Appleの歴史家が指摘「成功しているスタートアップの大半は米ゼロ金利が生んだ雑魚」

Appleの歴史家が指摘「成功しているスタートアップの大半は米ゼロ金利が生んだ雑魚」
Appleの歴史家が指摘「成功しているスタートアップの大半は米ゼロ金利が生んだ雑魚」(写真=Getty Images) ((ZUU Online))

 故スティーブ・ジョブス氏が「Appleの歴史家」と称えた世界的ベンチャー・キャピタリスト、マイケル・モリッツ氏は、投資家達がスタートアップを必要以上に持ちあげる最近の傾向に眉を寄せている。「本物選び」に関しては相当厳しい慧眼を持っているようだ。

■「成功しているスタートアップの大半はバブルだ」

 モリッツ氏が率いる米セコイア・キャピタルは、1兆5000億ドル(約183兆7178億円)の資産を運用する世界最大のプライベート・ファームだ。Google、PayPal、Yahoo やLinkedInを発掘したモリッツ氏の「未来の大企業」を見極める能力に、世界中の投資家が一目以上のモノを置いているのも当然だろう。

 2013年に投資したSquare、WhatsAppを始めとする9つの企業が、翌年米経済雑誌フォーブスの「最も成功したベンチャー企業」に選ばれるなど、快挙につぐ快挙を成し遂げている。

 こうした背景からスタートアップの発掘に熱心なモリッツ氏の姿勢が伺われるが、「発掘作業」はあくまで投資ビジネスの一環であり、シリコンバレーやユニコーンといった名称に踊らされる様子は一切見られない。

 モリッツ氏にとって企業価値10億ドル(約1224億7850万円)以上のスタートアップの多くは、「サブプライム」であり、「米国のゼロ金利政策が生み落とした雑魚としか思えない」という。

■スタートアップに飛びつく投資家達を批判

 シリコンバレーの盛況が長期的なものなのか、あるいは単なるバブル期なのか−という点について、モリッツ氏は「我々はバブル期に突入しているだけだ」と、冷静に状況を分析している。

 検査技術疑惑でシリコンバレーのトップ企業の座から転落した米臨床検査会社セラノスなどを例にあげ、大手企業と比較するとスタートアップに対する投資家の圧力が弱いことを指摘。

 テクノロジーの知識に欠落した、あるいは過去の失敗から学ばない多くの投資家が、「テクノロジーのスタートアップと聞くだけで、大金を投じる傾向にある」と批判的だ。

■ファーガソン元監督との執筆活動に注力

 こうした鋭い洞察力を意外な方向に活かしたモリッツ氏は今、友人である英マンチェスター・ユナイテッドFCの元監督、サー・アレックス・ファーガソン氏との共同執筆活動に力を注いでいるようだ。

 「ファーガソン氏がどのようにチームを勝ち組に育てあげたか」という点に焦点を絞った内容だというが、就任当初は負けチームだったマンチェスター・ユナイテッドをトップに引き上げたファーガソン氏の手腕と、投資界の勝ち組であるモリッツ氏の才覚には、共通する点が数多くあるのだろう。 (ZUU online 編集部)

あわせて読みたい

ZUU Onlineの記事をもっと見る 2015年11月25日の経済記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。