東証1部上場・M&Aキャピが乗り越えた倒産の危機の原因とは?

東証1部上場・M&Aキャピが乗り越えた倒産の危機の原因とは?
東証1部上場・M&Aキャピが乗り越えた倒産の危機の原因とは?(写真=Thinkstock/Getty Images) (ZUU online)

 国内の数多くの企業が成長の加速や海外展開を強化させていく方法の一つとして活用を進めている合併・買収(M&A)。事業承継の一手段としても存在感を増しており、注目度も非常に高い。

 この仲介を事業にしている一社がM&Aキャピタルパートナーズ <6080> (M&Aキャピタル)だ。2005年に、現在も代表取締役を務める中村悟氏が設立し、2013年11月には東証マザーズに上場。2014年には東証1部へ市場変更するなど、順調に事業展開を進めてきたが、何度も危機に直面してきたという。

 そこで今回は、同社の東証1部上場記念セミナーでの、中村氏の講演から、M&Aキャピタルの合併・買収仲介事業の軌跡を振り返る。

■資本金300万円・オフィスは間借りだった創業当初

 中村氏が講演で語ったところによれば、積水ハウス <1928> でおよそ10年間、勤務する間に、「M&Aは、自分が考えもしなかったスピードで経済的インパクトを与えている」ことを知ったことが、M&Aの仕事に取り組もうとしたきっかけ。

 だが、銀行や証券会社のM&Aの部隊では、「30歳過ぎで、ハウスメーカーで勤務していたような人は採用してくれない」ため、自身での創業を決断したという。

 中村氏は「経験者しか採らない業界なのだ。ここは自分で参入するしかなく、資本金300万円、常勤は私一人という状況で会社をスタートさせた」と当時を振り返る。

 同氏は当時を、すでに結婚もしており、オフィスを借りたり、従業員を雇う資金もなく、知り合いの会社のオフィスで、毎月5万円で間借りをしていたと描写。自社の社名を名乗れる電話番号と机を借りて、知人の会社のオフィスに出勤するところが、『M&Aキャピタルパートナーズ』の出発点だという。

金融業経験者を集めるも定着せず

 間借りしているような小さなM&A仲介として、中村氏が超えなければならない壁は多かったようだ。同氏も「独立してはじめてわかった」と言及しており、実績や信頼、知名度がないとまったく相手にしてもらえなかったという。

 中村氏自身は「わかっていたら怖くて独立できなかった。全然相手にしてもらえない。会社の譲渡を相談する相手、社員にも言えないことを相談する相手なのだから当然のことだ。聞いたこともない会社や作って間もない会社には相談したくはないだろう」と語った。

 さらには、M&Aキャピタルの組織の構築も困難にぶつかった。中村氏は「会社概要を立派にしないとこの業界では生き残れないと強く思い」、金融業界でのキャリアを持つ人材を採用していったものの、固定費がつみ上がり、現金が流出。創業2期目には、あと1~2カ月で倒産という危機的な状況にまで陥ったという。

 当時、同社の危機を救ったのがベンチャーキャピタル。中村氏は「その頃はまだベンチャーキャピタルが元気で、潰れかけの会社の価値を4億円と評価して、20%の8000万円を投資してくれた。その資金でまた金融キャリアの採用に走り、会社はそれなりに立派になった」が、仕事が一緒についてくるわけではなかったという。

 続いて何が起こったかというと結局、キャッシュがまた流出してしまい、3期目の終わりにはまた倒産寸前に。家賃も払えず、社員の給与も払えない上に、1億円以上の個人保証もあったという。その危機的な状況について「いよいよ自己破産かと考えて、自己破産後の人生を調べたりもした。街を見ても空を見ても、帰って妻の顔を見ても、どこかで資金繰りの恐怖がぐるぐる回っているという経験をした」と中村氏は語った。

 しかし、その頃、一生懸命集めた金融キャリアはほぼ全員が転職し、誰も残らなかったという。

■ノウハウ吸収が事業安定化へ貢献

 だが、同氏によれば、4期目に入ると状況も変わったという。というのも中村氏や一緒にビジネスに取り組んでいたメンバーらが、金融業での経験を持っていた人材らのおかげで、社内に積み上げてきたノウハウを自力で回せるようになり、ようやく仕事ができるようになった。その後は、増収・増益を続けてきたという。

 また、厳しい経営成績も経験したことを踏まえて、中村氏は「マザーズに上場するときに、社員全員で東証アローズの、社名や株価の表示が回転しているところで、東証の常務から上場通知書をもらうという瞬間があった。資金繰りが上手くいかずに何回も潰れそうになった瞬間や、一緒に頑張ってくれた古いメンバーのこと、離れていったメンバーとその時の辛さなど、いろいろな思いがこみ上げて、ようやくこれで市民権を得て仕事ができると涙が止まらなくなった」などと語った。(ZUU online 編集部)

あわせて読みたい

ZUU Onlineの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2015年7月9日の経済記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。