毎日を楽しくする作品に出会える

music.jp

月額400円(税込)

なし無料

月額料金400円(税込)
無料期間なし
強いジャンル洋画映画アニメ
同時端末再生1
ダウンロード

目次

music.jpとは? サービス内容を解説



エムティーアイが提供する「music.jp」。

テレビのCMなどでみかけたことがある方も多いと思います。


名前だけみると「音楽配信サービスなのかな?」と感じてしまいますが…

実は音楽だけでなく、動画や電子書籍などの配信も行っているんです!


果たして、ユーザーからの評価はどうなっているのでしょうか?


そこで本記事では、music.jpに興味がある方に向けて、


・music.jpにはどんな特徴があるのか

・サービス内容と料金プラン

・music.jpの口コミと実際の使用感


上記の内容を、動画部門を中心に解説していきます!

加えて、実際にサービスを始める前に気になる、登録・解約方法や支払い方法についても答えていきますよ。


この記事を読めばmusic.jpの良い点と悪い点がしっかり理解できるはず!


興味のある方や、加入するか悩んでいる方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。


<btn=【music.jp】無料体験はこちら/>


着うたサービスから、エンタメ配信サービスへ


music.jpは、元々着うたサービスとして2004年にサービスを開始しました。


2014年からは、音楽・動画・電子書籍と幅広くエンタメを楽しむことができる総合的な配信サービスに生まれ変わりました。


15年以上も前から運営されていて、近頃どんどん生まれてきている動画配信サービスと比較するとかなり歴史のあるサービスとなっていますね。

突然サービスが終了してしまう恐れも少なく、サービス運営のノウハウもあるでしょうから、その点かなり信頼できるサービスと言えるでしょう。


登録するとすぐにポイントが付与


music.jpは、登録直後からすぐに1ポイント=1円で利用できるポイントが付与されます。

これは後述する方法による無料体験でも同様で、約1,600ポイントをすぐに使うことができますよ。


その内訳を解説する前に、まずはmusic.jpで利用できる3つの種類のポイントを確認してみましょう。


・通常ポイント - 全てのコンテンツで共通利用できるポイント

・動画ポイント - 動画レンタルの際に利用できるポイント

・ブックポイント - マンガ・小説などの電子書籍購入の際に利用できるポイント


無料体験の場合は、「通常ポイント600円分」と「動画ポイント1,000円分」を受け取ることが可能です!


有効期限はポイントの種類によって異なり、通常ポイントが付与から180日間、動画・ブックポイントが付与月の末日までとなります。


動画・ブックポイントの有効期限はかなり短めに設定されているので、把握しておかないとポイントを損してしまうこともあるので気をつけましょう。


加入するコースによって、付与されるポイントの数と種類は異なります。

自分がどんな作品を楽しみたいのか、ある程度想定してからコースを選ぶといいですね。


コースの詳細については、後ほど解説していきますのでご安心ください。

(内部リンク)


music.jpの公式HP、Twitterはこちら


music.jpのキャンペーンや更新情報を最速で確認するには、公式のアナウンスをチェックするのが1番です。


music.jp 公式HP

https://music-book.jp/


music.jp 公式Twitter

https://twitter.com/musicjp_mti


Twitterでは、music.jpが運営するニュースサイトの新着記事も紹介しています。


興味のある方はチェックしてみるといいでしょう。


自由に選べる3つのコースで、月額料金と配布ポイントが異なる


music.jpの月額料金は、選んだコースによって変わります。

各コースの料金と付与ポイントは、下記の表をご覧ください。


コース名月額料金付与ポイント
500コース550円(税込)

通常:550pt

動画:500pt(映画作品のみ)

1000コース1,100円(税込)

通常:1,100pt

動画:500pt(全動画作品対象)

1780コース1,958円(税込)

通常:1,958pt

動画:1,000pt(全動画作品対象)


どのコースも、月額料金を超えるポイントがもらえるようになっていますね。

なので定期的な利用を考えている方は、いずれかのコースに登録するとお得に利用可能です。


無料体験を利用する場合は、「1780コース」での登録となります。

約2,000円分のコースを無料で試せるチャンス! 有効に使いましょう。


<btn=【music.jp】無料体験はこちら/>


(内部リンク)


無料会員と月額会員の違い


music.jpは月額の有料会員だけでなく、無料会員としても利用することができます。


無料会員の場合は、一部の無料コンテンツを視聴できる他、有料作品も作品ごとに料金を払えば購入・レンタル可能です。


一方、月額料金を支払う有料会員は、毎月ポイントが付与されます。

ポイントを使って動画作品・電子書籍・音楽などのmusic.jpのお好みのコンテンツを楽しむことができます。


3種類の月額コースがありますが、どのコースを選んでも「支払う月額料金よりも、もらえるポイントの方が多い」仕組み。


music.jpは作品の購入・レンタルが中心のサービスです。

なのでどの道利用するのであれば、有料会員になる方が圧倒的にお得ですよ!


最安値だった「400コース」は廃止


ここまで紹介した3つのコースの他に、FREETELのSIMを契約した方限定で利用できた「400コース」というプランもありました。


しかし公式からの明確なアナウンスこそありませんが、残念ながら廃止となってしまったようです…。


仕方ありませんが、他のコースを検討してみましょう。

(内部リンク)


おすすめは「1000コース」か「1780コース」!


「結局のところ、どのコースを選べばいいんだろう…。」


という方におすすめなのは、『1000コース』または『1780コース』

その訳は、もらえるポイント数が多いこともありますが、なによりもポイントの内訳です。


『550コース』で付与される動画ポイントは、映画作品でしか使うことができません。

一方『1000コース』『1780コース』で付与される動画ポイントならmusic.jpのすべての動画作品に使用可能です。


ポイントを使用できる作品の幅が広がれば、より深くmusic.jpを楽しむことができますよね。

なので、どのコースを選ぶか迷っている方には『1000コース』『1780コース』がおすすめです!


music.jpの評判は? 口コミを集めてみた


サービスの詳細と料金について解説してきましたが、やはりもっとも気になるのは実際に使っているユーザーの評価ですよね。


そこで、music.jpの口コミを良いものと悪いものに分類してまとめてみました。

ぜひ参考にしてみてください。

(内部リンク)


良い口コミ


まずは良い口コミから見ていきましょう。


やはり、ポイントを利用してお得に作品が視聴できるのが好評の様子。

新作作品もポイントで気軽に視聴できるのが嬉しいですね。


悪い口コミ


次に悪い口コミ。


悪い口コミでは、解約手続きの面倒くささ、アプリなどの使いづらさへの意見が目立ちました。

コースに対しての不満も一部見られましたが、無料会員としても利用できることや、それぞれのコースの違いを把握していれば、自分に合った使い方ができるはずです!


music.jpを実際に使った感想


賛否両論あった口コミですが、実際のところはどうなのでしょうか?

次に、筆者がmusic.jpを実際に使った感想をレビューしていきます。


新作の配信が早いのが嬉しい


見放題系の動画配信サービスの場合、新作の映画などはディスク版の発売よりも遅れて配信開始されることが多いです。


しかし、music.jpならディスク版の発売と同時に配信されることが多く、最新作をいちはやくチェックできるのが嬉しいポイント。


普段は見放題の動画配信サービスを利用しつつ、新作はmusic.jpで最速チェック!

という使い方をしてみてもいいですね。


ダウンロード機能を使えば外出先でも楽々視聴


music.jpで筆者がよく使っているのが、作品のダウンロード機能。

これがやはり便利ですね。


結構な田舎に暮らしているので、外出する際は長時間電車に乗ることが多いのですが…。


出かける前に、気になっていた映画をダウンロードしておけば長時間移動の間に作品を視聴できて退屈しません!

1日の無駄な時間が有意義な時間に変わるので、これからも使い続けていきたい機能です。


ポイントの有効期限が短めなのが痛い


music.jpの動画ポイント及びブックポイントは、付与された月限定でしか利用できません。

翌月になると残ったポイントは失効してしまいます…。


有効期限が短いこともあり、筆者も何度かポイントを失効させてしまいました。

せめて翌月まで使えれば、余裕を持ってる使えるのですが…。


なのでmusic.jpに登録する際は、少しでもポイントの期限が伸びるように月の頭に登録するのがおすすめです。


一方通常ポイントは、付与されてから180日間は利用できるので比較的余裕を持って使うことができます。


有効期限の短いポイントから優先的に使うようにするといいでしょう。


アプリが分かれているのが少し面倒


music.jpのウリは、動画・電子書籍・音楽など幅広いエンタメを1つにまとめて楽しめること。


ですが、それらのコンテンツを楽しむためのアプリが分かれてしまっているのが、少し面倒に感じました。

複数のコンテンツを楽しもうと考えている方はあらかじめ把握しておいた方がいいかもしれません。


しかし、「それぞれのコンテンツを利用する際に余計な情報が入ってこないので、見やすくなる」と捉えることもできますね。


music.jpの契約方法 無料トライアルでまずは体験


実際にmusic.jpを登録するには、どんな手順を踏めばよいのでしょうか?


ここまでの項目でも軽く触れてきましたが、music.jpでは初回登録者限定で30日間の無料体験を実施中

music.jpの使い心地を無料で試すことができるチャンスです!

もし自分に合わなかった場合も、試すだけなら損はありません。


次の項目から手順を解説していくので、チェックしてみてください。


公式サイトからは出来ない! ここだけの無料体験登録方法


さて、これから解説していく無料体験の方法ですが、実は「music.jpの公式サイトに直接アクセスしても体験できない」ので注意しましょう。

かといって、非公式の怪しい方法を紹介するわけでもありませんのでご安心を!


手続きの方法はとても簡単です。

下記のボタンから登録ページにアクセスすることができます。


<btn=【music.jp】無料体験はこちら/>


登録手順についても、案内に従って進めていけばすぐに完了しますよ。

もし不安のある方は他の記事で詳しく解説しているので、チェックしてみてください。

(内部リンク)


解約・退会方法も確認しておこう


無料体験終了後、有料会員に切り替わる前にmusic.jpを解約したいと考えている方や、「自分には合わないかもな…」と感じたら、解約手続きを行わないと毎月料金が発生してしまいます。


いざ解約するという時に手続きに手間取ってしまうと、期限に間に合わず料金が発生してしまう可能性もなくはありません。


なので解約方法についても、事前に軽く頭に入れておくと安心ですよ。


手続きはmusic.jpの公式サイトから行う必要があります。

https://music-book.jp/


自分のアカウントにログイン後、「メニュー」→「プレミアムコース解除」からすぐに手続きすることができます。

ちなみに、購入したコンテンツは解約後も視聴可能です。


(内部リンク)


支払い方法も豊富! 自分に合った方法を選択しよう


music.jpは支払い方法もとても豊富!

6つの支払い方法の中から、自分に合うものを選ぶことができます。


・クレジットカード(VISA/JCB/MASTER CARD/AMEXなど)

・spモードコンテンツ決済(ドコモのみ)

・auかんたん決済

・ソフトバンク/ワイモバイルまとめて支払い

・Rakuten Pay

・リクルートかんたん支払い


特に理由がなければ、自動引き落としでポイントもしっかり貯まるクレジットカード払いがおすすめ!


music.jpまとめ


ここまで紹介していきたmusic.jpの内容についてまとめると、


music.jpのメリット

・動画、電子書籍、音楽と幅広いエンタメをまとめて楽しめる

・新作の配信がはやい

・ダウンロード機能がとても便利


music.jpのデメリット

・一部ポイントの有効期限が短い

・コンテンツによってアプリが分かれているのが面倒


音楽や映画を幅広く楽しむために複数のサービスに登録している方は、music.jpを使えば全てまとめて楽しめるかもしれませんよ。


もし興味が湧いた方は、30日間の無料体験をしてみることをおすすめします。

お金をかけずに、music.jpの実際の使い心地を自分の手で気軽にお試し可能です。

まずは自分に合うかどうかを確かめて、たくさんの作品に触れてみましょう!


<btn=【music.jp】無料トライアルはこちら/>

動画配信サービスに関する人気記事