介護職は未経験や無資格でも就ける!異業種から転職するおすすめ方法

介護転職

介護職に就くためには、資格や実務経験が必要で「無資格・未経験からの転職は無理だ」と諦めてしまう人も少なくありません。しかし、介護職は、未経験や無資格の人でも就くことができます。

本記事では、異業種から介護職に転職したいと考えている人に向けて、転職する際のコツを解説します。また、介護職の仕事内容や年収、介護職に就くメリットやデメリットも合わせて紹介しているので、ぜひ参考にしてください。最後まで読んでいただければ、介護職に転職した場合の具体的な働き方を検討することができます。

介護職は未経験や無資格でも働くことはできる!

介護職は、介護の資格や現場での経験がない人でも働くことができます。なぜなら、介護業界は慢性的な人手不足が深刻化しているからです。介護サービスは従来、公的な位置付けにありましたが、2000年に介護保険制度が施行されたことで民間企業が参入し、市場規模は急速に拡大しました。

介護業界には、多くの未経験者が転職してきましたが、介護職の仕事内容などをよく理解していないためにすぐに辞めてしまい、人材の定着率が低下しているのが現状です。このように、介護業界は、多くの民間企業が参入してきたことで競争力が高まり、人手不足の慢性化を引き起こしています。介護職は未経験や無資格で働くことはできますが、どのような仕事なのかを把握した上で、自分に務まるかを考えることが大切です。

そもそも介護職とは?

介護職に対して、どのようなイメージをお持ちでしょうか。介護職は、介護が必要な人へ適切なサービスを提供する仕事です。介護職の仕事内容を知った上で転職したものの、長く続かない人がいるのは、イメージと現実にギャップが生まれているからです。

本章では、介護職がどのような職業なのかを改めて確認してもらうために、介護職の仕事内容や働き方、勤務場所、勤務時間、年収をくわしく解説します。介護職の求人を探す前に、自分がイメージしている介護職とギャップがないか確認してみてください。

仕事内容

介護職の仕事内容は多岐に渡っていますが、未経験者が任される仕事内容は大きく分けて、身体介護と生活援助の2種類です。それぞれの仕事内容を確認しておきましょう。

身体介護

身体介護は、介護の資格を持つ人が行う業務で、未経験者は有資格者のサポートに入ります。身体介護の仕事内容は、利用者の体に直接触れてさまざまな介助サービスを行います。たとえば、食事や移乗、入浴、衣服の着脱、排泄の介助などです。

どの範囲まで介助するのかは、利用者に必要な介護レベルを表す要介護度によって変わってきます。要介護度が重くなるほど、介護スタッフが介助する頻度は増え、軽症の要介護者の場合は見守りだけで済む場合もあります。いずれにしても、未経験者が身体介護を行う際は、介護福祉士などの指導や指示に従うことが大切です。

生活援助

生活援助は、利用者の日常生活をサポートする業務です。身体介護との違いは、利用者の身体に触れることがありません。生活援助のサービスを提供する利用者は、比較的自立した生活を送ることができる人が多い傾向にあります。

具体的な仕事内容は、生活必需品などの買い出しや食事の用意・後片付け、衣服などの洗濯、居住スペースの掃除、シーツの交換などがあげられます。また、介護施設などに勤務する場合は、レクリエーションの企画や準備などを任されるケースも多いです。生活援助は、無資格でも行うことができます。

働き方

介護職が未経験の人でも、正社員や契約社員、派遣、アルバイト・パートといった働き方の中から、自分のライフスタイルや希望に合った働き方を選ぶことができます。それぞれの働き方の特徴を解説します。

正社員

正社員として雇用された場合、給与は月給制で、勤務はシフト制なのが一般的です。シフト制とは、日勤や夜勤などに交代で勤務する方法のことです。正社員は、フルタイムの8時間勤務が基本になるため、社会保険に加入できます。雇用主によって異なりますが、ボーナスや退職金制度、昇給、交通費手当などの福利厚生が充実しているところも多いです。

未経験の場合は、上述した身体介助のサポートや生活援助などの業務からスタートします。働きながら資格を取得したり、スキルを身に付けたりすることで、リーダーや施設長などへのキャリアアップを目指せます。また、複数の介護施設などを展開している企業の場合は、本部スタッフへのキャリアチェンジも可能です。

契約社員

契約社員として働く場合は、有期雇用が原則です。最長でも5年までと定められており、雇用期間の満了後は、正社員に登用されることもあります。しかし、人件費の削減や仕事の評価が低かった場合は、契約を打ち切られてしまうケースも珍しくありません。

契約社員の勤務形態は、大きく分けて常勤と非常勤の2つのパターンがあります。常勤は正社員と同じ月給制で、非常勤は時給制もしくは日給制です。仕事内容は、雇用契約で定められており、転勤はもちろん、残業も少ない傾向にあります。社会保険や交通費手当などの福利厚生が充実しているところもありますが、ボーナスや退職金は支給されないのが一般的です。

派遣

派遣で働く場合、給与は時給制で、勤務はフルタイムや週3日などの日数を限定している場合があります。雇用主は事業者ではなく、派遣会社になります。業務内容や勤務時間は、契約内容に従うのが原則です。基本的に、残業が発生することがないため、ダブルワークや副業も可能です。

派遣の種類は、雇用期間が定められている有期雇用と、無期限で働くことができる無期雇用があります。有期雇用の場合は、最長で3年間と定められているため、「雇用期間の満了後も働いてほしい」と事業者からの申し出を受ける場合は、再度同一の雇用契約を結ばなければなりません。他にも、正社員として直接雇用を前提にした紹介予定派遣もあります。

アルバイト・パート

アルバイト・パートから介護職をスタートさせることもできます。給与は時給制で、勤務はシフト制が一般的です。基本的に、シフトで人手が不足している日や時間帯に入ることになるため、勤務日数や勤務時間は短い傾向にあります。アルバイト・パートは、扶養内で働きたい場合やダブルワークをしたい場合にも有効な働き方です。

アルバイト・パートは有期雇用が一般的ですが、継続的に契約の更新が行われれば、10年以上の長期で働くことも可能です。働きぶりや能力次第で、契約社員や正社員に登用される場合もあります。ただし、ボーナスや退職金が支給されないケースも多く、人手が余る場合は真っ先にシフトに入る時間や日数を減らされてしまう可能性が高いです。

勤務場所

介護職の未経験者が働ける職場には、さまざまな勤務場所があります。以下では、主な勤務場所の特徴を解説します。施設ごとに特徴が異なるため、違いを確認しておきましょう。

介護老人保健施設

介護老人保健施設は、介護が必要な人に介護サービスを提供するための公的な施設です。一般的に、老健と略した名称で呼ばれることが多いです。とくに、自宅での生活が困難な人が入所しています。たとえば、医療機関での入院生活を終えたばかりで、自宅で介護してくれる人がいない、介護できる環境にないなど、自宅で生活できるようにするために利用する人も少なくありません。

介護老人保健施設で提供しているサービスは、身体介護や生活援助、医療ケア、リハビリなどです。介護老人保健施設に入居できる期間は、3~6カ月間と制限されています。なかには、後述する特別養護老人ホームなどに申し込みをしているものの、空きを待っている間に介護老人保健施設に入居するケースもあります。

特別養護老人ホーム

特別養護老人ホームは、要介護度3以上の人のみが入居できる公的な施設です。一般的に、特養と略されて呼ばれています。要介護度とは、介護を必要とする状態を示す指標の一つで、自立した生活が困難な人ほど要介護度が高くなります。要介護度3以上とは、重度の認知症の人や寝たきりの人などです。

特別養護老人ホームで提供しているサービスは、身体介護や生活援助が中心になります。特別養護老人ホームは、介護老人保健施設と異なり、入居期間に制限がありません。長期での利用を前提にしている施設で、入居者が希望すれば施設で看取ることもあります。終身での利用が可能な上に、利用料が比較的安く、常に満室のため、入居を待つ人も多いです。

デイサービス

デイサービスとは、通所介護のことで、要介護認定を受けた利用者が自宅で生活を継続できるようにするための介護サービスを指します。デイサービスでは、身体機能の維持や向上を目的にした機能訓練や、身体介護、健康状態の確認、レクリエーションなどの介護サービスを提供しています。

利用者は、午前中に来所して、昼食をはさんで午後には自宅に帰るのが一連の流れです。デイサービスは、要介護者への支援や社会的なコミュニケーションの場の提供という側面を持っているだけでなく、自宅で介護を行っている家族の身体的かつ精神的な負担を緩和する目的もあります。

病院

病院でも、介護職の需要は高まっています。病院での介護職の業務内容は、入院患者の身体介護や看護師の補助業務が中心です。看護師の補助業務では、看護師の指示のもと、医療器具の消毒やナースコールの対応、事務作業のサポートなどを行います。また、患者とコミュニケーションを取りながら、入院生活をサポートする役割も担っています。

病院が介護職を募集する際は、求人広告に看護助手の職種で記載されていることが多いです。病院の介護職として働く場合、無資格・未経験でも採用される可能性があります。

勤務時間

介護職の勤務時間は、どのような介護サービスを提供している施設で働くのかによって異なります。一般的に、シフト制による勤務が多く、24時間対応か日中のみの対応になるのかで勤務時間を分けることができます。それぞれの勤務時間の目安を一覧表にまとめたので、確認しておきましょう。

24時間対応
  • 早出:午前7時~午後4時
  • 日勤:午前9時~午後6時
  • 遅出:午前11時~午後8時
  • 夜勤:午後5時~翌日の午前10時
日中のみ
  • 日勤A:午前9時~午後6時
  • 日勤B:午前8時半~午後5時半

24時間対応の施設で未経験の人が働く場合は、日勤から始めて仕事に慣れてきたら、早出や遅出、夜勤というように他の時間帯の勤務を経験していくのが一般的です。

年収

厚生労働省の「令和2年度介護従事者処遇状況等調査結果」によると、保有資格なしの人の平均給与額は月給で275,920円でした。資格を取得している人といくらの差があるのか、以下にまとめた一覧表で確認しておきましょう。平均年収は、平均月給に12カ月を乗じた金額を記載しています。

保有資格 平均月給 平均年収
保有資格なし 275,920円 約331万円
介護職員初任者研修 301,210円 約361万円
介護福祉士 329,250円 約395万円

未経験者の平均年収は約331万円で、介護福祉士は約395万円でした。両者は約64万円の差が出ています。一方で、介護職員初任者研修を受講した人の平均年収は約361万円で、未経験者との差は約30万円でした。資格の取得や介護に関する研修を受講することで、年収が変わることがわかります。

介護職のメリット

介護職に就く上で、メリットを感じられなければ、仕事を続けることはできません。介護業界の現状でも解説したとおり、介護の現場では人材の定着率が低く、慢性的な人手不足に陥っています。そのような状況の中でも、介護職を長く続けている人が多いのはなぜでしょうか。

本章では、介護職に就くと得られるメリットを解説します。どのようなメリットが得られるのかを把握した上で、介護職を長く続けていくモチベーションになるかどうかを考えてみてください。

年齢や学歴、経験の制限がない

介護職が働く多くの施設では、年齢はもちろん、学歴や経験を問いません。介護職の求人広告には、「無資格・未経験からでも始められる」や「未経験でも可」「無資格でもOK」などの文面が掲載されているものが多いです。実際に、未経験から就業して、働きながら資格を取得する人も少なくありません。

一般的な職種の場合、40代以上の人が異業種に転職したいと活動をしても、未経験だと採用されないケースがほとんどです。しかし、介護職は年齢や学歴などに制限がないため、何歳からでも働き始めることができます。たとえば、子育てを終えて社会復帰を目指している場合や、異業種からチャレンジしたい場合など、無資格・未経験から新しい仕事を始められます。

やりがいを感じやすい

介護職ならではのメリットは、日々の業務の中で人の役に立っていると実感できることです。世の中にはさまざまな仕事があり、それぞれの職種でやりがいを感じる人も多いでしょう。介護職の場合は、身体介護や生活援助などのサービスを提供することで、要介護者の生活を支えていると、身をもって実感できる特殊な仕事です。

目の前で困っている人を支えることができる社会貢献度が高い仕事ともいえるでしょう。誰かの力になりたい、弱き人を支えたいなど、人の役に立ちたい人にとって、介護職はやりがいを感じられるため、仕事へのモチベーションにつながります。また、要介護者や家族の人とのコミュニケーションも欠かせません。人と接することが好きな人にとって、介護職はやりがいを感じられる仕事です。

資格を取得すればステップアップができる

介護職の年収でも解説したとおり、介護福祉士の資格取得や介護職員初任者研修などを受講することで、実務に必要な知識やスキルを修得できるため、ステップアップも目指せます。介護職は無資格・未経験からでも働くことはできますが、資格などを取得した方が年収アップも期待できます。また、さまざまな業務内容を経験することで、自分ができる業務範囲も増えるため、仕事へのモチベーションも向上しやすいです。

なかには、施設や企業が資格取得をバックアップするための制度を設けているところもあるため、働きながらスキルアップや資格取得によるキャリアアップも可能です。ステップアップを目指しているなら、資格取得のバックアップ体制が整っている施設や企業への転職を検討してみましょう。

介護職のデメリット

介護職には、年齢や経験に制限がなく、やりがいも感じられるなどのメリットがあります。しかし、介護業界では人材の定着率が低い現状は改善されていません。なぜなら、少なからず介護職にもデメリットがあるからです。

本章では、介護職に就くデメリットを解説します。介護職のメリットだけで転職してしまうと、現実とのギャップを感じて仕事を辞めることになるかもしれません。介護職のデメリットを把握した上で、自分に向いている仕事なのかを判断するためのヒントにしてみてください。

体力的にきつい場合がある

未経験者ですぐに辞めてしまう人の中には、体力面が原因になっているケースも多いです。未経験者の人が介護職に就いた場合の主な業務内容は、生活援助と身体介助の2種類に分けられます。

身体介護では、食事や衣服の着脱、移乗、入浴、排泄などの日常の動作を自分でできない要介護者の体に触れて介助をしなければなりません。ベッドから車椅子に移乗させる場合、要介護者を支える力仕事も必要になるため、日常的に運動習慣や体を動かす機会がほとんどない人は体力的な負担が増えます。

このように、介護職は体力が必要な仕事であると理解しておくことが大切です。ただし、介護ロボットやAIなどの最新技術を活用する施設も増えており、介護職の身体的・精神的な負担を軽減する動きも見られます。

夜勤がある職場もある

介護老人保健施設や特別養護老人ホーム、病院などの24時間体制の職場の場合、夜勤帯にも業務が発生します。たとえば、要介護者からのナースコールの対応や、離床している人がいないかを見守るなどの業務があげられます。24時間体制の施設では、介護職員は交代で夜勤にも入るのが一般的です。

夜勤に入る場合は、昼夜が逆転する生活になるため、自己管理も大切になってきます。ただし、夜勤に勤務した場合は夜勤手当が付くため、日勤のみの勤務よりも収入を増やすことができます。また、夜勤は日勤帯よりも少ない人数で業務をこなす必要があるため、未経験者が就業後すぐに夜勤のシフトに入るケースはほとんどありません。

異業種から介護職への転職を成功させるコツ

介護業界では、慢性的な人材不足の問題を抱えていることもあり、未経験者を含む応募者の間口を広げています。無資格・未経験者でも介護職に就くことはできますが、何の準備もしなければ採用されない可能性があります。転職する際は、事前の準備をしっかりと行い、面接などに備えておくことが重要です。

また、介護職の未経験者が転職を成功させるためには、いくつかのコツがあります。未経験者が介護職に転職したい場合、どのような点を押さえておけば成功させられるのでしょうか。本章で紹介する3つのコツを参考にして、異業種からの転職を成功させましょう。

求人の探し方

介護職の未経験者が求人を探す方法は、人材派遣会社や介護専門の求人サイト、ハローワークなどがあります。人材派遣会社は、人材派遣や人材紹介などのサービスを提供している会社です。プロフィールや経歴などを登録すると、専任のアドバイザーが希望条件に合った介護職の求人を提案してくれます。資格取得の支援制度などの福利厚生が充実しているところもあります。

介護専門の求人サイトは、介護業界に特化した求人を掲載しているWebサイトです。職種や勤務地、休日などの条件を組み合わせた検索も行えます。ハローワーク(公共職業安定所)では、介護職の求人の検索や転職の相談なども可能です。ただし、雇用保険を受給している無職の人が優先される傾向にあります。

求人を探す前に、どのような働き方をしたいのかを明確にしておくことが大切です。たとえば、将来的に正社員になりたいのか、資格取得のサポート体制がある会社がいいのか、夜勤がない職場がいいのかなどがあげられます。上述した施設の特徴や業務内容、待遇なども考慮しましょう。

志望動機の書き方

異業種から介護職への転職を成功させるには、志望動機を工夫することが大切です。志望動機は、介護職で働きたい熱意や目的をアピールするために有効です。しかし、「未経験でも働けるから」や「生活のため」などの熱意が伝わらない理由を記載すれば、採用担当者から「採用してもすぐに辞めるかもしれない」と思われ、採用を見送られてしまうかもしれません。

経験者や有資格者なら、「実務経験や資格を活かした仕事をしたい」などのアピールも可能ですが、未経験者は経験も資格もないため、工夫しなければ書類審査をパスすることは難しいでしょう。では、未経験者は志望動機のどのような点に気を付けて記載すればいいのでしょうか。

未経験者が志望動機を記載する際のポイントは、介護職に就いて将来どのような仕事をしたいのか、なぜ介護職や応募先を選んだのか、異業種での実務経験からどのようなことを学び、介護職でどう活かすのかなどを盛り込んで、アピールしましょう。

面接の受け方

面接を受ける前に、よく聞かれる質問への回答を準備しておきましょう。介護職の面接でよくある質問には、以下のようなものがあります。

  • 異業種から介護職へ転職する理由や志望動機
  • 前職を退職した理由
  • 介護はどのような仕事か
  • 介護で大切なこと
  • 待遇などの希望条件

前職の退職理由は、採用担当者が円満退職なのか、問題を起こして退職したのではないかなどを確認し、採用後に問題やトラブルを起こすことがないかを見極める上で重要な質問です。他にも、介護職への熱意や現状、課題などを把握しているかを確認するために、介護に関する質問をする採用担当者もいます。

また、介護職にかかわらず、待遇や夜勤や残業は可能かなどを質問される場合もあります。さらに、面接の最後に「何か質問はありますか」と聞かれたときは、企業リサーチなどでわからないことや、教育制度などのくわしく知りたいことを確認しておきましょう。不安や疑問がある場合は、面接で質問して解消しておくことをおすすめします。

【おすすめ】「かいご畑」のキャリアアップ応援制度が便利!

出典:かいご畑公式サイト

未経験から介護職へ転職するなら、「かいご畑」の利用がおすすめです。かいご畑とは、厚生労働大臣認可の介護就職支援センターです。かいご畑では、経験の有無にかかわらず、介護職の求人を探している人をサポートするためのサービスを提供しています。介護資格を持つ専任のコーディネーターが付くので、希望条件を伝えるだけで、合った求人を提案してもらえるでしょう。

また、非公開求人も取り扱っているため、一般的な求人サイトには掲載されない求人の紹介もしてもらえますかいご畑では、「キャリアアップ応援制度」があり、働きながら無料で介護の資格を取得するためのサポートが受けられます。さらに、無資格・未経験OKの求人も多数取り扱っているので、異業種から介護職へ転職を検討している人は、ぜひ検討してみてください。

かいご畑キャリアアップ応援制度の詳細を見る

介護職は未経験や無資格にもおすすめ!

介護職は、無資格・未経験でも行える業務があるため、異業種から転職したい人も目指せる仕事です。教育制度が充実している職場を選んだり、転職支援を行っているサービスを利用したりすることで、働きながら介護の資格を取得できます。

無資格でも介護職を続けることもできますが、資格を取得することでスキルや収入のアップも目指せます。さらに、キャリアアップの道も開けるため、働き方の選択肢を増やすことも可能です。

上述した志望動機の書き方や面接対策などのコツを参考に、転職活動を進めましょう。一人での転職活動が不安な場合は、教育制度や介護業界の知識が豊富なスタッフがいるサービスに相談するのも一つの方法です。

タイトルとURLをコピーしました