FinTech協会、スタートアップ20社などで1日設立 省庁への働きかけやビジネス創出を

FinTech協会、スタートアップ20社などで1日設立 省庁への働きかけやビジネス創出を
FinTech協会、スタートアップ20社などで1日設立 省庁への働きかけやビジネス創出を(写真=ZUU online編集部) ((ZUU online))

 金融業界でITを活用して新たなサービスを生み出したり、既存のサービスを改善したりする動き「FinTech(フィンテック)」の流れが日本でも強まるなか、金融機関や関連企業のオープンな活動を支援する団体、一般社団法人FinTech協会が10月1日、発足する。代表理事はメリービズの工藤博樹、インフキュリオン・グループの丸山弘毅両代表取締役(上写真左から5、6人目)が務める。

■スタートアップ20社などで活動開始

 発足当初、協会はスタートアップ20社ほか一般企業や個人などで構成される。バンクガード、boku、Credorax、クラウドキャスト、クラウドクレジット、インフキュリオン、カンム、Kraken、Kyash、Linkage、Liquid、MakeLeaps、メリービズ、MoneyTreeやお金のデザイン、One Tap BUY、Orb、Paidy、ペイオニア、バリューデザインなどが参加している。国内外の関連団体との情報交換や協力のための活動を通じ、FinTechエコシステムの活性化、世界の金融業界における日本のプレゼンス向上などをめざすという。

 活動については、経産省や財務省、金融庁などの関係省庁や全国銀行協会などの関係団体との連携や意見交換、ビジネス機会創出のための活動、FinTechに関わる調査研究や情報発信などを行う予定。今後月1回程度、会合などを設ける。

 2014年10月から定期的に実施しているコミュニティ活動「FinTech Meetup」が土台となってできた協会。理事にはマネーツリーのマーク・マクダッド取締役、ペイオニア・ジャパンのナタリー志織フレミング社代表取締役、森・濱田松本法律事務所の堀天子パートナー、bokuの依田寛史カントリーマネージャー、お金のデザイン北澤直取締役COO、Kyashの鷹取真一社長、クラウドキャストの星川高志社長が名を連ねている。

■小さなシェアを取り合うのではなく、FinTechのエコシステムをつくる

 発足前日の30日、FinTech MEETUPで会見した工藤、丸山両代表理事は、「ベンチャー、大企業など規模を問わず、イノベーションを起こしたいという会社には参加して欲しい。しっかりと議論をしていく場所にしたい」と意気込みを語り、「日本でも個社のレベルでFinTechの取り組みは進んでいるし、いろんな意見が出てきている。これらをもっと社会に認知してもらい、大きな議論に取り入れられるようにしていくことが第一ステップ」と述べた。

 さらに同じジャンルから複数の企業が協会に参加することもあり得るが、「ベンチャー同士、小さなシェアを取り合っても仕方ない。競合であっても新しいサービスを生み、FinTechのエコシステムをつくっていこうという会社には積極的に参加してもらいたい」と話していた。

 金融庁企画課信用制度参事官室の神田潤一企画官が祝辞を述べた。同室は金融審議会のワーキンググループの事務局を務めたこともあって、FinTech関連の動きをカバーしているといい、「金融庁として、FinTechに関わる企業や個人の取り組みをどうサポートするのか、金融機関の取り組みにどうつなげていくのかという観点で議論を進めてきた」などと話していた。 (ZUU online 編集部)

あわせて読みたい

ZUU Onlineの記事をもっと見る 2015年9月30日の経済記事

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。