【保育士の異業種転職は多い?】事務や介護などへの転職事例紹介

保育士転職

保育士は、業務量も多く人間関係も複雑な事が多い為に、離職率が非常に高いです。行政により処遇の改善が進められてはいるものの、なかなか現場で働く保育士の理想通りの処遇が与えられていないケースが多く、依然離職率は高いです。

今の職場に不満がある保育士の中には「転職して他の保育園へ行こう」と保育士の資格範囲内の職場を考える人もいれば、保育士として働きたいけれど、給料が低い為にどうしても生活が出来ないからと、事務や介護やIT職種といった保育士以外の異業種の仕事へ転職してしまう人もいます。

この記事では「保育士の異業種への転職」についてまとめていきます。ベビーシッターなど子供とかかわる範囲内で仕事を選ぶ人もいれば、事務や介護やIT職種といった全くの異業種へ転身する人もいます。今の悩みに照らし合わせてご一読下さい。

保育士が異業種へ転職を考える理由は?

保育士の仕事に満足していれば「異業種へ転職しよう」とはならないはずです。異業種へ行こうとまで思う保育士が多いのにはどのような背景があるのでしょうか。

保育士の転職理由として多いものは、人間関係や、膨大な業務量とそれに見合わない給料、子どもとの関係構築の悩みなどが挙げられますので、以下で見てきましょう。

 人間関係

保育士の転職理由の多くは人間関係です。保育士は毎日子ども達や保護者と接し、人数不足もあるので雑務に追われます。休憩を取れない保育士も多く、日々の勤務時間では到底足りずに残業も多いのが現状です。そこでストレスが溜まり、保育士同士の諍いがあったり、時にはいじめも発生します。

他にも、保育士同士は問題がなくても保護者との関係がうまくいかずに追い詰められてしまい、精神的に辛くなって転職に踏み切る人もいます。保護者と保育士両方との人間関係を上手に構築するのが難しく、新しい環境で良好な人間関係を築きたい人は転職に踏み切る保育士もいます。

業務量が多い

保育園は経営が厳しい所が多いです。国や自治体からの補助金もありますが、決して十分な金額ではありません。そこで経営側が切り詰めるのが人件費です。その為、どこの園でも掃除も環境整備も全て保育士が行います。その環境整備に気を取られていると、行事の準備や指導計画作成、子どもとの関係構築と、他の仕事が溜まっていきます。保育園によっては残業代が出ず、業務が終わらない為に、いわゆるサービス残業を行わなければ成り立たない場所もあります。

他にも、月ごとに変えなければいけない壁面の製作や、行事の準備、ピアノの練習など、行事が近づけば更に仕事は増えていきます。そこで仕事を自宅に持ち帰る保育士が後を絶たず、プライベートな時間まで保育士の仕事がのしかかるのです。そういった仕事の多さに疲弊して転職を志す保育士もいます。

給料が安い

保育士の処遇改善は国の課題として長年取り上げられてきました。しかし、現状は大きく処遇改善はされておらず、現在も待機児童は増え続けると同時に潜在保育士もどんどん増えています。そこにはやはり、業務の大変さに対する給与の安さが関係しています。

上述の通り、保育士は膨大な量の仕事を受け持つにも関わらず、実際は残業代も全額支給されることは少なく、明らかにつり合いが取れていません。更に、一人暮らしを夢見る保育士や、男性保育士で結婚を考えている人にとっては、保育士の給与は将来に不安を抱かせます。

そこで、保育園などの保育士勤務から、夜勤手当が出る施設職員や、24時間交代制の保育園で働きたいと転職を考える保育士もいますし、異業種の全く別の仕事へ転職する人もいます。自分の園の給料が年を重ねても上がらない場合は、他の施設や保育園を視野に入れる事も重要です。

 子どもと関係をうまく作れない

保育士は自分の希望する年齢の子どものクラスを受け持たせてもらえるのが全てではありません。その園の人数状況や、必要性に応じて配置されます。そこで、幼児クラスを希望していたのに乳児に配属されてしまい、子どもとの接し方が分からずに信頼関係が作れないと悩む保育士もいます。子どもの環境を変えない為にも、途中での担任交代はよほどの事がない限り行われないので、一年間はそのクラスで我慢するしかありません。

あとは転職に踏み切る選択肢もありますが、例えば乳児との接し方が分からないのであれば、乳児のいない児童福祉施設や、もっと大きな子どもとコミュニケーションを取りたい場合は、18歳まで入所が認められている児童福祉施設の中から選ぶという方法もあります。

保育士の異業種への転職事例を紹介

上記のような理由で保育士を辞め異業種にチャレンジする場合にどのようなケースがあるでしょうか?希望が多いのは事務職などの一般企業勤務で、その他にもIT系の仕事や介護などへ挑戦する人もいます。女性が多い保育士ならではの異業種への転職事例を見ていきましょう。

 保育士から事務職へ

希望が多いのが事務職への転職です。保育士は1日のうち一定時間は外で走り回らなければいけませんし、行事の設営や保育の中で運動を行う場合は力仕事や体力が求められます。日常の保育の中でも、子どもを抱っこしたり肩車をする機会があり、そういった積み重ねで段々と腰などを悪くしてしまう保育士もいます。

また、夜勤が含まれる保育士の中には自律神経を崩してしまう人も多く、激しい運動が出来なくなってしまう人もいます。そういった事情からやむを得ず保育士を諦め、全く異業種の座り仕事がメインの事務へと転向する人も多いです。

事務と言っても様々です。事務の中でも人気があるのが、広い門戸で人を受け入れている医療事務、調剤薬局事務、やはり将来を考えた時に安定している大手企業の事務などです。その他にも保育園の事務に転職する人もいます。保育園の事務は、保育園の事務手続き全般、外部業者とのやり取り、保護者へのお金のやりとりなど、現場の保育士の手が回らない事を行います。また、行事の際には子どもの誘導や用具係として駆り出される事もありますので、自分が学んできた現場の能力を存分に活かせる事務職ですし、子どもとも触れ合う事が出来ます。

保育士から事務職への転職の場合は、いきなり正社員への転職は難しい為、一度は経験の為に派遣や契約社員として就職し、キャリアを積んで転職をする人も多いです。派遣や契約社員として働いている中でに簿記や秘書検定などの資格を得て、正社員として採用されやすくなる為の努力も必要です。

保育士から事務職へ転職する際におすすめのサイト

女性の転職で事務職は人気です。特に正社員登用してくれる求人は応募が多い傾向にあります。そんな時にライバルよりも早く目当ての求人にたどり着くために使って頂きたいのがリクルートエージェントんどの転職エージェントです。例えば「体力的に保育士は難しいけど、自分が保育の現場で学んだ事、経験を活かして保育士の事務として働きたい」「保育とは全く別業界の事務職に転職したい」など要望を伝えて頂ければ最新の事務求人をご紹介可能です。

今すぐ無料登録!

 保育士から介護職へ

保育士になった人は「資格をもとに安定した仕事に就きたい」と考える人も多いです。そんな保育士の異業種転職先の1つに介護業界があります。介護業界は介護福祉士やホームヘルパー1,2級や社会福祉士など多くの資格があります。

保育士は自分一人ではいられない子供の世話をするのが仕事ですが、介護職の場合は何らかの病気や怪我や加齢などで介護が必要な状態になった人をサポートする仕事です。介護が必要な高齢者は、介護者がいなければ生活することが出来ません。介護職は間違いなく人の役に立てますし、保育士と同様にそれがやりがいにつながります。

今の日本で、求人が途絶えることがないと言われているのが介護職の仕事です。ベビーブームに生まれた団塊の世代と呼ばれる人達が、後期高齢者となる頃までに必要な介護職員の数が増えていくと言われており、行政も介護に携わる仕事で働く人をなんとかして増やしていきたいと躍起になっています。そんな需要の後押しもあり、保育士からニーズの高い介護職へ転職する事例も多いです。

保育士から介護職へ転職する際におすすめのサイト

保育士から介護職へ未経験で転職すること自体は可能ですが、ぜひ使って頂きたいサイトがあります。それは「かいご畑」です。

保育士から異業種である介護へ転職する方の多くが、資格取得を目指すケースが多いのですが、かいご畑の「キャリアアップ応援制度」を使えば、働きながら介護資格取得の勉強ができて、その金銭的支援を受けられます。介護業界は賃金が安いと悩む人もいますので、使える支援は十分利用していくのがおすすめです。例えば介護の国家資格である介護福祉士や社会福祉士なども狙えます。資格取得は難易度がある程度高いものの、もし資格取得ができれば資格手当がもらえるなど採用条件で優遇されることもあります。

今すぐ無料登録!

 保育士からIT関係の仕事へ

「保育士が異業種へ転職を考える理由は?」で、年収の低さや待遇の悪さを原因に保育士を辞めてしまう人がいるという点をご紹介しましたが、「保育士を辞めるからにはなるべく高収入の仕事に就きたい」と考える人もいます。

未経験で高年収にキャリアチェンジできる職種の昨今の筆頭格ともいえるのがIT関係の仕事です。具体的にはWEBプログラマーやシステムエンジニアやWEBデザイナーなどを指します。「保育士からいきなりIT業界は難しいのでは?」と思うかもしれませんが、多くの未経験者が異業種からチャレンジして転職を成功させています。ただ完全未経験で雇ってくれるところは少ないので完全に未経験であれば、以下のウズキャリITのような「IT未経験就職を目指す事例に特化したサイト」を使うのがいいでしょう。

保育士が未経験からIT業界へ転職する時のおすすめサイト

今すぐ無料登録!

もし保育士を辞めてから、一定の期間、IT関係のスキルを身に着ける余裕がある人は、プログラミングスクールなどに通い、ある程度のスキルを身に着けてから異業種であるIT業界を受けるのもいいでしょう。その場合は以下の「GEEK JOB」ような人気サイトの無料カウンセリングを一度受けてみましょう。

未経験だからスキルを身に着けて転職したい人におすすめ

今すぐ無料登録!

 保育士からベビーシッターへ

「保育士は体力的にきついけど子供と関わる仕事は続けたい」という方で、ベビーシッターへ転職する人もいます。ベビーシッターには、必須となる資格がありません。保育士や幼稚園教諭、認定ベビーシッターの資格等、もちろん有していることで会社やお客様からの信頼感が増し、時給もそれだけ高くなることはありますが、基本的には資格なしでできる仕事です。

ベビーシッターの仕事内容はお子様の命を預かる責任の大きい仕事です。子育て経験や保育士としての経験がある方も、もう一度子供の育ちや子供との関わり方について、育児書や学生時代に使っていた教科書を読み返してみることも必要でしょう。意外と忘れていることも多いものです。ベビーシッターとして働く際には、基本的にはお子様と1対1でお世話をしますので、他のベビーシッターの様子を見て覚えるということはできません。自分の知識と経験だけが頼りになりますので、知識を蓄えておくことはそのまま仕事の成功に繋がります。

働き方としては、会社に所属、登録をする場合と完全にフリーで働く場合があります。会社に所属する場合は、依頼を受ける前に研修が用意されている場合が多いですが、短時間ですのでお世話や子どもの育ちについて1から教えてくれる訳ではありません。研修前に自分で学んでおくことで、どの部分に不安が残るのかという事が分かりますので、不安に思う部分はまとめておいて講師に聞くこともできます。個人でお客様から直接依頼を頂くフリーの場合にはお客様と直接やりとりをしますので、料金を自分で設定し、ネットのマッチングサイトに登録する等、ベビーシッターとしての仕事がすぐに始まります。

どちらの働き方が多いかといえば、フリーで働く方法をとる人は少数派で、まずは自分が働きたいと思う会社を探す事から始める人が多いです。会社を決めるのも選択の要素は多く、お客様の数もベビーシッターの数も多い企業と少人数のベビーシッターが所属している企業、時給や資格手当等の収入に繋がる条件の比較など、数多くあるベビーシッター派遣会社の中から、条件を比べながら働きたいと思える会社を選びます。説明会がある場合には、ぜひ参加してみて下さい。会社の雰囲気も分かりますし、求められているベビーシッター像も知ることがでます。

 保育士から看護師へ

資格を持って働きたい、でも保育士は給料が安いから満足できないという人で、保育士よりも平均年収が高い看護師を目指す人もいます。看護師への異業種転職は国家資格の取得が必須なので明日から未経験で働くというわけにはいきません。

社会人からの看護師の免許取得はいくつか方法があります。多い事例は3年間専門学校に通うことです。現在看護師の専門学校は多いので、自分に合った専門学校を色々選べるのはうれしいポイントです。昼間と夜間どちらもあるので働きながら行きたいという方でも大丈夫です。医師会の専門学校などもあるので、その後の就職先の病院まで考えて入ると後々の負担が軽くなります。

あとは一般大学の看護科に行くことです。その場合は基本的に4年通うことになります。一般大学の場合は卒業後、附属の大学病院に勤務する方が多い傾向にあります。大学では多くのカリキュラムの中から自分で選択することができるため、保健師や養護教諭、助産師などの資格を同時に取りたいという方にはお勧めです。その分受ける講義や実習などクリアしなければならないことは多いですが、看護師を取ってまた他の資格を取るために学校に行くということがないので、一度でなりたい資格が取れるというのが最大のメリットでしょう。しかし、大学によって取れる資格の内容は異なるので(全ての大学に助産師コースなど専門コースがあるわけではない)事前に確認することが必要です。

そして最終的に看護師になるには学校を卒業して国家試験も受けなければいけません。大学によっては4年生になると大学内の国家試験対策だけでなく、外部の受講を勧めているところもあります。国家試験対策を専門に扱っている所なので、これまでの試験の傾向や出やすい部分などわかりやすく解説してくれます。受講料としては決して安くありませんが、受講して損はありません。国家試験に関する過去問題や参考書は沢山ありますのでどんな内容なのか書店で確認してみるのもいいでしょう。

 保育士から幼稚園教諭へ

保育士の資格をベースに通信講座などで資格を取り直して幼稚園教諭で転職する人もいます。もともと保育士の養成校時代に、保育士の資格に加えて幼稚園教諭の資格を取得してる人は資格取得の必要はありません。

もし既に保育士と幼稚園教諭の両方を取得していて、保育園から幼稚園への転職を考えた場合、激務なのは幼稚園教諭も同じですが、人間関係で悩む事は保育士よりは比較的少ないかもしれません。幼稚園や認定こども園では、幼児クラスはほとんどの場合一人担任で設定されています。ですから、基本的にクラスの方向性や運営をしていくのは現場の担任幼稚園教諭です。その点、多少は人間関係の悩みは減るかもしれません。

異業種へ転職する前に!自分にあった保育士の職場探しを

上記では保育士が保育士以外の異業種に転職する事例を紹介しましたが、もちろん上記以外にも様々な異業種転職の事例があります。どんな異業種に興味を持っているにせよ一度考えてほしいことがあります。それは「今の職場が自分に向かないだけで職場を変えれば保育士の仕事を続けられるのではないか?」ということです。

例えば「給料が安いから保育士を辞めたい!」と考えているなら「もっと年収が高い職場」を、「保護者との関係がつらくてもう保育士を続けられない」というのであれば「人間関係の問題が解決できそうな職場」を、「職場が遠すぎて通えない!」というのであれば「もっと通いやすい職場」を考えてみてはどうでしょうか?

しかし自分の思うように仕事探しというのはうまくいかないのが現実です。そこで使って欲しいのが保育士転職サイトです。以下に代表的なサイトを紹介しますので是非ご利用の上、保育士の働き方を模索してみてください。

保育士転職サイトの大手「ヒトシア保育」

今すぐ無料登録!

マイナビブランドの保育士転職サイト「マイナビ保育士」

今すぐ無料登録!

【保育士転職サイト比較おすすめ10選】人材不足の今が転職のチャンス?
保育士の不足が加速化している報道が昨今増えています。厚生労働省が公表している新規求人倍率を見ると、多くの都道府県において新規求人倍率が1倍を超えていて「保育士の売り手市場化」がうかがえます。国や自治体は潜在保育士に再び現場復帰してもらう為に
タイトルとURLをコピーしました