【第二新卒の転職のやり方】よくある失敗例と転職成功への5ステップ

転職総合

第二新卒での転職者が時代と共に増加傾向にありますが、「第二新卒での転職で失敗しないか不安」「第二新卒での正しい転職のやり方は?」「職歴が浅いけど自己PRはどうすればいい?」「採用企業に自分の魅力を伝える志望動機の書き方がわからない」など多くの人がその転職活動の中で悩みを抱えています。

この記事では【第二新卒の転職のやり方】と題して、これから第二新卒枠で転職したい方に向けて、「よくある失敗しがちな事例」「失敗しないための転職成功ステップ」「企業が第二新卒の求職者に求めること」「人気の第二新卒向け転職サイト」などを解説していきます。

第二新卒の転職で失敗や後悔する人も多い中で、是非この記事を読んで転職を成功に導きましょう。まずは「第二新卒でよくある失敗しがちな事例」から見ていきましょう。

第二新卒で転職に失敗しがちな事例4選

(失敗事例1)プラスの理由なく前職を退職する

第二新卒の転職失敗例で、まず多いのは、「とりあえず今すぐ辞めたい」という気持ちだけが先に立って、退職をしてしまうことです。学生時代の楽な状態から、毎日仕事をする状況に変わっているわけです。新卒で働き出したときの精神状況は、「仕事が嫌だ」と感じやすい状態かもしれません。しかし、仕事をしていく上では少々理不尽なことや、やりたくないことを我慢しなければならない状こともあります。ただでさえ生活に大きな変化が生まれているときに、そんなことが続けば、「仕事にいきたくない」「仕事をやりたくない」に結びつきやすくなります。この流れで退職するやり方はあまりよろしくありません。

例えブラック企業だと感じるような勤務状況だったとしても、マイナスの理由だけで退職をすることは今後のキャリアメイクの失敗につながる可能性もあるので避けたほうがいいかもしれません。体や心を病んでしまいそうな場合はもちろん、体や心を第一優先で考えるべきですが、少し考える余裕がある場合はプラスの理由を考えて退職をするようにしてください。なぜなら、転職活動するときには必ず転職した理由を聞かれるからです。その際、マイナスの理由だけを述べてしまうと、「どの会社に入っても不平不満を言う人なのではないか」「そしてそれを理由にまた辞めるのではないか」と思われてしまいます。第二新卒の転職で失敗しないためには極力転職面接でプラスの理由を伝えられる状況で退職をするようにしましょう。

逃げるように前職を退職すると転職時の自己PRや志望動機の書き方で困ってしまうことも。

(失敗事例2)新卒と同条件と思って第二新卒転職に臨む

第二新卒が転職活動で失敗しがちな2つ目は、新卒と同じ条件で見てもらえると思って転職活動をしてしまうことです。第二新卒は新卒よりも年齢が高いけれど、実務経験があまりないという、いわば中途半端な状態ともいえます。そのため、完全にポテンシャル採用である新卒よりも、選考通過がしにくいということも十分考えられます。正しい転職活動のやり方を考えなければ転職の成功は近づきません。新卒の場合はポテンシャルのみで採用となりますが、第二新卒の場合はポテンシャル+実務経験+それを応用する能力も見られます。これを把握せずに新卒時代と同じような対策だけして転職活動に臨んでしまうと、失敗する可能性が非常に高いです。

短い期間でも「社会に出て、どのようなことを学んできたのか」ということや、「自分の経験がどのように会社の役に立てるのか」という観点を持っていない第二新卒の場合は、アピールが足りず、書類の段階で落選してしまう可能性が高いです。気楽に考えず、用意周到といえるほど準備を重ねてから、転職活動に臨むようにしましょう。転職活動のやり方が重要です。

短い社会経験だとしても今の自分が転職先企業にどのように貢献できるかは説明できる必要がある。

(失敗事例3)転職先が決まっていない状態で退職する

第二新卒の人で、1番危険なのがこのタイプです。転職先が決まっていない状態でとりあえず退職してしまうことは、次の転職先探しの転職活動で失敗する可能性が高くなりがちです。

理由としては、2つあります。1つは金銭的な問題で焦りが生じること、もう1つは精神的な問題で焦りが生じることの2つです。第二新卒くらいの年齢になってくると、1人暮らしを始めている人も多いです。転職先が早く決まらないと、貯金を切り崩す、あるいは生計が立てられなくなる不安が出てくるようになります。また、勤め続けている同期が出世したり、新たなプロジェクトに参加したりと、大きな変化が周りで起こってくるのです。そんなときに他人と比較してしまい、「自分は無職なのに同年代の皆が活躍している…」という風に考えて自信をなくす可能性もあるのです。

このように、2つの側面で焦りを感じやすい状態に陥ってしまいます。焦りを感じると早く働き出したいと考えるようになります。そこで、「とりあえず内定をもらったところで就職しよう」という考え方や、「条件はあまり納得できないけれど早く働いた方がよいだろう」という風な考え方を持つようになってしまうのですが、これは正しい転職活動のやり方とは言えません。そもそも転職しようと考えたきっかけや、転職先に求めることなどを無視して転職先を決定する可能性も出てきます。そうなると本来の目的を達成できない転職にしかなりません。

転職先を決定してから退職する、という方法をとる方が無駄な焦りは生じにくい。

(失敗事例4)前職が合わなかった理由の自己分析ができていない

新卒で入社を決めたとき、あるいは入社したタイミングでは、まさか数年で辞めることを予測していた人は少ないのではないでしょうか。しかし実際第二新卒という立場は、数年で退職し、次の勤務先を探している状況を指しています。つまりあなたがずっと働けると思っていた考えは、実際と「ずれ」があったということです。

入社当初の考えと変わってしまった原因は何だったのでしょうか?それを明確に答えられない場合は、また同じことを繰り返してしまう可能性が高いです。次の転職先では数年でやめることのないよう、「自分が長く続けられると思っていたこと」と「実際」にどのようなずれがあったのか、それはどうすれば解消できるのか、をわかる状態にしておきましょう。

転職のやり方にもよりますが、第二新卒で転職をしてからまた数年で転職をすることになるとよいキャリアは築けない可能性が高いです。履歴書を見て「転職癖のある人」と思われることが多くなるでしょう。そうならないためにも、前回失敗してしまった原因を明確にし、次に失敗しないようにきちんと対策を立てておくことが重要です。これは面接でも聞かれる可能性が非常に高いですから、できる限り退職前に明確にしておくようにしましょう。

自分にその会社が合わなかった理由や原因が分かっていないと、自分に合う転職先を見極めることはできない。

失敗しない第二新卒転職のやり方!成功に向けた5ステップ

ここからは、「第二新卒の方が転職に成功するための5ステップ」ということで具体的な転職活動のやり方を紹介していきます。

(ステップ1)■前職の失敗分析
(ステップ2)■自己分析&キャリアステップを具体化
(ステップ3)■譲れない必須条件を決める
(ステップ4)■転職理由を作る
(ステップ5)■入社後は初心に戻って一生懸命働く

(ステップ1)前職の失敗分析

まずは「待望の就職先でありながらなぜ数年で辞めてしまうことになったのか」、その失敗原因を分析していきましょう。自分自身は「やむを得ず辞めた」という風に思っていても、企業側からは「就職前のリサーチが足りなかったのではないか」「思い込みで就職してしまったのではないか」などと受け取られる可能性も十分あります。結果論だけを見ると就職に失敗したと思われてしまうのが今の状況ですので、潔く失敗を認め、要因分析をした上で、次に同じことを起こさない工夫について考えていきましょう。これが転職成功のやり方のステップ1になります。

(ステップ2)改めて自己分析を行い、将来のキャリアステップを決める

失敗の理由が明確になったら、次は改めて自己分析を行っていきます。「自分が本当に将来やりたいことは何か」あまり遠い未来がイメージできないのであれば、3年後など少ない年数からイメージを膨らませていく、あるいは10年後などの途中経過をゴールと仮置きしても問題ありません。自分が「こうなっていたい!」と思うキャリアは、一体どのようなものでしょうか。まずゴールを設定してください。ゴールの設定を終えたら、そのために重要なことは何かということを決め、キャリアステップを決めていきましょう。

(ステップ3)譲れない必須条件を決める

次にここだけは譲れない条件を決めていきましょう。例えば、A事業の責任者になる道が開かれているというような具体的なものを決めるのが重要です。このときやり方として、条件面をたくさん挙げるのではなく、条件面で1つか2つ、仕事のやりがい面で1つか2つというように、最低限の条件で決めておくのがポイントです。現職のマイナス面をすべてカバーできるような転職先を望む人も多いですがすべての希望を叶えることは難しいケースもあるものです。あまり固執せず、最低限の必須条件をクリアできるところを探していきましょう。

例えば、「現職では年齢や実績に応じて仕事の抜擢があったため、若手はいくら努力しても上から順に決まっていってしまう状況だった」「しかし自分には◯◯歳までに、◯◯を成し遂げるというキャリアプランがある」そんな風に決めているのであれば、若いうちから適正な評価がもらえる会社で働きたいと考えるのも当たり前です。そんな風に感じて転職を決意したのであれば、それは必須条件に入れておくべきだといえます。

他の例で言えば、「売上は上げたいが、お客様のためにならないことは絶対にしない」というスタンスを持っており、これは自分の信念で曲げたくないのであれば、こちらも必須条件として入れておきましょう。倫理的な観点で自分のスタンスに関わる部分を曲げて仕事をしても、幸福感は得られません。納得できる働き方ができるよう、スタンスに沿った理念を持っている企業を選ぶやり方が賢明です。

(ステップ4)転職理由・自己PRを作る

転職理由は、誰でも少しマイナスの要素を含んでいるものです。しかし転職先となる企業にそのまま会社の悪口を言ってしまったりすることは、お世話になった企業を貶めるだけでなく、あなたの品位を下げることにもなります。また企業側からはあなたが仮に自社に入って不満を持ち、転職することになった際も、今回の悪口と同じように自社も同じことをいわれるのではないか、という心配を抱かせてしまいます。どんな事情があったにしろ数年間お世話になったところですので、マイナスの情報ではなくプラスの方向で転職理由を作り込んで行くようなやり方にしましょう。前向きな発言をしている人の方が、一緒に働きたいと思う確率も上がるはずです。自分の将来のキャリアとからめてプラスの方向で転職を決意したという風にアピールをしていきましょう

また自己PRも大事です。例えば、今回の転職で求められるスキルや経験を現職で経験していなかったとしても、自分のポテンシャルはどのような場面で役立つのか、求められる仕事ではどのように活用できるのか、というポイントをまとめて自己PRとして伝えるよう心がけてください。

(ステップ5)入社したら新卒の気持ちで精一杯働く

転職成功というと入社までという風に考える人も多いですが、実際は入社後働き続けられるかどうか、職場環境に満足しているかどうかなどで転職成功かそうでないかが変わります。入社前は新卒との違いを意識するようにお伝えしましたが、入社をした後は新卒に戻った気持ちで一生懸命働くことが重要です。第二新卒はその企業の仕事のやり方を学んだだけで、企業が変わってしまえば、新卒と変わらないほとんどスキルのない人物です。新卒同様の努力をして、求められるスキルに合致する人材成長しなければなりません。つまり、入社した後が勝負であることを忘れないようにしましょう。

失敗しない第二新卒転職のオススメステップは上記5ステップ。一番大事なのは入社後の頑張り。

第二新卒転職の5ステップの強い味方!転職サイト人気2選

上記で「第二新卒の方が転職に成功するための5ステップ」を紹介しましたが、例えば新卒の就職の時のように再度自己分析を行ったり自己PRを作ったり実際はかなり骨の折れる作業です。

そんなときに強い味方になってくれるのが「第二新卒に特化した転職サイト」です。第二新卒向けのサイトは零細のものも含めればかなり数はありますがここでは大手と言える人気の2サイトを紹介します。登録のやり方は簡単で1分程度の簡単入力になります。

第二新卒エージェントneo

サイト名の通り第二新卒エージェントに強みをもつ転職サイトです。19-29歳の方が利用できる若年層特化型サイトです。運営元は人材大手のネオキャリアで30秒で登録完了するシンプルなサイトの作りになっています。利用者の自己分析や志望動機作成はもちろん「書類対策」や「面接対策」も実施中です。上記で説明した失敗しない転職5ステップのやり方を二人三脚で取り組んでくれるベストパートナーです。

キャリアスタート

キャリアスタートは第二新卒・既卒・フリーターなど若年層に特化した転職サイトです。公式サイトには未経験業界への転職で年収250万→500万になった事例などが掲載されています。第二新卒エージェントneoと同様に専任コンサルタントがつきあなたの転職をサポートします。転職活動のやり方の質問は何でも受け付けています。

企業は第二新卒者のココを見ている!押さえておきたい重要ポイント

第二新卒での転職を成功させるためには、企業側がどのような視点で第二新卒者を見ているかという点も知っておきましょう。転職成功のためにはもちろん自分が求められるポイントをしっかり把握し、それを提供できるとアピールできなければなりません。企業によって求めるポイントは変わってきますが、共通するポイントについてご紹介していきます。ぜひ参考にしてみてください。

(1)意欲が高いか

実務経験がそれほどない第二新卒の場合、意欲の高さで今後の仕事の伸びしろを測られる場合が多いです。前回の就職のときは、何らかの要因で意欲がなくなり、転職せざるを得ない状況になったわけです。そのため今回の転職では、熱意が消えないことや熱意の源泉となるものをアピールすることがとても重要になってきます。

(2)ころころ転職する人材ではないか

第二新卒は辞めてしまった実績があるわけですから、企業側としては「またすぐ辞めてしまうのではないか」という懸念があるもの。その懸念を払拭できるようなアピールをすることも重要です。効果的なやり方としては上記の意欲の話とも近似しますが熱意を伝えたり企業分析の姿勢などで示すやり方がベストです。

(3)一緒に働きたい人材か・社風に合うか

第二新卒にはまだスキルがそんなについていません。ですから、一緒に働きたい人材かどうかということが重要なポイントになる場合も多いです。第二新卒の魅力としては、これまで経験した実務を次の仕事に活かせそうなポテンシャルを持っているか、仕事を一緒にしたいと思えるような意欲的な人物かどうかなど、定性的な情報が決め手となって採用となるケースがあります。その企業が求めている人物像に近い部分をアピールすることで、「当社にとっては魅力的な人材だ」という風に思ってもらえる可能性が高まります。

「社風に合うかどうか」という表現もできるかもしれません。若手でもどんどん発信して自分から仕事を奪っていくような姿勢が必要なのか、それとも協調性をもって業務を遂行できる人が欲しいのかは、事業内容や会社のステージによって大きく異なります。志望している企業がどのような人物を求めているのかをよく把握した上で、その社風に合う自分の長所をアピールできるようにしましょう。

(4)基礎的なビジネススキルがあるか

実務経験が少ないとはいえ、数年間は社会人としての経験があるわけです。社会人としての基礎的なお客様対応、仕事に対する心構えなども含めて、基礎的なビジネススキルが身についているかどうかが非常に重要になってきます。現職とは社風が違い、求められるスキルが違うとしても、基礎的なものは共通することも多いものです。こういった点は面接の中で質問にどう答えるかで見られることも多いです。

(5)仕事への適性があるか

担当業務に対しての適性があるかどうかは非常に重要です。そしてたとえあなたがその業務に適した長所を持っていたとしても、それをアピールできなければ意味がありません。別の長所をアピールするだけで、企業側があなたが「求められることをよく理解できていない人」という風に受け取ってします可能性が高いです。

長所はたくさんアピールしたい、と思うのが普通です。しかし、その企業が求めているであろうポイントに絞って伝える方が、企業にフィットする人材だと受け取られやすくなります。これは事前にその企業の仕事をイメージし、必要スキルを抽出しておかなければ適性に沿ってアピールできません。事前準備をしっかり行って求める適性を持った人材ということをアピールしていきましょう。

(6)志望動機が的を射たものか

第二新卒で重要なのは熱意とお伝えしましたが、熱意だけでは合格することはできません。合格するには、熱意と実際のスキルを結び合わせてどのように活躍するのか、自分で想像できているかが重要で、それを志望動機にまとめあげることも必要です。また、想像しているものが具体的かというポイントも見られます。なぜなら、具体的にイメージできているかどうかで入社した後の仕事のパフォーマンスが大きく変わってくる可能性があるからです。

さらに企業がなぜそのポストの人材を今のタイミングで求めているのか。自分であればどのような部分に役立てるのかということについても言及しましょう。企業があなたを雇用するメリットについて述べることで、企業研究ができていること、具体的な仕事をイメージできていることの両方を伝えられます。プレゼンなどの際にも同じことがいえますが、相手が求めていることを提供できること、それをわかりやすく伝えられるかどうかが、とても重要になってくるのです。転職活動を行う前に、よく把握しておきましょう。

第二新卒者転職で失敗しないやり方まとめ

第二新卒の転職は事例自体は増えているとはいえ、正しいやり方を行わなければ失敗へ進んでしまうケースも少なくありません。上記で紹介した成功への5ステップや採用者目線のポイント、また大手第二新卒転職サイトなども活用しながら失敗しない転職活動を進めていきましょう。

【第二新卒とは】転職サイトや大手おすすめエージェント14選
第二新卒で転職をすると聞くと、「キャリアが浅く簡単に転職ができないのでは?」「スキルがないから、一般的な中途社員よりも転職が厳しいのでは?」「大手企業は雇ってくれないのではないか?」と思う人も多いのではないでしょうか。この記事ではそんな第二
タイトルとURLをコピーしました