中谷美紀が熱愛!お相手は48歳ドイツ人のビオラ奏者 事務所も認める

中谷美紀が熱愛!お相手は48歳ドイツ人のビオラ奏者 事務所も認める

女優の中谷美紀(40)が、ウィーンでビオラ奏者を務めるドイツ人のティロ・フェヒナー氏(48)と交際していることが発覚した。中谷の所属事務所も熱愛を認めていることから、その交際は真剣なものであることが分かる。2人の出会いのきっかけや、気になるお相手のプロフィール、中谷の恋愛遍歴などをまとめてみた。

中谷美紀、ドイツ人ビオラ奏者と熱愛発覚!事務所も認める

女優の中谷美紀(40)の熱愛が発覚した。お相手はウィーン国立歌劇場管弦楽団とウィーン・フィルハーモニー管弦楽団でビオラ奏者を務めるドイツ人のティロ・フェヒナー氏(48)だ。中谷の所属事務所も2人の熱愛を認めており、その交際は真剣そのもののようである。

11月24日発売の女性セブンでは、西麻布の路上で人目もはばからず身を寄せ合いながら歩く二人をキャッチ。
小雨降る夜に密着する美男美女の姿は、さながら映画のワンシーンのようである。

飲食店から出てきたふたりは、人目を気にせず、身を寄せ合って歩いて行く。男性が女性の肩に手をかけると、それに応えるように女性は男性の腰にギュッと腕を回す。目深に被ったハットにロングコート、ロングパンツにバッグ、すべて黒でコーディネートした女性は中谷美紀(40才)。寄り添う男性は同世代の外国人男性だ。

赤信号で立ち止まると、少し背の高い彼が、雨に濡れないように彼女を包み込むようにハグ。唇が触れんばかりに顔を寄せ合い、囁き合う会話はすべて英語。
中谷美紀 外国人男性と夜の西麻布で密着デート‐NEWSポストセブン

渡部篤郎、中谷美紀との15年に及ぶ交際を終わらせたワケ
渡部篤郎が元ホステスと再婚!? 40歳でポイ捨てされた中谷美紀に「かわいそう」と同情の声
決めては介護問題?渡部篤郎が中谷美紀でなく一般女性と再婚した理由

中谷美紀、語学力の賜物!?2人の出会いとは

2人の出会いは10月1、2日に行われたサントリーホール30周年記念ガラコンサートのため、フェヒナー氏が来日した時のこと。
語学に長けている中谷と英語でコミュニケーションを取り、意気投合したという。出会ってからすぐに交際がスタートし、期間は1か月程度と見られている。

英語のみならず、イタリア語やフランス語にも親しんでいる中谷。
出張先の異国で出会った美しく聡明な女性に、フェヒナー氏が惚れ込んでしまうのも頷けるだろう。

関係者によると、小澤征爾氏(81)、ズービン・メータ氏(80)が指揮を務め、10月1、2日に行われたサントリーホール30周年記念ガラ・コンサートのため、フェヒナー氏が来日した際に出会った。語学が堪能な中谷は英語でコミュニケーションを取り、意気投合。すぐに交際をスタートさせたという。交際期間は1か月程度とみられる。
中谷美紀、48歳ドイツ人ビオラ奏者と熱愛…事務所認める‐スポーツ報知

中谷は現在もTBSドラマ「IQ246~華麗なる事件簿~」に出演中。夏クールには同じくTBSドラマ「私 結婚できないんじゃなくて、しないんです」にて主演を果たしている。

美貌のみならず高い演技力が評価され、長きに渡って競争の激しい芸能界を第一線で活躍する中谷。
そんな彼女のロマンスに世間からは注目が集まっている。





渡部篤郎が中谷美紀には事実婚を望み、新恋人とは結婚を視野に入れている理由
中谷美紀、綾瀬はるかと実は仲良し「2人できゃっきゃしてます」

ハイスペック!ドイツ人ビオラ奏者ティロ・フェヒナー氏ってどんな人?

さて、お相手のティロ・フェヒナー氏とはどのような人物なのだろうか。
彼が所属するウィーン・フィルハーモニー管弦楽団HP掲載のプロフィールによると、1968年、ドイツ・ベルリンの音楽一家に誕生。幼少期から音楽に親しみ、1988年より様々な名門音楽学校で演奏技術に磨きをかけてきた。その後紆余曲折を経て2004年から現在の楽団に所属しているようである。

ちなみに、ウィーン国立歌劇場管弦楽団およびウィーン・フィルハーモニー管弦楽団で活躍するには、世界最高峰レベルの演奏技術が必要だ。その腕前は並大抵ではないと言えるだろう。

気になるそのルックスも甘いマスクのイケメン。
たれ気味で優しげな瞳は、どことなく中谷の“元カレ”渡部篤郎を彷彿とさせなくもない。

▼2011年、インタビューに答えるフェヒナー氏の動画

中谷美紀、「渡部篤郎と破局」で主演ドラマに漂うリアルすぎる“必死さ”

渡部篤郎との熱愛や同性愛の噂も?中谷美紀の恋愛遍歴とは

中谷美紀といえば、俳優の渡部篤郎と長きに渡り交際していたことは有名な話だ。

1999年にTBSドラマ「ケイゾク」で共演したことがきっかけで急接近した渡部と中谷。しかし当時、渡部はタレントのRICACOと結婚していたため、一時は関係が断たれた。

ところが渡部が2005年に離婚後、2人はくっついたり別れたりを繰り返しながらも足かけ15年に渡って交際を続けていたのである。

 渡部と中谷は1999年の『ケイゾク』(TBS系)や2000年の『永遠の仔』(日本テレビ系)でドラマ共演し急接近。しかし当時、渡部はRIKACO(49才)と結婚しており2人の息子のパパでもあった。そのため一時は中谷との関係にピリオドが打たれたが、2005年にRIKACOと離婚した後、再び中谷と急接近し、現在に至る。
渡部篤郎 ホテルで恋人・中谷美紀ではない美女の肩にチュッ‐NEWSポストセブン

しかし今年6月、渡部は30代の一般女性と再婚。「ほとんど内縁の妻だった中谷を捨てて若い女と再婚なんて!」と渡部は批難を浴び、中谷に対しては同情の声が飛び交った。
俳優の渡部篤郎(47)が30代女性と再婚を視野に入れた真剣交際をしていることが22日、分かった。相手の女性は東京・銀座のクラブに勤めていた元ホステス。以前から知り合いだったが、昨年秋に交際に発展した。結婚秒読みと報じられていた女優の中谷美紀(40)とは昨年夏に破局していたという。

渡部篤郎、30代元ホステスと夏にも再婚へ 中谷美紀とは昨夏破局‐スポニチアネックス

一方で、中谷は新宿二丁目のレズビアンバーに足しげく通っている時期があり、同性愛者なのではないかと、まことしやかに噂されていたことがある。
結局は渡部との交際報道によりうやむやとなってしまったが、女性の恋人がいたこともあるといくつかの証言が残されている。
そのウワサとは数年前に報じられたレズ疑惑。中谷は当時、新宿二丁目のレズビアンバーの常連で女性とばかり飲み歩き、恋人らしき女性の存在も浮上していたのだ。一部週刊誌によって男性恐怖症が取りざたされたことや女性レズダンサーとのキス写真などがスクープされており、同性愛者の可能性が高いと伝えられた。

中谷美紀、迫真の演技を見せる主演ドラマで“あのウワサ”が再燃!?‐メンズサイゾー

「中谷といえば、かつては新宿二丁目のレズビアンバーの常連でした。当時、彼女は女性とばかり飲み歩いており、恋人らしき相手も女性だった。二丁目界隈では、中谷に口説かれた経験があるビアンは少なくありません。しかし、物腰が柔らかく家庭的で人をなだめるのが上手い渡部と出会ったことで、男性もイケるようになった。中谷は酒を飲むのが何より大好きで、べらんめえ口調の短気なタイプ。その性格が災いして男性とも女性とも上手くいかなかった経験があるだけに、どんな時も優しく包み込んでくれる渡部に『カレしかいない』と恋愛感情以上の信頼を寄せている。もはや恋人や夫以上の存在ですから、恋愛感情に囚われる必要はないのでしょう」(芸能関係者)
あの俳優と事実婚状態の中谷美紀、新宿二丁目界隈で不評のワケ‐メンズサイゾー

いずれにしても色恋沙汰に関して話題の絶えない中谷。
今回のフェヒナー氏とはどのようなラブストーリーを繰り広げてくれるのだろうか。

中谷美紀は被害者なのか? 渡部篤郎が「内縁妻を捨てて若い女に走った最低男」扱いされる不可解
渡部篤郎、「中谷美紀捨てて若い女と再婚」に非難轟々! 「RIKACOの怨念」指摘する声も
女優・中谷美紀、独立の裏に渡部篤郎との“破局”あった? 「銀座クラブに通い詰める姿も……」
あの俳優と事実婚状態の中谷美紀、新宿二丁目界隈で不評のワケ

\ みんなに教えてあげよう! /