マンション投資の相談先はどこ?初心者におすすめの3種類の始め方

コラム
この記事は約14分で読めます。

「マンション投資はわからないことだらけで、一体何を相談すれば良いのだろう…」
「不動産投資をする際、納税、トラブル対応時にはどのようにしたら良いのだろう?」
「マンション投資の疑問を誰かに相談したいけど、周りに相談できる人がいない…」

そんな悩みや不安を抱えていませんか?

マンション投資を始めたいけど、不安や悩みが多くて投資用物件を購入できずにいる方はいませんか。しかも自分が何に悩んでいるのかもわからない、というケースがあるでしょう。

何か新しいことを学ぶときに混乱しやすいので気持ちはわかります。

結論からいいますと、マンション投資の疑問点は場合分けできると解決できるでしょう。しかしそれでも解決できないという方は目的別に相談人を決めてアドバイスをしてもらいましょう。

この記事では、不動産投資家O.Hさんの経験談を中心に以下のとおり解説していきます

ぜひこの記事を参考に自分の悩みや疑問を明確にしてからアドバイスをもらい、実際に投資用マンション物件を購入することで、着実な資産形成をしていってください!

相談相手は誰にする?マンション投資の概要を30秒でサクッと解説

マンション投資とは不動産投資のやり方の一つ。大きく分けて、区分マンション投資一棟マンション投資の2つがあります。

マンションと同じような共同住宅のアパートもありますが、明確な区分はなく構造上で分けられることが多いことがあります。

たとえば鉄筋コンクリート造や鉄骨鉄筋コンクリート造の共同住宅を「マンション」木造や軽量鉄骨造の共同住宅を「アパート」といいます。

マンションはアパートに比べて構造や使っている素材で価格が高くなりやすく、それに伴って物件価格も高価になりやすいです。

特に初心者の方は、新築マンションよりも中古マンションからスタートした方が、取り組みやすいでしょう。

【目的別】もう迷わない!マンション投資の5種類の頼れる相談人

初めてのマンション投資はわからないことだらけで、誰に何を相談すれば良いか自分で判断がつかないこともあるでしょう。そんなときは、目的別に相談する専門家を決めましょう。

専門家なんだから相談すればなんでも答えてくれるんでしょ?

と思う方もいますよね。実は一見万能にみえる専門家でも「できること」と「できないこと」があり、自分の抱えているマンション投資の悩みによって適切な相談相手を選ぶ必要があります。

マンション投資の不安や悩みに答えてくれる頼れる相談人は、以下の5種類です

  • 相談人1.専門家によるアドバイス:不動産投資会社
  • 相談人2.失敗しない投資物件を選ぶ:不動産鑑定士
  • 相談人3.税務面でのサポート:マンション投資に強い税理士
  • 相談人4.財務アドバイザーとしての役割:ファイナンシャルプランナー
  • 相談人5.詐欺に強い法律のみかた:マンション投資に詳しい弁護士

この記事を読んで、自分のマンション投資の悩みをしっかり解決して着実に資産形成をしていきましょう。

相談人1.専門家によるアドバイス:不動産投資会社

マンション投資は不動産投資会社に相談すると、不安や悩みが解決することが多い傾向があります。

ただし不動産投資会社によって、区分マンションや一棟マンション、地域別などの強みがそれぞれ違います。自分がどのようなマンション投資をしていきたいのか、あらかじめ決めてから相談すると良いでしょう。

さらに不動産投資会社の中には一定の営業ノルマがあるので、勧誘の電話がかかってくることが多いです。

「仕事で忙しいから不動産投資会社を選ぶ余裕はないけど、失敗はしたくない」という方は、トウシェルのコンサルティングを受けて、自分のマンション投資に適した不動産投資会社を紹介してもらうと良いでしょう。

相談料は「無料」で、万が一紹介されたアドバイザーの提案内容などに不安な部分がある場合は、すぐに登録を抹消して企業からの連絡を停止できる制度もあるので、迷っている方は試しに一度利用してみるのはアリですね

相談人2.失敗しない投資物件を選ぶ:不動産鑑定士

不動産鑑定士とは、国家試験である不動産鑑定士試験に合格し、国土交通省に備える不動産鑑定士名簿に登録を受けた者で、不動産の適正な価格を法律に基づき調査報告するスペシ ャリストのことです。

新築のマンション物件を検討している方は価格に広告費が上乗せされていることが多い傾向があるため、相場がわかりにくいです。物件購入直後に思ったよりも利回りが出なくて、毎月赤字が出てしまったら大変ですよね。

不動産鑑定士ができること
  • 不動産の鑑定評価
  • 不動産の客観的価値に作用する諸要因に関して調査若しくは分析を行い、又は不動産の利用、取引若しくは投資に関する相談に応じること

素人にはわかりにくい物件の価値を正確に判定してもらえるので、物件購入に迷っているなら不動産鑑定士に依頼して、最終チェックしてもらうと良いです。

ただし不動産鑑定士に依頼すると、数10万円~30万円程度費用がかかるので注意。

定期的に全国の不動産鑑定士協会で無料相談会をやっているので、一度参加してみると良いでしょう。

相談人3.税務面でのサポート:マンション投資に強い税理士

節税のためにマンション投資を始める人は多いでしょう。しかし年間どのくらい節税できるのか把握できている人は少ないのではないでしょうか。

不動産投資に強い税理士に相談すると税額計算をしてくれるので、具体的な金額を数字で理解してから安心して投資ができます。

家賃収入は「不動産所得」なので、必要経費として認められるケースがほとんどです。青色で確定申告をすれば家賃収入を得た年の「所得税」と次の年の「住民税」を軽減できます。さらに所定のルールを守れば最大65万円を所得から差し引くことができるので、節税効果は高いといえるでしょう。

具体的に必要経費と認められるのは以下のとおりです。

  • 管理費
  • 保険料
  • ローン返済額の利息部分
  • 建物の減価償却費
  • 固定資産税
  • 都市計画税

不動産業は不動産投資、管理、建設会社など様々で、対応方法や適用される税制が異なります。税理士選びに失敗しないためにも、不動産投資に特化しているかどうかで決めましょう。

みんなの税理士相談所で、自分に合った税理士に相談することをおすすめします。

相談人4.財務アドバイザーとしての役割:ファイナンシャルプランナー

そもそも今投資しても良いのかわからない…。

と迷っている方はファイナンシャルプランナーに相談することをおすすめします。

ファイナンシャルプランナーは「お金」に関する知識を体系的に習得しているので、個人の家計簿からライフプランに応じて、収入から支出を引いて余ったお金をどのように運用したら良いかアドバイスをもらえます。

不動産以外にも株や投資信託、債券、保険の知識があるので、自分の将来のための運用する投資商品を客観的に判断できるようになるでしょう。

ただしファイナンシャルプランナーの中には投資経験がない方も一定数いるので、マンション投資を考えている方は不動産投資に強いファイナンシャルプランナーを選ぶと良いでしょう。

具体的な投資物件に関する相談はファイナンシャルプランナーの仕事ではできないので、IFA(資産運用アドバイザー)にアドバイスを求めると良いですね。

相談人5.詐欺に強い法律のみかた:マンション投資に詳しい弁護士

もしかするとマンション投資でだまされたかも…。

と疑いがある方は今すぐ弁護士に相談しましょう。

投資に関する詐欺の相談は近年増加している傾向があるので注意しないといけません。以下の図をみていきましょう。

画像出典:警察庁生活安全局 生活経済対策管理官  資料「令和3年おける生活経済事犯の検挙状況 等について」
URL:https://www.npa.go.jp/safetylife/seikeikan/R03_seikatsukeizaijihan.pdf

具体的なやり口については「元本保証」や「将来の不安を煽ってくる」といった、わかりやすいものから、以下のようなわかりにくい手口を使ってくる場合もあるので注意が必要です。

弁護士は法律のスペシャリストなので「これはあやしいマンション投資なのでは…」と思ったら、相談すると詐欺に合う確率を抑えられるでしょう。

また税理士業務と同等の業務もできるので、以下のように節税の相談もすることができます。

ただし不動産投資の経験をしている弁護士が必ずいるとは限らないので、マンション投資に強い弁護士に相談することをおすすめします。

【経験談】マンション投資の不安が減る!大家の会に入って相談してみよう!

マンション投資でどうしたら失敗せずに済むだろう、と悶々と悩み続けている方もいるでしょう。確かに本やネット上の情報だけを鵜呑みにすると、痛い目に合うケースもあります。

失敗する経験も大事ですが、マンション投資は金額が高いので最初の物件で上手くいかないと、投資に対する恐怖心がついてしまい、自分の人生を豊かにする機会を損失してしまうことになるでしょう。

失敗しないで経験を積むにはどうすれば良いの、と思われている方におすすめなのが、大家の会に入って不動産賃貸経営の手伝いをすることです。

ここでは投資用物件を複数戸所有しているO.Hさんに話を伺いました。

【O.Hさんのプロフィール】
性別:男性
不動産投資歴:5年
投資用物件は5棟所有。
2020年8月に結婚してから、夫婦で投資用物件を共同で経営している。
2022年10月に年収550万円の一般企業を退職して経済的自立を達成。
現在、税理士になるための勉強している。

O.Hさん、本日はよろしくお願いします!

O.Hさん
O.Hさん

よろしくお願いします!

O.Hさんは、普段不動産投資で迷ったら誰に相談していますか?

私は夫婦で大家の会に所属して、先輩オーナーの方に相談してアドバイスをもらっています。

なるほど。「大家の会」って具体的にどんなことができるんですか?

私の所属している大家の会はフェイスブックをメインに使っています。できることは以下の5つです。

  • メンバー間の質問できる
  • 自分の事例を共有する
  • 他のメンバーからの事例を共有してもらえる
  • おすすめ動画や情報を共有してもらえる
  • 月1で勉強会がある

ありがとうございます!「大家の会」ってどうやって参加するんですか?

そもそもメンバー募集をかけていないところがほとんどです。
運営側も会を大きくする意図はないようで、大家の会を知らないという方が多いのではないかと思います。
マンション投資を始める初心者の方であるなら、経験しながらオーナーに相談できるので非常におすすめです。

大家の会って学びがたくさんありそうですね。最後の質問ですが、費用って平均どのくらいかかるものなんですか?

私の所属しているところは月5,000円です。平均を出すのは難しいですね。
他のコミュニティによってピンキリです。
私の意見をいうと、月数万円単位でかかるのは普通じゃないですかね。

本日はいろいろ教えてくださり、ありがとうございました!

マンション投資を始めようとしている方は、自分が投資するときどのような対処法があるのか知らなくて、相談する場合がほとんどでしょう。

少しでも不動産投資についての経験を積んで失敗しない資産形成をしたい方は、全国大家の会で自分に合うコミュニティに入ると良いでしょう。

初心者におすすめ!相談する労力を減らせるマンション投資の始め方3選

マンション投資は始めたいけど相談する労力を減らしたいなぁ…。

という方もいるでしょう。

しかし初心者の方はわからないことが多く、不安だから仕方なく相談しなければならないケースがありますよね。

ここでは初心者におすすめのマンション投資のやり方を以下のとおり3つ紹介します。

  1. 学んでからマンション投資を始める
  2. 不動産投資信託(REIT)で少額から始めて投資の感覚をつかむ
  3. コンサルタントをつけてマンション投資の経験を積む

ぜひこの記事を参考にマンション投資の知識を増やして経験を積み、なるべく自力で資産形成していきましょう。

1.学んでからマンション投資を始める

不動産投資の知識があれば、マンション投資をする際の不安や疑問点は減らせるでしょう。

不動産投資の勉強の仕方はいろいろありますが、以下のとおりデメリットも発生します。

  • 本を読む:費用がかかる
  • インターネットで情報を集める:信憑性に欠ける
  • セミナーに参加する:投資物件の営業をされる

TOKYOリスタイルでは、以下のような電子書籍計13冊を無料で読むことができます

画像出典:TOKYOリスタイル 公式HP
URL:https://restyle.tokyo/forbeginners/getting-started.html

さらにマンション投資を始めたくなった方は無料で個別相談できるので、初心者は安心ですよね。

2.不動産投資信託(REIT)で少額から始めて投資の感覚をつかむ

マンション投資に興味はあるけど、できれば少額から始めたい

という方は不動産投資信託(REIT)という選択肢もあります。

不動産投資信託(REIT)とは、マンションやオフィスビルなどの不動産に投資して主に賃料収入を投資家に配当する仕組みの投資信託のことをいいます。以下の図のような仕組みになっています。

画像出典:金融広告中央委員会(事務局 日本銀行サービス局内)知るぽると 公式HP
URL:https://www.shiruporuto.jp/public/document/container/hyakka/part2/toshin/toshin013.html

つまり不動産投資信託(REIT)は特定の不動産を一口数万円~数100万円程度に小口化しているので、実際の物件を購入するより安価で投資できるんですよ。

ただし、通常の不動産と同じように株式、債券と比べると流動性が低く、価格がわかりにくい傾向があります。さらに株式、債券と同じように価格変動リスクがあるので、注意しましょう。

たとえ不動産投資信託(REIT)だとしても初心者に必要な「投資経験」は積めるので、少額から始めたい、という方はぜひチャレンジしてみてください。

3.コンサルタントをつけてマンション投資をする

いざマンション投資をしよう、と思ってもどうしても不安は消えないケースがあるでしょう。日本では改善しつつありますが金融教育が遅れているので、適切な投資の相談をできるアドバイザーが身近にいないことがありますよね。

ココザスでは以下のような専門資格

  • ファイナンシャル・プランニング技能士AFP(日本FP協会認定)
  • プライマリーPB(日本証券アナリスト協会認定)
  • 第一種証券外務員
  • 生命保険募集人
  • 宅地建物取引士
  • 住宅ローンアドバイザー
  • 賃貸不動産経営管理士

を保有しているアドバイザーに相談できるので、中立的で客観的な助言を受けられますよ。

さらに会社の理念としてポジショントーク、無理な勧誘は一切なしなので、相談しやすいでしょう。

ココザスでは区分マンション、一棟マンションの両方考えている方でも、役に立つ情報が手に入る以下のようなセミナーも定期的に開催しています

画像出典:ココザス公式HP 「セミナー情報」
URL:https://cocozas.jp/seminar/

物件購入後も不動産業者との間にアドバイザーがついてくれるので、マンション投資で失敗する確率を限りなく抑えることができますよ。

まとめ

  • マンション投資をする目的を決めてから相談する人を決める
  • 大家の会に入り賃貸経営の手伝いをしながら、マンション投資の知識を得る
  • 初心者が失敗しにくいやり方でマンション投資をスタートする

特に初心者の方はわからないことが多く、相談相手が身近にいないこともあるでしょう。だからこそ自分の抱えている悩みを明確にして、誰に聞いたらより良いアドバイスがもらえるのか考える必要があります。

マンション投資をする際は、ぜひ専門家やコミュニティを上手く使いながら、着実な資産形成をして老後のお金の不安を減らしていきましょう!

タイトルとURLをコピーしました