不動産投資の勉強方法を徹底解説!初心者が知るべき基礎的なポイント

コラム
この記事は約16分で読めます。

「不動産投資に挑戦してみたい」と考えても、まず何から始めればいいのかわからない方は多いのではないでしょうか。とりあえず不動産投資について勉強しようと思っても、何から勉強すればいいのかがわからない、という方もいます。

不動産投資に関する多くの情報がネット上などで流れていますが、情報が多すぎて結局初心者は何から勉強し始めればいいのかわかりにくいですよね。

本記事では、初心者の勉強方法と知っておくべき知識を解説します。初心者の方におすすめの勉強方法がわかれば「自分で勉強していく」という次のステップへ進めます。基礎知識や専門用語が一つもわからなければ、勉強していくことは困難です。

勉強方法や基礎知識が分かれば、適切な次の一歩が踏み出せますので、ぜひ参考にしてください。

不動産投資はどうやって勉強する?

初心者におすすめの不動産投資の勉強方法は、以下の4種類があります。初心者が基礎知識を学ぶために有効な方法です。

  • インターネット・SNS
  • 不動産投資家のコミュニティへ参加
  • セミナーへ参加

本は、不動産投資を勉強しやすいため、おすすめの勉強方法です。本のテーマになっている内容を総合的に、順序よく勉強することが可能です。

初心者の方は、不動産投資の入門書のような本を選ぶことをおすすめします。不動産投資の概要や全体像がイメージできるものがいいでしょう。
そのような本であれば、基本的な専門用語についても勉強することができます。また、ポイントを絞り学びたい内容が決まっていれば、そのテーマについて深く学ぶことが可能です。

本を選ぶときのポイントは「不動産投資家」が出している本を選択することです。自分の不動産投資での成功と失敗の両方の経験談を知ることができるからです。また、著者の「不動産投資家」からの視点で不動産業界についての考えや知見を学べます。

一方で「不動産会社」が出している本には注意が必要です。不動産業界で企業として実在しているため、記載内容に限界があるからです。不動産投資についてのデメリットや、会社が扱っている不動産について悪いとわかっている点があっても、そのことについて記載できないこともあり得るからです。

「不動産会社」が出している本には注意が必要ですが、不動産会社の資料を見ておくことはおすすめです。不動産会社の特徴や、サービス内容について学ぶために重要です。学ぶ上で、おすすめの不動産会社は以下になります。ぜひ参考にしてください。

RENOSY ASSETマンション投資
「RENOSY(リノシー)」はAIを活用した不動産サービスです。不動産業務をオンライン上で完結させることが可能!資料請求から初回面談を受けていただければ、50,000円分のAmazonのギフト券をプレゼント!

出展:RENOSY公式ホームページ

不動産投資のJPリターンズ
スマートフォンでどこでも学べるようにPDF資料をプレゼント中!JPリターンズは、徹底した集金・送金管理によって家賃滞納率0%を達成しています。資料請求から初回面談で通常20,000円のところ、今だけ50,000円分のAmazonのギフト券をプレゼント!

出展:JPリターンズ公式ホームページ

アセットジャパン
約60分の無料カウンセリングを行っています。また、個別の資産運用プランのシミュレーションをプレゼント中!個人のオーダーメイドプランです。資料請求から無料カウンセリングを受けていただければ、30,000円分のAmazonギフト券をプレゼント!

出展:アセットジャパン

インターネット・SNS

インターネットでのGoogle検索やSNSでの不動産投資の勉強は、効率のいい勉強方法のため初心者の方におすすめです。

基本的な情報が「無料」で「即時に」手に入るということが最大のメリットです。スマートフォンがあれば場所を問わず勉強できますね。

TwitterなどのSNSでは、不動産投資家の情報や経験談を入手できます。SNSならば速報性もあるため「現在」の状況を知ることが可能です。自分一人の情報収集では得られないことも、SNSを通して学べる可能性があるため、有効に活用していきましょう。

文字を読む独学が苦手な方はYouTubeも利用することがおすすめです。動画を通して解説してくれるため、自分にとってわかりやすいYouTubeチャンネルが見つかれば、非常に勉強しやすくなります。

一方で、インターネットやSNSでは情報の正確性に注意が必要です。情報を得る際は、以下のポイントを確認してみましょう。

  • 大手企業が出している情報で、専門家の監修も入っている
  • 一次情報である
  • 集客のための虚偽情報ではない

おすすめの動画学習は以下のJPリターンズです。ぜひ参考にしてください。

JPリターンズ
動画でマンション投資を学べます。節税に関する動画などもあるため、これから不動産投資に挑戦する方はぜひご視聴ください。

出展:JPリターンズ公式ホームページ

不動産投資家のコミュニティへ参加

不動産投資をしている大家のコミュニティに参加することで、情報交換ができます。不動産投資の初心者の方には、コミュニティに参加することは少しハードルが高いかもしれません。しかし、そのような場で初心者のために勉強会が開催されていることもあるため、勉強の機会が広がります。

また、仲良くなれば、先輩投資家に不明点や困りごとを教えてもらえる可能性もあるため、コミュニティに参加するという行動を起こすことが重要です。

不動産会社のセミナーに参加

不動産会社が開催している、投資セミナーに参加することがおすすめです。実際に不動産を扱っている企業の話を聞ける機会は、とても有意義な勉強になります。

本などで基礎知識を身につけた後に参加することがおすすめです。基礎知識がなければ専門用語の意味がわからず、セミナーの内容が理解できない可能性が高いためです。
セミナー参加には以下のメリットがあります。

セミナー参加のメリット
・セミナー参加者に優先して優良物件の紹介をしている可能性がある
・専門的なことが質問できる
・セミナー参加者と横のつながりができる

以下のデメリットもありますので、セミナー参加前にリサーチをしっかり行いましょう。

セミナー参加のデメリット
・事前に内容を調べてから参加しなければ、学びたい内容と違うセミナーの可能性がある
・強引な物件を売りつける悪徳業者のセミナーに引っかかる可能性がある

おすすめの不動産会社主催セミナーは以下のものです。ぜひ参考にしてください。

グローバル・リンク・マネジメント
初心者にもわかりやすい不動産投資セミナーを毎日開催しています。参加費は無料!オンラインセミナーの場合は顔出し・声出しは無用です。セミナーに参加し、アンケートに答えていただければ書籍「不動産投資 虎の巻」と「5,000円分(来場セミナー参加)」もしくは「2,000円分(オンラインセミナー参加)」のギフト券をプレゼント!

出展:グローバル・リンク・マネジメント公式ホームページ

日本財託
日本財託は、2023年1月末時点で入居率98.84%の実績があります!日本財託の「初心者のための不動産セミナー」はこちらです。

出展:日本財託公式ホームページ

ファイナンシャルアカデミー
マネーリテラシーを身に付けるためのお金の学校です。今まで総計で69万人が受講しています。講師から学べる「教室セミナー」と、場所を問わず学習できる「WEBセミナー」があり、不動産投資を含めて「お金」のことを体系的に学べます。教室セミナーに参加するとAmazonギフトカード1,000円相当プレゼント!
セミナー申し込み後、アンケートに答えていただければ、不動産投資で絶対に失敗したくない人に贈る小冊子」をプレゼント!

出展:ファイナンシャルアカデミー公式ホームページ

不動産投資について優先して知っておくべきこと

不動産投資を勉強していく上で学ぶことは非常に多いです。そのなかでも特に優先して知っておくべきことを解説します。

  • 【建築】家を知る
  • 【運営】賃貸運営を知る
  • 【税金】不動産投資の税金を知る

【建築】家を知る

「建物」を理解するために、以下の項目について知っておくことがおすすめです。

  • 構造
  • 設備機器
  • 内装に関すること

構造

建物の構造について知っておくことで、耐用年数などがわかり、リフォームや大規模修繕について検討することができます。

<建物構造の種類>

  • 木造
  • 軽量鉄骨造
  • 重量鉄骨造
  • 鉄筋コンクリート造
  • 鉄骨鉄筋コンクリート造

設備機器

キッチンやトイレの設備機器について知っておきましょう。設備機器について、どのようなトラブルや故障が発生しやすいのかがわかります。また、使いやすいキッチンなどを考えることで、暮らしやすい住居にできるため、入居者を募集する際にアピールできることが増えます。

内装に関すること

壁紙など内装に関することを知っておきましょう。内装は入居者が日常生活で傷つけやすい場所です。そのため、補修作業の費用や期間についての知識は重要です。知識があれば、入居者が退去した後に、補修業者とのやり取りをスムーズに進めることができます。

【運営】賃貸運営を知る

賃貸運営について以下の項目を知っておくことがおすすめです。

  • 利回り
  • キャッシュフロー

利回り

利回りとは「不動産投資を行う上で、投資額に対してどれくらいの収益があるのか」を計算して出した数値です。この計算をした上で利益が出るのか判断しなければ、購入物件を間違えて失敗する可能性が高いです。計算方法は複数あり、地域によって相場も違うため、自分に合う計算ができるように勉強しましょう。

キャッシュフロー

キャッシュフローはお金の流れです。収益額からいくらの経費が引かれるのか、手元にいくら残るのかなど、お金の流れが把握できるように勉強しましょう。

【税金】不動産投資の税金を知る

税金について以下の項目を知っておくことがおすすめです。

  • 経費
  • 確定申告
  • 減価償却
  • 売却時の税金

経費

不動産運営にいくらの経費が発生しているのか把握しましょう。経費を上手く使いこなせるかどうかによって税金の支払い額が変わってきます。

確定申告

確定申告には白色申告と青色申告の2種類があり、青色申告ができれば最大65万円の控除が利用できます。

不動産投資の場合、明確な基準はありませんが「5棟10室以上」の不動産を扱っていれば副業ではなく、事業規模であると見なされ青色申告ができる可能性が高いです。

「5棟10室以上」とは、不動産投資を行う物件数が「戸建が5棟」もしくは「マンション・アパートが10室」以上の数を扱っていることです。このような専門用語の知識が必要です。

減価償却

減価償却とは、建物の価値が年々減っていくことを考慮して、その価値が減った分を毎年一定額として計上することです。減価償却費は経費として計上できます。
不動産投資に関する「減価償却」の仕組みと、計算方法を勉強しておきましょう。

売却時の税金

不動産を売却したときの税金については、以下の3種類があります。

  • 譲渡所得税(所得税・住民税)
  • 登録免許税
  • 印紙税

譲渡所得税」の計算は複雑です。しかし、賃貸物件の不動産をいつか売却することも考えている方は、税金がいくらかかるのかを知っておけば売却時に慌てることなく対応できます。

不動産投資のメリット・デメリット

不動産投資を行うと、どのようなメリットとデメリットがあるのかを勉強した上で、不動産投資を始めることが重要です。

メリット

不動産投資を行うメリットは以下の通りです。

メリット
・サラリーマンは副業として始めやすい
・不動産会社を上手く利用すれば実務は少なく、半不労所得を得られる
・家賃収入のほかに、売却することで利益を得ることも可能

サラリーマンは副業として始めやすい

サラリーマンは、不動産投資ローンを組みやすいため、副業として不動産投資を始めやすいです。
不動産投資は、多額の費用が必要なため「不動産投資ローン」を組むのが通常の方法です。しかし、誰でも不動産投資ローンを組めるわけではありません。一定の収入があるのか、どこの企業に勤めているのか、などローンを組む当人の社会的な属性が重要となります。

「家賃収入が得られない場合でもローンの返済ができるのか」という点は、金融機関からは重要な項目のため、毎月一定の収入のあるサラリーマンはローンを組みやすいです。ローンの計画を進めていく上で「どの金融機関でローンを組むのか」についても勉強が必要です。

半不労所得を得られる

実際の不動産の維持管理は、手数料を支払う形式で不動産会社に一任することも可能です。
不動産会社によっては、以下の対応を行ってくれるオーナーサービスを提供しているところがあります。

  • 物件の維持管理
  • 家賃の集金
  • 入居者トラブルの対応
  • 退去後の修繕業者の手配
  • 入居者募集
  • 確定申告のサポート
  • オーナーサポート

サービスには手数料がかかりますので、自分で少しはオーナー業務を行うのか、全てを任せるのか、バランスが重要です。サービスの品質と料金、家賃収入額も考慮して総合的に判断しましょう。
全てを一任すれば、オーナーとしての実務はほとんどなく、半不労所得を手にできます

家賃収入だけでなく、売却により利益を得ることも可能

不動産投資は家賃収入だけでなく、売却することによって利益を得ることもできます。維持管理が手間になったり、マンションの売却価格や土地の価格が上がったりして売却を検討するタイミングが出てきます。その際に、売却方法や税金で困ることがないように前もって準備しておきましょう。

デメリット

不動産投資を行う際のデメリットは以下の通りです。

デメリット
・家賃が入らない
・家賃滞納リスク
・売却益が出ない
・入居者とのトラブル
・物件の維持管理のコストや手間

家賃が収入がない・利益が出ない

「空室や家賃滞納により家賃収入が入らない」「物件価格の下落により売却益が出ない」など利益が出ないリスクがあります。不動産投資は「投資」であることを忘れないようにしましょう

このようなリスクを回避するために、以下のことを慎重に行うことがは非常に重要です。慌てずに知識や手法を勉強していきましょう。

  • 物件の選定
  • 家賃設定
  • 入居者の募集

入居者とのトラブル

設備機器が故障したときや、退去時の費用について入居者とトラブルになることがあります。このようなトラブルには労力と時間を要します。

自分で対応するのが困難であれば、不動産会社に対応を任せましょう。費用がかかりますが、対応を代行してくれるオーナーサービスを提供しているところがあります。

物件の維持管理のコストや手間

不動産会社に物件の維持管理を依頼しない限り、以下のようなオーナー業務を全て自分で行わなければいけません。

  • 不動産会社とのやり取り
  • 入居者募集
  • 家賃設定
  • 入居者との契約
  • 入居中の対応
  • 退去後の修繕業者の手配

初めて不動産投資に挑戦する方は、一人で全てを行うのは困難です。費用も考慮した上でオーナーサービスが充実している不動産会社を選ぶことがおすすめです。

一方で、時間と予算に余裕があり、不動産投資を「不動産事業」として本格的に進めていく中級者の方であれば、一通り全て自分で体験するのも一つの勉強方法です。

不動産投資の種類と特徴

初心者の方向けの不動産投資は、以下の3種類があります。自分に合う不動産投資をするために、それぞれの特徴を知っておきましょう。

  • 区分マンション投資
  • 一棟投資
  • 戸建投資

区分マンション投資

区分マンション投資とは、マンション1室から投資する手法です。

メリット
・マンション1室から投資するので、少額からでも始めやすい
・管理範囲は所有している住戸だけなので管理が容易
デメリット
・空室リスクがある
・マンションのオーナーは別の方のため、大規模修繕の時期などについては決定権がない

マンションの1室からの投資であれば、一棟投資に比べて少額から始めることができます。また、1室のみの運営ならば、その1室だけの管理で済むので不動産投資の初心者におすすめです。

一方で、1室のみの運営の場合、入居者がいなければ家賃収入が入ってきません。入居者を募集する対策を慎重に考えましょう。

一棟投資

一棟投資は、マンションやアパート一棟にまるごと投資することです。不動産投資ローンを組む場合、金融機関への借入金額が高額になります。

メリット
・複数の住戸があるため、少しの空室があっても家賃収入がゼロなるリスクが少ない
デメリット
・物件購入額が高い
・管理・維持に手間がかかる

複数の住戸を運営できれば、退去者が出ても家賃収入がゼロなるリスクが少なく、毎月の収入を見込めます。
一方で、一棟を購入するため購入額が高くなります。また、複数の住戸を運営するため維持管理に手間やコストが発生します。

戸建投資

戸建投資の場合、ターゲットが単身者ではなくファミリー世帯になります。小さい子どもがいる家庭の場合は、一度入居すると短期間で再度引越して退去する可能性が低いです。そのため一度入居者が決まると、長期間にわたり家賃収入を得やすいのが特徴です。

メリット
・入居者が決まれば一定期間の家賃収入が見込める
デメリット
・入居者が決まらない限り家賃収入が得られない・土地も購入する必要があるため、初期費用が高額になる

不動産投資に役立つ資格4選

不動産投資自体は無資格でできる投資です。しかし、不動産投資に関連する資格を取得することで知識が深まり、不動産会社とのやり取りもスムーズに進みます。知識がつくことで不動産投資自体も成功する可能性が高まります。
ここからは、下記4種類の不動産投資に役立つ資格について紹介していきます。

  • 宅地建物取引士
  • 不動産実務検定
  • マンション管理士
  • 不動産鑑定士

宅地建物取引士

宅地建物取引士は、国家資格で「宅建」と略して呼ばれています。不動産会社で引越し手続きをした経験がある方は、聞いたことがあるのではないでしょうか。

宅建があれば、不動産に関する法律について理解できるためおすすめです。不動産賃貸を運営していくことになるので、物件に関して違法性があることについて判断ができるようになります。

また、賃貸契約をする際の重要事項説明の内容が理解できるようになります。専門的な内容を入居者にも説明できるオーナーであれば、不動産会社や入居者からの信頼も得られやすいです。

不動産実務検定

不動産実務検定は、不動産運用の実務に関することを幅広く勉強する資格です。

  • 空室状況の改善
  • 満室にするための経営
  • トラブル対処方法

上記のことが網羅的に学べますので、これから不動産投資を行う方にはおすすめです。

マンション管理士

マンション管理士は、マンションの維持・管理に関することを理解できるため、マンションの不動産投資を検討している方におすすめです。以下のことが網羅的に勉強できます。

  • 建築物としてマンションの構造について理解できる
  • マンションの管理組合について理解できる
  • マンションの法律に関することが理解できる 

不動産鑑定士

不動産鑑定士は不動産の価格を鑑定するプロ資格です。
勉強すると、不動産の価値がわかるようになるためおすすめです。不動産の価値がわかると、不動産投資を行う際に以下のことで役立ちます。

  • 購入物件の適正な価格がわかる
  • 物件を売却するときの適正な価格がわかる
  • 不動産価格相場がわかる
  • 家賃設定を考える際に役立つ

不動産鑑定士は、土地や建物の不動産に価格を付けることができる資格です。日本の土地や建物には、田舎や都会など関係なく不動産価格が設定されています。それら全ての価格は、不動産鑑定士が設定した価格です。

まとめ

不動産投資の初心者の方が、どのように勉強すればいいのかについて解説しました。初心者の方は以下の4種類で勉強を始めることがおすすめです。

  • インターネット・SNS
  • 不動産投資家のコミュニティへ参加
  • セミナーへ参加

セミナー参加については、専門知識を少しでも身につけてから参加すると、セミナー内容が理解しやすいです。

初心者におすすめの不動産投資は以下の3種類があります。

  • 区分マンション投資
  • 一棟投資
  • 戸建投資

それぞれ特徴やメリット・デメリットがあります。自分の目的や予算に合った投資を選びましょう。選べるようになるために、前述の方法で不動産投資について勉強しましょう。

不動産投資を学ぶ上で役に立つ資格は以下の4種類です。

  • 宅地建物取引士
  • 不動産実務検定
  • マンション管理士
  • 不動産鑑定士

資格を取得できれば、不動産会社の担当者から「話の内容が理解できる人」と見なされ良好な関係性が築きやすくなります。資格を取得できなくても、勉強内容は不動産投資に役立つものばかりです。

不動産投資は「投資」のため、リスクがあります。メリット・デメリットも確認した上で、不動産投資を勉強して挑戦していきましょう。

タイトルとURLをコピーしました