30代で未経験業界や未経験職種への転職を成功させるには

転職総合

30代で転職を検討している方の中には「20代で勤めた業界が自分に合わなかったので業界を変えて未経験業界で頑張りたい」「大学生の就職活動では理想の就職先に内定をもらえず、30代の今、希望の業界に再チャレンジしたい」など「未経験」をテーマに転職活動を検討している方もいらっしゃるでしょう。

基本的に30代の転職というのは「即戦力」人材が中心にはなってきます。その背景として、組織の人員構成・組織の中で求められる役割において、30代というのは、教育・育成期間を終えた一番脂ののった時期であるため、会社としては一線級で活躍してほしい年齢層になるからです。その年齢層で「未経験層」はあまり採用されにくいというのは1つの傾向としてはあります。20代は「未経験業種」「未経験職種」での転職が可能な十分か可能な年齢層ですが30代は原則「即戦力」でないと採用されにくい、この点の認識は必要です。

ただ30代で未経験業界や未経験職種へ100%転職できないかと言えば全くそういうことはありません。転職サイトの体験談などでも30代で未経験の仕事に転身した人は多くいらっしゃいます。ただやみくもに未経験業界へ応募を重ねてもなかなか内定はもらえませんので、この記事で紹介するポイントをチェックして是非30代での未経験業界や未経験職種の転職を成功させましょう。

30代での未経験業界・職種への転職が難しい人

まず30代で未経験業界や職種への転職が難しい傾向にあるタイプの人がいます。具体的に言うと、ずばり「逃げ」の転職をしようとする人(繰り返している人)です。上述したように、30代は即戦力としての採用が行われるフェーズなので、「前職が合わなかったので職を変えたい・・・」というタイプの人はなかなか評価されにくい傾向にあります。「他の会社へどうしても転職して~がやりたい」といった動機的な要因がない方は未経験転職に向かないと言えます。

30代にもなると、自分の人生を振り返り「このままの仕事を続けていいのか」と悩んだりすることもあるでしょう。また同期の出世や高収入を得ている同窓生を目の当たりにして、自分も新天地を目指して転職をしたいケースもあるでしょう。しかし、同じ会社に居続けるというのも大事な勇気です。突発的に「逃げ」の転職を繰り返してしまいがちな人はまずは落ち着いた冷静な判断も必要です。

転職回数が多い=絶対に悪いというわけではありません。30代で例えば5回以上の転職を繰り返している方においては「コアスキル」、すなわち「何が得意」で「どんな実績を出してきたか」ということが明確であれば問題ないでしょう。逆に言えば、転職を何回も繰り返し、職種も業界もバラバラの働き方をしている30代の方は、企業の中で戦力とみなされず、「ジョブホッパー」であるとされてしまうリスクもあります。

こういう人は評価されやすい!30代での未経験業界・職種への転職が有利に進みやすい人

「逃げ」の転職を繰り返しているわけではないという前提で、どういう人が30代での未経験業界・職種への転職で評価されやすいのでしょうか?「30代の男性が企業から求められること」を考えればその方向性が見えてきます。

(1)特定分野の専門性がある人

例えば看護師という職種を考えてみてください。20代で大学病院一筋で勤務したものの激務で忙しく、30代になってもう少しゆっくり働けるデイケアの看護師への転職を希望しているという例を考えてみます。30代の転職で、大学病院から老人ホームという未経験の職場への転職ですが、すんなり転職が成功しそうなのがイメージできるのではないでしょうか。職種が変わらないので当然といえば当然なのですが、これは看護業務という特定分野の専門性があるからです。即戦力にもなりやすいわけです。

これは特定資格がないビジネスマンの転職でも同じです。30代は原則「即戦力」採用が中心なので、入社後すぐに、もしくは転職してから会社に慣れる少なくとも3か月後までには戦力として機能するだけの専門性があるかどうかを1つの基準に考えてみましょう。

例えば元々保険の営業をしていて新規開拓の営業力を高めてきたという人であれば「新規開拓能力・コミュニケーション能力」という分野で専門性があると判断されるかもしれません。商品知識さえつければ未経験の業界だとしても同じ職種で活躍できるのは容易に想像できます。元々IT広告業界の運用部門にいた人なら「細かなデータ分析」という分野で専門性があると判断されるかもしれません。管理部門などで同じく数字を取り扱うような職種であれば未経験でも十分対応できるかもしれません。

このように、これまで自身がどんな経験をし、どんなスキルをもっているのかをしっかり職務経歴書などに落としこみ、面接で話せるように準備をしておくことが大事です。

(2)未経験の業界・職種で活躍したい強い動機・ストーリーがある人

業務を遂行する上で必要な専門性さえあれば採用されるのかといえばそうではありません。30代の人が未経験業界・職種へ転職する際に、特に成長中の小さな規模の会社などで評価基準になりやすいのがその業界や職種に賭ける強い志望動機・ストーリーです。

例えば20代はメガバンクの総合職で働いている女性がいたとしましょう。実家はの地方で農業を営んでいて、いつかは農業に携わる仕事がしたいと考えていました。そんな女性が、農家と消費者を直接結ぶプラットフォームを開発中のベンチャーに転職希望で面接に来たとします。実家の農家が抱える課題や、安心安全の食材提供に賭ける思い、銀行業務の中で培ってきたキャリアをどう活かせるかをプレゼンテーションしてくれたとします。なんとなく内定がそんなに遠くないということが想像つくのではないでしょうか。特に成長中のベンチャーなどはスキル採用というよりこういう熱い気持ちを優先するような経営者も少なくありません。もし自分の人生になぞらえて熱く語れるような内容があればそれは立派な志望動機・評価ポイントになるかもしれません。

またこれは当然ですが一緒に働きたいと思える人間性が備わっているか、またマナーがしっかりしているなどというのは、年代を問わずに求められます。人間性、配慮、マナーといった「人として」の行動・態度は自己PRを語る前の前提になります。

(3)年齢的には30代前半の方が後半よりは有利な傾向

上記の通り、30代で未経験の業界・職種へ転職するのは可能かといえば、結論から言えば、「不可能ではない」です。あらゆる状況において、業界・職種未経験でも30代が採用されるケースもあります。ただし、それが通用するのは30代前半の方がやはり後半よりは可能性としては高い傾向にあります。20代の方が未経験転職が多いということを考えると30代の中でも若い方がより有利なのかもしれません。

補足として、30代での未経験業界・職種への転職を有利に進めるには「離職してからの転職活動」は行わない方が無難です。なぜなら、30代の転職は即戦力が求められそれなりに採用ハードルが上がり、簡単に採用されるわけではないからです。面接をクリアできない場合、離職期間が長期化し、さらに転職に不利に働く可能性を有しています。また、面接官によっては、次が決まっていないのに会社を辞めるというのは明確な理由がないと、論理的な行動ができない、リスクヘッジするという能力に欠けていると考える方もいます。

いずれにしろ、先に離職することで、不利な状況になりうる可能性があり、かつ離職期間が長期化すればさらに不利に取られるという点からも離職してからの転職活動は避けたほうが無難です。

30代未経験でも転職しやすい職種と転職が難しい職種

全ての30代の人に当てはまるわけではないですが、「未経験では転職が難しい職種と転職しやすい職種」はある程度あります。以下で例を挙げてみますので一つの参考にしてみて下さい。

営業職は職種未経験でも採用されやすい傾向

全く未経験でも転職しやすい職種として挙げられやすいのはずばり「営業職」です。営業職はどの企業でも人口の多い職種です。そのため、一人いなくなってもほかの人員でカバーすればなんとかなる反面、真に人員が必要となった際、30代を多少超えても20代の延長戦として親和性の高い業界の経験者であれば積極的に採用するケースも多く見受けられます。

また営業職の場合はノルマやインセンティブなどの話もあり、極端に言えば「何歳の人材でも自社商品の販売能力があってノルマを達成できればok、インセンティブを払うような活躍ができればok」という考え方も経営者の中にはあるでしょう。

もし何かしらの営業職の経験はあって違う未経験業界の営業に転職したい場合は、営業職を経験しているだけではなく、営業実績や、成果を出すための手法・動きなども問われてきます。そのため、面接で話せるようになっておくのはもちろんのこと、職務経歴書へそういった内容がしっかり記載されていることも重要です。

人材不足が深刻な業界はキャリアが浅くても採用されやすい傾向

人材不足が深刻な職種は実務経験がなくても一定の知識があれば採用されやすいケースもあります。

例えば昨今はITエンジニアの人材不足が進んでいて、各企業ともに人材の獲得競争が進んでいます。一方でそんな人材市場を見越してプログラマーやエンジニアを育成するプログラミングスクールが多く出てきています。普通はプログラミングスクールを卒業しただけでは明確なキャリアとしては評価されにくいのでしょうが、昨今の人材不足の影響もあり、「プログラミングスクール卒業、でもプログラミングの実務を行ったことがない」ような事例でも、採用されやすくなっています。

未経験職種への転職は需要が多い職種の方が採用されやすい傾向にあります。

バックオフィス系は全くの未経験では採用されにくい傾向

逆に、30代未経験で転職が難しいのは、バックオフィス系、例えば総務・経理職などの職種です。バックオフィス系全般として30代は即戦力としての採用を中心に行いますので、未経験でチャレンジしたいのであれば経理の方であれば簿記資格を勉強しながら数少ない未経験経理の求人を探すことが必要ですし、ほかのバックオフォイス系の職種であれば「人材系→人事」のような親和性の高い仕事を探すことが重要です。

30代未経験転職の強い味方!転職エージェントの利用メリット

30代で未経験業界(職種)へ転職活動をする場合、その難易度はこれまでの個々のキャリアや目指している業界(職種)によって異なりますが、もし転職活動を進める場合はその強い味方となってくれる転職エージェントを利用することをおすすめします。ここではそのメリットを紹介します。

転職活動で発生する面倒な手間を削減可能

転職エージェントを利用することでまず自分の条件に当てはまる求人を随時紹介してもらえます。初回登録を行うと「どんな未経験業界に行きたいのか」「条件はどれくらいを希望しているのか」など詳しくヒアリングが行われ、それに沿った求人を紹介してくれます。自分で企業公式サイトを探しまわるより随分効率的です。

また書類を1回1回提出する必要がなくなるという点もあります。一度転職エージェントに提出した書類をある程度は使いまわしていけます。他にもスケジュール調整が楽など、転職活動の負担を減らすことができるメリットが多いです。そのため、忙しい転職希望者にとって頼れる存在となっています。

転職のプロによる正確なアドバイスを受けられる

未経験業界や職種へ転職する場合、特に30代で初めての転職の方にとっては、「そもそもどのように転職活動をしたら良いのか」「自分の転職市場での評価はどうなのか」など分からないことが多いことでしょう。しかし、転職エージェントはプロの目線であらゆるアドバイスをしてくれます。しかも、コストは一切かかりません。アドバイザーとしても頼れる存在と言えます。

応募企業の実情・実態を共有してくれる

例えば自分で求人を検索するタイプの転職サイトにしても、公的機関であるハローワークに関しても、エントリーする会社の実態的な情報についてあまり持っていないのが現状です。実態的な情報というのは例えば「実際のところ残業はどれくらいみんなしているのか」「有休消化率はどれくらいあるのか」「人間関係が嫌で辞めるよな人はいないか」など求人票に載らないような情報です。

しかし、転職エージェントは全ての会社とはいかないまでも会社の情報をもっているため、例えばブラック企業の可能性が高いような採用先への転職を防ぐことができますし、実態的な情報をリアルに共有してくれます。これは転職エージェントの担当者が随時採用先企業の情報をアップデートしているためです。最新情報を得られるのは利用メリットです。

転職ノウハウなどの情報収集も可能

それぞれの転職エージェントのサイトには、あらゆる転職情報が充実しています。そのサイトを読むだけで多くの転職情報を収集することができます。例えば履歴書や職務経歴書の書き方、正しい面接対策、実際に転職を成功させた人の体験談などそのテーマは多岐に渡ります。利用者からすれば重要な情報を無料習得することができるため助かります。

転職エージェント利用は、転職活動にかかる作業を最小限に抑えられる他、エントリーする会社の質を担保でき、かつ転職におけるアドバイスもしてもらえる等、非常にメリットが大きいです。今の時代転職において、転職エージェントを利用するというのは採用企業側においてもトレンドとなっていて、30代の方の未経験業界への転職においては転職エージェントの利用をお勧めしています。

30代未経験転職で人気!転職エージェントおすすめ3選

転職エージェントの利用メリットを理解いただけたら、実際に利用すべき転職エージェントについてです。30代の利用者が多いこと、未経験業界や職種へのサポート実績が豊富なこと、知名度もあり大手なこと、などを基準に3サイト紹介します。

リクルートエージェント

30代で未経験業界・職種へ転職したい場合はなるべく多くの選択肢があるほうが有利です。求人数で業界最多級とされるのが大手リクルートエージェントです。過去の転職者のサポート実績が豊富で、その中にはもちろん未経験転職の事例も多いです。まず1サイトということであれば30代の方にはリクルートエージェントがオススメです。

今すぐ無料登録!

パソナキャリア

女性30代の方で未経験の仕事へチャレンジしたい方はパソナキャリアもご利用下さい。女性の転職支援実績が豊富なため、女性に人気の事務職やバックオフィス系の求人も取り揃えています。リクルートエージェントと併用することでより未経験の仕事を探しやすくなります。

今すぐ無料登録!

マイナビエージェント

知名度としてはマイナビエージェントも外せません。未経験転職の支援実績も豊富で利用者年齢も30代の方が多いです。特に他サイトよりも20代・30代に強みがあるので30代の未経験転職には最適なサイトの1つです。

今すぐ無料登録!

【まとめ】30代の未経験転職成功にむけた3つのポイント

(1)30代の転職市場は即戦力としての採用が基本

30代は、企業から一線級の即戦力として採用を想定されています。完全なる即戦力ではないにしても、そのターゲットとなりうる知識・技能・実績をつけた状態での転職が必要となります。30代での未経験転職の場合は、「この人なら未経験要素があるが早いうちに即戦力になってくれる評価点がある」と思われるような魅力的な自己PRを行いましょう。

(2)なるべくなら離職してからの転職活動は行わない

未経験業界や職種への転職活動は企業側の選考ハードルが上がりやすくなるため、なかなか採用されないということも想定されます。そのため、安易に離職したうえで転職活動を行うことはリスクが高いのでお勧めしません。就業中に転職活動をすることをお勧めします。

(3)大手転職エージェントを利用する

就労しながら転職活動を行う場合、短時間で最大のパフォーマンスを上げることが重要となります。そのためには、採用緊急性の高い求人に、力をかけずにかつ一定の給与水準を保った内定を獲得することが重要です。それができる転職方法は現状転職エージェントを利用することです。そのため、基本的には転職エージェント経由での転職活動を行いましょう。

タイトルとURLをコピーしました