【オーナー向け】フォーシーズの家賃保証の評判と特徴を解説

家賃保証
この記事は約7分で読めます。

不動産投資の大きなリスクの1つが「家賃の滞納」です。家賃を滞納されると収入が無くなりますし、話がこじれることが多いです。

家賃保証会社はその様な事態を打開するのに有効ですが、オーナーにとっては選ぶことが簡単ではありません。

そこで、ここでは家賃保証会社のフォーシーズに焦点を当てて、会社の特徴などを紹介したいと思います。

フォーシーズの特徴

フォーシーズは他の保証会社には無いレベルのサービスを展開しています。サービスの特徴の代表例を次に挙げますので、そのレベルの高さがイメージできると思います。

  • 無借金での経営を実現している
  • 承認率が高い
  • 保証額の上限が無い
  • 高額賃貸量の保証も可能
  • 入居者支援も充実
  • 充実した割引制度
  • 火災保険も扱う
  • 代位弁済が速い
  • 家賃集金代行が便利

いずれもハイレベルの内容ではあるのですが、特筆すべき点は「無借金」の点と「入居者支援」の点です。

まず、無借金の点ですが、これは経営状態のレベルの高さを現わすもの。倒産リスクが非常に低く、オーナーとしても安心して契約できるメリットがある訳です。

また、入居者支援に関しては、安い物件の入居支援をはじめ、フードバンクなどの支援を行っています。これによって、入居者は経済的にも回復することが出来ます。経営の質だけでなく、「品格の高さ」も伺えると言えるでしょう。

フォーシーズの賃貸保証(家賃保証)の紹介

それでは、フォーシーズのサービスの内容はどのようなものなのでしょうか。

プラン

フォーシーズのサービスは「住み替えかんたんシステム」と「ビジネスサポートシステム」の2つです。

この内、住み替えかんたんシステムは個人対象のサービスで、マンション・アパート・一戸建て・シェアハウスをカバーするサービス。ビジネスサポートシステムは、オフィス、・店舗・SOHO・貸地・倉庫・工場・社宅(マンション/アパート/一戸建て)をカバーします。

補償内容

フォーシーズの補償は非常に幅が広いです。メインのものを挙げるだけでも次のものがあります。

  • 月額固定費(賃料、管理費、共益費等)
  • 変動費(水道・ガス等)
  • 家賃等相当損害金
  • 原状回復費用・早期解約違約金・賃貸借契約の更新料(合計金額賃料2ヵ月分まで)
  • 弁護士費用
  • 強制執行費用
  • 荷物処分費用

このように、サポートの範囲が実に広いので、オーナーとしても安心して利用ができます。

先にも挙げましたが、フォーシーズは承認率の高い会社でもあります。入居者によっては経済的な問題があるでしょう。そのような中にあって、幅広いサービスを展開していることから、フォーシーズの会社としての「底力」が伺えます。

代位弁済の流れ

入居者が家賃を滞納してしまった場合、フォーシーズに連絡すれば代位弁済が行われます。弁済は金融機関3営業日以内です。素早い対応なので、オーナーのキャッシュフローに対する影響も小さく抑えられるものと思われます。

また、フォーシーズは信託銀行と金銭信託契約を結んでいます。集金代行サービスを利用すれば、フォーシーズを契約せずに直接支払われます。それによってリスクが低減されるのです。

フォーシーズの基本情報

フォーシーズの基本情報は以下の通りです。

会社名フォーシーズ株式会社
所在地東京都港区新橋5-13-7 4c’s新橋ビル
設立1999年3月
資本金3億3,200万円
加盟団体一般社団法人 全国保証機構
公益財団法人 暴力団追放運動推進都民センター

尚、特筆すべき特徴なのが「無借金経営」を持続させている点。一般の企業は銀行融資に立脚していることを考えると、実に驚くべき健全性と言えるでしょう。

フォーシーズの口コミ・評判を紹介

それでは、フォーシーズの評価にはどのようなものがあるのでしょうか。

良い評価と低い評価について挙げてみましょう。

評判の高い口コミ・評判

まずは評価の高い口コミを挙げてみましょう。

弊社が利用している家賃保証会社。 

・高額賃料の事業用:高級賃貸に強いフォーシーズ
・居住用や賃料高くない事業用:全保連。審査厳しめなので、貸して安心な借主かの目安になる。
全保連の審査に落ちた場合:日本賃貸保証

私の中ではフォーシーズが一番評価高い。サービス手厚く安心。次が全保連。

https://twitter.com/nagatachomajo/status/1602296096658984960

家賃保証会社のオーナーにとってのメリットには「家賃の支払いを保証してくれる」だけでなく「滞納が補償されることを通して、より多くの入居者を安心して受け入れられる」という2つがあります。

高額賃貸は入居者の属性や収入もしっかりしてはいるのでしょうが、必ずしも雇用や経済状況が守られる訳ではありません。しかし、フォーシーズならば補償がしっかりしているので、安心して使えるメリットがあります。その点が高く評価されている内容のツイートです。

ちなみにウチでは、『この方は難しいかも』と思う方であっても、これまで漏れなく審査を無事通過させて頂いて、大変助かっている。フォーシーズ さんの経営政策上、このようなスタンスとのバランスをとる必要もあろうかと

https://twitter.com/hikorin2015/status/1602474744041082880

フォーシーズは審査が緩いことでも知られています。

これは、ある意味ではオーナーに不利な入居者を斡旋して来るようにも思えるのですが、別の面から見るならば「フォーシーズが保証するので大丈夫」と考えることが出来ます。

いずれにしろ、「フォーシーズが間に入れば安心できる」と判断しているオーナーの高評価と言えます。

評判の低い口コミ・評判

評価の低い口コミとは若干意味がズレるのですが、フォーシーズは契約条項において裁判で争ったことがあります。内容は「追い出し条項」と呼ばれるもので、滞納が著しくなるなど、一定の要件を満たした場合には退去したと判断すると取るもの。それについて、フォーシーズは最高裁で負けています。

これはオーナーにとっては借主保護を改めて突き付けられた形なので、オーナーにとっては失望の念でいっぱいの心境が見られます。

これらのツイートは、その判決に関係するものです。

フォーシーズの判決は オーナーにとっては人事ではない 私の物件の滞納者は 残金なしの銀行口座振替登録して 初回から滞納 悪意ある方に当たったなー想定内ですが… 保証会社は横のつながりが無いので 滞納を保証会社ごとに繰り返し、 最後は保証会社なくてもokな大家さん物件に転がり込むのだろう

https://twitter.com/mariOL61206996/status/1603663133427367936

これは判決に失望しているオーナーの投稿。背景には不良入居者によるトラブルなのですが、判決の借主保護を改めて突き付けた点を嘆く心境が見え隠れします。

また、このツイートからは保証会社を代えながらの滞納に対する危険性を警鐘しています。この先を嘆いてのツイートとも言えるでしょう。

例えば。あの何かとうるさい杉並区役所でさえw 高齢者等入居支援事業でフォーシーズと提携している。 家賃保証会社は、日本の借家制度の法体系から絞り出した知恵だった。 これで今後、お金の無い人は更に新規入居が難しくなっていく。大阪のNPO法人って、こんな判例を引き出してバカなんじゃないの。

https://twitter.com/akaneKaihoh/status/1602531139326976002

これは訴訟を起こしたNPO法人に対する怒りのツイート。

フォーシーズは入居者にとっては審査が通りやすいために賃貸契約を結びやすく、オーナーにとっては補償を通して安心して契約ができるのに、その根幹を揺るがし得る状況にも繋がる。それを理解しないまま裁判を起こしたのは逆に良くない…と言った投稿です。

フォーシーズの条項は確かに一見すると過激に見えたかも知れません。しかし、家賃保証はオーナー保護だけでなく、家賃の捻出の難しい人の救済にもなり得るので、その部分の否定になるのは危険…といった可能性に対する警鐘のツイートと言えるでしょう。

フォーシーズの賃貸保証(家賃保証)についてのまとめ

フォーシーズのサービスについて取り上げました。無借金でありながら充実したサポートとサービスを持つ点から考えると、オーナーとしても非常に「頼れるパートナー」になると思われます。

特に、今は連帯保証人を立てることが難しい時代。家賃保証会社の存在意義が高まって来ている局面とも言えるかも知れません。

そんな中で、優れたパフォーマンスで入居者とオーナーを繋ぐフォーシーズは、両者にとっても重要な存在になるはずです。

タイトルとURLをコピーしました