毎日を楽しくする作品に出会える

【比較】「Netflix」と「Amazon Prime Video」、結局どっちを選んだ方が良い?

オっさん

更新日:

VODに「これが断然オススメ!絶対これ選んでおけば正解!」というものは基本ありません。

ほとんどのVODには上げるべきメリット・特色があり、差別化され、ターゲットにしているユーザーが異なる場合が大半です。

では「Netflix」と「Amazon Prime Video」はどんな人をターゲットにしたVODなのか、この記事で解説していきます。

目次

どちらの方が優れているとは言えない2つ


Amazon

Prime Video

Netflix

料金

年会費コース:

4,900円

月額コース:

500円

ベーシック:990円

スタンダード:1,490円

プレミアム:1,980円

無料期間

30日間

現在(2021年)なし

同時接続

3台

ベーシック:1台

スタンダード:2台

プレミアム:4台

支払方法

クレジットカード

携帯決済

Paidy翌月払い

Amazonギフト券

クレジットカード

デビットカード

Netflixプリペイドカード

パートナー課金

ダウンロード


この二つのVODは全くタイプが異なるので、一概にどちらの方が優れているとは言えません。


では、それぞれが「どんなタイプの人にオススメできるのか」、まず簡単に結論から書いていきます。


【結論】こんな人ならこっちをオススメ


▼Amazon Prime Videoをおすすめできるタイプ▼

・amazon/通販サイトでよく買い物する人

・動画視聴だけでは月額の元が取れ無さそうな人

・安いVODが良い人


▼ Netflixをおすすめできるタイプ▼

・Netflixのオリジナル作品が見たい人

・映画やドラマをたくさん見たい人  


これだけで2つのVODが全然違うタイプのユーザーをターゲットにしているのがよく分かりますね。

も少し詳しくそれぞれの良い点・特色を見ていきましょう。


Amazon Prime Video(アマゾンプライムビデオ)の良い点


Amazon Prime Videoを他のVODと比べると確かに劣るように見えます。実際、他VODとの比較記事でそう結論を出す人もいます。

しかし、「Amazon Prime Video」は「Amazon Prime」の中にあるサービスの1つでしかありません。サービス全体を見れば、Amazon Prime Videoの良いところも見えてきます。


動画以外のサービスが豊富


VODの中でもAmazon Primeは「動画を見ない期間があっても無駄にならない」というのがメリットとして大きいでしょう。

Amazon Primの「VOD」というのは、その中のサービスの1つでしかなく、他にも色々な特典が付いてきます。


▼プライムビデオ以外の会員特典

送料無料

お急ぎ便・時間指定無料

会員限定のセール

prime musicで音楽が聴ける

Prime Readingで一部の本が無料


そこまで熱心に毎月動画を見ないのであれば、Amazon Primeの方が月額料金の元が取りやすくて良いかと思います。


色んなVODの作品をつまみ食い


通常、オリジナルコンテンツや独占配信などのものは、それを配信しているVODに登録しなければ見ることはできません。


「わざわざ登録するほどじゃないけど、この作品ちょっと気になる」なんて時に便利なのがAmazon Prime Videoのチャンネル。


月額料金にチャンネル料金をプラスするだけですぐに別VODの作品をAmazon Prime Videoで見ることができるようになるサービスです。

新たに登録手続きも支払い方法の設定も必要ないので、『ちょっと足りない』と思ったジャンルの追加や、気になる別VODの作品をお手軽に見ることができます


Netflix(ネットフリックス)の良い点


NetflixがVODとして優秀なサービスであることは間違いありません。

しかし、そのサービス内容が全ての人間に最適かどうかはまた別の問題です。

今回はAmazon Prime Videoと比較して、どういうところが優れていて、どういった人に勧められるVODなのか解説していきます。


オリジナルコンテンツの豊富さ


競合他社と差別化するために、それぞれVODごとに力を入れている部分があります。

Netflixはその中でもとくに「オリジナルコンテンツ」に力を入れているVODです。


クオリティもさることながら、コンテンツの種類が「映画」だけでなく、「ドラマ」「アニメ」「ドキュメンタリー」「バラエティ」と、とても豊富です。


最近では日本作品を原作とした作品も増えてきて、国内でも注目が集まっているVODですね。


▼日本作品原作の例

・攻殻機動隊 SAC_2045

・日本沈没2020

・デビルマンCrybaby

・今際の国のアリス

・ぼくだけがいない街

・火花

・モブサイコ100


課金要素なしの完全見放題


「見放題だと思って作品をみてみたらレンタルだった」時のガッカリ感ってすごいですよね…。


Netflixはそんな今時のVODでは珍しい「完全見放題」です。

大体のVODは見放題の中に「レンタル」という不意打ちが入ってきたり、「ポイント使えば実質無料!」みたいなシステムが導入されていることがあります。


Netflixは配信されているものはどれも見放題なので、「ポイント使わないと損するから早く使わなきゃ…」「配布ポイント使ってみたけど続き気になって結局課金した…」みたいなことがない、シンプルなシステムが魅力的です。


逆に2つのデメリットは?


ここまで2つの良い点・特徴を上げていきましたが、次はどういった弱点があるのかも解説していきます。


Amazon Prime Video(アマゾンプライムビデオ)の場合

・見放題作品が少ない

・見放題作品の入れ替わりが激しい

・配信中の作品の広告が流れる


「見放題作品が少ない・入れ替わりが激しい」、これは動画を見ることに重きを置いている人からするとかなり大きなデメリットに感じます。そういう人には「Amazon Prime」よりも、もっと純粋な動画サービスとしてのVODの方が良いでしょう。


「広告が流れる」という点については、個人的にそこまでデメリットとは感じていません。

流れる広告というのも「Amazon Prime Videoで見放題になっている作品の紹介」です。気になっていた作品が忘れたころに見放題になったと知り「あ、この作品見よ」となるので、捨てたものではない気がします。


総合すると、気になってた作品が見放題になったのに気づいて「お、ラッキー」と思えるような人向けのVODですね。案外、人気の新作とかが気が付いたら見放題入りしてることも珍しくありません。


Netflix(ネットフリックス)の場合

・国内のドラマ・バラエティ番組が少ない

・完全見放題なので新作の配信が若干遅い

・現在(2021年)無料トライアルがない


国内ドラマ・バラエティが少ない」、これはNetflixが海外のVODだから少し仕方がないところもありますね。

しかし、その弱点も日本でサービスを開始してから約5年経ち、だいぶ改善されてきたように思えます。


新作の配信が若干遅い」というのは、通常他のVODでは「レンタル」という形で新作を配信していますが、Netflixにはそれがないので他よりも少し遅くなっているのではないでしょうか。しかし、待てば大体観れるので、早さにこだわらないのであればデメリットとは思いません。


総合すると、Netflixは「国内作品にこだわらない」「映画・ドラマ・アニメ中心に見る」「新作を早く見たいとは思わない」という人向けのサービスですね。


まとめ


「Netflix」と「Amazon Prime Video」は、分かりやすく差別化がされたVODなので、どっちのVODが自分に合っているか、しっかり吟味するといいと思います。


とくに、現在(2021年)「Netflix」は無料体験をやっていないので、なるべくどんなVODなのかよく調べてから登録することをオススメします。

執筆
オっさん

火薬とファンタジーと筋肉が好き。趣味はボディメイク。ポケットに無限大な夢を詰め込んで冒険に出かけたい人生だった。あ、ライターです。

動画配信サービスに関する人気記事