欧米大手保険グループの海外事業展開とその収益状況について

欧米大手保険グループの海外事業展開とその収益状況について
欧米大手保険グループの海外事業展開とその収益状況について(写真=PIXTA) (ZUU online)

■欧米大手保険グループの海外における生命保険事業展開はどのような状況(規模・収益)にあるのか

 欧米の大手保険グループは海外での生命保険事業展開を積極的に進めている。このレターでは、各社の地域別の保険料や営業利益等の実態がどのような状況にあるのかを2014年度末のAnnual Report等に基づいて報告する。

 以下の報告においては、例えば保険料の地域別内訳のベースが各社毎に異なっていたり、地域区分の考え方も各社独自の方式によっている等、各社の公表データのベースが必ずしも統一されていないため、厳密な意味での各社間の比較等を行うことはできないが、筆者の判断で一定の前提をおいて、比較可能な数値を作成して分析を行っている。

■欧州大手保険グループの海外進出状況-各社間比較-

 ここでは、欧州の大手保険グループ各社の海外進出状況の比較を行うために、保険料と営業利益の地域別分布状況を見てみる(*1)。まずは、保険料の状況を見てみる。ここでの保険料の数値には、ユニット・リンク等の投資型保険からの収入が反映されていないが、会社間の規模や地域間の分布状況を見るための1つの基準として採用している。

 これによれば、各社毎に状況は異なっているが、各社とも自国以外からの保険料が一定の規模を有してきている。AXAは米国とアジア・太平洋での保険料の構成比が10%を超えている。Allianzは自国のドイツでのウェイトが高いが、ドイツ以外の欧州が25%の構成比を占めている。Generaliはイタリアに加えて、イタリア以外の欧州での構成比が高い。Prudentialは米国とアジアの構成比が高く、自国の構成比は22%でしかない。

 次に、営業利益の地域別内訳を見てみる。大きくは、保険料と傾向は変わらないが、営業利益ベースでは、AXAにおいては米国とアジアの構成比がさらに高くなっており、これら2つの地域で45%を占めている。Allianzにおいても、米国の構成比が20%と高くなっている。

 このように営業利益ベースでみると、米国とアジア・太平洋の位置付けがさらに高まる傾向が見られる。なお、Prudential以外の3社においては、自国以外の欧州の営業利益がほぼ自国と同程度かそれ以上となっている。

■欧州大手保険グループの海外進出状況-各社別-

 ここでは、欧州の大手保険グループについて、保険料や資産に加えて、営業利益やEV(Embedded Value)(*2)の状況を地域別に見てみる。地域別の収益配分等も各社毎の考え方に基づいているが、各国における子会社毎や各社間の収益状況の差異等を一定程度見てとれるものと考えられる。

 なお、ここでは、上記の4社の他に、データ制約上の理由等から比較表には加えられなかった、Zurich(スイス)とAegon(オランダ)の2社についても、欧州の他の保険先進国を代表する保険グループとして含めている。

◆AXA

 AXAの営業利益は、自国のフランスと自国以外の欧州、米国、日本を含むアジアでそれぞれほぼ1/4を占めている。AnnualReportによれば、自国のフランスでのシェアは第3位であるものの、最大の米国市場でトップ20に名を連ねている他、スイスやベルギーに加えてインドネシアやタイ等で10%を超えるシェアを有して、トップ3の会社となっている。

 なお、新契約価値ベースでみると、日本を含むアジアが4割を超える構成比となっている。因みに、AXAはEVレポートの中で資本収益率(ROE)を開示しているが、その地域別の状況は以下の通りである。これによれば、アジアや中南米等の新興地域での資本収益率が相対的に高くなっている。

◆Allianz

 営業利益では自国のドイツが4割弱を占めているが、フランスやスペイン、イタリア等の主要国からも高い収益を上げており、欧州全体で3/4の構成比となっている。米国の子会社もトップ20に入る等有意なプレゼンスを有しており、その構成比は20%となっている。さらに新契約価値ではアジア・太平洋が12%を占める等、最近はアジアの位置付けが高まってきている。

◆Generali

 Generaliは欧州中心に事業展開をしている。自国のイタリアに加えて、ドイツとフランスで高い構成比を有しているが、さらにその他の欧州における構成比も高いものとなっている。他の欧州大手保険グループ3社に比べて、欧州域外でのプレゼンスは今のところ高くない。なお、Generaliは、過去に保有していた米国の生命保険事業等を売却している。

◆Prudentialplc

 Prudentialは自国の英国に加えて、米国のJackson National Group及びアジアにおいて積極的に事業展開している。収入保険料や営業利益は米国でのウェイトが最も高いが、将来の利益に基づくEEVや新契約価値ベースではアジアの位置付けが最も高いものとなっている。なお、新契約の年換算保険料では、アジアがほぼ5割を占め、主要各国で有意な水準を計上している。

◆Zurich

 ZurichもAXA同様に幅広く海外展開を進めている。欧州では、自国のスイス以外に、ドイツや英国から高い営業利益を上げている他、スペイン、イタリア、アイルランド等からの営業利益も有意なものとなっている。ただし、こうした欧州からの構成比は全体の2/3であり、残りの1/3は米国、中南米、アジア等が占めている。特に中南米の位置付けが高いのが特徴的である。

◆Aegon

Aegonも保険料、基礎利益及び資産で見ると、自国のオランダの構成比が3割弱で、英国も2割程度を占めているが、米国を中心とした北米・中南米の構成比が5割程度と高くなっている。

■北米大手保険グループの海外進出状況-各社別-

 北米の大手保険グループもアジアや中南米等を中心に海外展開を積極化させている。欧州の大手保険グループと比較して、公表されているデータが限定されているが、各社のAnnual Report等によれば、以下の通りとなっている。

◆MetLife

 保険料及び営業利益(税引後)で見ると、北米の構成比が7割程度と圧倒的に高いが、北米以外のアジア、中南米、EMEA(欧州・中東・アフリカ)も約1/3(アジアで2割弱、中南米で1割弱)を占めている。

◆PrudentialFinancial

 Prudential(米国)は、地域別ではなく、事業種類別のセグメントに基づいた数値を開示している。これによれば、国際保険セグメントが保険料及び営業利益ともに約5割程度と高い構成比になっている。

■まとめ

 以上、欧米の大手保険グループの海外事業展開の状況を見てきた。各社の海外事業展開の方針等は必ずしも一律ではなく、各社毎に重点を置く事業種類等も考慮した上で、地域選定等に特徴を有した形になっている。その中には、積極的に海外進出するだけでなく、一旦進出した地域からの事業撤退等を行うケースも含まれている。

 ただし、各社とも、米国・日本・欧州の自国以外の保険先進国への進出を通じて、自国以外でも一定規模の収益を確保してきている。特に、ここで取り上げた保険グループでは、Generaliを除いては、各社とも米国での一定のプレゼンスを有し、高い収益を上げてきている。

 さらには、これらの地域に加えて、アジアや中南米等での展開を積極的に進めることで、収益機会を拡げてきている。今後の欧米大手保険グループの海外事業展開の動向については引き続き注視していくこととしたい。

(*1)地域区分は基本的に引受会社の所属国に基づいている。
(*2)欧州大手保険グループは、EEV(ヨーロピアンEV)とMCEV(市場整合的EV)のいずれかに基づくEV(Embedded Value:エンベデッド・バリュー)を公表している。

中村亮一
ニッセイ基礎研究所 保険研究部

あわせて読みたい

ZUU Onlineの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2015年9月29日の経済記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。