされている。

 また、「シェイク・シャック」は“こだわり"を売りとしている本格的なハンバーガーを提供する。こちらは、ハワイアンバーガーショップの「クアアイナ」や大人のためのハンバーガーで人気の「ヴィレッジヴァンガードダイナー」、個人オーナー店などのいわゆる「グルメバーガー」の流れだ。“ファースト"ではなくても、おいしいハンバーガーを食べたいというニーズがあり、単品で1,000円以上のメニューでも好調に売れている。

 ただ、もちろん海外で話題のお店を日本に誘致するだけでは、ビジネスとしては成り立たない。これまでも数多くのチェーン店が「上陸→撤退」を繰り返しており、むしろコンビニやカフェチェーンといった新たな競合とも戦うため、明確な戦略が求められる時代となっている。

◼︎—成功の秘訣とは?

新店ラッシュが相次ぐ中、既存のファーストフード店の落ち込みは深刻で、14年度は「マクドナルド」「モスバーガー」も厳しい業績が続いている。

 新規チェーンを成功させるには、「差別化」「出店場所」がキーポイントとなる。現在のファーストフード店の厳しい競争を考えると、原材料のこだわったメニューなどさまざま要素が考えられるが、現在の大手チェーンとの違いを明確に打ち出すことがまずは必要で、さらに一度試して終わりとならず、リピーターや常連客を生み出すように満足度を上げる仕組み作りも欠かせない。

 また、出店の場所も重要だ。ここ最近のトレンドとして出店するエリアが店のイメージを決めるというケースも多い。都内でみると、ポップコーン店やパンケーキショップなど人気のスイーツ店は表参道に集中しており、1号店は違う場所に出店し、その後表参道に参入するというケースも少なくない。

 一方ファーストフード店は、渋谷、六本木での出店イメージが根強いが、その周辺の原宿、恵比寿、外苑前なども人気だ。ただ、現在東京のイーストサイドもカフェの出店が増えており、好立地の場所を探すことは容易ではないが、それが人気店へのステップの一つとなる。

◼︎—次に上陸が噂されるのは?

 “黒船来襲"のような様相を呈している日本のファーストフード市場だが、世界、特にファーストフード大国のアメリカには日本未上陸のチェーンも多い。

 ハンバーガーチェーンでは「カールス・ジュニア」や「ジャックインザボックス」、カリフォルニア発祥の「In-N-Out Burger」、ローストビーフで有名な「アービーズ」などで、過去に日本へ進出したものの、その後業績不振で撤退というチェーンも多い。今後さらに上陸のある店の可能性としては、まだ日本では店の少ない「本格志向」もしくは「ナチュラル志向(オーガニック)」などの特徴を持つチェーンが有力だ。

 また、ハンバーガーに限らず、サンドイッチやピザといったカテゴリーフも拡大が期待されている。特にサンドイッチは、本格的なサンドイッチを作る個人オーナーの店などが徐々に増えている。日本では、「サブウェイ」が有名だが、イギリス発祥のサンドイッチチェーン「PRET」の再上陸などの可能性もある。また、こちらも過去の撤退組であるが、「ダンキンドーナツ」はメインのドーナツのほかフードメニューもあり、再上陸を求める声も多い。いずれにせよ、景気もやや上向きつつある中、外食産業の起爆剤となるような新たな動きに期待したい。(ZUU online 編集部)

当時の記事を読む

ZUU Onlineの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

国内ニュース

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2015年5月16日の経済記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。