日経平均大引けは大幅反落、前営業日比347円安の1万8883円

日経平均大引けは大幅反落、前営業日比347円安の1万8883円
日経平均大引けは大幅反落、前営業日比347円安の1万8883円(写真=Thinkstock/Getty Images) (ZUU online 編集部)

 12月14日の東京株式市場で、日経平均株価は前営業日比347円06銭安の1万8883円42銭と大幅に反落した。終値が1万9000円を下回るのは11月4日以来、約1カ月半ぶり。
 
 原油安を背景とした先週末の欧米株安や円高・ドル安進行の影響で、投資家心理が悪化。運用リスクを回避する売りが広がった。下げ幅は一時、600円を超える場面もあった。(ZUU online 編集部)

あわせて読みたい

ZUU Onlineの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

次に読みたい関連記事「株式」のニュース

次に読みたい関連記事「株式」のニュースをもっと見る

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2015年12月14日の経済記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。