電話やメールなど内勤型営業「インサイド・セールス」に投資集中 オラクルやLinkedInも運営

電話やメールなど内勤型営業「インサイド・セールス」に投資集中 オラクルやLinkedInも運営
電話やメールなど内勤型営業「インサイド・セールス」に投資集中 オラクルやLinkedInも運営(写真=Thinkstock/Getty Images) ((ZUU online))

 外回りなどの外交的営業活動を指す「フィールド・セールス」に対し、電話、eメール、DMなどを通して行う内勤営業活動を「インサイド・セールス」と呼ぶ。一見アナログ的な営業手法という印象を受けるが、テクノロジーを屈指したクラウドベースをウリとする企業もあり、効率的に潜在的ニーズを発掘している。

 ビジネス業界はシリコンバレーやスタートアップの話題であふれ返っているが、縁の下の力持ち的存在である「インサイド・セールス」についてはほとんど語られることがない。しかしテクノロジーとは切っても切れない関係にあるインサイド・セールスへの投資が、近年盛り上がりを見せている。

■リターンが約束された堅固な投資対象

 最先端のテクノロジーそのものを提供する分野の華やかさには欠けるが、ここ数年間で需要と供給が急増している注目分野である。

 米市場調査会社スポーク・インテリジェンスの最新レポートによると、1995年にはわずか13社だったインサイド・セールス・スタートアップは、過去10年間で317社に増加。25年間で総額97億ドル(約1兆1104億円)の調達資金から、770億ドル(約9兆5003億円)の貸借対照表価額を弾き出しているという。

 スタートアップの代表分野ともいえるテクノロジー・イノベーションを専門とする企業が、2013年の350社から2年間で1876社にまで増加した(情報源:チーフ・マーケティック)事実と比較するとインパクトの強さではかなわないが、莫大なリターンを投資家にもたらす業種ではない反面、確実に実になる堅固な投資対象であることは間違いない。

■投資総額1730億円 データ視覚化と電子署名が一番人気

 意外なことにIBMやMicrosoftといった国際的大企業も、設立当初はテクノロジーのインサイド・セールスを主要分野にしていたが、その後多様な分野に枝分かれする形で現在の地位を確立している。

 そのほかLinkedInやオラクルなど、テクノロジーのインサイド・セールスをサイド・ビジネスとして運営している企業が多数存在していることから、今やテクノロジー企業とインサイド・セールスは想像以上に深い共存関係にあることが読み取れる。

 マーケティング・コンサルティング会社、Caキューブのニコラス・コーチコブスキーCEOは、「過去3年でテクノロジーのインサイド・セールスへの資本投資が著しく増加した」という。特にデータ視覚化と契約書および電子署名への関心が高まっており、投資総額14億ドル(約1729億9100万円)のうち、それぞれ6億5000万ドル(約801億9732万円)が投じられている。 (ZUU online 編集部)

あわせて読みたい

ZUU Onlineの記事をもっと見る 2015年12月16日の経済記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。