【保育士】40代でも転職はできる!転職や復職を成功させるコツとは?

保育士転職

長い間職に就いていなかった40台の保育士の方は、無事復職できるのか不安があると思います。また、未経験でこれから保育士に転職したい方も中にはいるでしょう。

保育の仕事は子育ての経験やコミュニケーションスキルなど、40代までに積み上げてきた経験を活かせます。また、働き方もフルタイムからパートまで希望に沿って選べる特徴があります。

本記事では40代の保育士の転職や復職が可能な理由や、成功させるコツを紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

目次

  1. 40代の保育士は需要が高い!
  2. 未経験者でも保育士に転職できる
  3. 40代で保育士として転職や復職を成功させるコツ
  4. 40代の保育士が異業種転職することは可能?
  5. 転職や復職を考えている40代の保育士は転職サイトを活用してみよう!
  6. 保育士として転職や復職がしたい人は「ヒトシア保育」がおすすめ
  7. 保育士に年齢制限はない!40代でも転職や復職は可能

40代の保育士は需要が高い!

20代、30代と比較すると、一般的に40代からの転職はよりも難しくなると言われていますが、保育士の需要は年代に関わらず高い特徴があります。保育所不足が常態化している昨今では、求人に対する保育士の人数が不足しているのが現状で、中でも40代の保育士は需要がとても高いです。

その理由は、年齢を重ねることで得た経験やスキルがあるからです。例えば、子育てや家事などで離職していた40代の保育士の場合、これまでに経験してきたことが保育の仕事に活かせます。保育士としての経験がなくても、人生経験そのものが即戦力になる可能性があります。

未経験者でも保育士に転職できる

保育士の経験がない未経験者でも、保育士に転職できます。それは、他業種での経験やスキルを活かすことができるためです。また、未経験者は他業種で働いたことのない保育士とは違う視点や考えを持っているため、多くの保育園が重宝しています。

さらに、保育士資格試験は年齢制限がないのも、未経験者でも保育士に転職できる理由の一つ。今から保育士資格試験に挑戦することが可能です。また、保育資格のない未経験者の場合、求人によっては保育士の補助として働くという選択肢もあります。

保育士資格を取得する方法

保育士資格を取得する方法は、主に2つあります。

  • 職業訓練
  • 通信講座

ここでは職業訓練と通信講座、それぞれの保育士資格の取得方法を紹介します。

職業訓練

ハローワークの職業訓練として保育士養成学校を卒業すると、保育士資格を取得できます。ただし、職業訓練で資格取得をするための条件があります。それは、1年以上勤務している現在の職場で雇用保険に加入していること、また退職後1週間以内にハローワークで失業手当の手続きをしていることです。

職業訓練では実技や講義、実習を通して保育について学んでいきます。具体的な講義内容は、発達心理学や障がい児保育、社会的養護、栄養学などです。保育士資格の取得で重要な実習は、幼稚園や保育園、施設で行われます。

ハローワークの職業訓練の最も大きなメリットは、費用が一切かからないことです。ハローワークにを利用している人は、ぜひこの方法で保育士資格を取得してみてください。

通信講座

保育士資格を取得するもう一つの方法は、国家試験を受験し合格することです。保育士国家試験の科目は、保育原理や教育原理及び社会的養護、社会福祉、保育心理学など8種類あります。幼稚園教諭や社会福祉士などの資格をすでに取得している場合は、一部の科目が免除になります。

実技試験は「音楽」「造形」「言語」の3分野の技術のうち2つを選んで受験します。音楽で使える楽器にはピアノ以外にギターとアコーディオンがあり、1つ選んで課題曲を演奏します。

国家試験で合格するためのおすすめの勉強方法が、通信講座の受講です。通信講座であれば自分のスケジュールに合わせて自宅で勉強できるため、忙しい方でも安心して受けられます。

40代で保育士として転職や復職を成功させるコツ

40代で保育士として転職や復職を成功させるには、次のようなポイントがあります。

  • 転職や復職の目的を明確にする
  • どのようなスキルや経験があるのかを考える
  • 希望する働き方について考える

転職や復職を考え始めたなら、手当たり次第に求人に応募するよりも、一度じっくり考えてみるのがおすすめです。そのほうが、自分の希望やライフスタイルに合う働き方が見つかりやすくなります。

転職や復職の目的を明確にする

保育士として転職や復職をするなら、まずは目的を明確にすることが大切です。目的が明確になると、自分にぴったりな保育園が見つかりやすくなります。逆に、目的が明確でないと、働き始めてからミスマッチに気付き、退職に繋がってしまう可能性があります。転職や復職をし、どのような働き方がしたいのか、しっかり考えましょう。

また、考えるだけではなく実際に紙に書き出すのがおすすめです。そうすれば、目的がブレることなく転職活動を進められます。

どのようなスキルや経験があるのかを考える

自分のスキルや経験について整理することも、転職や復職を成功させるためのポイントです。例えば、子育てが終わったばかりの方は、子育ての経験が間違いなく強みになります。保護者にとっても子育て経験のある保育士は相談しやすい存在です。保育や子育ての経験がない場合やブランクがあるなら、保育士研修に参加して不足している経験を補っておきましょう。

また、前述した通り、保育に関係していないスキルや経験も強みになる可能性があります。例えば、長年営業の仕事に就いていた人は、相手の気持ちを読み取ったり信頼関係を構築したりするスキルが身に付いているはずです。これは、実際に保育士として働き始めた際に、保護者との信頼関係を築くのに役立つスキルであることを覚えておきましょう。

自分の経験やスキルをリストアップし、どう保育士としての仕事に活かせるのか考えるのがポイントです。

希望する働き方について考える

保育士には正社員を始め、アルバイトやパート、契約社員などさまざまな働き方があります。40代で転職や復職を検討している人は、改めて自分がどのような働き方をしたいのか考えておきましょう。希望の給与額だけではなく、希望している雇用条件や勤務時間を明確にします。

例えば、現在夫の扶養に入っている人は、年収を扶養内に抑える働きかたが向いているので、パートなどの短時間勤務が良いかもしれません。反対に、子育てが一段落した人は、教育費のためにフルタイムで働いてより多く稼ぐことを目的としているでしょう。家庭との両立や個々の事情に応じて、自分にぴったりな働き方ができる保育園を探すのがおすすめです。

40代の保育士が異業種転職することは可能?

ここまでは保育士に転職や復職する際のポイントを紹介しましたが、反対に、40代の保育士が異業種転職できるかどうか見ていきましょう。

40代の保育士が異業種に転職できる可能性は十分あります。保育士の仕事は子どもの保育が中心と思われがちですが、実際には国や地方自治体へ提出する書類をパソコンで作成するなど、デスクワークも任されることがあります。

保育士として身に付けたスキルや経験は、他の仕事でも活かせることは可能だということを覚えておきましょう。

現職の保育士が異業種転職を検討する理由

それでは、そもそも現職の保育士が異業種転職を検討する理由は何なのでしょうか。ここでは、次の3つの理由をご紹介します。

  • 体力的にきつい
  • 収入が低く不安
  • 人間関係が悪い

それぞれについて詳しく紹介するので、参考にしてみてください。

体力的にきつい

40代になると体力的にきつくなるため、保育士から異業種転職を考える人が多くなります。保育士は子どもと遊んだり散歩に行ったりと、毎日身体を動かすため、それなりの体力が必要です。

40代になると、どんなに休んでもなかなか疲れが取れず、体力に自信がなくなってくることがあります。今までのペースで働くことが難しくなり、異業種転職を検討する人はたくさんいます。

収入が低く不安

40代保育士の平均年収は、全業種の一般的な年収よりも少し低い傾向があります。30代までは収入よりもやりがいのほうに重きを置いていた保育士も、40代になると、収入が低いことが理由で転職を検討し始めるでしょう。併せて、体力的にもきつくなってきているので、収入が比例していないように感じます。

また、一般的に40代になると子どもの教育費が増えるので、収入面で不安になります。全体的に今後の生活への不安が出てくる年代なので、保育士より収入の高い異業種へ転職することを考え始める保育士は多いです。

人間関係が悪い

保育士には、子どもや保護者、職場の人間関係を良好に保つコミュニケーションスキルが求められます。毎日の保育を円滑に進めるためには、園長などの上司やリーダー、同僚の保育士としっかり連携を取らなければなりません。保育園内の人間関係が良くても、保護者との人間関係に悩む保育士は、何歳になってもいます。また、保護者からのクレームや相談が少しずつ積み重なり、限界を超えてしまうこともあるでしょう。

今の職場での関係性を一旦絶ち、新たな業種で新たな仕事に就きたいと思うのは、無理もありません。

異業種転職をしたい時に心がけたいこと

異業種転職をしたい時に心がけたいことは、2つあります。

  • 保育士としての経験が役立つ業種を選ぶ
  • 保育士の資格が活かせる仕事を選ぶ

保育士としての経験や得たスキルが無駄にならないよう、しっかり活かせる業種や仕事を選びましょう。

保育士としての経験が役立つ業種を選ぶ

40代の保育士が異業種に転職する場合は、保育士としての経験が役立つ業種がおすすめです。例えば、下記のような業種は保育士からの転職に向いているでしょう。

  • サービス業
  • 事務職

保育士はコミュニケーションスキルをしっかり磨いているので、異業種への転職ならサービス業を選択肢の一つにすると良いかもしれません。サービス業の仕事はさまざまな幅広いので、自分にぴったりな仕事が見つかる可能性があります。例えば情報通信業、宿泊業、不動産業、飲食サービス業などがサービス業に含まれています。

また、保育士には書類作成のスキルがあることから、事務職にも向いています。事務職の求人にはパソコンスキルを証明するための資格が条件になっていることがあるので、事務職を希望する場合は、前もってパソコン関連の資格を取得しておくと良いでしょう。

保育士の資格が活かせる仕事を見つけるのもおすすめ

保育士の資格を無駄にしないためにも、保育士の仕事を活かせる仕事を見つけるのもおすすめです。保育士の資格を活かせる職場は多いので、多様な選択肢から選べます。例えば、託児所、学童保育、保育ママなどは保育士の資格がしっかり活かせます。

託児所や学童保育では、主に保育士資格を持つ人が求められています。近年増えている保育ママは各自治体が家庭的保育事業として行っており、保育に欠ける子どもを自宅で預かる仕事です。保育士資格がある人材のほうが、預ける保護者側も信頼感が増します。

ほかにも、児童福祉施設や介護施設などでも保育士求人はたくさんあります。保育士の資格を持っていればさまざまな働き方ができるので、しっかり考えた上で転職してみると良いでしょう。

転職や復職を考えている40代の保育士は転職サイトを活用してみよう!

転職サイトはインターネット上で求人情報を閲覧できるサービスで、簡単に数多くの求人情報が検索できます。希望条件を入力して絞り込み検索ができるので、自分に合った求人が見つかりやすいメリットがあります。もちろん、サイト上で求人に応募もでき、自分のスケジュールに併せて転職活動が進められるのが魅力です。

また、転職サイトでは転職のノウハウなどプラスアルファの情報が載っているので、はじめて転職する人でもしっかり情報収集ができます。

類似した言葉に「転職エージェント」がありますが、転職サイトと転職エージェントの主な違いは専門のスタッフによるサポートがあるかどうかです。転職エージェントは利用者一人一人に担当者が付き、転職をサポートしてもらえます。すべて任せられるメリットはありますが、自分のペースで転職活動ができないので注意が必要です。

保育士として転職や復職がしたい人は「ヒトシア保育」がおすすめ

出典:ヒトシア保育公式サイト

40代で保育士に転職や復職したい人は、転職サイトの「ヒトシア保育」がおすすめです。株式会社ネオキャリアが運用している転職サイトで、保育士専門になっているので、さまざまな求人が見つかります。

「ヒトシア保育」では、保育士や幼稚園教諭の転職に詳しいコンサルタントが無料でフルサポートしてくれるので、スムーズに転職活動ができます。マンツーマンのカウンセリングでは、希望の働き方や職場環境などをしっかりヒアリングしてくれるので、安心して任せられます。

また、「ヒトシア保育」の求人は全国から厳選されており、施設形態や運営法人を選ぶと更に絞り込みが可能です。希望を細かく設定すれば、入職後のミスマッチが防げます。例えば、保育士の転職理由で多い収入面の悩みなら、ボーナスありの求人を選ぶと良いかもしれません。人間関係の悩みがある場合は、「人間関係良好」の求人を選ぶことで、人間関係の悩みがない職場が選べます。

ただし、「ヒトシア保育」は保育士資格を持っている方限定のサービスなので、無資格の方や未経験者は使えません。保育士を目指している方は、ぜひ保育士資格を取得してからヒトシア保育で転職にチャレンジしてください。

ヒトシア保育の詳細を見る

保育士に年齢制限はない!40代でも転職や復職は可能

一般的に求人は40代を境に減る傾向がありますが、保育士の場合は年代に関係なく求人が多く、転職しやすい特徴があります。40代の保育士は保育の仕事で培ってきた経験があるので、復職する場合も異業種に転職する場合も、しっかり活かせる職場を見つけましょう。異業種の場合は、事務やサービス業などで活躍できる可能性があります。

保育の経験や資格がない方の場合でも、保育士に転職することは可能です。無資格で採用してくれる保育園があるのはもちろん、保育士資格は年齢制限がないので今から勉強して資格を取得することも可能です。

40代の保育士が転職を成功させるためにも、転職する目的を明確にし、経験やスキルを整理することが大切です。また、希望の働き方を良く考えて転職活動を進めましょう。保育士としての転職や復職を目指している方、もしくは保育士から異業種転職を目指している方は、ぜひ本記事を参考にしてみてください。

タイトルとURLをコピーしました