オーナーズブックの評判と特徴|メリット・デメリットを解説

不動産クラウドファンディング
この記事は約12分で読めます。

不動産投資はアパートやマンションなどを購入して家賃収入を得るのは一般的でした。そのため、物件購入のために銀行融資を利用する必要がありました。

しかし、最近になって不動産投資にも新たな投資スタイルが登場。中には過去の常識を覆す様な物も現れたのです。

さて、ここで取り上げるオーナーズブックは不動産特化型ソーシャルレンディングの会社。多額の資金を必要とせずとも不動産投資を実現させています。

では、オーナーズブックの投資はどの様な物なのでしょうか。ビジネスのスタイルからメリット・デメリットを見て行きましょう。

不動産特化型ソーシャルレンディングとは

少額の不動産投資と聞くと、不動産クラウドファンディングや不動産小口化商品などを思い出す人が多いことでしょう。これらを利用すれば、数千万円の不動産に対して数万円レベルからの投資が可能となります。

さて、不動産特化型ソーシャルレンディングは不動産クラウドファンディングや不動産小口化商品と同じ様に見えるかも知れませんが、投資の手法が異なります。不動産クラウドファンディングも不動産小口化商品も不動産そのものに投資をするイメージなのに対し、不動産特化型ソーシャルレンディングは不動産取引の際のローンへの投資だからです。

流れとしては、投資家が一旦オーナーズブックに資金を投じ、その資金を元にオーナーズブックが企業に貸付を行います。その貸付によって発生する利益を投資家に還元するのです。

ソーシャルレンディング利用の投資のメリット

ここではソーシャルレンディング利用の投資ビジネスのメリットを挙げてみます。

少額投資が可能

一般に投資ビジネスにはまとまった資金が必要。株式投資であれば100万円レベルの資金を持っていることが望ましいです。動産投資を挙げるならば、物件の購入費用だけで数千万円が発生します。そのため、多くの人にとって投資ビジネスは手が届かないのが現実でした。

しかし、ソーシャルレンディングを用いての投資の場合はその様な多額の資金は必要ではありません。と言うのも、多額の資金が必要な投資ビジネスであっても非常に小さい額に分けられるからです。数千万円が必要となる投資が数万円レベルにもなるのです。

手間が少ない

投資ビジネスの中には利益を上げるまで、膨大な手間が必要となる物があります。不動産投資はその代表格です。物件の手配から銀行探し、そして不動産管理など、必要とされる仕事は多彩で、しかも多いです。

その点、ソーシャルレンディング利用での投資の場合は手間があまり掛かりません。

確かに良い案件を探す必要があるかも知れませんが、一旦スタートさせたら途中で発生する手間はありません。案件が不動産関連の場合であっても物件の選定は事業者に任せるので、情報収集や銀行との折衝は発生しないのです。

このことは特に忙しい人にとって大きなメリットと言えるでしょう。会社員には自由になる時間が、休みと夜間くらいしか無い人が大勢います。その様な人には便利な投資スタイルなのです。

期間が短い

期間が短いのもソーシャルレンディングの特徴の1つ。メリットとも言えます。

例えば、不動産投資の場合、物件を売却してビジネスを完全に終わらせるには、売却先が現れなければ終わらせることは出来ません。不動産は物品と違って廃棄することが出来ないからです。…空室にして放置することは可能でしょうが、周囲の人に迷惑を掛けるでしょうし、何より固定資産税が掛かります。

その点、ソーシャルレンディングの場合は期間が短く設定しているので、実物の不動産を所有する様に10年単位でビジネスを考える必要はありません。

期間が終わった後は別の投資先を探す必要はありますが、長い期間が必要なことを思えばメリットと言えるでしょう。

初心者にも向く

初心者にも向くのは非常にありがたいメリットと言えるでしょう。

投資ビジネスには多くの知識と経験が必要な物が少なくありません。不動産投資の例であれば、物件を見る目にも熟練が必要ですし、管理に関してもノウハウが必要となるでしょう。

そして、これらのノウハウには実践を通して学ぶ物も多く、初心者にとってはハードルにもなり得ます。

しかし、ソーシャルレンディングの場合、投資家は運用から外れます。そのため、投資ノウハウ習得の必要はあまり無いのです。

案件選びに関しては鑑定が必要とはなるでしょうが、不動産投資の物件選びのノウハウまでは必要無いので、初心者でも安心して挑戦することが出来るのです。

ソーシャルレンディング利用の投資のデメリット

次にデメリットについて挙げてみましょう。

貸し倒れのリスクがある

ソーシャルレンディングには貸し倒れリスクが存在します。

と言うのも、貸した先のビジネスの破綻もあり得るからです。仮に何らかのアクシデントでビジネスが上手く行かなかった場合、資金が返らないこともあり得るのです。

当然ながら、損失の額は口数に比例します。

ソーシャルレンディングは数万円の額から投資が可能なのですが、口数を多くすれば投資額を増やすことは可能です。

そして、仮に貸し倒れた場合…口数が少なければダメージは少ないかも知れませんが、口数を増やしているならば、それだけ大損もし得るのです。

途中解約が出来ない

ソーシャルレンディングは基本的には途中解約が出来ません。ですから、仮に経済状況が悪化してしまい、旗色が悪くなったとしても投資期間が終わるまで待たなければなりません。

これは投資信託などとは大きな違い。投資信託は基本的には売却が自由なので、仮に経済状況が悪ければ売却して損失の増大を食い止めることが可能です。

しかし、ソーシャルレンディングの場合は損失が見えたとしても解約が出来ません。損失が出ても対処が出来ないのです。

早期償還リスクの存在

ソーシャルレンディングには早期償還もあり得ます。ソーシャルレンディングの早期償還は運用が上手く行かない場合が多いです。そのため、投資家がその損失を被ることになります。

確かにソーシャルレンディングの事業者は投資対象を厳選するので、リスクはそれほど大きく無いかも知れません。

しかし、プロの目も100%大丈夫とは行きません。経済状況を見誤ることもありますし、運用にミスをすることもあり得ます。その結果、早期償還の事態にもなり得るのです。

ソーシャルレンディング事業者の倒産リスク

ソーシャルレンディング事業者そのものが倒産するリスクもあります。

ソーシャルレンディング事業者はプロの集団なのですが、想定外の事態はあります。そして、会社の舵取りを間違い続けてしまい、最終的に潰れることもあるのです。

当然ながら、ソーシャルレンディング事業者が潰れると、投資家にも少なからず影響を及ぼします。場合によっては損失を膨らますこともあり得るのです。

オーナーズブックの口コミ・評判を紹介

ここではオーナーズブックの口コミ・評判を取り上げてみましょう。

評価の高い口コミ・評判

まずは高い評価の口コミです。

オーナーズブックのエクイティ型、大成功ですね。
まさかこんなに利益がでるとは。

https://twitter.com/ipomechanic/status/1508655928815808512

まずはオーナーズブックのサクセスストーリーから。想定外の利益に驚いている様子が伝わって来ます。

オーナーズブックの世田谷区戸建素地第2号第1回に投資しようとスタンバってたけど、白熱するユーチューブの有野の挑戦見てたらやり過ごした

https://twitter.com/404WrSBMlXQzGct/status/1605853028497514496

ツイートをした人は案件を決めていたのにタイミングを逃してしまったために投資を失敗した模様。残念な感想ではあるのですが、オーナーズブックの人気を現わしていると言えそうです。

評価の低い口コミ・評判

次に、オーナーズブックの低評価を挙げてみます。

オーナーズブック、ビットリアルティ、大家どっとこむ、クラウドビルズ 支払調書まだでつか?

https://twitter.com/jZmUJ3ooaaFqzEg/status/1617713438641524737

確定申告を前にしてのツイート。投資ビジネスそのものでは無く、事務局の対応についての評価です。確定申告はタイミングを逃すと大変なことにもなり得ます。投資家としては、確かに焦るところでしょう。

オーナーズブック懐かしい。償還まで長すぎと思って途中でやめました。20%の利益ならありですね

https://twitter.com/Mezaoku_tweet/status/1563092478584303619

オーナーズブックのソーシャルレンディングは短期間なのですが、それでも不動産クラウドファンディングと比較すると長めの物も多数あります。このツイートをした人は「長さ」に苛立ったのかも知れません。

オーナーズブックのメリット・特徴

それでは、オーナーズブックのメリットにはどの様な点があるのでしょうか。

代表的な物を取り上げて行きましょう。

プロの厳選した物件

投資ビジネスにおいて投資先の健全さは非常に大切。仮に良くない物件に投じてしまうとビジネスそのものが破綻してしまいます。

その点、オーナーズブックの投資先はプロが厳選しています。利益の確実性をしっかりと見極め、投資対象を決めているのです。

3.0~5.0%の利回り

オーナーズブックの利回りは3.0~5.0%の物が多く、全体的に高めです。

投資ビジネスはリスクとリターンの両方を見て評価しますが、オーナーズブックの実績を考えるならば、十分に魅力のある投資と言えるでしょう。

1万円から投資が可能

ソーシャルレンディングは少額投資が可能な点が魅力の1つなのですが、オーナーズブックもこれに対応。1万円から受け付けてくれます。

不動産小口化商品などは100万円レベルの資金が必要ですが、その様な案件と比較すると、やはり魅力的です。

日々の値動きがない

一般の投資ビズネスが毎日の様に価値が変わる物です。株式投資などは刻々と変動しますし、投資信託であっても毎日の様に基準価額は変わります。

その点、オーナーズブックの扱う不動産は値動きが無いのがメリット。リスクを抑える要因です。

オーナーズブックのデメリット・注意点

次にオーナーズブックのデメリットを挙げてみます。

元本保証がない

元本保証がないのは大きなデメリットと言えるでしょう。

投資は増やすためのビジネスです。損失は非常に困ります。

途中解約ができない

ソーシャルレンディングは基本的には途中解約が出来ません。オーナーズブックもこの点は同じ。途中解約は出来ないのです。

そのため、仮に別途で資金が必要になってオーナーズブックに投じている資金を使おう…と思っても、その資金を使うことは出来ないのです。

配当・出資金返還の遅滞や期限前弁済の可能性

オーナーズブックも投資ビジネスの1つです。ですから、様々なリスクを背負います。配当や出資金返還が遅れてしまったり、期限前に弁済されるという事態もあり得るのです。

その場合は時間的・資金的に損失を被ることがあります。

オーナーズブックの利用開始までのステップ

オーナーズブックの利用は次の3つのステップで可能となります。

  • 公式サイトからメールアドレスの登録
  • メールが届くので、氏名や住所などの情報を記入
  • 本人確認

不動産投資などと比較すると非常に簡易的です。

オーナーズブックの案件

オーナーズブックは多くの有望な案件を持っています。

ここでは、過去に扱った案件の例を挙げてみましょう。

渋谷区戸建用地第1号第1回

東京都渋谷区神宮前に所在する戸建用地を担保とするシニアローンへの投資です。物件を所有する不動産会社に7億円の貸付を行います。

募集総額7億円
運用タイプ貸付(シニアローン)
募集方式先着方式
予定利回り(年換算・内部収益率)4.3%
予定運用期間25ヶ月
償還方法出資金 :25ヶ月後一括返済
利益配当:毎四半期
早期償還:可
担保有り(抵当権)

葛飾区新築レジデンス第2号第1回

東京都葛飾区堀切に所在する共同住宅を担保とするシニアローンへの投資です。物件を所有する不動産会社に5000万円の貸付を行います。

募集総額5000万円
運用タイプ貸付(シニアローン)
募集方式抽選方式
予定利回り(年換算・内部収益率)5.1%
予定運用期間19ヶ月
償還方法出資金 :19ヶ月後一括返済
利益配当:毎四半期
早期償還:可
担保有り(抵当権)

世田谷区戸建素地第2号第1回

東京都世田谷区奥沢に所在する戸建素地を担保とするシニアローンへの投資です。物件を所有する不動産会社に1億9000万円の貸付を行います。

募集総額1億9000万円
運用タイプ貸付(シニアローン)
募集方式先着方式
予定利回り(年換算・内部収益率)5.1%
予定運用期間13ヶ月
償還方法出資金 :13ヶ月後一括返済
利益配当:毎四半期
早期償還:可
担保有り(抵当権)

文京区商業ビル第1号第1回

東京都文京区本郷に所在する商業ビル1棟を担保とするシニアローンへの投資です。物件を所有する不動産会社に5200万円の貸付を行います。

募集総額5200万円
運用タイプ貸付(シニアローン)
募集方式先着方式
予定利回り(年換算・内部収益率)4.9%
予定運用期間19ヶ月
償還方法出資金 :19ヶ月後一括返済
利益配当:毎四半期
早期償還:可
担保有り(抵当権)

目黒区新築マンション第5号第1回

東京都目黒区八雲に所在するマンション1棟を担保とするシニアローンへの投資です。物件を所有する不動産会社に5億円の貸付を行います。

募集総額5億円
運用タイプ貸付(シニアローン)
募集方式先着方式
予定利回り(年換算・内部収益率)4.1%
予定運用期間25ヶ月
償還方法出資金 :25ヶ月後一括返済
利益配当:毎四半期
早期償還:可
担保有り(抵当権)

オーナーズブックのよくある質問

ここで、オーナーズブックに寄せられる、よくある質問を取り上げてみましょう。

オーナーズブックにはどんなリスクがありますか?

リスクの代表となるのが投資している案件の担保となる不動産の価格の下落、不動産そのものに滅失や毀損があった場合には損失の可能性が高くなります。

例えば、自然災害や火災などで不動産が滅失した場合などは危険です。

元本が償還されないときはどんなときですか?

オーナーズブックの案件には貸付型案件とエクイティ型があります。

貸付案件では保不動産から元本を償還するのに十分な資金が回収できなかった場合が挙げられます。

エクイティ型では、最終的な投資対象となる不動産の価値が毀損した場合が考えられます。

出資金額を超える損失を受けることはありえますか?

損失は出資額までに限定されます。

例えば100万円の出資であれば、損失も100万円までです。

オーナーズブックの運営会社情報

オーナーズブックはロードスターインベストメンツ株式会社が運営しています。会社情報は以下の通りとなります。

社名ロードスターインベストメンツ株式会社
所在地東京都中央区銀座一丁目9番13号 プライム銀座柳通りビル7階
資本金50百万円(資本準備金とあわせて80百万円)
株主ロードスターキャピタル株式会社(100%)
登録・免許投資運用業、第二種金融商品取引業、投資助言・代理業 関東財務局長(金商)第3260号
宅地建物取引業 東京都知事(1)第104014号
総合不動産投資顧問業 国土交通大臣 総合 – 第164号

オーナーズブックのまとめ

オーナーズブックについて取り上げました。不動産クラウドファンディングとの違いが明確になった人も多いことと思います。また、メリットとデメリットも掴めたことでしょう。

不動産を投資対象とするビジネスは様々ですが、ソーシャルレンディングの様に距離を置いた位置から資金を投ずるのも十分にアリです。人気が高すぎるため、なかなか捕まえることが出来ない現実がありますが、積極的にチャレンジすると良いでしょう。

タイトルとURLをコピーしました