【株式会社ESTGROUP】ieyasuの評判と特徴を解説

企業情報
この記事は約15分で読めます。

不動産の用途は基本的には2つ。居住用と収益用に分かれます。居住用とはマイホームとしての活用で、収益用は投資用です。
さて、この2つは全く異なる用途なのですが、中間的な不動産の活用を提唱する会社があります。それがieyasuを展開する株式会社EST GROUPです。
では、居住用と投資用の2つの中間を活用するサービスとはどの様な物なのでしょうか。
ここでは、ieyasu(イエヤス)のサービスについて紹介します。

ieyasu(イエヤス)の評判と特徴を解説

ここではieyasuについて、展開しているビジネスからおすすめの人までを解説します。

ieyasu(イエヤス)のサービス内容

ieyasuのサービス内容はどの様な物なのでしょうか。ビジネスモデルからおすすめの人まで紹介します。

ieyasu(イエヤス)のビジネスについて

ieyasu(イエヤス)のビジネスのメインは高品質のマンションの販売です。賃貸物件の利用者で、これからマンションの購入を検討している人を主な顧客としています。

さて、大都市の賃貸不動産を調べて見ると非常に家賃が高額なことに気付きます。それほど広くないマンションであっても10万円を超えるレベルが珍しくはありません。価格は駅から近い利便性の高い地域や人気のある街になるほど高額になり、地方都市と比較すると比較にならないレベルの物もあります。

また、タワーマンションの様なハイレベルの物件でも賃貸はあります。その様な物件の家賃は、まさに異次元のレベルです。

ところで、その様な物件は購入したとしても高額なのですが、実際に住宅ローンを設計してみると、毎月の返済額が家賃と同等であることが少なくありません。

ieyasuはそのメリットを更に大きくして顧客に提案するビジネスモデルを取っています。つまり、顧客に毎月のローン返済額が家賃レベルになる高品質マンションを提供しているのです。そして、これにより、顧客は家賃と同レベルでの支払いで高品質の不動産を入手することが出来るのです。

家賃の支払いは言わば「掛け捨て」であるのに対し、マイホームとしての購入でのローンの支払いは「資産化」とも言えます。ieyasuはクライアントに不動産を提供して、「資産化」を応援していると言えるのです。

ieyasuの扱う物件

ieyasuの扱う物件は高品質のリノベーションマンションです。物件は中古ではありますが、リノベーションをしていますので、機能にしてもデザインにしても新築に匹敵するレベルの物件と言えます。そして、その一方で価格は新築よりもリーズナブルです。

さて、マンションの価格は新築時がピークとなっており、誰かが1回でも住めば中古となって価格を落とし、そのまま築年数と共に下がって行きます。具体的イメージとしては、5000万円で売り出した後、誰かが住んで4000万円まで下がり、その後築年数と共に緩やかに安くなるイメージです。

ところで、今のリノベーションの技術は非常に高く、注文住宅のレベルに達します。マンションの場合、築年数が古過ぎない限り、電気は十分に取れますし、耐震性をはじめとする建物の基本性能は変わらないからです。

そのため、中古マンションにリノベーションをするならば、価格を抑えながら注文住宅レベルの住まいを造ることが可能なのです。

また、リノベーションは予算に合わせることも可能。機能やデザインを重視することも可能ですし、コストパフォーマンスを第1とすることも出来るのです。

この様に、今のリノベーションマンションはコストと機能を両立させたハイレベル物件です。ieyasuはこの様な物件をメインに扱うのです。

ieyasuがおすすめの人 

不動産を購入する場合は発生する費用が高額なので、絶対に失敗してはいけません。仮に購入にミスがあったならば、住宅ローンを後悔しながら支払う羽目に陥ってしまいます。

しかし、不動産は一般の人には分かりにくい世界です。建築について知らなければいけませんし、法律などについても知らなければいけないからです。そのため、どの物件を選んだら良いか決められない…という人が多いと思われます。

さて、ieyasuのサービスは高品質のマンション販売。この様な不動産をあまり知らない人におすすめです。

住宅の購入は後戻りが出来ませんので、利便性、快適性が十分でなければいけません。また、将来を見据えるならば資産価値を持たなければならないのです。マンションに詳しい人であれば利便性や快適性を見極めることが出来るでしょうが、資産価値を測れる人は多くはありません。ieyasuはその様なケースもサポート。不動産をあまり知らない人にも最良の物件を紹介してくれます。

ieyasu(イエヤス)の口コミ・評判を紹介

それでは、ieyasuの口コミ情報を紹介します。尚、情報はツイッターから探してみました。

評判の高い口コミ・評判

まずは評判の高い口コミから。

イイなぁ

ウチもリフォームしたいなぁ~

https://twitter.com/YOUlin104YPlov/status/1390952045834686465

これはieyasuのリフォームに対しての評価です。
ieyasuでは中古マンションのリノベーションを扱うのですが、その「質」を評価してのコメントと取れます。

リノベーションは用語としては一般的にはなっていますが、その質に関しては会社単位で異なります。つまり、表面的な部分での軽い改装をリノベーションとして顧客に提案しているケースもあるのです。ですから、ひどい場合になると「リノベーション物件を公開中」という広告を見て行ったものの、質の悪さに落胆してしまう…といった事態もあり得るのです。

しかし、このツイートを見るならばieyasuのリノベーションは質が高いことを意味します。しかもツイートした方は女性です。マンションに対する女性の鑑定は利便性からデザイン性まで広範囲に及びます。その鑑定に高評価で返すのはieyasuのリノベーションの確かさを物語ると言えるでしょう。

評判の低い口コミ・評判

次に、評判の低い口コミを取り上げます。

南砂町って、地獄の東西線ラッシュで、台風とか強い風が吹くと陸の孤島になる、素敵な街ですよね!

https://twitter.com/gdgd_king/status/1613134960797552643

これは物件の立地条件に対する評価です。なかなか辛辣な表現で皮肉っています。都内の物件には様々な物がありますが、この様な条件下での施工もieyasuはしてしまった。…ということでしょう。

ieyasuは確かに高品質のマンションを扱いはするのですが、デメリットを完全にゼロにすることは不可能と言わざるを得ません。このツイートはその様な良くない点を強調しているのかも知れません。

部屋が小さく狭い、部屋数が少ないのにバルコニーだけは大きい。。。 家族ができると不便ですよ。単身か夫婦二人向けですね

https://twitter.com/VIbu9ZhtASDVMNc/status/1380426198396796929

このツイートは物件の元来の仕様についての評価と言えるでしょう。つまり、リノベーションの前の物件の仕様に対しての評価なのです。

リノベーションは価値向上の改装ですが、バルコニーの様な共有部分の変更は規約が絡むので基本的には行いません。ですから、バルコニーの仕様変更には限界があるのです。リノベーションの限界を突いたコメントと言えるかも知れません。

ieyasu(イエヤス)のおすすめポイント

前述の通り、ieyasuは高品質のマンションを提供する会社です。そして、高品質であるのには理由があります。

ここでは、ieyasuのおすすめポイントとして「物件の強み」と「購入の有利な点」を改めて深く掘り下げてみましょう。

ieyasuの物件の強み

前述の通り、ieyasuの扱うマンションは高い品質を誇ります。

では、どの様な点で強みを持つのでしょうか。

ここでは、ieyasuのマンションの強みの理由を取り上げましょう。

立地条件

不動産の価値を決める点の1つが「収益性」です。

確かに住居のデザインや設備の性能も重要なのですが、この様な部分はリノベーションをすれば向上が可能だからです。仮に、古びた内装であったとしても、床材や壁材を変更するならば、室内の雰囲気はガラリと変わります。

さて、不動産の収益性を決める条件もいくつかあるのですが、立地条件はその中でも非常に重要な要素と言えます。駅に近くて交通アクセスの良い物件は遠くて不便な物件よりも高額ですし、街の物件の方が人里離れた地域よりも高いのが一般的です。

さて、ieyasuの扱う物件は都市部の価値の高い地域にあります。立地条件は非常に良い物件ばかりなのです。ですから、物件としての価値が高いのです。

リノベーションの質

リノベーションは「価値を上げる改装」とされ、「価値を戻す改装」であるリフォームとは異なる物です。ですから、リノベーション物件は一般的な物件よりも価値の高い物が少なくありません。しかも、技術の進歩により、今のリノベーションは注文住宅レベルのケースもあると言います。ですから、改装の域を超えるとも言えるのです。

しかし、全てのリノベーション物件が良いかと言えば、必ずしもそうとは限りません。会社にもよりますが、リノベーションを単なる改装と捉えている例も見られ、あまり質の良くない物もあるのです。

そんな中にあって、ieyasuのリノベーションはレベルが高いです。便利な設備とスタイリッシュな内装は他の物件とは格が違います。ですから、他の物件よりもieyasuの物件は価値が高いのです。

売却しやすい

不動産は価値が高くなると売却もしやすくなります。結婚や出産、あるいは転勤などで不動産を処分しなければならなくなっても高値で売りやすいのです。

例えばマンションの場合は売却先が居住用だけではありません。マンション投資をしている不動産投資家の場合もあります。当然ながら、不動産投資家はマンションを見て「どれくらいの家賃を見込めるか」についてチェックします。そして、高い家賃が期待出来るならば購入を決断するのです。…収益性が見込まれれば、高額であっても欲しがる投資家が現れることもあるでしょう。

その逆に、仮に家賃収入が見込めない場合は買い叩かれてしまいます。そうなると、場合によっては大損をしてしまうかも知れません。

しかし、ieyasuの物件は価値が高いため高値での売却が狙えます。良い立地で良いリノベーションのieyasuの物件は有利なのです。

購入の有利な点

さて、ieyasuはマンションの購入を推薦しています。これは前にも述べた様に、家賃とローンの支払い額があまり変わらない。また、将来の資産になるとの理由からです。

では、実際的にはどれくらいになるのかを見て行きましょう

毎月の支払い額と借入可能額

ここでは住宅ローンを組んだ場合の毎月の支払いと、どれくらいの資金が借りることが出来るかを試算してみましょう。

まずは毎月10万円をフラット35で利用した時の借入可能額。シミュレーションを使うと3170万円程度が借りられる計算になります。

また、高収入の人の例として、毎月25万円を支払う例と比較するならば、約7900万円の資金を借りることが可能です。

この様に、賃貸として毎月支払う金額とローンを利用した場合では、ローンの方がメリットのある場合が少なくありません。ieyasuのビジネスモデルは経済的メリットが多く見込めるのです。

参考サイト:https://www.flat35.com/simulation/sim1.html

資産化について

不動産は家賃を支払って借りるならば、いつまで経っても自分の物にはなりません。仮に毎月30万円を10年支払い続けても、3600万円が消えてしまうだけです。

しかし、これを購入資金に充てるならば良質のマンションの購入が可能です。

ところで、マンションの耐用年数はどれくらいなのでしょうか。仮にマンションを購入したとしても、短くしか使えないのであれば購入の意味は薄れてしまいます。しかし、マンションの利用可能期間は短くはありません。

と言うのも、マンションは鉄筋コンクリート造が基本なので、法定耐用年数が47年です。しかし、実際には50年も60年も使われている団地もありますので、相当に長い利用が可能なのです。

また、仮にマンションから退去する場合には資産化していれば売却益を狙うことも可能です。いずれにせよ、経済的なメリットは非常に大きいのです。

ieyasu(イエヤス)の基礎知識

ここで、ieyasuの基礎知識について触れて行きましょう。

ieyasuの基本情報

ieyasuを展開しているのは株式会社EAST GROUPです。基本情報は次の通りです。

会社名株式会社EST GROUP
所在地〒150-0043 東京都渋谷区道玄坂1丁目21-1 SHIBUYA SOLASTA 3F
資本金1000万円
電話番号0120-95-5412
FAX番号03-4496-4117
設立2016年11月25日
事業内容・不動産の売買 / 賃貸 仲介事業
・リノベーション事業
・空間デザイン / プロデュース事業
・共同住宅のデザイン/設計/コンサルティング事業
・相続/贈与などの資産カウンセリング事業
・建物管理/賃貸管理事業
加盟団体公益社団法人不動産保証協会 / 公益社団法人 全日本不動産協会
宅建業免許証番号東京都知事(2)第100357号

事業内容を見ても、この会社が若いながらも不動産の様々な面をカバーしていることが分かります。一般の不動産会社とは違った「武器」とも言えそうです。

株式会社EST GROUPの事業について

次に、株式会社EAST GROUPについて、主に事業の面から解説します。

不動産会社は一般には売買や管理の仕事を請け負うのですが、EST GROUPがカバーするのはそれだけではありません。プロデューサーとしての面として、投資家間での橋渡しとして活躍しているのです。

仕入れ企画・空間デザイン・リノベーション事業

EST GROUPのサイトの仕入れ企画・空間デザイン・リノベーション事業のページを見ると、資金計画、設計、施工、インテリアデザインのサポートが謳われています。これらの1連の流れをサービスとして提供してくれるのです。

不動産の購入は不動産会社が銀行と提携していることが多く、あまり困らないことでしょう。また、リフォームに関しても工務店と提携しているところも多いため、困らないかも知れません。

しかし、インテリアデザインの専門セクションを持っている不動産会社はあまり多いとは言えません。設計をするにしても外部に委託をして対応することが多く、連絡が雑になってしまい、施工に影響することもあり得るのです。

その点、EST GROUPであれば、購入からデザインを含めた一連の動きをサポートしてくれるので、品質の低下がありません。クライアントを魅了する物件を造り続けるのです。

投資用不動産の売買・コンサルティング事業

EST GROUPは投資用不動産の売買やコンサルティングにも長けています。

さて、不動産の購入には多くの情報が欠かせません。不動産の情報の量はクライアントへの対応力の高さに密接に関係するからです。仮に情報に乏しい会社であれば、クライアントの要求する物件を探すことさえ困難になってしまい、要望に応えられなくなることでしょう。

しかし、EST GROUPであれば広い情報網を持っているため安心して任せられます。一般に公開されている物件は元より、非公開物件まで知っているのです。

また、資金調達の面でも有利です。低金利での融資を調達してくれるので、資金計画まで安心して任せられます。資金計画はマイホーム取得の上で大きなハードルとなる課題です。個人で探すのには限界があるので、資金面でも便りになるパートナーと言えるでしょう。

他にも、物件を引き渡した後での管理も対応してくれたり、将来の売却の相談にも乗ってくれたりします。不動産の管理は状態が悪いと、その後の価格にも影響する場合もあります。管理を任せられることは、きれいに使う点で有益です。

この様に、EST GROUPは強力にバックアップしてくれます。パートナーとしてマンション購入を支えてくれるのです。

ESTサロン

ESTサロンは不動産投資家のオンラインサロン。投資家間での交流や情報の提供などが主な目的です。特に、不動産投資の経験が浅いビギナーや非公開物件の情報を探す投資家、そして、他の投資家との横の繋がりを求める投資家にオススメのサロンです。

さて、不動産投資には情報が欠かせません。それは物件の情報であったり、業界に同行であったりと、実に様々です。例えば、地方の投資家が首都圏の物件を狙うのであれば、上質の情報網が欠かせません。仮に情報に不備があって間違った判断をしてしまうと、ビジネスそのものが座礁してしまうこともあり得るからです。

また、情報はメディアに載るまでに時間が掛かることがあります。これも状況によっては判断の遅れにも繋がってしまい、場合によっては損失にも繋がり得ます。

その他にも、投資家の間での繋がりがあるか無いかで情報の伝達スピードが違う場合もあり得ます。不動産投資家にはツイッターのアカウントを持っていて情報を発信している人もいますが、それでもスピードが違うこともあるのです。

ですから、不動産投資家には繋がりが必要。ESTサロンは非常に有益なのです。

ieyasuの特徴

ieyasuのアウトラインを見て来ましたが、ここには一貫して存在する特徴的な要素があります。これは単なるマンションの売買では得られないノウハウとも言えます。

では、ieyasuの特徴にはどのような点があるのでしょうか。

不動産投資のノウハウを活かす

株式会社ESY GROUPは不動産投資に関係する事業も行っています。つまり、不動産投資のノウハウも持っているのです。ですから、不動産の収益性や将来性を見越す上でも長けていると言えるのです。

また、不動産投資の一環としてリノベーションのノウハウも持っています。どの様に改装すれば価値が上がるかも知っています。リノベーションにも費用対効果があるのですが、ieyaasuは質が高いばかりでは無く、費用対効果の高い改装をしてくれます。

尚、この様なノウハウは一般的な不動産会社ではなかなか対応は出来ません。様々な角度から不動産を見るieyasuだからこそ可能となるサービスなのです。

将来を見越したマンション造り

先にも挙げた様に、マンションの耐用年数は非常に長いです。ですから、住んでいたマンションも役目を終え、ある物は他の誰かに渡り、またある物は次世代に引き継がれて行くことでしょう。

それでは、そのマンションの「その後」はどうなるのでしょうか。…当然ながら、その後であってもマンションとして使われなければいけません。そして、そのために大切なのが「将来を見越すこと」です。

ieyasuは売却しやすい物件を扱うのですが、それは「売ったら終わり」の様なイメージではありません。売却先でも立派に使ってもらうことが大切なのです。

そのためにもieyasuのリノベーションマンションは有意義になります。スタイリッシュで便利な物件を次世代まで引き継ぐことは非常に大切だからです。

ieyasu(イエヤス)についてのまとめ

ここではieyasuと運営会社の株式会社EST GROUPを紹介しました。ieyasuのサービス内容や事業の強みなどが掴めたことと思います。また、ieyasuを利用するメリットなども把握出来たことでしょう。

マンションは賃貸が手軽なイメージがあるのですが、手軽な状態で放置すると金銭的なデメリットが増えて行ってしまいます。しかし、ieyasuならば資産に変えることが可能。マンションを検討する際にはieyasuのも相談すると良いと思われます。

タイトルとURLをコピーしました