フラット35でリフォーム一体型ローン開始 住宅金融支援機構

フラット35でリフォーム一体型ローン開始 住宅金融支援機構
フラット35でリフォーム一体型ローン開始 住宅金融支援機構 (ZUU online)

 住宅金融支援機構は「フラット35(リフォーム一体型)」の取り扱いを4月20日から開始した。

 住宅購入資金とリフォーム資金をまとめて借り入れできるようにしたものとしては「フラット35」では初。中古住宅の購入と併せて行うリフォーム工事が対象で、強まるリフォーム一体型の住宅ローンのニーズに対応した。

 これまではリフォーム工事の費用でフラット35を利用することはできず、中古住宅の購入費用としてフラット35を利用する場合でも、フラット35の技術基準に適合することが前提となっていた。

 しかし「フラット35(リフォーム一体型)」では、リフォーム工事により当該技術基準を満たせば、中古住宅の購入とリフォーム工事で必要な資金の両方でローンを組める。

 住宅購入とリフォームの総費用で低金利・長期間返済できる住宅ローンが実現したことで、返済期間が短く金利も高いリフォームローンと二重に払うより、毎月の返済額が抑えられる。より条件が厳しいが当初5年または10年金利を引き下げる「フラット35S」でも適用される。(提供:リフォーム産業新聞)

あわせて読みたい

ZUU Onlineの記事をもっと見る 2015年5月22日の社会記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら