【保育士転職サイト比較おすすめ15選】人材不足の今が転職のチャンス?

保育士転職

保育士の不足が加速化している報道が昨今増えています。厚生労働省が公表している新規求人倍率を見ると、多くの都道府県において新規求人倍率が1倍を超えていて「保育士の売り手市場化」がうかがえます。国や自治体は潜在保育士に再び現場復帰してもらう為に労働環境の整備を公言したり様々な策をとっていますが、現状は潜在保育士も待機児童も大きく改善はされておらず、転職する保育士から見たら好条件の仕事を探すチャンスかもしれません。

この記事ではなぜ保育士が万年不足してしまうのかに言及した上で、最新の人気の保育士転職サイトの紹介やおすすめの就職先などについてまとめていきます。保育士転職サイトにまだ登録したことがない方はこの機会に登録をご検討下さい。

なぜ保育士が不足するのか?

厚生労働省が令和3年に公表した保育士の有効求人倍率(※求職者数に対する求人数の割合のこと:1を越えれば求職者より求人の方が多いという意味)は2.66倍となっており、他の職種を全て平均した有効求人倍率と比べて2倍以上高い数字になっています(参照:https://www.mhlw.go.jp/content/R2.11..pdf)。特に東京都では3.49倍、大阪府では3.85倍など都市圏で保育士不足が深刻化している状況がうかがえます

上記のデータで保育士不足の現状と、保育士が売り手市場である現状がわかりますが、では実際に保育士が転職に踏み切る理由とは何でしょうか?保育士が転職し、現場で保育士が不足してしまう理由には、以下のような点がよく挙げられます。

  • 休みが取りづらい
  • 給与が低い
  • 産休が取りにくい
  • 体力的に厳しい
  • 人間関係が複雑
  • 男性保育士の普及率の問題

保育士が働く職場は狭い人間関係になることが多く、産休や結婚も先輩がしないと後輩は許されない暗黙の雰囲気の所もあります。自分の思った通りのライフステージを進めない、産休自体が取れない、母親になってから保育士の正担任として働くには仕事が多過ぎるという理由から、保育士自体を辞める人も多いです。職場の人間関係に加えて保護者との人間関係の悩みにこれもプラスされます。

あとよく保育士の転職サイトなどにも記載されているのは「給与面の冷遇」の話です。保育士は持ち帰りの仕事があったりプライベートな時間が奪われやすかったりするのに給料が安い職場が多いというのが現実です。結婚や出産をして一時的に退職した保育士の方も「前の給料だったら復職はやめとくか・・・」と二の足を踏んでしまうケースも多いです。この問題がある為、毎年保育士は減ってしまうとも言われています。

男性保育士が少ないというのもあります。保育士はまだまだ男性への門戸が広く開かれていない状況で、職場に男性がいる方が珍しい状況です。背景には給料の安さから結婚できない不安、職場で女性と上手くやっていけるか人間関係の不安などから踏み出せない人が多いです。男性保育士は力も強く、施設などでも利用者同士のトラブルが起こった時の制止などで頼りになりますし、必要とされています。もっと男性保育士が増える事で、保育士不足も解消され、力仕事も分担できるので保育士の仕事環境も向上します。

保育士不足の理由は決して1つではありません。待遇の悪さや産休育休の取得のしづらさなどから、結婚・出産を機に退職する保育士が多く、常に不足しているというのは事実ですが、他にも多くの要因があるというのが現状です。

【大手厳選比較14選】おすすめの保育士転職サイト

保育士不足の現状は、仕事を探す保育士にとっては追い風です。多くの保育施設が保育士を雇用したいと考えているということは雇用条件も上がっていきます。ここではそんな保育士の転職に使える保育士転職サイトを大手中心に14社紹介します。

大手保育士転職サイト おすすめポイント
ヒトシア保育 保育士転職業界で安定人気でおなじみの保育士の転職サイト。元保育ひろばのサービス名変更後が「ヒトシア保育」です。非公開求人は業界トップクラスと言われており、地域密着型である高いコンサルタントの質も特徴の一つと言われています。ちなみに非公開求人の中には、ハイクラス求人も含まれている場合があるので、保育士の転職活動の視野が広がっていくでしょう。
ジョブメドレー 医療人材領域の情報サイトを運営する上場企業が提供する保育士の就職・転職支援サイト。保育士求人の件数は業界トップクラスとも言われており、求人情報サイトの雰囲気がシンプルでわかりやすいと転職者に好評です。
マイナビ保育士 転職大手のマイナビグループが運営する、保育士の転職サイト。東京近郊の保育士求人に強く、東京、神奈川、千葉、埼玉の求人数は随一と言われています。キャリアコンサルタントがサポートしてくれる転職支援サービスの実績は大手マイナビならでは。保育士業界に関連する最新トピックやイベント情報などをSNSで更新中。
ほいく畑 おすすめ保育士の転職サイトの1つ。運営会社は保育施設へ企画や運営の支援をしている企業なので、現場で役立つ講習などを無料で受講することが可能です。また、他の保育士求人サイトと異なる点は、短時間・日勤などスポット求人なども数多く掲載されている点です。スポットで働きたい人にもぴったりな転職サイトと言えます。
保育エイド 保育士転職で知名度のある株式会社サクシード運営の保育士専門の転職支援サービス。人間関係に悩まない厳選した求人を紹介することをコンセプトにしており、転職者からも評判が高いです。また、働きながらでも転職活動ができるように、電話やスカイプなどでも気軽に相談できるサービスを提供されており、転職者から好評です。
イクシィ(IXYEE) イクシィのサービス運営企業は、民間学童保育を全国に30施設展開する企業。実業も行う企業ゆえに保育士の現場の悩みがわかる!豊富な求人の中から保育のスペシャリストといえるキャリアコンサルタントがあなたにマッチした案件を紹介してくれます。検索軸も気になる軸で設定されており、痒いところに手が届くサイト構成となっています。
保育メトロ 地方から東京へ上京検討中の保育士さんの転職をサポートする人気のサイト。豊富な都内の求人の中から最適な職場を紹介。上京する時によくある悩みである住環境関係の相談もバッチリ対応!
保育バランス 病院・企業内の保育所に特化して保育士の転職をサポートする人気のサイト「保育バランス」も人気です。「子どもの人数が少ない施設でゆっくり保育と関わりたい」そんな方におすすめです。
ホイクルージョブ 転職エージェント形式ではなく自分で求人を探す転職サイト形式。「自分のペースで転職活動をしたい」そんな方は「ホイクルージョブ」。東京、神奈川、千葉、埼玉に対応中です。
保育士ONE 月給28万円~、賞与2回、借上げ社宅あり、年間休日120日、小規模保育園、オープニングスタッフ、残業ほぼなしなど人気求人多数の保育士転職サイト。

ヒトシア保育

保育士の転職事業で最もポピュラーであり、求人数や事業規模など含めて一番人気と評価できるサイト!保育士の悩みで多い「給料・勤務場所」の悩みを徹底的に解決します。転職フェアも積極的に実施中です。

ネット上の口コミからうかがえるヒトシア保育の良い点は、担当コンサルタントの提案や細やかなやり取り、同行時のフォローなど、転職の心強い存在になったという評価が多い点です。反対にネガティブな口コミを見る限りの悪かった点は、担当コンサルタントの連絡が多いゆえに焦ってしまったという点のようです。口コミを通して、担当コンサルタントが密にサポートをしてくれる印象を受ける保育士転職サイトです。

今すぐ無料登録!

ジョブメドレー

ジョブメドレー保育士は、保育士の正職員からアルバイトまで幅広い求人をまとめた保育士転職サイトです。採用コストを安くし、多くの事業所が採用に積極的になることで人手不足を解消すること、働く人に少しでも還元できるように祝い金制度をつくること、探しやすく転職しやすい求人サイトを運営することで業界全体の改善を図ろうとしています。少しずつでも業界を変えていこうとしているジョブメドレー保育士のサービスを使って、自分の求める場所で働く決断をしてみませんか?

今すぐ無料登録!

マイナビ保育士

マイナビ保育士を利用する理由で多いのは、なんといってもブランド力の高さです。「マイナビ」というネームバリューゆえに利用者からも保育施設からも信頼度が高いのが特徴です。1都3県(東京・神奈川・千葉・埼玉)でのサービス提供に強みがあり安定した人気です。

また、マイナビ保育士には、求人特集という求人情報をカテゴリで選択できるサービスがあり、求職先を選定するのに使いやすいと大変好評です。福利厚生が充実している・許可保育園のみの求人・園長や主任(候補含む)の求人紹介・新規開業でのオープニングスタッフ求人など、カテゴリによって求人情報を選択できるので、自分自身が納得できる求人に早く出会える可能性が高いことも大きな魅力です。

今すぐ無料登録!

ほいく畑

ほいく畑は関東、関西、東海、中国、九州とエリアを限定して転職支援を提供する保育士転職サイトです。ほいく畑の強みの1つは「派遣保育士」です。正社員でなく派遣で様子を見たい場合はここがオススメ(もちろん正社員転職支援もあり)!全国で派遣の登録会も実施中!派遣職員採用型は週払いなど細かな要望にも可能で急な出費対策にも活用できると大好評です。就業先斡旋をサポートするだけでなく、研修面の支援も行う企業なので保育士としてのスキルアップにも最適なサービスです。派遣雇用などにも興味がある方は登録しておいた方がいいでしょう。

今すぐ無料登録!

保育エイド

保育エイドは「職場の人間関係に悩む」「低い年収に悩む」保育士の登録が多いサイトです。保育士の転職の悩みの多くが人間関係と年収の低さである点に注目して、保育士の人間関係が良好な職場と比較的給与が高い職場をピックアップして紹介しています。厳しい条件下で働いている場合もある保育士さんに、プライベートとの両立が可能な園や人間関係の悩みのない園などを紹介してくれます。長く働ける職場に転職し、仕事のやりがいを感じながら働けるので、今まで以上に充実感を持ち働くことができるはずです。

今すぐ無料登録!

イクシィ(IXYEE)

民間学童保育を全国に30施設展開する企業が運営する保育士転職サイト「イクシィ(IXYEE)」。特徴を挙げるとすると、見学や体験保育の実施を積極的に行っており、入社後のギャップ解消に貢献しているという点です。イメージと実勤務のギャップを排除するサポートが非常に充実したサイトです。あとは上記の通り子育てサービス支援事業を大規模に展開しているゆえの業界への精通度が挙げられるでしょう。

今すぐ無料登録!

保育メトロ

メトロと言えば東京の地下鉄「東京メトロ」ですが、保育メトロは地方都市から東京への転職を考えている方をサポートする保育士転職サイト。保育メトロの利者層は20代の女性が中心ですが、30代・40代以上でも、離婚・結婚など様々なきっかけで都内へ出たい場合は利用できます。

東京は実は地方都市と比べて「保育士不足」が深刻です。人手が足りず求人募集に困る保育園などの中には、保育士に高額な家賃補助や立派な寮を用意しても、是非転職してきて欲しいと考えているところも少なくありません。保育メトロではそんな上京者にぴったりの求人を厳選して紹介します。

今すぐ無料登録!

保育バランス

「これまで民間の保育園で大人数の子供と接してきたけど少し疲れた、でも仕事は辞めたくない」「保育士の仕事は大好きだが、もう少しワークライフバランスを考えられる職場がいい」そんな保育士の方はいませんか?そんな場合は「保育バランス」がおすすめです。

保育バランスは、担任を持たないでよくて激務度が低い事業所内保育所のみを紹介してくれる保育士転職サイトです。基本的には小規模な施設がほとんどなので、保育士の負担も大幅軽減できますし、持ち帰りや時間外労働もほぼない職場ばかりです。家族や友人との時間を優先したい保育士さんにはおすすめです。

今すぐ無料登録!

ホイクルージョブ

東京、神奈川、千葉、埼玉に特化した保育士転職サイト「ホイクルージョブ」。かわいい看護ルーのロゴが印象的なサイトで、登録はもちろん無料。コンサルタントと二人三脚で話を進める「転職エージェント形式」ではなく、直接園採用担当者とやりとりをします。面接応募や辞退もボタン1つでOKなので幅広く情報収集したい保育士の方に向いているサイトです。

今すぐ無料登録!

保育士ONE

保育士ONEは月収28万以上など好条件求人が豊富な保育士転職サイトです。保育園・幼稚園・学童・病院・企業など、多様な保育士求人を紹介可能です。

保育士転職サイトに登録した方ならわかると思いますが、実際の残業時間、有給消化率、職場の人間関係など、一般の求人情報ではわからない情報も多いです。そんな不透明になりがちな点も保育士ONEなら徹底的に調査してお戻しします。

他サイトと同様に、担当者が面接日程の調整、面接対策、給与などの条件交渉、転職後サポートまで対応します。保育士転職サイトを比較中の方はおすすめサイトの1つです。

今すぐ無料登録!

保育士ワーカー

保育士ワーカーは、人材大手トライトグループ運営の保育士転職サイトで、利用者数の多さに定評があります。こだわりの条件などで探しやすいサイト構成、そしていつでも相談できる体制が整っていることが強い安心感を生んでくれます。派遣保育士のコンテンツや給与前払い制度などは独自性があります。1分で終了する簡単登録であなたもおすすめ転職先を紹介してもらいましょう。

今すぐ無料登録!

キララサポート保育

 

キララサポート保育は保育士専門の転職サービスで人気です。他サイトと同様に多くの求人を比較した上であなたに最適な就職先をおすすめ・紹介してくれます。丁寧な面談の上で転職のミスマッチがないように手厚いサポートをしてくれます。

キララサポート保育は単なる求人情報の共有だけではなく「職場のリアルな情報」を細かく共有してくれます。キララサポート保育の担当者が独自にヒアリングした情報が多数です。採用担当者と密に連携を取ることでリアルな情報を入手しているのがキララサポート保育の強みです。

また、キララサポート保育を運営する株式会社モード・プランニング・ジャパンは、保育士人材事業以外にも看護師向け人材事業などを運営しており、転職に関するノウハウを多く蓄積しています。それゆえに保育の現場でどのような問題が起こっているのかを熟知しており、転職支援に活かしています。

WEBで面談などもありますので気軽にキララサポート保育へ悩み相談をしてみましょう。

今すぐ無料登録!

保育士バンク

厚生労働省認可の保育士転職サイト。転職支援に加えて徹底した情報提供も欠かさないサイト!

「保育士バンク」が他社と差別化されているポイントの1つにyoutube動画があります。文章情報だけでなく実際の動画で転職情報をチェックできますので「百聞は一見にしかず」ということで是非見てみましょう。自分の就業イメージとのマッチングを確認できると大好評です。

またサービスを提供する株式会社ネクストビートは、子育て支援領域でのリーディングカンパニーを目指しており、中でも保育士に関する転職サービスの質は高いです。求人数も全国エリアで業界最多レベルですので登録者が多いのも頷けるサイトです。

保育Fine!

FINE!保育士は、保育士や幼稚園教諭などの保育に関わるサービスに特化した求人サイトです。自分で気になる求人を探し応募できます。求人数の豊富さとシンデレラサポート(一定期間ですが月最大5万円の祝い金)が人気の秘密となっています。現役保育士たちの情報やコラムを読むことも可能です。さまざまな情報を拾えるポータルサイトとして魅力的です。

保育情報どっとこむ

「保育情報どっとこむ」も自分で仕事を検索し直接応募できる転職サイトタイプのサービス。人材派遣で知名度のあるアスカグループが運営するサイト。保育士の転職サイトではポピュラーなサイトの1つであり、求人数や事業規模など含めてサービス拡大中です。保育士以外にも、幼稚園教諭などの利用も可能です。

保育士転職サイトで多い就職先

保育士不足の中で、上記のような保育士転職サイトを使って転職する保育士は多いですが、実際にどのような職場に就職している人が多いのでしょうか?

保育士は、資格を持っていれば、様々な場所で働く事が出来ます。保育園だけだと考えている人も多いですが、もっと幅がある事を知ると、新卒時の就職や転職の際に役立ちます。ここではその事例をご紹介します。

保育園

保育士資格を取得している多くの人は保育園に就職します。保育園でもまず大きく2つ、「認可保育園」と「認可外保育園」に分けられます。

認可保育園

端的に言うと国が認めた保育園という事です。児童福祉法に定められたある一定の基準をクリアしている施設は認可保育園と呼ばれます。保育士の人数、施設の広さや給食室の設置等、その基準は多岐に渡ります。

その中でもさらに、公立の保育園と私立の保育園とに分類されます。公立の保育園は、各自治体による公務員試験に合格する必要があります。私立についてはそれぞれの保育園により様々ですが、多くは筆記、面接、実技試験を通して採用が決定されます。

認可外保育園

無認可保育園などとも呼ばれる事が多く、前述の述べた児童福祉法の基準に満たない施設というのがこの認可外保育園にあたります。児童福祉法の基準が厳しすぎて認可されない施設が多いという意見もあります。このように認可保育園と認可外保育園に分けられ、前者はさらに公立と私立に分類されます。

施設系

保育士資格を持っていると、施設でも働く事が出来ます。求人が出ている施設には以下のようなものがあります。

  • 肢体不自由児施設
  • 重度心身障害児施設
  • 視覚障害児施設
  • 聴覚障害児施設
  • 知的障害児施設
  • 精神障害児施設
  • 児童相談所
  • 児童自立支援施設
  • 母子シェルター
  • 発達支援施設

それぞれの施設できちんと勉強を重ねる事は必要ですし、保育の知識だけでは難しい現場ばかりですが、夜勤がある職場は夜勤手当が付くなど、普通に保育園で勤務するよりも給与面ではかなり良い所が多いです。中には子どもに勉強を教える時間が保育士の業務に含まれており、入社する際に筆記試験を行う所もありますが、前もって保育の基本や簡単な高校生までの勉強を復習しておけば問題はありません。

保育園で働いていたものの、給与の安さや人間関係に疲れて、施設の保育士に転職する人も少なくありません。普通の保育園と違い、送迎を行ったり、通院をしたり、子どもの学校行事に参加したりと業務内容も全く違ってきます。子ども達が学校にいる間は掃除や製作がメインになるので、自分の仕事の時間が取りやすいという特徴もあります。

保育士はどこも人手不足なので、中途採用の求人も出ています。自分の条件に合った施設をしっかり探して、能力を活かせる場へと挑戦するのも良い方法です。

企業の保育所

企業の保育士とは、企業が経営する保育所で働く保育士の事です。最近では女性が安心して働けるようにと保育所を併設する企業が増えています。企業で働く母親の代わりに子どもを保育するのです。

企業の繁忙期には、保育士も同じように残業が発生する場合もありますが、基本的には企業と同じサイクルで回るので、一日の流れが大体同じです。福利厚生はかなり良い所が多く、普通の保育園よりも安定している職場です。その為あまり空きがありませんので、希望する場合はこまめに求人情報を探す必要があります。企業内に保育所を併設する事例は増えていますし、福利厚生が整っており安定しているのが魅力です。

院内保育所

これも企業の保育所と同様で、働く場が病院で、預かる子どもが看護師や医師の子どもに変わるだけです。院内保育は24時間体制の所が多いので、夜勤があります。病院によって福利厚生や給与は様々ですが、やはり夜勤があると保育園勤務よりも給料は良い所が多くなります。

院内保育所は衛生的な面や病院との兼ね合いもあって、実習が出来ない所もあります。なかなか実態の見えない部分もあり、不安に感じてしまう人もいますが、業務自体は普通の保育園の一日の流れとあまり変わりません。

テーマパークや商業施設の子ども預り所

最近では保護者がゆっくりと自分の時間を楽しめるように、テーマパークや商業施設に子どもを預かる場所が増えています。そこでも保育士免許は必要になっており、無資格だと働けない・もしくは保育士免許を持っている人よりも給料が少ないなどの扱いの違いも生まれています。

なかなか正社員としての求人は少ないですし、毎日来る子どもが変わる事で臨機応変さが求められますが、テーマパークや商業施設など華やかな場所で働きたい人にはお勧めです。

また、ここの保育士の良い所はピアノなどの能力を求められない事です。壁面はその預かり所ごとに製作するかどうかが異なりますが、保育園のように生活発表会があるわけではないので、ピアノに自信がない人にも良い職場です。

保育士の転職まとめ

現在、「保育士の転職サイト」の台頭もあり、保育士の転職がかなり活発になってきています。保育士不足の現状がそれに拍車をかけています。保育士は給与で悩む人、また保育士の一番の悩みとも言われている人間関係で悩む人も多く、今後さらに保育士の転職市場は広がっていくかもしれません。

保育士転職サイトは大手から中小まで数多くありますので、上記で紹介するおすすめのポイントなどを参考に、自分に合った転職サイトを見つけて転職活動を進めていきましょう。すべて無料ですので本気で転職活動をしている方は複数登録して比較していきましょう。仕事量に見合わず未だに薄給という保育士も少なくない現状なので、悩みを持つ保育士の方はぜひ未来のために行動していきましょう。

タイトルとURLをコピーしました