中国政府がビットコイン採掘用の電力価格吊り上げ、BCは200ドル以下に下落?

中国政府がビットコイン採掘用の電力価格吊り上げ、BCは200ドル以下に下落?
中国政府がビットコイン採掘用の電力価格吊り上げ、BCは200ドル以下に下落?(写真=Thinkstock/Getty Images) (ZUU online 編集部)

「中国政府がビットコイン採掘用の電力価格を吊り上げ、ビットコインは200ドル以下まで下落し、独自の仮想通貨を採用する国がでてくる」「レンディング・プラットフォームの勝者と敗者が明確になる」と--。こんな予測を立てているのは、スペイン最大手のサンタンデール銀行が主催するFinTechプロジェクト、「サンタンデール・イノベンチャーズ」を手掛けているパスカル・ブービエ氏だ。

米投資会社ルート66ベンチャーズをトップ10グローバルFinTech企業に押し上げたブービエ氏はさらに、消費者信用重視で地盤の緩いオルタナティブ・レンディング・プラットフォームが苦戦を強いられる一方で、アリババやAmazonといった強者のSMEレンディング(中小企業向け融資)の需要が伸びるといった予想も立てている。

■AppleとFacebookはペイメント事業強化

ブービエ氏の予言は以下のようなものがある。

「不履行に陥った住宅ローンの肩代わりを専門とするスタートアップが出現する」

「保険業界は銀行同様、イノベーションに着手するも消化不良のまま、スタートアップに美味しいトコどりを許すという1年に。ウェルス・マネージメントではB2Bスタートアップが大活躍」

「Apple Payの成功に気をよくしたAppleは、ペイメント分野に次々投資。FacebookやAlphabetも負けじとペイメントに力を入れるだろう」

■FinTech勢力はロンドンからNY、シンガポールへ枝分かれ

FinTech業界自体の動きについては、中心地ロンドンからニューヨーク、シンガポールへと枝分かれしていくと見込んでいる。

「シリコンバレーの投資家達によるFinTech熱はピークを過ぎるが、NYのベンチャーキャピタルなどが後を引き継ぐだろう」

「FinTechは引き続きロンドンがリードするが、シンガポールに戦略的環境アセスメン卜(SEA)FinTechハブが一躍注目を浴びる」

「英国に続いて米国の銀行もスタートアップ支援を開始する」

果たしてこうした予測が当たるかどうか--。(ZUU online 編集部)

あわせて読みたい

ZUU Onlineの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

次に読みたい関連記事「ビットコイン」のニュース

次に読みたい関連記事「ビットコイン」のニュースをもっと見る

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2016年1月7日の経済記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。