IT業界は未経験でも転職できる!必要な資格から志望動機の書き方まで徹底解説

IT転職

IT業界は就業が難しいイメージがありますが、未経験からの転職も不可能ではありません。特に、年齢が若い人は将来性が評価されやすく、未経験での転職も成功しやすい傾向があります。転職活動を円滑に進めるうえで、IT業界の基本的な知識や転職ノウハウを押さえておくと役に立ちます。まずは必要な知識を身に付け、IT業界での新たなキャリア形成を目指すとよいでしょう。

この記事では、IT業界の業種や職種、未経験者がIT業界への転職を成功させるコツなどについて詳しく解説します。

目次

  1. IT業界とは?
  2. IT業界の今後の動向
  3. IT業界の職種
  4. 未経験者がIT業界に転職する難易度
  5. 20代の場合は未経験でも転職できる可能性が高い!
  6. 未経験者がIT業界で転職を成功させるためのコツ
  7. 未経験でIT業界に転職したい人は、ウズキャリITに登録してみよう
  8. IT業界は未経験者でも転職できる!

IT業界とは?

IT業界にはさまざまな業種があり、大きく5つの業種に分けられます。

  • インターネット・Web業界
  • ソフトウェア業界
  • ハードウェア業界
  • 情報処理サービス業界
  • 通信業界

ここからは、それぞれの業界の特徴について解説します。

インターネット・Web業界

インターネット・Web業界に属する企業は、インターネットに関する幅広いサービスを提供しています。インターネット・Web業界を代表するのが、Googleなどの検索エンジン、TwitterなどのSNSを提供する企業です。また、インターネット広告の制作・配信、Webサイトの制作などを行う企業もこの業界に含まれます。その他、大手ECサイトのamazonや楽天なども代表的な企業として挙げられます。

誰もが知る有名企業が多く、IT企業への転職を目指す人にも人気が高い業界です。GoogleがGmailやGoogleドキュメントなどのサービスを提供しているように、幅広い分野で事業を展開していることもこの業界の特徴です。

ソフトウェア業界

OSやアプリケーションの設計および開発を行っているのがソフトウェア業界です。OSとは基本ソフトのことで、パソコンやスマホなどを操作するうえで必要不可欠なソフトウェアです。アプリケーションはOS上で作動するソフトウェアで、IT機器で多種多様な作業を行うために使われます。こうしたソフトウェアは現代社会の利便性を維持するうえで欠かせないものであり、IT業界でも大きな存在感を示しています。代表的な企業はMicrosoftや日本オラクルなどです。

ソフトウェアは受託ソフトウェアとパッケージソフトウェアの2種類に大きく分けられます。受託ソフトウェアでは、クライアントの希望を実現できるソフトウェアの開発を目指します。一方、市場のニーズを読み取り、販売して利益を上げる目的で開発されるのがパッケージソフトウェアです。

ハードウェア業界

ハードウェア業界では、IT機器を構成する物理的なパーツの企画・製造・販売を行っています。ソフトウェアがあくまでもプログラムで目に見えないのに対し、ハードウェアは有形で目に見えます。パソコンなどの有形のハードウェアを作動させるために、無形のソフトウェアが必要なのだと考えればわかりやすいでしょう。

ハードウェア業界の代表的な企業としては日立やSONYなどが挙げられます。富士通のように、ソフトウェアとハードウェアの両分野で事業を展開している企業も少なくありません。

情報処理サービス業界

情報処理サービス業界では、企業が業務を円滑に遂行するうえで必要なシステムの設計・開発・運用などを行っています。この業界に属する企業のことを「システムインテグレーター(SIer)」といいます。IT技術を活用し、クライアント企業の抱える課題を解決することがSIerの至上命題だといえるでしょう。

SIerはハードウェア業界やソフトウェア業界、通信業界と連携しながら、クライアント企業におけるIT戦略の立案やシステムの開発などを行っています。その他、クライアント企業のデータ分析やコンサルティングなど、幅広い業務を担っています。情報処理サービス業界の代表的な企業は、NTTデータや富士通、NECなどです。

通信業界

インターネット回線や電話回線などの通信インフラを提供しているのが通信業界です。通信インフラは、インターネットサービス、固定電話回線、移動体通信の3種類に大きく分けられます。

通信業界の尽力による高速インターネット通信やスマホの普及で、インターネットサービスのレベルは大きく向上しました。IT業界全体の土台を支える不可欠な存在が通信業界であり、転職市場においても高い人気を誇っています。通信業界の代表的な企業には、NTT東日本やKDDI、ソフトバンクなどがあります。

IT業界の今後の動向

IT技術の台頭によって社会の在り方は大きく変わり、今後も変化をもたらしていくことが予想されます。

IT業界では、AR・VR技術がトレンドになっています。ARは「Augmented Reality(拡張現実)」の略で、「ポケモンGO」のように現実空間に情報を追加する技術です。仮想空間を現実のように体験させるVR技術も、Metaが大々的に発表したメタバース構想でさらなる注目を集めています。

さまざまな業界が最先端のテクノロジーを取り入れるX-Tech(クロステック)の分野も目覚ましい発展を見せています。金融業におけるFinTech(フィンテック)や農業におけるAgriTech(アグリテック)など、業種を問わずテクノロジーを活用する時代がすぐそこまで来ているのです。他業種を縦断しながら、IT業界は今後も勢力を拡大していくでしょう。

また、新型コロナウイルスの感染拡大で非接触型のコミュニケーションが広く推奨されたこともあり、IT技術がさらに重要性を増しています。AppleやAmazonに代表される世界のトップ企業も軒並みIT企業で占められており、ITを活用できる人材の需要は日増しに高まっている状況です。

IT業界の職種

IT業界の職種には以下のようなものがあります。

  • システムエンジニア:システムの運用に関する幅広い業務に携わる
  • プログラマー:システムの設計書に基づいてプラグラムを組む
  • IT営業:顧客にヒアリングを行い、ITに関する商品やサービスを提案する
  • IT事務:システム開発の現場において資料作成などの事務作業を行う
  • ITコンサルタント:ヒアリングや提案を通して、ITに関する顧客の課題を解決に導く

システムエンジニアの仕事は、システムの設計や開発、保守など、システム運用に必要な業務全体に携わることです。顧客の業務内容を分析したり、プログラマーに正しく情報を伝達したりする能力も必要とされます。システムエンジニアの年収相場は、業務の難易度などにもよりますが、500万~800万円程度です。

プログラマーは、システムエンジニアが提示した設計書に基づいて、PythonやJavaなどのプログラミング言語を使ってプログラムを組みます。仕様書どおりにシステムが作動するようバグを修正したり、パソコンになるべく負荷がかからないようにプログラムを組んだりする技術が求められます。プログラマーの年収相場は500万~600万円程度です。

IT営業では、自社で扱っているパッケージソフトウェアなどの商品、またはシステム運用などのサービスを顧客に提案します。ヒアリングを通して、顧客の課題を解決できるような商材をアピールする能力が必要です。IT営業の年収相場は他業界に比べると高めで、600万~800万円程度です。

IT事務は未経験からでも始めやすい職種で、システム開発の現場で社員のスケジュール調整やデータ入力、資料作成などの業務を行います。ネットワークの設定など、簡単なITスキルを求められる場合もあります。IT事務の年収相場は他職種よりも低く、300万~400万円程度です。

ITコンサルタントは、システムの提供などを通して顧客の課題解決を目指す職種です。IT業界についての深い理解やコミュニケーション能力、問題解決能力など、システムエンジニアよりも広範で高い水準の能力が必要とされます。ITコンサルタントは業務が難しいだけに年収も高く、800万~1000万円程度が相場となっています。

未経験者がIT業界に転職する難易度

未経験でIT業界に転職する難易度は、求職者の年齢によって大きく異なります。まずは自分の年齢における転職難易度を把握し、見込みがあるかどうかを確かめたうえで、身の振り方を考えるとよいでしょう。ここからは、未経験者がIT業界に転職する難易度を年代別に紹介します。

20代

20代、特に前半の人は未経験でもIT業界に転職しやすいでしょう。未経験で転職を目指す場合、当然ながら具体的な経験値や業務遂行能力をアピールすることができません。そこで企業側は、求職者の人柄やコミュニケーションスキルなど、基本的な能力を判断基準にします。つまり、採用後の伸び代を考慮して雇用するかどうかを判断するということです。

こうした採用方法を「ポテンシャル採用」といいますが、ポテンシャル採用では若ければ若いほど有利になります。若い人材のほうが入社後に長く働いてもらえる可能性が高く、成長も早いことが予想されるためです。

20代前半の人がIT業界に転職したい場合は、躊躇せずに応募してみることをおすすめします。20代後半の場合も、ある程度の職務経験は求められるものの、未経験でIT業界に転職できる可能性は十分あります。

30代

30代の場合、未経験でIT業界に転職できる確率は20代に比べてぐっと下がります。30歳を過ぎた人材は即戦力として活躍することを期待されるため、未経験では採用されにくいのです。

また、IT業界ではエンジニアの「35歳定年説」が囁かれています。IT技術は日夜進化しており、エンジニアは常に新しい知識を吸収しなければなりません。35歳頃になると知識や技術のアップデートが追いつかなくなることがこの説の根拠となっているようです。長時間のデスクワークで肩や腰に負担がかかり、体力的に辛くなることも理由の一つです。

管理職に昇進する人が多い年齢でもあるため、30代で一からIT関係の仕事を始めるのはハードルが高いでしょう。ただし、他業界でのマネジメント経験などがあれば、未経験で転職できる可能性もゼロではありません。

40代

40代の場合、未経験でIT業界に転職するのは難しいです。40代の未経験者の転職が難しいのはIT業界に限った話ではありません。同じ未経験であれば、20代の求職者のほうが圧倒的に有利な立場だといえます。そもそも40代の未経験者を対象とした求人数が少ないという実際的な問題もあります。

40代未経験でのIT業界への転職を目指す場合、かなり狭き門だということを理解したうえで行動を起こすことが大切です。転職後の給与や地位に満足できるかどうかということも慎重に検討しておきましょう。

20代の場合は未経験でも転職できる可能性が高い!

先述のとおり、ポテンシャル採用が見込める20代は未経験でもIT業界に転職できる可能性が高いです。ただし、IT業界の中でも職種によって転職の難易度は異なるため、どの職種が転職しやすいのかを押さえておくとよいでしょう。また、資格を取得したり、スキルを身に付けたりすることも転職を成功させるうえで役に立ちます。

ここからは、IT業界への転職を目指す20代の未経験者が取得しておきたい資格や、評価されやすいスキルなどを紹介します。

転職しやすい職種

未経験でも転職しやすいIT業界の職種には以下のようなものがあります。

  • IT事務
  • システムエンジニア
  • Webマーケティング

IT事務は他の専門的な職種に比べて業務内容が単純で、未経験でも始めやすい職種です。ひとまずIT業界に関わりたいという人は、未経験歓迎のIT事務の求人を探してみましょう。

ITスキルを身に付けて本格的に活躍したいなら、システムエンジニアを目指すのもおすすめです。20代を対象に丁寧な研修を用意している求人もあるので、興味がある人は挑戦してみてください。

Webマーケティングは顧客にインターネット広告を提案する営業です。顧客の希望や予算に応じて、最大の利益が得られるような広告プランを提案するのが主な業務です。営業が成功すれば広告を配信・管理し、成績を顧客に報告します。広告業界とも関わりのある職種で、未経験者に対しても間口が開かれています。

取得しておきたい資格

未経験でIT業界への転職を目指す際に取得しておきたい資格は以下のとおりです。

  • ITパスポート
  • 基本情報技術者
  • Google アナリティクス個人認定資格

「ITパスポート」はIT系の国家資格の一つです。取得することで、ITに関する基礎知識が身に付いていることを証明できます。あくまでも初級者向けの資格なので実践的な業務ではあまり役に立ちませんが、未経験での転職にあたって意欲の高さを示せるでしょう。

「基本情報技術者」も同じく国家資格で、IT業界で高い知名度を誇っています。試験ではITパスポートよりも一段高い知識レベルを求められ、学習を通してプログラミング言語やネットワークなどについての基礎が身に付きます。採用後、実務を積んでから上位資格の「応用情報技術者」の取得を目指すことも可能です。

「Google アナリティクス個人認定資格」はGoogle アナリティクスに関する体系的な知識力が試される資格です。WebマーケティングではGoogle アナリティクスを用いてアクセス解析などを行うことが多いため、この資格を取得しておけば未経験でも意欲が評価されやすいでしょう。

評価されやすいスキル

未経験者がIT業界へ転職するときに評価されやすいスキルは以下のとおりです。

  • PC操作
  • コミュニケーション能力
  • 柔軟性

IT業界では主にPCを使って仕事をするため、基本的なPC操作能力が必要です。専門的な知識は備わっていなくてもよいので、普段からPCを使っていることやタイピングができることなどをアピールしましょう。

コミュニケーション能力も評価を大きく左右する要因の一つです。エンジニアなどの技術系の職種でも、基本的にはチームで業務を進めるので意思疎通を図る能力が求められます。協調性があり、チームでも円滑に働けることをアピールできれば採用されやすくなるでしょう。営業職についても、コミュニケーション能力が高い人材はそれだけで需要が高まります。

技術の進歩が目覚ましいIT業界では柔軟性も重要なスキルです。最先端のテクノロジーにも物怖じせず、貪欲に知識を吸収しようと意気込んでいる人材をIT業界は求めています。

未経験者がIT業界で転職を成功させるためのコツ

未経験でのIT業界への転職は年齢が上がるほど難しくなりますが、やり方次第で転職の成功率は高められます。IT業界へ転職するにあたって押さえておきたいコツを知り、新しいキャリアパスの実現を目指しましょう。

ここからは、未経験者がIT業界で転職を成功させるためのコツを紹介します。

なぜIT業界に転職したいのかを考える

転職活動を始める前に、自分がIT業界に転職したい理由を明確にしましょう。転職理由は面接で必ずと言っていいほど聞かれることであり、あやふやな理由では納得してもらえません。企業の採用担当者は、応募者が会社に貢献してくれる人材かどうかをチェックしています。転職理由に説得力がないと、応募した会社でもすぐに辞めることを危惧されるでしょう。なぜIT業界に転職したいのかをよく考え、論理的な説明を用意する必要があります。

また、転職理由は自分のモチベーションを維持するうえでも重要です。プログラミング言語は習得に1000時間かかるといわれており、就職後も新しい技術を学び続けなければなりません。IT業界でやりたいことを明確にしておかなければ、キャリアアップを見据えながら精力的に働き続けるのは難しいでしょう。

事前にIT業界について勉強する

転職を成功させるためには、IT業界について事前に勉強することも大切です。IT業界には幅広い業種や職種があり、それぞれに求められるスキルや適性が異なります。具体的にどのような働き方をしたいのか見極めるためにも、まずIT業界の全体像を把握しましょう。そのうえで、転職成功に役立つ知識やスキルを身に付けてください。

エンジニアを目指す場合、プログラミングスクールに通うのも一つの方法です。プログラミング学習を手厚くサポートしてもらえるスクールを見つければ、夢をいち早く実現させられるでしょう。

GEEK JOB(ギークジョブ)では、20代の転職希望者を対象に無料のプログラミングスクールを開講しています。未経験者でも約2カ月でプログラミングの基礎が身に付き、学習終了後の転職サポート体制も充実しています。興味がある人は、以下のリンクからぜひ無料カウンセリングを申し込んでみてください。

GEEK JOBの詳細を見る

志望動機に力を入れる

未経験からIT業界への転職を目指す場合、書類選考や面接では志望動機に力を入れる必要があります。ただ、実績や経験がない分、志望動機に何を書けばいいのかわからない人も少なくないでしょう。まずは志望動機におけるポイントを押さえ、自分の能力や熱意をスマートにアピールすることが大切です。

ここからは、志望動機を書くときの4つのポイントについて詳しく解説します。

IT業界への関心を示す

志望動機ではIT業界に関する技術やコンピューターに強い関心を持っていることを示しましょう。未経験者の場合、採用後に成長できるかどうかが合否を判断するポイントの一つになります。そして業界に関心を寄せている人は、働きながら自分で学習し、成長していく傾向があります。

IT業界への強い関心を示すことで、採用の可能性は高まるでしょう。関心の強さを示すために、資格取得のために勉強している、最先端技術のニュースを追っているなど、具体的なエピソードを盛り込むと効果的です。

業界や企業の分析を行い転職希望の理由を明確にする

志望動機では、転職希望の理由を明確に伝えてください。IT業界、そしてその中でもなぜその企業を選んだのかという理由を論理的に伝えられれば、採用担当者に好印象を与えられるでしょう。転職理由がなかなか思いつかないときは、先に業界や企業の分析を行うと書きやすくなります。

競合他社と比較しながら、その企業ならではの特徴を抽出し、自分の能力や希望と共鳴する部分を探しましょう。企業が発展してきた沿革を調べ、今後どのように成長していきそうかを予想することも大切です。

会社で実現したいことを書いてアピールする

採用されたら会社で実現したいことをアピールするのも効果的な方法です。具体的で説得力のある構想を伝えれば、会社の事業についてよく研究し、明確なビジョンを持っている人材だと判断してもらえるでしょう。ゆくゆくはどのような仕事がしたいのか、目標実現に向けてどのようにキャリアを形成していくのかといったことを伝えてください。

ポテンシャルを見せる

目指す業界にかかわらず、未経験者の転職ではポテンシャルをしっかり見せることが大切です。将来有望な人材であることをうまく伝えられれば、ポテンシャル採用に繋がる可能性があるでしょう。ポテンシャル採用では、コミュニケーション能力や情報収集能力、仕事にかける意欲の高さなどが判断基準となります。企業の理念を正しく理解し、市場での成長に貢献する意欲があることを示すとよいでしょう。

また、努力する姿勢を見せることも重要です。IT業界は変化が早く、継続的な努力をせずにキャリアを積んでいくのは困難です。資格を取って専門的な知識への意欲をアピールするなど、自分なりに熱意を伝えてください。

転職サイトや転職エージェントを活用する

IT業界への転職では、転職サイトや転職エージェントを活用する方法もおすすめです。転職サイトは求人情報が網羅的に掲載されたWebサイトで、利用者は自分に合った求人情報を検索できます。転職エージェントは主に登録制で、カウンセリングなどを通して利用者に最適な求人情報を紹介してくれるサービスです。

転職エージェントでは企業から紹介料を受け取っているため、求職者は無料でサービスを利用できます。職務経歴書の書き方や面接対策など、転職成功に向けてアドバイスが受けられることも転職エージェントの大きなメリットです。

転職サイトには気軽に利用できるというメリットがありますが、自分の能力や適性を分析してもらうことはできません。IT業界に本気で転職したいのであれば、転職エージェントの利用をおすすめします。

未経験でIT業界に転職したい人は、ウズキャリITに登録してみよう

出典:ウズキャリIT公式サイト

ウズキャリITは未経験でのIT業界への転職に特化したエージェントです。ITに関する学習と就職を総合的にサポートしており、知識を身に付けながら効率よく就職先を探せます。就業サポートは累計2000人以上の実績があり、入社後のサポート体制も充実していて97%以上の定着度を誇ります。

ITの基礎知識やプログラミング言語を学べる動画教材が無料で利用できるのもうれしいポイントです。また、労働環境などをリサーチしてブラック企業を排除しているので、紹介先の企業で過度な残業やハラスメントに悩む心配もありません。

未経験からシステムエンジニアやプログラマーになってIT業界で活躍したい人は、ぜひウズキャリITに登録してみてください。

ウズキャリITの詳細を見る

IT業界は未経験者でも転職できる!

未経験からIT業界への転職に成功するためには、まずIT業界の全体像を把握することが大切です。そのうえで、自分に向いている業種や職種を絞り込み、転職成功のために何ができるのか考えるとよいでしょう。

システムエンジニアなどの技術職を目指すなら、プログラミングスキルなどを身に付けておくと転職で有利に働きます。就業もサポートしてくれるプログラミングスクールなどを利用し、未経験からの転職成功を実現させましょう。

タイトルとURLをコピーしました