毎日を楽しくする動画に出会える

【ネタバレ】「ストレンジャーシングス」シーズン4の配信日はいつ?|シーズン3までのあらすじ

すずき

更新日:

80年代を舞台としたNETFLIXオリジナルドラマ「ストレンジャーシングス 未知の世界」。

シーズン4の制作は既に発表されており、撮影が開始されていますが、新型コロナウイルスの影響もあり、いつ配信が開始されるか発表がありません。


しかし、公式サイトでは予告編が公開されていますので、配信開始もそう遠くないはず!


まだ、ストレンジャーシングスを見たことがない人は、今のうちにシーズン1からシーズン3までのあらすじをチェックしましょう。


一度視聴したことがある方も、本記事を読んでおさらいしてみてはいかがでしょうか。


完全にネタバレになるので、ネタバレしたくない方はこの先は読まないようにお気を付けください。

目次

ストレンジャーシングスシーズン4の配信はいつ?


シーズン4の配信は決定しておりますが、新型コロナウイルスの影響もあり、なかなか配信開始日の公開がありません。


出演者たちインスタグラムのストーリーや目撃情報から撮影が開始されているのは確かで、

5月6日に公式から予告動画が公開されたので、配信日が間近なのではないかと思いました。


しかし、主演のマイク役(フィン・ヴォルフハルト)がインタビューにて、「シーズン4は、上手くいけば来年のいつかは出るはず」と答えていたようです。


気長に待つ必要があるかもしれません!


ストレンジャーシングスの魅力は個性豊かな登場人物 


ストレンジャーシングスの最大の魅力は、個性豊かなキャラクターたち。

まずは、3シリーズ全てに登場してくる主要キャラクターたちをご紹介していきます。 


ウィル・バイヤーズ

絵を描くことが得意な少年。遊びから帰る途中で失踪してしまう。


マイク・ウィーラー

ナンシー・ウィーラーの弟。遊ぶことが大好きな少年。


ダスティン・ヘンダーソン

知識が豊富で4人の中で一番冷静。「鎖骨頭蓋異骨症」を患っており、歯が生えていない。


ルーカス・シンクレア

パチンコが得意で、自分の意思をしっかりと持つ少年。


イレブン

ウィルの失踪後突如現れた少女。ホーキンス国立研究所で実験対象として育てられていた。

不思議な能力を使うことができる。


ジョナサン・バイヤーズ

ウィル・バイヤーズの兄。写真が好きで写真部に所属している。人付き合いが得意ではなく、いつも一人でいる。


ナンシー・ウィーラー

マイクの姉。ホーキンス高校に在学中。彼氏はスティーブ・ハリントン。


ジョイス・バイヤーズ

ウィルとジョナサンの母親。近所の雑貨店で働く主婦だが、勘に優れていて強い母親。


ジム・ホッパー

ホーキンス警察署の署長。ジョイスとは同級生で、以前に娘を病気で無くしている。


スティーブ・ハリントン

ホーキンス高校に在学中。ナンシー・ウィーラーの彼氏。


ストレンジャーシングス シーズン1 ネタバレあらすじ


ウィル・バイヤーズの失踪

中学の同級生マイク・ウィル・ルーカス・ダスティンは、時間を忘れてボードゲームに夢中だ。


慌ててマイクの家から自宅に帰るも、その途中でウィルが失踪した。

懸命な捜索がされるものの、ウィルは一向に見つからず。

ウィルの帰りを待ち続けている、母ジョイスのもとに一本の電話がかかってくる。

電話相手は、何も話してこないが息遣いでウィルだと感じる。


ウィルが生きていると確信したジョイスは、ウィルからの連絡を待ち続ける。


突然現れた能力を持つ女の子「イレブン(エル)」 


ウィルが失踪し、マイク・ルーカス・ダスティンも捜索を始める。

マイクの家からの帰り道、ウィルは森を抜けて自宅に帰ったと考えた三人は、森を探索することに。


そこに現れたのは、頭を丸めた少女だった。


ウィルの失踪に何か関わりがあるのではないかと感じたマイクは、少女を自宅の地下室に連れ帰ることに。


腕に「011」のタトゥーの入った少女は、自分のことをイレブンと名乗り、悪い人に追われていることを打ち明ける。


マイクは、彼女を匿うことに決め「エル」とあだ名をつける。


エルは、マイクの家に飾ってあるウィルの写真を見て、何か言いたげな表情を浮かべた。


次の日、マイクはルーカスとダスティンに事情を話すも、ルーカスはエルを保護してもらうべきだと意見する。

ルーカスが扉に手をかけると扉は強く閉まり、エルの鼻から血が。


エルは能力を使える少女であり、ウィルの居場所を知っていると話す。

エルの力でウィルを見つけることができると思ったマイクは、再びウィル探しに奮闘する。


ナンシーの友達バーバラも失踪


ホーキンス高校に通う、マイクの姉ナンシーは学校で人気者のスティーブに恋をしていた。


スティーブに今日は親がいないからと自宅に誘われたナンシー。

友人のバーバラを連れて、スティーブの家へ遊びに行くことに。


スティーブの友人も含めた、5人で盛り上がりを見せる中バーバラが缶で指を切り、しらけた空気になってしまう。


プールで遊んだバーバラ以外は、着替えるためにスティーブの家へ。

バーバラは先に帰ることにしたが、スティーブ宅の敷地内で血の匂いに誘われた怪物に襲われ失踪する。


バーバラは先に帰ったものと思っていたナンシーは、そのままスティーブと一夜を共にする。


次の日学校を休んだバーバラを不審に思ったナンシーは、バーバラの家に電話し、まだ帰宅していないことを知る。


一方、昨夜森でウィルを探していた兄のジョナサンは、ナンシーたちがはしゃいでいたのを目撃し、写真に収めていた。


ウィルの母親ジョイスはライトを通じてウィルと会話 


ジョイスのもとに、また電話がかかってきた。まぎれもなくウィルからの電話だった。

しかしすぐに電話が切れてしまう。

電話が切れた直後、部屋のライトが点滅し始め、無人のウィルの部屋から音楽が鳴り響いた。


ジョイスは、ライトを通じてウィルが話かけようとしているのではと考え始め、家中にライトを付けて、ウィルと交信を試みる。

するとまたライトが点滅し、まるでウィルが家の中にいるような光り方をした。


ジョイスは、ウィルと会話ができるように壁にローマ字を書き、文字一つ一つに電飾をつけ会話を試みた。


「どこにいるの?」という問いかけに対し、

「RIGHT HERE(ここにいる)」と電球を光らせる。


「どうすればあなたに会える?」

「RUN(逃げて)」

その言葉とともに家中のライトが点滅し、壁から見たこともない怪物が出てきたのだ。

急いで車で逃げるジョイス。遠くからサイレンの音が聞こえ、警察の車がバイヤーズ家の方向にやってきていた。


ウィルの死体発見と警察の陰謀 


ウィルの死体が、湖で発見された。


ジョナサンとジョイスが駆けつけるも、死体となった状態の弟を見てジョナサンは涙を浮かべる。


ウィルの死を知ったマイクたちは、エルが嘘を付いていたと肩を落とす。

しかし、エルはマイクたちに危険が及ぶことを恐れ、能力を使ってウィルを探すことを躊躇っていただけだった。


ジョイスは「さっきライトを通じてウィルと話をした。これは自分の息子じゃない」と言い張る。

息子を失った悲しみからおかしくなってしまったと周りに思われてしまい、そんな母親を見ていられないジョナサンが、ウィルのためにも死を受け入れようと説得するが、聞く耳を持たないジョイス。


ジョイスの高校時代からの同級生、ホーキンス警察署署長のホッパーは、最初はジョイスの意見に聞く耳を持たないが、ホッパーもウィルの死体発見に違和感を持つ。


ウィルを湖で発見した州警察を問い詰めるホッパーは、警察が何かを隠していることを知る。

その夜、死体安置所に忍び込みウィルの死体を確認すると、それはただの人形だった。


エルは、ウィルが生きていることを証明するため、トランシーバーでウィルと交信して見せるが、電波が弱いため交信が思うようにできない。


マイクたちは、もっと電波の強い無線があれば、ウィルと交信できるかもしれないと思い、エルを中学校の放送室へ連れていく。


エルによって、ウィルとの交信に成功すると、家にいるジョイスもライトによってウィルの存在を感じ始めた。


家の壁の中にウィルが見えた。

ジョイスは泣きながら必ず助けにいくとウィルに伝えるが、再び怪物の声が聞こえて、壁の中のウィルは消えてしまった。


ジョイスは慌てて壁を壊すが、ウィルがいた所には繋がらず、会うことができなかった。


ナンシーとジョナサンが謎の怪物"デモゴルゴン”と対面


ナンシーは、バーバラを探すためスティーブの家に向かう。

そこで、顔のない怪物を見てしまったのだ。


慌てて逃げるも、バーバラがその怪物に襲われたのではないかと考える。


ジョナサンがスティーブの家に居るときの写真を撮っていたこと知り、ジョナサンを尋ねる。



写真を現像すると、ナンシーが見た顔のない怪物が映っていた。

ジョナサンは、ジョイスは嘘をついていなかったんだと悟る。


ジョナサンとナンシーは、失踪した二人を見つけるため、武器を持ち森へと向かった。


ナンシーが森を探索している最中、木の植え込み付近から別世界へと入り込んでしまった。


そこにいたのは、森で見た怪物だった。

薄暗く気味の悪いそこでは、ジョナサンは見当たらず自分の声も届かなかった。


一瞬の隙にナンシーを見失ったジョナサンは、懸命にナンシーに声をかけ続ける。

別世界にいるナンシーにジョナサンの声は届き、無事に元の世界に戻ることができる。


恐怖体験をしたナンシーは、その晩ジョナサンと共に過ごす。 


ホーキンス中学校でウィルと繋がる


ジョイスとホッパー。

ジョナサンとナンシー。

マイクとエルとルーカスとダスティン。


それぞれが、ウィルが生きていること、裏側の世界があること、得体のしれない怪物がいることを調べていたが、全員が集結する。


マイクたちは、エルのことを紹介し、能力が使えウィルと交信したことをジョイスに話す。


エルは研究所内でブレンナー博士に受けた特殊な実験を思い出し、ウィルとバーバラを探しに行くことを決意する。


ホーキンス中学校で「感覚遮断タンク」を作り、エルは水中で二人を探し見つけることができる。

バーバラは既に死んでいて、ウィルは瀕死状態だった。


ジョイスとホッパーは、ウィルを助けるために研究所へと急ぐ。


マイクたちは、エルをブレンナー博士から守るために中学校内に隠れ、ジョナサンとナンシーは、謎の怪物デモゴルゴンを倒すためバイヤーズ家へと向かう。


ホッパーは「研究所の秘密を守るから裏側の世界へ入らせて欲しい」と取引を済ませ、ジョイスと裏側の世界へウィルを探しに行く。


ジョナサンとナンシーは、罠を使い、デモゴルゴンの捕獲に成功。

スティーブの助けもあり、デモゴルゴンを倒すことができる。


一方のマイクたちの元には、ブレンナー博士が現れ、エルが見つかってしまう。

エルが反撃をしたために、血を嗅ぎつけたデモゴルゴンが中学校へと現れた。


デモゴルゴンとエルは戦うが、既に能力を使いすぎているエルは、大けがを負う。

マイクたちもパチンコで応戦するもデモゴルゴンにはかなわない。

三人が殺されそうになった時、エルがボロボロになりながらも、立ち上がりデモゴルゴンに立ち向かう。


デモゴルゴンを倒したエルは、砕け散りマイクたちの目の前から居なくなった。


発見されたウィル/消えたエル


裏側の世界へと入ったホッパーとジョイスは、すぐにウィルを見つけることができたが、口には異物が入り込んでいた。


ホッパーにより心肺蘇生が行われ、無事に救出に成功した。


病院で目が覚めたウィルは、もう元通り。

家族と友達に見守られ、すぐに退院して家に帰ることに。


バイヤーズ家には再び幸せが訪れるが、洗面所に行ったウィルは、体内に違和感を覚え吐いてしまう。


出てきたのは、ナメクジのような謎の生物だった。


ストレンジャーシングス シーズン2 ネタバレあらすじ


男勝りな女の子マックスの登場


ウィルが発見され、平和な町へと戻ったホーキンスに、マックスが転校してきた。

ゲームが得意で男勝りなマックスに、ルーカスとダスティンは興味津々だ。

マックスを仲間にしたい二人だが、エルを失ったマイクはことごとく嫌がる。


一方で、デモゴルゴンとの対決で砕け散ってしまったエルは生きていた。


あの事件の後、ホッパーに保護されたエルは、人目の付かない森の中でホッパーと共に暮らしていた。


マイクに会いたい気持ちを押し殺し、またマイクと会える日を待ちわびていた。


裏側の世界へと通じてしまうウィル


あの一件から、ウィルは学校で「ゾンビ小僧」とあだ名をつけられ居心地の悪い思いをする。

ウィルの家族は当然以前よりも過保護になり、少し窮屈に感じていた。

恐怖体験をしたからか、たまに裏側の世界の夢やフラッシュバックが起こるウィル。


週に一度、研究所に通いカウンセリングを受けているが、一向にこの症状が良くならない。

心配に思うジョイスだが、あの時にいた研究所の人間は全員いなくなったとなだめられる。


ハロウィンの日、みんなでお菓子をもらいに町に出向く。

一人はぐれてしまったウィルは、また裏側の世界に取り込まれてしまい、大きな怪物を目にする。正体は、”マインドフレイヤー”。


ウィルは怯えて隠れるが、マイクが見つけ現実世界に戻る。

ウィルは、最近また裏側の世界を感じていることをマイクに話す。


ホーキンスで起こる不可解な現象 


ホーキンス警察署には、かぼちゃ農家から通報が入る。

一夜にして、かぼちゃが全て腐ってしまったと言うのだ。


それが一件ではなく、何件も連絡が来ることに違和感を覚えたホッパーは、地図で被害にあった場所を確認してみると、ホーキンス研究所の周りを円に描くように被害が出ていることに気付く。


研究所から何かが漏れて被害が出ていると考えたホッパーは、研究所を尋ね、調査するように命じる。


ジョイスは、ハロウィンの日にウィルが持ち出したビデオカメラを見ることに。

そこには、ウィルが絵に描いていた影の怪物が映りこんでいて、ウィルの症状は「心的外傷後ストレス障害」ではなく現実に起きていることだと確信し、ウィルのいる学校へと急ぐ。


ダスティンがデモドッグの子供ダートを育てる


ダスティンが自宅のゴミ箱で小さい謎の生物を発見する。


新種の発見だと思ったダスティンは、育てることに決める。


科学の先生に見せるためダートを学校に連れていくが、ダートを見たウィルは裏側の世界の生き物だと確信し背筋が凍る。

ウィルの反応を見たマイクは、ダートを殺そうと提案するが、ダスティンは拒否しダート逃がしてしまう。


みんなでダートを探している中、マイクはウィルがいないことに気付く。


ウィルはまた裏側の世界へと引き込まれてしまい、影の怪物を見ていた。

ジョイスの恋人ボブの幼少期に体験した「ピエロが怖くて悪夢を見ていたけど立ち向かったら悪夢を見なくなった」という話を思い出し、学校の校庭で影の怪物に立ち向かった。


しかし、ウィルは影の怪物に取り込まれてしまう。


駆けつけたジョイスが、ウィルを呼び戻す。

ウィルは、ジョイスに今まで夢に見た影の怪物のことを打ち明け泣き出す。


ウィルが裏側の世界のスパイに


ウィルは、熱さを拒むようになった。

理由を聞くと「あいつが嫌がるから」と。


ウィルは、影の怪物の説明をするため、巨大な迷路のような絵を描いていく。

その絵を見たホッパーは、腐ったかぼちゃ畑のことを思い出し、家を飛び出した。


かぼちゃ畑の地面を掘り進めるホッパーは、地面の下が裏側の世界へと通じる道になっていたことを突き止めるが、裏側の世界で気を失ってしまう。


ウィルの迷路の絵を元に、ジョイスとボブがホッパーの居場所を突き止め、蔓に巻かれたホッパーを救出することができる。

すぐに研究所の職員も駆けつけ、蔓を焼却すると突如ウィルが痙攣し始める。


ウィルに、裏側の世界の怪物マインドフレイヤーが寄生してしまっていたのだ。


研究所でエル同じように育てられた能力を持つ姉が登場 


ホッパーの元で身を隠しながら生活をするエルは、マイクに会いたい気持ちを押し殺し過ごしていた。


ハロウィンの日、ホッパーは早く帰ると約束していたにも関わらず、帰ってこなかったため喧嘩になり、エルは家を飛び出す。


ホーキンス中学校に向かいマイクを探すが、ダート探しに夢中な上マックスと一緒にいるところを見たエルは、悲しい思いをする。


家に帰ったエルは、ホッパーが以前調査していたエルの母親の資料を目にする。


能力を使い母に会うことができるが、母は精神がおかしく話すこともできなくなっていた。


母はエルに、幼い頃のエルと研究所にいる他の子供達の記憶を見せる。


幼いエルと一緒にいた女の子に会うことができれば、研究所のことがわかるかもしれないと考えたエルは、写真を元に居場所を突き止める。


その子は、カリという名前でエルと同じように腕に「008」のタトゥーがあり、人に幻を見せることのできる能力を持っていた。


カリは、過去に研究所で働いていた科学者達に復讐するため、犯罪グループで活動をしていた。


共に復讐をしようとするエルだが、復讐相手の科学者に子供がいたことを知り、殺すことを躊躇う。


カリに説得されるも、ホッパーとマイクが助けを求めていることを知ったエルは、カリの元を去りホーキンスに戻る。


研究所をデモゴルゴンが襲う/スーパーヒーローボブ


研究所でウィルの調査が行われた。

裏側の世界の蔓を焼くとウィルも苦しみ、繋がりがあることが判明する。


ウィルは、突然影の怪物を止める方法があると提案する。

しかし、それは裏側の世界とのスパイになったウィルの罠で、皆を殺すための提案だった。


ウィルの罠によって、デモゴルゴンが研究所を襲う。

停電により、閉じ込められたウィルたちはジョイスの彼氏ボブのコンピューター技術により、外へ出られることに。


皆を救ったスーパーヒーローボブは、デモゴルゴンに襲われ亡くなった。


一方で、ダスティンが見つけ連れ帰ったダートが急成長し、飼い猫を食べ殺し脱走した。

一人では手に負えなくなったダスティンは、スティーブに助けを求めダートを探す。


ルーカスとマックスも参加し、ダートを見つけるも大量のデモゴルゴンが現れ殺されそうになる。

しかし、デモゴルゴンは急に進路を変え、研究所へと向かった。


ダスティン達も、研究所へと向かいマイクたちと合流。

バーバラの死を公にするために動いていたナンシーとジョナサンも合流し、バイヤーズ家へと避難する。


エルとマイクの再開/裏側のゲートが閉ざされる 


バイヤーズ家で作戦会議をする中、ウィルが再度スパイとなり、デモゴルゴンがバイヤーズ家へと近づく。

全員が戦う体制に入ると、デモゴルゴンの死体となり家の中に入ってきた。

エルが助けに来てくれたのだ。


久しぶりの再開にマイクは喜ぶも、エルが死んでしまったかもしれないと心配していたため、ホッパーに怒りをぶつける。ホッパーは、マイクをなだめ謝る。


ウィルの中からマインドフレイヤーを追い出すため、熱を嫌うウィルを高温で熱し、追い出すことに成功する。

スティーブと子供たちは、デモゴルゴンをひきつけるため、かぼちゃ畑から裏側の世界へと入り込む。


エルはホッパーと研究所に行き、開かれたままのゲートを閉じる。

ゲートは完全に閉ざされ、ホーキンスが元の町へと戻った。


ホッパーは、エルの実の父親になるため手続きを行い、晴れて正式な父親に。

中学校のダンスパーティーに参加し、マイクはエルと、ルーカスはマックスと踊り楽しいひと時を過ごす。


校庭にはまだマインドフレイヤーがさまよっていた。


ストレンジャーシングス シーズン3 ネタバレあらすじ


ロシア語の通信を傍受/解読へ 


夏の間、科学キャンプに行っていたダスティン。

キャンプ先で出会った彼女スージーと交信するため、丘の上に電波塔を作る。

しかし、そこでロシア語の通信を傍受することになる。


ダスティンは解読をするため、スティーブが働くアイスクリーム屋さんへと向かい、スティーブと共に働くロビンと三人で、ロシア語の解読を始める。


エルの父ホッパーがマイクとの交際に頭を抱える


再開したマイクとエルは、毎日一緒だ。

ホッパーは、部屋のドアを開けて過ごすように約束をするが、二人はお構いなしにキスをする。


エルの父親として、止めさせたいホッパーはジョイスに相談し手紙を書くことに。

しかし、手紙を上手く書けないホッパーは、マイクを呼び出しエルに会うなと脅す。


ホッパーを恐れたマイクは、エルを避け始める。

エルはマイクと会えないことに寂しさを感じるが、マックスが女子だけでも楽しめることを教え、ホッパーに禁止されていたショッピングモール「スターコート」に遊びに行くことに。


一方で、恋人のことで悩むマイクとルーカスに怒りを覚えるウィル。


電磁波を失ったホーキンスに疑問を浮かべるジョイス


エルによってゲートが閉ざされ、平和な町へと戻ったはずのホーキンス。

しかし、自宅の冷蔵庫に付けている磁石が落ちていたり、大規模な停電が起こったことに違和感を覚えるジョイス。


ホッパーと共に研究所の跡地に向かい、調べるがもぬけの殻で怪しいところはなかった。

しかし、嗅ぎまわる二人の元に殺し屋が現れ、ホッパーを殺しかける。


助かるホッパーだが、何かが動いていることを確信し、調査を続けていく。


ビリーがマインドフレイヤーに


マックスは、エルの能力を使って友達の様子を見に行くゲームを提案する。


ルーレットで決めた相手は、マックスの兄ビリー。

早速エルがビリーを見に行くと、ビリーが何か事件に巻き込まれたような光景が見えた。


エルは嫌な予感がしてビリーの家を尋ねる。部屋は荒れていたが、マックスにいつものことだと片付けられてしまう。


しかしエルの予感は的中していて、ビリーは車の事故にあった際に、ウィルが見ていた影の怪物マインドフレイヤーに体を乗り移られてしまった。


ビリーは、マインドフレイヤーの支配の元で、友人や知り合いを襲い、仲間を増やしていた。


一方で、今だに裏側の世界の気配を感じるウィルも、何か様子が違うことを感じる。


エルは、マイク達にビリーが裏側の世界の怪物に乗り移られたのではないかと話す。

ウィルが乗り移られた時に、熱さを嫌っていたことを思い出し、サウナにビリーをおびき寄せる。


極限まで熱さのレベルを上げると、ビリーの体は悲鳴をあげ暴れ始める。

ウィルの時のように、マインドフレイヤーを追い出すことができず、逃げられてしまう。


一方、同じ新聞会社で働くジョナサンとナンシーは、町のネズミ達が肥料を食い散らかしていること知る。

狂暴化したネズミを捕獲していたドリスコル夫人は、ネズミに襲われてマインドフレイヤーの仲間に。


ナンシーとジョナサンは、ドリスコル夫人が入院した病院に駆けつけるも、ドリスコル夫人が一部となったマインドフレイヤーに襲われる。


エルが駆けつけ二人は助かり、山小屋に避難する。

その間にもマインドフレイヤーはどんどん勢力を増していく。


エルは再び能力を使い、ビリーがマインドフレイヤーに取り込まれた場所を突き止めるも、エルの居場所もマインドフレイヤーにバレてしまう。


エルたちのいる山小屋に、マインドフレイヤーが現れ戦うことに。

何とか耐えしのいだものの、エルは足に大けがを負う。


スターコートモールに潜入したダスティン達


ロシアの暗号を読み説いたダスティン達は、スターコートモールの地下にロシア軍の基地があることを知る。


モールのダクト管から通れば潜入できると考えたダスティンは、アイスクリームショップに偶然居合わせた、ルーカスの妹エリカに潜入をお願いする。


まだ小さいエリカは、するするとダクト管を通り、潜入に成功。


エリカの協力のもと、ダスティン達も地下へと潜入する。

ダスティン達は、そこでロシア人の科学者達が巨大なマシンで再びゲートを開こうとしている所を目撃する。


キーマンとなるロシア人のアレクセイ


研究所で襲われたホッパーは、ホーキンス市長から”スターコートモールの人達がホーキンスで土地を求めている”という情報を入手する。購入記録からある空き家へと向かい、ロシア人のアレクセイに出会う。


アレクセイはロシア語しか話せないため、情報を聞き出すためにロシア語を話せるジャーナリストマレーの元へと向かう。

マレーの通訳によって、

ロシア軍がスターコートモールの地下で巨大なエネルギーを使い、裏側の世界へのゲートを開こうとしていることを知る。


怒り狂うマインドフレイヤーとの闘い


ダスティン達は、ロシア軍の基地から脱出することができるも、潜入に気付かれロシア軍に追われるが、モールに駆けつけたエルによって助かる。


地下のマシンを止めるため、ホッパーとジョイスとマレーは、地下へ。

ダスティンとスティーブとエリカは、無線で三人を誘導をするため、丘の上の電波塔へ。


残ったエル達六人は、スターコートモールから脱出を試みるがビリーによって阻止され、巨大化したマインドフレイヤーが現れる。


エルは、マインドフレイヤーから攻撃を受ける中で、ビリーと母親の記憶について語りかける。

ビリーは幼い頃の両親の離婚をきっかけに愛に飢え苦しんでいた。


マインドフレイヤーに取り込まれたビリーは、自身の中でマインドフレイヤーと戦い、立ち向かうが、命を落としてしまう。


マシンを止めるべく部屋へと向かうが、止める前に殺し屋が現れ二人に襲い掛かる。

ホッパーは、殺し屋ともみ合いになるが、殺し屋をマシンの中へと放り込み、助かる。


しかし、スターコートで暴れているマインドフレイヤーは、刻一刻と脅威を増しているため、ゲートを閉じなければ皆の命が危ない。


ジョイスは、ホッパーをそのまま残しゲートを閉じ、マインドフレイヤーは力尽きた。

それと同時に、ホッパーの姿も消えてしまった。


あの大きな事件から三か月後バイヤーズ家とエルは、ホーキンスを出ることに。


一方ロシアでは、”アメリカ人”が収容された独房が映し出される。


ストレンジャーシングス シーズン4 今後の展開を予想


シーズン4の予告が公開されていますが、そこには死んだと思われていたホッパーの姿が。


ホッパーは、ゲートが閉じる直前にゲートに飛び込み、ロシアで生きているようです。


シーズン4では、ホッパーとエルの再会や、シーズン2で登場したカリが現れることがあるのではないかと予想しています。


また、一生懸命戦いに貢献しているスティーブが報われるようなできごとにも期待したいです!


まとめ

ストレンジャーシングス シーズン1~シーズン3までのあらすじをご紹介していきました。

世界観がしっかりしている作品なので、シーズン1で視聴を止めてしまったという方も、少なくないようです。


ですが、世界観に入り込むことができれば、本当に面白い内容だと思います。

2周目の視聴となれば違った視点から見ることができるので、好きなキャラクターが増えていくはずです!


シーズン4公開までまだ時間がありそうなので、この記事を読んで少しでも興味を持っていただけたらぜひ視聴してみてくださいね。


あなたも未知の世界の体験をしてみてはいかがでしょうか。


NETFLIXでストレンジャーシングスを視聴する

執筆
すずき

海外ドラマ・お散歩・犬が好きです。「ウォーキングデッド」や「ストレンジャーシングス」にドはまりして、7回は観ました。皆さまのお役に立てる情報を届けられるよう、日々勉強中です!よろしくお願いします!

動画配信サービスに関する人気記事