これなら失敗しない!「カレンダー投資」で株主優待と賢く付き合う

これなら失敗しない!「カレンダー投資」で株主優待と賢く付き合う
これなら失敗しない!株式投資~株主優待の賢い付き合い方(写真=Thinkstock/Getty Images) (ZUU online)

■木村佳子の「元祖カレンダー投資入門」(1)
 上場企業の3社に1社は株主優待を実施している今。その株主優待に注目した投資はすっかりお馴染みとなっていますね。忙しく売買するデイトレードの対極として優待をもらいながらゆったりと株式投資を楽しむのは「急がば回れ」で意外と投資成果が良好なものです。

 さて、そんな株主優待投資ですが、ここに「失敗しにくいポイント」を盛り込み、「カレンダー投資法」と名ずけたユニークな投資方法があるのをご存知ですか?

 1997年に私が編み出し、雑誌等で発表したもので、今では優待好きな投資家にすっかり定着しています。最初は日経マネーに寄稿し、その後、一大ブームになってムックにもなりました。以来、18年。知る人ぞ知るこの投資法ですが、今回は改めてじっくりそのやり方をご紹介しますね。

■「カレンダー投資法」を編み出した背景
 私が「カレンダー投資法」を編み出した背景には、個人投資家が株式投資で失敗する例をたくさん見てきたからでした。従来の株式投資は「買って」「売って」のタイミングをどう判断するかが難しく、うまくできないと「売るに売れない塩漬け株」をたくさん抱えることになります。

 そして、損を回収しようとして、相場がどう動くのかを張り付いて観察することになり、株価を動かす要因の研究にも時間をとられることに。すると旅行にもいけないし、そもそも忙しい人には無理ということになってしまいます。

 また、個人投資家のほとんどは株式投資のプロセスではリッチなのですが、結果的には株式投資をする前よりも資産を減らしているというケースも多いのです。

■逆転の発想から導き出した投資法
 「なぜ個人投資家は株式投資で結果的に損をするのか?」と観察を続けました。すると、「株は儲かるものだ」という前提で株式投資をしていること。そして、過去の大儲け経験が成功体験となって、負け始めるとどうにかして過去の栄光に戻そうとして損に損を重ね、最後は投資資金を無くすか寿命が尽きるケースに陥ることがわかりました。

 そこで逆転の発想をしてみたらどんな投資になるのだろう? そう思って導いた結果、たどり着いたのが「カレンダー投資法」でした。

■大きく下げたあと横ばいで推移している銘柄を探す
 「カレンダー投資法」は、まず、いったん大きく下げ、ある程度、時間がたってチャートが横ばいになっている銘柄を探すところからはじめます。タイミングを狙って投資する人からは横ばいチャート形成銘柄は敬遠されます。理由はいつ上がるかわからず、効率が悪いからです。彼らはすぐ上がりそうな銘柄を探しているのですでに上昇トレンドを形成しているチャートの銘柄を探します。

 しかし、ここでも逆転の発想です。大きく下げた後、いつ上がるかわからないような横ばいチャートを形成しているということは少なくとも下げ止ったとみなすことができます。また、タイミング投資を目指す投資家の買いが入らないぶん、株価が安定しているので、初心者や忙しい人が「成行買い(価格を指定しないで買う方法)」をしても突拍子もない値段で購入するリスクが少ないといえます。

■倒産しないビジネスモデルか確認する
 横ばいチャートの銘柄をピックアップしたら、配当や優待の株主・権利確定日を調べます。今では検索エンジン(例:Yahoo!)などで簡単に権利確定日がいつなのかを調べることができます。

 その上で、つぶれそうもないビジネスモデルかどうかを検討します。配当や優待をもらいながら上昇を待つので一定期間、倒産しない会社かどうかは重要です。

■権利確定日・チャート・事業内容の3点をチェック
 さて、自分のメガネにかなった会社が見つかったとしましょう。仮に3月、9月に配当、優待の権利確定日を設けているA社と5月、11月に配当、優待の権利確定日を設けているB社があるとします。この2社の株を買ったとしたら、年に4回の配当と優待を受け取れる計算になります。つまり、1月(7月)、2月(8月)、4月(10月)、6月(12月)タイプの銘柄を全部そろえた場合は次のようになります。

 株主優待と配当の権利確定日、チャート、事業内容の3点をチェックし、決算月をずらせて好きな銘柄を6銘柄選び、一社ずつ投資して、一年中なにかしらの優待+配当をもらいながら所有株の上昇を待つこの投資方法を講演や原稿で紹介しています。今回は、どうして株主優待に注目した「カレンダー投資法」を提唱したのか? についてお話しました。まずは、3つのポイントを掴んで頂けたらと思います。(ZUU online 編集部)

あわせて読みたい

ZUU Onlineの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

次に読みたい関連記事「株式」のニュース

次に読みたい関連記事「株式」のニュースをもっと見る

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2015年10月30日の経済記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。