不動産で不労所得を達成!自由な生活が手に入る6つの魅力とは

コラム
この記事は約16分で読めます。

「不動産投資で不労所得を得たい!」
「不動産の家賃収入による不労所得はどうしたら達成できる?」
「不動産投資は他の不労所得に比べてどんな違いや特徴があるの?」

そのような悩みや不安を抱えていませんか?

日本でお金を得るには汗水垂らして働くものだ、という考え方が浸透していて「不労所得なんて本当にあるのか」と多くの方が疑っていることでしょう。

ごめんなさい。その考え方はもう古いです。

特に不動産投資はビジネス要素が強い投資として成功するやり方が確立されていて、しっかり運用できればコツコツ保有物件を増やすことで着実に不労所得を増やすことが可能です

この記事では不動産投資で成功するために

  • 現実は甘くない?不動産投資が不労所得ではないといわれる4つの理由
  • 不労所得で自由な生活を手に入れよう!不動産投資の6つ魅力
  • 初心者におすすめはこの3つ!不動産で不労所得を実現しよう

について余すことなく解説していきます。ぜひこの記事を参考に不動産投資で不労所得を達成して、自由な時間を増やしていきましょう!

今すぐに不動産投資を始めたい初心者の方におすすめ3選

不動産で不労所得は可能?基本的な知識を3つ紹介

不動産投資をすると、本当に働く必要がなくなるのかなぁ……。

と思われる方もいますよね。

残念ながら全く働かなくても良くなることはあり得ません。しかし、やり方しだいで働く割合を減らすことはできます。

ここでは「不労所得」の基本的な考え方をもとに、以下の3つについて解説していきます。

  1. 不労所得とは
  2. 不労所得で働かない方法とは
  3. 不動産で不労所得は達成可能か

この記事を参考に、不動産投資で不労所得を達成するための考え方をぜひ身に付けてください。

1.不労所得とは

簡単にいうと会社勤めで得られる給与所得以外の以下のようなもののことをいいます。

不労所得の具体例
  • 預金や債券を保有することで得られる利子所得
  • 株式を保有することで得られる配当所得
  • 不動産を保有することで得られる不動産所得
  • 野立ての太陽光パネルから売電することで得られる事業所得

全く働かないで得られる所得は世の中に存在しないでしょう。小労働が必要の場合が多い傾向があります。

具体的な小労働は以下のとおり。

  • 預金や債券:毎月一定額お金を預けたり、債券を買い付けたりする
  • 株式:チャートを見て購入する銘柄のポートフォリオを組む
  • 不動産:条件に合った収益性の高い物件を購入する
  • 太陽光発電:売電実績のシミュレーションで判断して設備を購入する

「不労所得」といえども実際に収入を得られているか定期的に管理する必要があるので、頭に入れておくと良いでしょう。

2.不労所得で働かない方法とは

会社で働きたくないな、という方はいますよね。そんな方は普段からコツコツと「インカムゲイン」を増やしていくことをおすすめします。

インカムゲインとは

資産(金融商品、不動産や事業用設備)を保有することで得られる収入のこと。

インカムゲインを得るには、資産を購入する必要があります。実際インカムゲインは購入金額の数%程度なので多くの方は「意味がない」と考えて資産を購入する以外のことにお金を使う傾向があるんですよ。

しかし、地道にインカムゲインを増やしていける方が、将来的に不労所得を築きやすいので、長期的な視点を持つと良いでしょう。

3.不動産で不労所得は達成可能か

不労所得を達成する様々な手段の中でも不動産は忙しいサラリーマンの副業にピッタリ。人の住環境はなくてはならないものなので、安定的な需要があります。

管理会社に頼めば、多少費用がかかりますが自分の労力を減らせるので、副収入を作りやすいでしょう。

年収600万円以上の方は、会社の信用で投資用物件購入に必要な大きなお金を借り入れるのに成功しやすい傾向があります。

さらに物件購入価格の2~3割程度の頭金があると、ローンの審査はとおりやすいでしょう。

現実は甘くない?不動産投資が不労所得ではないといわれる4つの理由

不動産を保有するだけで、働かなくても良いんだったらみんなやっているよ!

と思う方もいますよね。

確かに不動産投資で失敗して不労所得を達成できなかった、ということもあるでしょう。しかしやり方が正しければ、不動産を保有する小労働で副収入を得られます。

ここでは不動産投資が不労所得ではないといわれる4つの理由

  1. 物件探しが面倒だから
  2. 高い金利のローンは審査がとおりやすいから
  3. 空室リスクがあるから
  4. 賃貸管理が手間だから

について順を追って解説していきますね。

1.物件探しが面倒だから

不動産投資は一度購入して、収益が安定すれば精神的にも物件管理が楽になる傾向があります。

しかし

しっかり利回りが出せている物件を自分で判断しなくてはならないので面倒だなぁ……。

と感じる方もいるようです。

ニュージーランドの著名な不動産投資家ドルフ・デ・ルーフ氏の言葉に「100:10:3:1の法則」があるのを知っていますか。100件の物件を見学し、そのうちの10件の買付申込書を出し、3件に融資の手配をして、最終的に1件が買える、というものです。

投資用物件は住宅用物件と違い、経費やローン返済額以上の収益が見込めなければ債務超過になり失敗します。

しっかり利回りを見て物件購入を判断すれば良いんでしょ?

と思われるかもしれませんが、実は不動産会社で公表されている物件の利回りは、経費やローン返済額を含めていない「表面利回り」のケースがほとんど。注意しましょう。

2.高い金利のローンは審査がとおりやすいから

年収が600万未満で金融機関から資金が少ないと判断されると、返済金利の低いローンが組めない可能性があります。

融資については金融機関によって難易度は異なり、金利が低いローンが組める金融機関ほどハードルは高くなります。以下の図を見ていきましょう。

金利が低い金融機関から融資を断られ続けて、やむなく金利の高いノンバンク系のローンを組んでしまうと、家賃収入以上の経費とローン返済額がかかり、毎月お金が出ていくという事態になるでしょう。

3.空室リスクがあるから

自分の物件に空室が生じてしまうと家賃収入が減ってしまい、不動産投資をしない方がいるようです。

空室リスクは、不動産投資をするうえでさけられません。特に区分マンションを1室のみで運用している方は、空室が出てしまうと家賃収入はゼロなので注意が必要です。

物件にかかる主な経費は以下の3つ。

  • 毎月のローン返済
  • 管理費
  • 固定資産税

空室保証(サブリース)を使えば、空室リスクを回避することができますが、毎月の賃料の10%~20%の費用が発生するので、物件の収益性とのバランスを考えながら利用した方が良さそうです。

4.賃貸管理が手間だから

不動産投資は人が物件を借りる需要と供給で成り立っているので、家賃収入が発生するか否かは借主がどんな人かによって決まると言って良いでしょう。

しかし本業が忙しい方は賃貸管理に時間が割けない、という方は多い傾向があります。

賃貸管理が手間になる人的リスクは以下のとおり。

  • 強盗
  • 殺人
  • 自殺
  • 孤独死
  • 騒音
  • ゴミ
  • 近隣同士のトラブル
  • ペットの飼育等の契約違反

物件購入後にわかることも多く、賃貸管理に時間が取られてしまうと、不動産は「労働所得」となってしまいます。

あらかじめ人気のあるエリアで投資用物件を購入し、入居者の審査を厳格にして、賃貸管理の手間を減らしていくと良いですね。

不労所得で自由な生活を手に入れよう!不動産投資の6つ魅力

早期リタイアを目指そうとしている方は、不動産投資がおすすめです。

しかし

不労所得を達成するためにあえて不動産投資をするのは何で?

と疑問に思う方もいるかもしれません。

ここでは不動産投資で不労所得を達成する6つの魅力について解説していきます。

  1. 少ない自己資金で高額の物件を保有できる
  2. 利回りが安定しやすい
  3. 小労働の収入源になりやすい
  4. 価格変動を受けにくい
  5. 節税効果がある
  6. 保有している間に値段が上がったら売却益が狙える

1つずつみていきましょう。

1.少ない自己資金で高額の物件を保有できる

日本不動産研究所の「不動産投資家調査」によると、不動産の表面利回りは約4%程度ですが、信用を使うことで高額の物件を保有することができるので、自分の資金の目減りを抑えて毎月家賃収入を得られます。

空室リスクさえ回避できれば、毎月自動的に収入を得られるので、工夫次第で不労所得になると言えます。

また、不動産投資は「賃貸経営」とも呼ばれていて、ビジネス要素が大きいので、努力次第で利回りを上げることも可能です。

手持ち資金をなるべく減らしたくない、という方は不動産投資のJPリターンズを利用すると数10万円の自己資金で不動産投資ができるのでおすすめですよ。

2.利回りが安定しやすい

基本的に不動産投資の利回りは物件購入時に決まるので、資金計画が立てやすいのが魅力の一つです。

ただし新築物件を購入したり(家賃収入の下落要因)、変動金利を選択したりして政策金利が上昇してしまうと、利回りが下がることもあるので注意しましょう。

どうしても利回り下落が気になる方は中古物件を購入したり、固定金利でローンが組めたりすると良いですね。

不動産投資の成功のカギは「物件購入時」といえるでしょう。

3.小労働の収入源になりやすい

不動産投資は小労働で収入を得られる魅力があります。

確かに物件選びや入居づけに失敗してしまえば、管理に手間がかかることもあるでしょう。しかし収益性が見込める物件を選び、入居づけに成功すれば比較的自分の時間が取られないので小労働で家賃収入が得られます。

事前にしっかり勉強してから物件を購入した人は、楽に運用できるでしょう。

なるべく勉強をする手間と労力を減らしたいという方は専門家やコンサルタントの力を借りると良いですね。

4.価格変動を受けにくい

株式投資やFX、仮想通貨は相場によって期待利回りが変動しますが、不動産から得られる家賃収入はほとんど変動がありません。

次月は家賃収入が減るという事態がほとんど起こらないので、家族がいる方でも精神状態が安定する日々が送りながら副収入を得られます。

一方家賃が上がりにくいというのがデメリットの一つにあがるでしょう。

しかし中古物件をあえて購入し、効果的なリフォームをすることで家賃収入を上げることも可能です。ぜひ積極的に不動産投資にチャレンジしてみてください。

5.節税効果がある

不動産投資はビジネス要素が強いので、多く経費計上できれば節税効果が期待できます。

さらに建物部分は減価償却費として費用に計上でき、事業規模が認められれば青色の用紙で確定申告できるので、さらに税金が抑えられるでしょう。

固定資産の購入額を耐用年数に合わせて分割し、その期ごとに費用として計上するための勘定科目のこと。

不動産所得の事業規模とは

  1. 貸間、アパート等については、貸与することのできる独立した室数がおおむね10室以上であること。
  2. 独立家屋の貸付けについては、おおむね5棟以上であること。
国税庁公式HP

ただし物件を複数所有したい、と考えている方は節税しすぎると金融機関からの融資が下りにくい傾向があるので注意しましょう。

6.保有している間に値段が上がったら売却益が狙える

物価の上昇時に不動産価格が上がれば、売却益を狙えるでしょう。

国土交通省の調査によると、物件価格が上昇していることがわかりますよね。

画像出典:国土交通省 「~不動産価格指数(令和3年10月・令和3年第3四半期分)を公表~」
URL:https://www.mlit.go.jp/common/001461209.pdf

ただし物件保有の年の1月1日から起算して5年未満で物件を売却して利益を得てしまうと、税金が高くついてしまうので注意しましょう。

長期譲渡所得と短期譲渡所得の区分
  1. 長期譲渡所得:譲渡した年の1月1日現在で所有期間が5年を越えるもの
    税額=課税長期譲渡所得金額×税率20%(所得税15%・住民税5%)
  2. 短期譲渡所得:譲渡した年の1月1日現在で所有期間が5年以下のもの
    税額=課税短期譲渡所得金額×税率39%(所得税20%・住民税9%)

家賃収入目的で物件を保有し売却益が出たら運が良かった、というスタンスで不動産投資を行いましょう。

保有物件を売却してしまうと、家賃収入という不労所得はなくなってしまうので、計画性を持った賃貸経営を心がけると良いですね。

副業でも大丈夫!不動産投資で不労所得が目指せる4つのポイント

不動産投資って物件管理が大変で、成功するのは難しいのでは?

と思う方もいますよね。

基本的に資産家の人たちは、銀行からの信用が高く融資を受けやすいため、成功確率は上がるでしょう。

ここでは、忙しいサラリーマンの方が不動産投資で不労所得を目指して成功する4つポイントを解説していきます。

  1. 本業の年収が600万円以上ある
  2. 購入物件の頭金2~3割以上の貯金がある
  3. 中古物件を購入する
  4. 一棟物件を選ぶ

不動産投資家として成功できるように1つずつみていきましょう。

1.本業の年収が600万円以上ある

年収600万円以上の方は不動産投資で金融機関から融資がとおりやすいので、成功しやすいといえるでしょう。

Twitter上でも物件購入のための借入をしやすくするために年収600万円以上を目指している方がいました。

本業で年収が上がる見込みがなければ、転職も選択肢に入れて良いかもしれません。ただし転職後2~3年は金融機関からの融資が下りづらいので注意しましょう。

2.購入物件の頭金2~3割以上の貯金がある

物件購入金額の頭金2~3割以上の貯金があると金融機関の評価が上がり、融資がとおりやすくなるのでおすすめです。

なるべく出費を抑えるためにフルローンを組む人がいますが、返済額が増えて手元に資金が残りにくくなるので、注意しましょう。

頭金2~3割とはいえ、例えば3000万円の投資用物件を購入する場合、600万円~900万円の頭金が必要です。そのため、頭金のほかに生活防衛資金も用意することが重要です。

頭金2~3割と生活防衛資金が十分で、不動産投資する準備ができている方は、実際にコンサルタントをつけて取り組むと成功確率が上がるのでおすすめです。

3.中古物件を購入する

新築物件は割高なので中古物件を選ぶようにしましょう。

住居用で物件を購入するのであれば、新築にこだわる気持ちもわかりますが、投資用物件は安定した利回りがあれば良いので不労所得を作る最初のステップとして中古物件を購入するのは有効的な戦略といえるでしょう。

ただしあまりに築古の物件だと、入居者を確保しにくい場合があります。そのため、中古で安く物件を仕入れた分はリフォーム費用に充てるなどの工夫が必要です。

リフォーム戦略について詳しく知りたい方は「【初心者向けまとめ】不動産投資を始める方法」をあわせてお読みください。

4.一棟物件を選ぶ

不動産投資初心者の方は特に一棟物件を保有していると、空室リスクを抑えられて、安定した家賃収入を得られます。

複数の部屋からの家賃収入があるので、管理会社のサービスを利用すれば、不労所得になりやすいでしょう。

ただし、一棟物件は価格が高くなりやすいのに加えて、中古物件に出会える可能性は低いといえます。

中古の一棟物件を購入できると、利回りが高く家賃収入も安定しやすいので、たとえハードルが高いとしてもチャレンジしてみると良いでしょう。

初心者におすすめはこの3つ!不動産で不労所得を実現しよう

不動産投資を今すぐに始めたいけど、本業で忙しく知識も経験もないから、どうしても行動できないという方は、以下の3つがおすすめ

不動産投資で不労所得を達成できる初心者におすすめ3選

近年では投資詐欺の被害にあう方が多くなってきていて、国民生活センターに様々な事例が紹介されるようになりました。

不動産は金額が大きいので、時短で失敗したくないのであれば、専門家やコンサルタントを利用して、悠々自適なライフスタイルを確立していってください!

不動産投資のプロから最新情報を学ぶ

ここからは、これから不動産投資を始める方向けにオススメの勉強方法を次の3つに分けて紹介します。

    • 資料請求

    • セミナー

    • 動画学習

特に不動産投資は動く金額も大きいため、重点的に学んで理解する方が安心です。不動産投資を中心に、情報収集先としてオススメの企業も合わせて紹介します。

資料請求をする

資料請求は無料で申し込めることが多いので、まずは情報収集したい方にピッタリの方法です。時間や場所を選ばずに確認できるため、最初の一歩としてまずは資料請求してみると良いでしょう。

それでは、資料請求に対応している企業を3つ紹介します。

RENOSY ASSETマンション投資

「RENOSY ASSET マンション投資」は、東証グロース上場企業である株式会社GA technologiesが運営しているサービスです。

株式会社GA technologiesは不動産ビジネス・不動産テックをメインに活動する会社なので、RENOSYへの資料請求は資産形成・不動産投資に興味がある方にオススメです。

『WBS(ワールドビジネスサテライト)』や『東洋経済オンライン』『PRESIDENT Online』など経済関係メディアにも掲載された実績があるので、資産形成・不動産投資について安心して学べます。

RENOSYでは、国内株式投資をハイリスクハイリターンの「上級者向け投資」としており、短期間でお金が欲しい人や積極的な運用がしたい人向けと定義しています。

一方、不動産投資はミドルリスクミドルリターンの「初心者向け投資」としており、老後に備えたい人や中期的な運用をしたい人向けと定義していることが特徴です。

そのため、特に中長期的な資産形成を考えている方は、RENOSYの方向性とマッチしていると言えるでしょう。

資料請求に費用はかからないので、まずは資料請求してみてください。

RENOSYでは資料請求した後、個別面談などの条件を満たすとAmazonギフト券(50,000円分)がプレゼントされます。プレゼント条件も資料請求ページに記載されているので、ぜひ確認してみてください。

不動産投資のJ.P.RETURNS

不動産投資のJ.P.RETURNSは、分かりやすさに定評のある資料が特徴のサービスです。

不動産投資や資産形成を勉強していると、専門用語も多数登場します。そのため、学習を始めたばかりの方は用語が理解できずに挫折してしまうこともあるかもしれません。

しかし、J.P.RETURNSの資料は初心者でも分かりやすい内容でまとめられているいるので、これから資産形成の勉強を始める方にもオススメです。

「貯金だけではなく投資をした場合、どのような違いがあるか分かりやすかった」「自分にあった投資方法が見つかった」といった口コミが寄せられているので、投資手法を検討中の方はぜひ資料請求してみてください。

J.P.RETURNSでも面談などの条件を満たすとAmazonギフト券がプレゼントされます。通常は20,000円分のプレゼントですが、今だけ50,000円分増額キャンペーンが行われていますので、面談まで申し込むことがオススメです。

アセットジャパン(ASSET JAPAN)

アセットジャパン(ASSET JAPAN)は、資産運用の基礎から家計の見直しまでできる無料カウンセリングも行っている会社です。

老後に必要なお金や資産運用で失敗しないための基礎知識、貯金・投資・保険・不動産を含めて相談できるため、まさに資産形成を勉強している方向けのサービスと言えます。

また、アセットジャパンは資料請求に合わせて、個別のライフプランシミュレーションを提供していることも特徴です。これまでライフプランの計算をしたことがない方は、この機会に資料請求してみてください。

なお、アセットジャパンでは資料請求から無料カウンセリングまで申し込んだ場合、Amazonギフト券が30,000円分プレゼントされます。

セミナーを受講する

セミナーを受講すれば、資料では分からなかったポイントを質問したり、他の受講者と情報交換したりできます。

資料請求で予備知識を得たら、1度はセミナーに参加してみると良いでしょう。

ここからは、オススメのセミナーを3つ紹介します。

グローバル・リンク・マネジメント

グローバル・リンク・マネジメントは、参加無料の不動産投資セミナーを毎日開催しています。

グローバル・リンク・マネジメントのセミナー満足度は97.4%、セミナー受講者の8割以上が会社員・公務員のため、これから不動産投資をはじめたい・老後に備えて資産形成したいというサラリーマンに特にオススメです。

セミナー時間は日中・夕方以降・夜間と分かれているため、お好きな時間に参加してみてください。「何にどう投資すればいいのか分からない」という方は、ヒントが見つかることでしょう。

グローバル・リンク・マネジメントのセミナーでは来場セミナーの場合は5,000円分、オンラインセミナーの場合は2,000円分のAmazonギフト券がプレゼントされます。

日本財託グループ

日本財託グループは、東京の中古マンション投資を特にオススメしている会社です。

2023年1月末時点の管理戸数は26,757戸、オーナー数は9,281名、入居率は98.84%と、高い実績を誇っています。

ここまで紹介してきた資料やセミナーと比べると、日本財託グループは不動産投資のみに特化した情報収集にオススメです。

不動産投資に絞って学びたい場合は、日本財託グループのセミナーを受講してみると良いでしょう。

ファイナンシャルアカデミー

ファイナンシャルアカデミーは、2002年に開校した日本最大級の総合マネースクールです。

まさに資産形成したい人のためのスクールで、20年間にわたって69万人を超える受講生や卒業生を送り出した実績があります。

ファイナンシャルアカデミーは不動産をはじめ投資信託・株式・保険などの金融商品を販売せず、受講料で運営されている企業なので、それぞれの資産を中立的な立場から学習できます。

セミナー受講は無料なので、まずは知識をつけたい方は1度受講してみてください。

ファイナンシャルアカデミーの教室セミナーに参加すると、1,000円分のAmazonギフトカードが貰えます。キャンペーン期間は2023年2月28日までなので、お早めに申し込むことをオススメします。

動画視聴で学習する

資料請求やセミナー受講にハードルを感じる方には、まずは動画コンテンツで学習する方法をオススメします。

JPリターンズ

資料請求の項目でも紹介した「J.P.RETURNS」は、動画コンテンツの配信も行っています。

月額会員登録は不要で、提供されている動画コンテンツは見放題です。

まずは1本見てみれば、資産形成や不動産投資に対するイメージを持ちやすくなるでしょう。

資料請求やセミナー受講前のステップアップとして、ご覧になってください。

タイトルとURLをコピーしました