【米国株MarketPickUp】原油価格動向やイエレン議長の議会証言を見極める展開に

【米国株MarketPickUp】原油価格動向やイエレン議長の議会証言を見極める展開に
【米国株MarketPickUp】原油価格動向やイエレン議長の議会証言を見極める展開に(写真=PIXTA) (ZUU online)

■先週の米国株式市場

 原油価格の下落や利上げ可能性上昇で大幅反落

◆先週の概況

 先週の米国株式市場は、ダウ平均が週間で261ドル安と反落しました。下落要因としては、WTI原油先物価格が一時1バレル30ドルを割り込むなど再び低下したことや、雇用統計が好調で利上げペースが早まる可能性が意識されたことなどが挙げられます。

また、一部ハイテク株が冴えない決算で急落したことに伴い、ハイテク株比率の高いナスダック総合指数は週間で5.4%の大幅下落となりました。

■ダウ平均採用銘柄 週間騰落率ランキング

◆上昇

 ダウ平均採用の30銘柄中10銘柄が上昇しました。デュポンは週間で11%超の大幅上昇となりました。合併予定のダウ・ケミカル(DOW)の決算が好調で株価が上昇したことなどが好感されました。

◆下落

 マイクロソフト(MSFT)が9%近く下落しました。5日の米国市場でビジネス向けSNSを展開するリンクトイン(LNKD)が1日で40%以上の下落となったことが他のハイテク株に波及し、ハイテク株全般が大幅安となった流れを受けたものとみられます。

■先週発表された主な経済指標

◆非農業部門雇用者数 1月 +15.1万人 市場予想 +19.0万人 前月 +26.2万人
◆失業率 1月 4.9% 市場予想 5.0% 前月 5.0%

 5日に発表された雇用統計は、非農業部門雇用者数こそ市場の予想を下回ったものの、その他は労働市場の堅調さを確認させる好内容でした。

 非農業部門雇用者数は前月差+15.1万人と市場予想を下回りましたが、失業率は4.9%と約8年ぶりに4%台まで低下しました。平均時給の伸びも前年比2.5%増と市場予想を上回る伸びとなりました。米国株式市場は3月利上げの可能性が高まったとして大幅に下落しました。

■今後発表される主な経済指標

◆1月 小売売上高(前月比) 市場予想 +0.1% 前月 -0.1%
◆1月 小売売上高(除く自動車・ガソリン、前月比) 市場予想 +0.3% 前月 ±0%

 12日に1月の小売売上高が発表されます。同指標はGDPの算出にも使われる個人消費の伸びを示す非常に重要視されている指標です。
同指標の12月分は、全体の売上高が前月比マイナス0.1%、変動の大きい自動車とガソリンを除いた売上高も前月比横ばいと、低調な結果に終わりました。1月分で回復が見られるかが注目されます。

■マーケットビュー

◆原油価格動向やイエレン議長の議会証言を見極める展開に

 先週のマーケットビューでは引き続き売られ過ぎを示す指標や、欧日の中央銀行の緩和的な政策を受け上昇するのではないかと記しましたが、実際には原油安や利上げペースの上昇懸念などを受け株価は下落しました。

 引き続き原油価格の動向次第という面が大きく、株価の方向性を予想するのは難しい局面です。S&P500の予想PERは15倍台と、割高でも割安でもないといったところで、原油価格動向やイエレンFRB議長の議会証言の内容を見極めながらの展開となりそうです。当然株式市場にとっては原油価格の上昇とイエレン議長のハト派的な証言が望まれます。

益嶋裕
マネックス証券 フィナンシャル・インテリジェンス部

あわせて読みたい

気になるキーワード

ZUU Onlineの記事をもっと見る 2016年2月8日の経済記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「株式」のニュース

次に読みたい関連記事「株式」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。