不動産投資が「割に合わない」と言われる理由と対処方法を解説

コラム
この記事は約17分で読めます。

不動産投資は投資ビジネスの中でもミドルリスクと言われます。確かに投資ビジネス全体を見渡しても、不動産投資よりもリスキーな投資は多く見つかります。実際、不動産投資で利益を出している投資家は大勢います。

さて、そのような中にあっても「不動産投資なんかやめとけ」「割に合わない」という人が多数いるのも確かです。実際、マンション投資などで失敗する人も多いので、この発言も確かなのでしょう。

それでは、なぜ「やめとけ」「割に合わない」といった人は、なぜそのように語ったのでしょうか。また、そこに対処方法は無いのでしょうか。

不動産投資が「割に合わない」といわれる5つの理由

「不動産投資は割に合わない」という声は、いささか感情的な印象を受けますが、それは大なり小なりの失敗の結果が大半。そこには「失敗に至った要因」…つまり、リスクがあったのです。

では、失敗した人の陥ったリスクはどのような物なのでしょうか。

リスクの高さ

不動産投資のリスクを高いと認識するか低いと捉えるかで、その後の対応が違って来ます。つまり、リスクの高さを見誤ると大変なことになるのです。

そこで、ここでは特に高いリスクについて解説します。

空室リスク

空室リスクは不動産投資のトップクラスのリスクと言っても過言ではありません。と言うのも、空室になってしまうと、その部屋からの家賃収入が途絶えてしまうからです。しかも、ワンルームマンションなどのような区分マンションであれば、完全にゼロになってしまうのです。

さて、この事態を投資家はどのように見るでしょうか。これにはいくつかの認識があるでしょう。「収入が無くなるから危険な事態」と取る人もいるかも知れませんが、「賃貸不動産だから空くのも仕方ない」と思う人もいるかも知れません。

それでは、この2つの認識を捉えるとき、ビジネス上での賢明な判断はどちらでしょうか。…これは、当然、前者です。空室は収入が途絶えるてしまい、しかも、どのくらい長い期間その状態が続くか分からないからです。

ところで、空室の発生を重く受け止めたオーナーはどのように動くでしょうか。…不動産会社に働きかけたり、広告宣伝にい走るかも知れません。その一方、軽く認識したオーナーは何もせずに次の入居者を待つことでしょう。この行動は完全に違います。リスクの高さを認識するかどうかでビジネスの浮沈まで決まるのです。

修繕などのコストが膨らむリスク

不動産を利用していると、様々な部分が老朽化してしまい、故障や破損が増えて来ます。この修繕費用は意外なほどに膨れ上がることも多いです。また、リフォームをした場合、その規模が大きくなってしまうと、それだけ費用は膨らんでしまいます。

さて、この修繕などで発生するコストに関しても、高いリスクと考えるか否かで経営がずいぶんと変わります。修繕を小さな出費と考えるならば、その費用を予算化して考えないこともあり得るからです。

しかし、高いリスクとして認識しているならば行動も変わって来るでしょう。修繕を予算に組み込んで計画に入れて、不測の事態にまで備えるのです。…この場合はアクシデントに対しても強くなります。当然ながら、経営にも余裕が出て来ることでしょう。

ちなみに、設備の故障は物件が古くなると頻発して来ます。ですから、中古物件の経営においては結構なリスクなのです。…そこを認識せずに「中古だから利回りが良い」とばかり考えるならば、落とし穴に落ちてしまうのです。

家賃下落のリスク

不動産投資は家賃によって成立しています。家賃が高いレベルでキープされるならば、利回りも高いレベルでキープされるのです。

しかし、家賃は新築時をピークにして下がって行ってしまいます。建物が老朽化してしまい、生活に不便さを感じたならば、やはり下がってしまうことでしょう。新品の設備と中古品の設備は使い勝手も気分も違うものです。やはり新品の魅力には勝てません。

また、一旦入居者が退去してしまったならば、家賃を下げなければ新たな入居者が来ないかも知れません。

このように、家賃の下落リスクは無くなりません。不動産投資の経営を圧迫してしまうのです。

法律問題の発生リスク

不動産投資には法律が大きく関係します。そして、その法律は強すぎるほどの効力を持つものもあり、大きなリスクにもなり得ます。

例えば、借地借家法という法律があるのですが、これは借主保護の点で強い効力を持つ特別法と呼ばれるもの。仮に、他の商法と干渉したとしても、こちらの方が効力として優先されるのです。

この法律が関係する例が、賃貸不動産の契約書に関する部分。一般に賃貸不動産は2年契約となっています。一見すると、この段階で契約は白紙に戻りそうですが、賃貸不動産の場合は自動更新となっていて、オーナー側からは解約が出来ません。

そして、仮に契約書に特約として2年で契約が切れる…といった内容のものを書いたとしても、借主に不利になることは、契約としても効力を持たないのです。…これは経営上の落とし穴になってしまいます。

このように、不動産投資には「知らなかった」では済まされない法的なリスクがあります。危険なのです。

災害リスク

例えば、大地震の発生は誰も予測が出来ません。「今後何年間かの内に大地震が発生する」と学者は語るかも知れませんが、それが確実なのかは誰にも分からないのです。

台風の発生も同様です。近年になって大型の台風が多く発生していることから、ある程度の傾向は分かると思われますが、次に来る台風の最大風速がどれくらいかは襲来するまで分からないのです。

そして、そのような自然災害は不動産に大きなダメージを与えてしまいます。今の建物は耐震化が進んではいるのですが、リスクはゼロにはなりません。また、建物の耐風圧強度も上がっているでしょうが、今後の台風に耐えられるかは分からないのです。

そして、これらは不動産投資にも大きなリスクとなります。ある日突然に自然災害が発生し、投資用の不動産が全壊してしまったら…非常に大きな驚異となるでしょう。

資金不足

不動産投資は「投資用の不動産を購入すれば、あとは入居者が家賃を支払ってくれるので楽に稼げる」と考えている人が、案外少なくありません。しかし、資金の余裕無しで出来る訳ではありません。実は、様々な点で資金は必要となるのです。

例えば、物件のメンテナンス修繕、トラブル解消のためには管理費が発生します。また、不動産投資には税金も様々な場面で出て来るので、これも支払わなくてはいけません。また、火災保険なども必要です。当然ながら、保険の加入にも費用が必要です。

しかし、この費用の発生に対する認識の甘さは多くの人が持っているもの。そして、その認識の甘いままで不動産投資を始めてしまい、失敗してしまうケースがあるのです。

「不動産投資は割に合わない」と言う人の中には、このような人も多くいます。資金不足が原因の場合があるのです。

マーケットリスク

不動産は経済状態を反映して価格が変動します。

良い例がバブル期の不動産価格。首都圏の不動産は軒並み値上がりし、家一軒が1億円にも上る勢いでした。投資用のマンションも値が上がり、いわゆる「億ション」という言葉も生まれたほどです。しかし、バブルは崩壊してしまい、不動産価格も崩れてしまい、あの神話は崩壊してしまいました。

さて、投資家の中には不動産の値上がりを狙って自分には手の届かない物件を購入しようとする人が居ます。これからの経済変動を狙っての判断なのですが、この判断が上手く行くとは限りません。場合にもよりますが、予想に反して値を下げてしまい、損失を被ってしまうこともあるのです。

そして、これには不動産の需要と供給のバランスが崩れることに端を発することが案外あります。

これがマーケットリスク。景気変動によって不動産価格も大きく変動してしまい、投資に失敗してしまう現象なのです。

しかも、その物件が空室になったとしたならば、毎月のローン返済も大変になってしまいます。空室は終わりの見えないトンネルとも言えます。陥ってしまったならば大変です。

管理の難しさ

不動産投資は物件管理が非常に大切です。しかし、この管理業務を理解しないままでスタートさせ、それでいて「割に合わない」という人は確かにいます。

それでは、この人たちは、どのような管理をしなければならなかったのでしょうか。

メインとなる物件管理と入居者管理について取り上げます。

物件管理

まず挙げられるのが物件管理です。

投資用不動産は利用している内に様々な箇所が老朽化してしまいます。外壁であれば塗装がダメになって行きますし、浴室などの水まわり設備では漏水のリスクが上がります。また、共用部分の照明などは日常的に交換しなければならないでしょう。

また、掃除も楽ではありません。アパート投資などでは共用部分の掃除も欠かせないのです。

さて、この仕事は不動産管理会社に委託すれば請け負っくれます。しかし、不動産管理会社を使うと費用が発生してしまいます。負担は重いのです。

このような管理の手間や費用を嫌う人は多いです。「割に合わない」と言い出すのです。

入居者管理

入居者管理も簡単ではありません。例えば、入居者に関係するトラブルは管理者が解決しなければなりません。しかも、入居者は立場が法的に守られているので、勝手には解約が出来ないのです。

また、仮に入居者が失踪したとしても、勝手に室内に入ることは許されません。仮に無断で入ってしまったならば、家宅侵入罪で訴えられることもあり得るからです。

そのような事態を未然に防ぐためには、入居者審査をしっかりとしなければいけないのですが、入居者審査も簡単では無く、その人の性格まで見抜くことは困難です。

尚、この仕事も不動産管理会社に投げることは可能です。しかし、管理会社が適切な人物と契約するとは限りません。リスクは残ってしまい、それを嫌って「割に合わない」というセリフが出るのです。

投資期間の長さ

例えば、株式投資などを見るならば、投資期間が長かったとしても価値は変動しますが、経年劣化という事態はありません。経済的な事情が揃えば、むしろ大きく価値を上げることがあるのです。

しかし、不動産投資は勝手が違います。長期になるならば投資対象の価値は下がって行くのです。

これは物件の老朽化によるもの。ある物件は老朽化してしまって入居者が減ってしまったり、またある物件は家賃が下がってしまっていたりするのです。

そして、これは投資期間が長くなればなるほど顕著に進みます。例えば、木造建築物の法定耐用年数は22年とされていますが、これは形式上22年で価値がゼロに近くなること。年間での価値の下落率が大きいのです。

そして、これを想定しないで始めてしまうと失敗してしまい、「割に合わない」というセリフが漏れてしまうのです。

不動産投資をやめておくべき人の5つの特徴

ところで、不動産投資に向かない人…つまり、やめておくべき人は確かにいます。そして、その人たちには特徴が見られます。

ここでは、不動産投資をやめておくべき人の特徴を5点挙げてみましょう。

リスクを取ることに不安がある人

前述のように、不動産投資には様々なリスクがあります。そして、それらの中にはタイミングと規模が全く予測のつかない物もあります。例えば、自然災害のリスクなどは、その典型と言えます。

さて、これらのリスクはビジネスの根幹を揺るがす物もあります。それを考えると非常に怖がる投資家も多いことでしょう。

しかし、不安ばかりが先行してしまうと、あまり良くはありません。リスクは対策を取りながら、敢えて取る場合もあり得るからです。

例えば、家賃のあまり上がりそうも無い物件をリフォーム前提にして買う投資家がいます。この人たちはリフォームで対処することで、リスクをカバーしようとしているのです。

ですから、このようなアクションを取ることが困難で、怖がってばかりいる人は不動産投資には向きません。やめた方がよいのです。

財務面での余裕がない人

先にも挙げた様に、資金不足は不動産投資のリスクの1つ。これを乗り切らなければ成功はあり得ません。

しかし、不動産投資を始める人の中には資金面での余裕が無い人が居ます。

例えば、年収○○万円の人ならば始めるべき…という広告を見て、資金のストックが無い人が始めるケースです。この人は資金的な余裕が無いので、何かのアクシデントがあれば倒れてしまいます。

その点、資金的に余裕のある人は少々のアクシデントがあったとしても、乗り切ってしまうことでしょう。

このように、資金の余裕のない人はビジネスの推進が難しくもなり得ます。不動産投資はやめた方が良いのです。

時間的余裕がない人

時折、不動産投資は「ほったらかしでも儲かる」といった広告を見ることがあります。そして、この表現は、特に忙しくて時間が取れない人には、非常に魅力的に見えるものです。

さて、不動産投資は確かに家賃収入で成立するビジネス。ある意味でほったらかしでも収入があるのかも知れません。しかし、それは事業が安定した時に見られる現象であって、最初からそのような現象とはなり得ないのです。

むしろ、最初の段階は試行錯誤の繰り返しが続きます。そのため、時間と労力を割かれることにもなるのです。人にもよるでしょうが、物件を確認するために、足繫く通うことにもなるかも知れないのです。

ですから、時間の取れない人は不動産投資をするべきではありません。必要な仕事が出来ないからです。

不動産市場に関する知識が不足している人

不動産投資の利回りは投資金額に対する家賃収入の比率で決まります。家賃収入が高ければ高いほど、投資金額が抑えられれば抑えられるほど、利回りは上がるのです。

ですから、良い投資用物件を購入するためには、不動産市場に関して知っていなければいけません。買い時でないタイミングで購入してしまうと利回りが上がらないからです。

ところが、不動産投資を始める人の中には、不動産を安く買おうとする意識に欠如している人が見られるのです。…家賃のレベルさえ下げなければ大丈夫、と思っているのかも知れません。

しかし、やはり不動産市場に対する感覚は研ぎ澄まされていなければいけません。良い物件を入手するためには、不動産市場を理解して先読みできなければいけないのです。

家賃が勝手に入って来ると思っている人

先にもたびたび述べて来たように、不動産投資は勝手に家賃収入が発生するのではありません。投資用物件での生活に満足して、それで入居者は家賃を支払うのです。仮に、生活に不満を感じ続けるならば、その物件から退去されてしまい、空室となってしまいます。

これは「家賃が勝手に入って来る」と考える人に特に多く見られます。

家賃が勝手に入って来ると考える人には、物件のメンテナンスを怠る人が案外います。つまり、物件のメンテナンスを適当にしても、家賃が勝手に入って来ると思っているからです。…当然ながら、この考え方は通用はしません。

そのため、このような人は不動産投資をやめておいた方がよいのです。

不動産投資をやるべき4つの理由

このように不動産投資には向かない人がいるのですが、やはりメリットも多くあります。やはり、やるべきビジネスではあるのです。

それでは、不動産投資をやるべき理由とは、どのような点があるからでしょうか。代表的な点を挙げてみましょう。

定期的な家賃収入

不動産投資の家賃は勝手に入って来るものではありません。適切な管理など、越えなければならないハードルは多いのです。

しかし、それであっても定期的な家賃収入は魅力的です。

ですから、収入をより多くしたいならば、やはりチャレンジするべきなのです。

税制上のメリット

不動産とうしには税制上のメリットがあると言われます。これは所得税と相続税に対して有効です。

まずは所得税ですが、これは不動産投資を副業とする人で、赤字があった人に発生します。所得税は収入がマイナスだった時には発生せず、トータルでの収入が減るならば、所得税も抑えられるからです。

次に相続税ですが、これは評価が低減されることによって発生するメリットです。特に大きな額を引き継ぐのであれば、低減される金額が増えて節約できるのです。

ポートフォリオの分散化

今の時代は年金が危機的になってしまい、将来の生活が危ぶまれています。そのため、多くの人が投資ビジネスに参入しているのですが、危機管理がなおざりになっているようにも見えます。

そのため、ポートフォリオの分散化が望ましいです。しかし、株式投資を行っている人たちでは、銘柄や業界を変えて分散はしているものの、株式そのものから脱却出来ているひとはあまりいません。

そのため、株式市場全体がダメージを受けてしまうと、持っている銘柄の全部がダメージをも受けてしまい、大きな損失を被ってしまうのです。

しかし、不動産を含めるならば、仮に株式市場が危険になっても損失は食い止められます。損失を抑える点で、不動産投資は有効なのです。

インフレへの対処

インフレは物の値上がりが激しくなる現象です。レベルにもよりますが、一般の人にとっては経済的な損失を受けることにも繋がり得ます。日常の食料品が仮に値上がりしたとすれば、生活は圧迫されてしまうのです。

さて、投資ビジネスにはインフレに敏感な物とインフレに強い物があります。不動産投資はインフレに強い部類の投資。仮にインフレが来たとしても、比較的乗り切りやすいと言えます。

ちなみに、今日の日常を取り巻く経済状態は、非常に不安定になっています。そのような時期にインフレが来たならば、損失は免れません。

しかし、不動産投資であればインフレへの対処もしやすいです。将来的にも有望なのです。

不動産投資の成功率を高める方法とは?

不動産投資にはリスクがあり「割に合わない」という人も多いです。

しかし、対処方法は無い訳ではありません。成功率を高める手段はあるのです。

そこで、ここでは不動産投資の成功率を高める手段を紹介します。

マーケットリサーチを徹底する

不動産投資の成功のカギを握るのは良質の投資用不動産です。良質の不動産は高いレベルの家賃が期待出来ますし、売却の時も高値が狙えるからです。

ただし、いくら良質の物件であったとしても、高値で買ってしまうことも良くありません。確かに多くの資金を投入すれば、良い物件は買えることでしょう。しかし、それでは利回りが上らないのです。

そのため、良質の物件を可能な限り安値で仕入れることが重要です。

ところが、良質の不動産は簡単に見つかるものではありません。しかも、ライバルの投資家は多く、虎視眈々と物件を狙っています。

そのような状況を勝ち抜くには、マーケットリサーチを徹底的にして、常に情報収集に注力しなければいけません。素早く良い情報を入手し、然るべきアクションを打たなければいけないのです。

経験豊富な不動産エージェントや投資家とアドバイスを交換する

不動産投資で収益を上げるためには様々な情報と知識が大切です。仮に、情報収集が甘く、勉強に不熱心であれば、想定外のアクシデントに簡単に倒れてしまうでしょう。

しかし、個人レベルでの情報収集には限りがあります。確かにネットでの情報収集は有効で正確性が高い物も多いです。ところが、そのようなスピーディーな情報であったとしても、最新であるとは限らないのです。

また、情報があったとしても、それを活用するだけの知識が無いといけません。しかし、これもネットでの体得は困難です。

そこで必要なのがビジネスパートナーです。それは有能な不動産エージェントであったり、投資家仲間であったりします。では、この人たちとはどこで会うのか…という課題が出て来ますが、これはセミナーやSNSが有効な時が多いです。積極的に活用して、ベストなパートナーを見つけましょう。

節税対策を行う

節税対策も非常に重要です。と言うのも、不動産投資には様々な税金が発生するからです。税金は確かに納めなければならないのですが、節税をしないままで計算してしまうと法外な金額まで膨らみ得ます。

例えば、不動産投資には原価焼却について考えなければなりません。しかし、その点の認識を誤ってしまうと、税金で取られてしまって、せっかくの収益が削られてしまいます。

その点、節税についても勉強して対策を打っておけば、経営も安定がしやすいです。ぜひとも税金に関しても注意し、節税にも積極的に取り組みましょう。

不動産投資を分散させる

投資対象の分散はリスク回避の基本です。分散をすれば、仮に1つの投資対象が損失を被っても、他の対象が助かるからです。株式投資の場合には、銘柄や業界を変えたりしますし、海外への投資であれば投資対象国を変えたりもします。

さて、不動産投資も同じことがリスク対策に繋がります。投資対象を複数に分散させて、損失を減らすのです。例えば、東京と大阪、あるいは名古屋などと分散すれば、仮に1つの地域に自然災害が襲い掛かったとしても、他の投資対象は生き残ります。

確かに、投資対象を複数持つことはビギナーには困難です。しかし、ステージが進んだ時には、リスクの分散を考えるべきでしょう。

継続的な投資

株式投資のような投資スタイルであれば、早く収益化が出来るかも知れません。しかし、不動産投資は長期戦です。確かに、物件の売却を念頭におくならば、ある程度は短くなるでしょう。しかし、年単位にはなります。

ところが、何らかのアクシデントに狼狽してしまい、慌てて売却をしてしまい、損失を被ってしまうケースが見られます。確かに損失を切るためには必要なアクションかも知れませんが、継続的に投資を続けた方が良い場合が非常に多いです。

ですから、アクシデントを避けるための対策をしっかり立てて、長期的な投資として、腹を据えることが大切となるでしょう。

まとめ

不動産投資に挑戦した人の「割に合わない」という声について取り上げました。

不動産投資のリスクを改めて思い出し、どのような人がやめるべきか、リスクを下げる手段などについてイメージが出来たと思います。

不動産投資は確かに「割に合わない」と呼ばれる面があるかも知れません。しかし、リスク管理などをしっかりすれば、決して怖い投資ではありません。対策をしっかりと練って挑戦するようにしましょう。

不動産投資のプロから最新情報を学ぶ

ここからは、これから不動産投資を始める方向けにオススメの勉強方法を次の3つに分けて紹介します。

    • 資料請求

    • セミナー

    • 動画学習

特に不動産投資は動く金額も大きいため、重点的に学んで理解する方が安心です。不動産投資を中心に、情報収集先としてオススメの企業も合わせて紹介します。

資料請求をする

資料請求は無料で申し込めることが多いので、まずは情報収集したい方にピッタリの方法です。時間や場所を選ばずに確認できるため、最初の一歩としてまずは資料請求してみると良いでしょう。

それでは、資料請求に対応している企業を3つ紹介します。

RENOSY ASSETマンション投資

「RENOSY ASSET マンション投資」は、東証グロース上場企業である株式会社GA technologiesが運営しているサービスです。

株式会社GA technologiesは不動産ビジネス・不動産テックをメインに活動する会社なので、RENOSYへの資料請求は資産形成・不動産投資に興味がある方にオススメです。

『WBS(ワールドビジネスサテライト)』や『東洋経済オンライン』『PRESIDENT Online』など経済関係メディアにも掲載された実績があるので、資産形成・不動産投資について安心して学べます。

RENOSYでは、国内株式投資をハイリスクハイリターンの「上級者向け投資」としており、短期間でお金が欲しい人や積極的な運用がしたい人向けと定義しています。

一方、不動産投資はミドルリスクミドルリターンの「初心者向け投資」としており、老後に備えたい人や中期的な運用をしたい人向けと定義していることが特徴です。

そのため、特に中長期的な資産形成を考えている方は、RENOSYの方向性とマッチしていると言えるでしょう。

資料請求に費用はかからないので、まずは資料請求してみてください。

RENOSYでは資料請求した後、個別面談などの条件を満たすとAmazonギフト券(50,000円分)がプレゼントされます。プレゼント条件も資料請求ページに記載されているので、ぜひ確認してみてください。

不動産投資のJ.P.RETURNS

不動産投資のJ.P.RETURNSは、分かりやすさに定評のある資料が特徴のサービスです。

不動産投資や資産形成を勉強していると、専門用語も多数登場します。そのため、学習を始めたばかりの方は用語が理解できずに挫折してしまうこともあるかもしれません。

しかし、J.P.RETURNSの資料は初心者でも分かりやすい内容でまとめられているいるので、これから資産形成の勉強を始める方にもオススメです。

「貯金だけではなく投資をした場合、どのような違いがあるか分かりやすかった」「自分にあった投資方法が見つかった」といった口コミが寄せられているので、投資手法を検討中の方はぜひ資料請求してみてください。

J.P.RETURNSでも面談などの条件を満たすとAmazonギフト券がプレゼントされます。通常は20,000円分のプレゼントですが、今だけ50,000円分増額キャンペーンが行われていますので、面談まで申し込むことがオススメです。

アセットジャパン(ASSET JAPAN)

アセットジャパン(ASSET JAPAN)は、資産運用の基礎から家計の見直しまでできる無料カウンセリングも行っている会社です。

老後に必要なお金や資産運用で失敗しないための基礎知識、貯金・投資・保険・不動産を含めて相談できるため、まさに資産形成を勉強している方向けのサービスと言えます。

また、アセットジャパンは資料請求に合わせて、個別のライフプランシミュレーションを提供していることも特徴です。これまでライフプランの計算をしたことがない方は、この機会に資料請求してみてください。

なお、アセットジャパンでは資料請求から無料カウンセリングまで申し込んだ場合、Amazonギフト券が30,000円分プレゼントされます。

セミナーを受講する

セミナーを受講すれば、資料では分からなかったポイントを質問したり、他の受講者と情報交換したりできます。

資料請求で予備知識を得たら、1度はセミナーに参加してみると良いでしょう。

ここからは、オススメのセミナーを3つ紹介します。

グローバル・リンク・マネジメント

グローバル・リンク・マネジメントは、参加無料の不動産投資セミナーを毎日開催しています。

グローバル・リンク・マネジメントのセミナー満足度は97.4%、セミナー受講者の8割以上が会社員・公務員のため、これから不動産投資をはじめたい・老後に備えて資産形成したいというサラリーマンに特にオススメです。

セミナー時間は日中・夕方以降・夜間と分かれているため、お好きな時間に参加してみてください。「何にどう投資すればいいのか分からない」という方は、ヒントが見つかることでしょう。

グローバル・リンク・マネジメントのセミナーでは来場セミナーの場合は5,000円分、オンラインセミナーの場合は2,000円分のAmazonギフト券がプレゼントされます。

日本財託グループ

日本財託グループは、東京の中古マンション投資を特にオススメしている会社です。

2023年1月末時点の管理戸数は26,757戸、オーナー数は9,281名、入居率は98.84%と、高い実績を誇っています。

ここまで紹介してきた資料やセミナーと比べると、日本財託グループは不動産投資のみに特化した情報収集にオススメです。

不動産投資に絞って学びたい場合は、日本財託グループのセミナーを受講してみると良いでしょう。

ファイナンシャルアカデミー

ファイナンシャルアカデミーは、2002年に開校した日本最大級の総合マネースクールです。

まさに資産形成したい人のためのスクールで、20年間にわたって69万人を超える受講生や卒業生を送り出した実績があります。

ファイナンシャルアカデミーは不動産をはじめ投資信託・株式・保険などの金融商品を販売せず、受講料で運営されている企業なので、それぞれの資産を中立的な立場から学習できます。

セミナー受講は無料なので、まずは知識をつけたい方は1度受講してみてください。

ファイナンシャルアカデミーの教室セミナーに参加すると、1,000円分のAmazonギフトカードが貰えます。キャンペーン期間は2023年2月28日までなので、お早めに申し込むことをオススメします。

動画視聴で学習する

資料請求やセミナー受講にハードルを感じる方には、まずは動画コンテンツで学習する方法をオススメします。

JPリターンズ

資料請求の項目でも紹介した「J.P.RETURNS」は、動画コンテンツの配信も行っています。

月額会員登録は不要で、提供されている動画コンテンツは見放題です。

まずは1本見てみれば、資産形成や不動産投資に対するイメージを持ちやすくなるでしょう。

資料請求やセミナー受講前のステップアップとして、ご覧になってください。

タイトルとURLをコピーしました