看護師転職サイトのデメリットは?使うと不利になるのは本当なのか徹底解説

看護師転職

転職を考えている看護師の方は、以下のような悩みをお持ちではありませんか?

  • 看護師転職サイトのデメリットが知りたい
  • 看護師転職サイトを使うと、転職が不利になるって本当?
  • 転職に失敗しないよう、看護師向けの転職サイトが知りたい

結論、看護師転職サイトにはいくつかのデメリットが存在します。とは言え、優良な看護師転職サイトを利用すれば転職しやすくなり、その後のキャリアップにつながるのも事実です。

そこで、この記事では看護師転職サイトのデメリットを踏まえた上で、失敗しない看護師転職サイトの選び方を解説します

看護師としてキャリアップを考えている方や、今の職場に不満がある方は、ぜひこの記事を参考にしてみてください。

看護師転職サイトの5つのデメリット

看護師転職サイトには、大きく5つのデメリットが存在します。

  1. 直接応募の多い会社の場合は転職サイト経由では不利になる
  2. 希望の会社が決まっている場合は直接応募をするべき
  3. 催促の電話がしつこいことがある
  4. 希望条件に沿った求人を紹介してもらえないことがある
  5. アドバイザーによっては十分なサポートが受けられない

それぞれ具体的に見ていきましょう。

直接応募の多い会社の場合は転職サイト経由では不利になる

最初のデメリットは、直接応募の多い企業に転職サイト経由で応募する場合、直接応募の看護師よりも不利になってしまう点です

看護師転職サイトの仕組みは後ほど詳しく解説しますが、転職サイトが企業に人材を紹介する対価として、紹介された会社は紹介手数料を支払わなければいけません。

そのため、転職サイト経由よりも直接応募の人材を採用した方が、採用コストを低く抑えられるのです

基本的に企業は採用コストをできるだけ抑えたいので、紹介手数料の掛かる転職サイト経由よりも、直接応募の人材を優先する傾向にあります。直接応募の多いような人気企業に転職したい方は、注意しておきましょう。

2. 希望の会社が決まっている場合は直接応募をするべき

また、希望の企業が決まっている場合は、看護師転職サイトを経由せずに直接応募するのがおすすめです

先述した通り、転職サイト経由or直接応募の人材では、採用コストを抑えられる直接応募の方が有利に転職できます。

看護師転職サイトは会社との面接などをセッティングしてもらえるメリットもありますが、入りたい会社が決まっているなら、直接応募した方が転職成功率は上がるでしょう。

3. 催促の電話がしつこいことがある

看護師転職サイトの中には、営業電話の催促がしつこいところもあります。これは場合によってデメリットになりうるでしょう。

先述した通り、転職サイトは「人材を企業に紹介する→企業から紹介手数料をもらう」このビジネスモデルで成り立っているので、利用者が内定を取らないことには利益が生まれません。

そのため「転職活動の状況はどうか?」「一度事務所ですり合わせを」など、催促の電話が掛かってくることもあります。

ゆっくり転職したい方は催促の電話をストレスに感じてしまいデメリットになるかもしれないので、利用する看護師転職サイトの評判や口コミを確認しましょう。

4. 希望条件に沿った求人を紹介してもらえないことがある

看護師転職サイトで希望条件を出しても、それに沿った求人を紹介してもらえないことがあります

看護師転職サイトもビジネスとして行っているので、紹介手数料の高い企業や、以前から付き合いの長い企業などを優先的に紹介したいからです。

そのため、質の悪い看護師転職サイトを利用すると「希望した条件と全く異なる企業を紹介された」こんな人も少なくありません。デメリットになりうるので意識しておきましょう。

5. アドバイザーによっては十分なサポートが受けられない

最後のデメリットは、看護師転職サイトの担当アドバイザーによっては、十分なサポートを受けられない可能性がある点です。

看護師転職サイトは、基本的に1人の利用者に対して1人の担当アドバイザーが付く、マンツーマンでの転職サポートを行っています。

そのため、担当アドバイザーのスキルや質によっては、十分なサポートが受けられないことや、アドバイザーのサポートに不満を覚えることもあるでしょう

しかし、大半の転職サイトはアドバイザーに不満を持っていることを伝えると、担当アドバイザーを変えてくれるところがほとんどです。

「担当アドバイザーのスキルが低くて、転職できるのか不安」こんな悩みがある方は、すぐに利用している転職サイトに相談してみましょう。

【デメリットと併せて重要】看護師転職サイトの仕組み・裏事情はどうなっているのか

ここまでデメリットを紹介しましたが、ここからは、看護師転職サイトの仕組みや裏事情を解説します

仕組みや裏事情を知っておけば、看護師転職サイトを利用する場合でも、デメリットなどを認識した上で安心して使えるので、ぜひ押さえておきましょう。

転職サイトは企業への人材紹介で報酬を得ている

先述でも軽く触れましたが、転職サイトは企業へ人材紹介をする対価として、手数料を取るビジネスモデルです

転職サイトへの紹介手数料は、採用決定者の初年度の理論年収(月次給与(基本給+諸手当(残業代含む))×12ヶ月+賞与)に、人材紹介会社が定めた料率(相場は35%程度)を乗じた金額となっています。

そのため、転職サイト経由の人材を企業が採用する場合、転職サイトには数十万円から数百万円の手数料が発生しており、この紹介手数料で転職サイトのビジネスは成り立っているのです。

アドバイザーなどの担当者も社内で営業成績が見られている

転職サイトで転職希望者を担当するアドバイザーは、一般企業で言うところの「営業職」に当たります。そのため、アドバイザーも一般企業の営業職同様、転職実績などの営業実績が社内で評価されているのです

転職サイトのアドバイザーは、1人でも多くの転職希望者を企業に採用させれば社内で評価が上がる仕組みになっているので、転職希望者の希望条件よりも自分の営業成績を優先するアドバイザーも実際にいます。

例えば、すぐ採用してくれるようなハードルの低い企業や、希望条件と異なる企業を紹介するのは、このような裏側があるからです。

転職サイトのアドバイザーは「あなたのために尽くしてくれる人ではなく、営業マンとしての裏側もある」ことを覚えておきましょう。

高いマージンを払ってでも企業は転職サイト・エージェントにお金を払う

「なんで数十万から数百万円もの手数料を払ってまで、企業は転職サイトと連携するの?」こんな疑問が浮かぶ方も多いですよね。

結論、転職サイト・エージェントと連携した方が、自社で採用活動を行うよりもコストが抑えられるからです。

自社で採用活動をした場合、エントリーシートを逐一チェックしたり、直接応募してきた人を全員面接したりと、人事部のコストがかなり掛かってしまいます。

しかし、転職サイト経由であれば、転職サイト側が人材の能力やスキルをある程度選別してくれるので、採用コストをかなり抑えつつも適正人材を確保できるのです。

とは言え、これは直接応募が少ない企業の場合。直接応募が多いような人気企業だと、先述した通り転職サイト経由では不利になってしまいます。

【デメリットに負けないメリット多数】看護師が転職に失敗しないための転職サイトの選び方

ここまで、看護師転職サイトのデメリットや裏事情を解説しました。

このようなマイナスの部分を踏まえつつ、看護師が転職に失敗しないための転職サイトを選ぶ方法について解説します。

  • 求人数が多いサービスを選ぶ
  • 実績のあるサービスを選ぶ
  • 専門性の高いサービスを選ぶ

求人数が多いサービスを選ぶ

失敗しない転職サイトの選び方の1つ目は、求人数が多いサービスを選ぶことです

看護師転職サイトは、それぞれ提携している企業が違うので、求人数も大きく異なります。

「求人数が少ない=質が悪い」とまでは言えないですが、求人の数が多ければ多いほど、自分の希望に合う求人が見つかる可能性も高まるでしょう

また、求人数と合わせて各地域への網羅性も確認しておきたいポイントです。

例えば、あなたが関西で転職を考えていたとしましょう。利用する転職サイトの求人数が1万件となっていても、その内訳は関東が大半で、関西の求人数は少ない場合もあります。

自分の希望に合った転職先を見つけたい方は、転職サイトの求人数と各地域への網羅性を確認してみてください。

実績のあるサービスを選ぶ

続いてのポイントは、実績のある転職サービスを選ぶことです

転職実績が豊富な転職サービスは、これまで培ってきたノウハウやスキルで有益なアドバイスが受けられる場合が多いですし、提携企業からの信頼も得られているので、求人数が多いことも挙げられます。

転職サイトの転職実績は、公式サイトに記載されている場合が一般的です。逆に、転職実績が記載されていない転職サイトは、転職実績が乏しいこともあります

失敗しない看護師転職のためにも、実績のある転職サイトを選びましょう。

専門性の高いサービスを選ぶ

最後は、専門性の高いサービスを選ぶことです。ここで言う専門性とは「看護師転職に特化した転職サイト」を指します。

看護師転職に特化した転職サイトを選ぶメリットは2つ。

  • アドバイザーが看護師の知識や事情を知っていることも多く、親身なアドバイスを受けやすい
  • 看護師転職に特化した転職サイトは、一般の転職サイトに比べて看護師の求人数も多い

確かに、一般の転職サイトでも看護師転職は可能です。しかし、アドバイザーに看護師の知識がなく、転職希望者の相談に上手く乗れないことも多いので「希望条件をアドバイザーとしっかり相談したい」人は、専門性の高い転職サイトを選びましょう。

メリット多数!看護師転職サイトのおすすめ5選

先述した失敗しない選び方を踏まえた上で看護師転職サイトを選ぶなら、安心と信頼のある上場会社の転職サービスがおすすめです。

ここからは、エキサイト編集部が厳選した優良で転職実績も高い看護師転職サイトを5つ紹介します

「転職サイトに失敗しなくない」看護師の方は、ぜひここで紹介する転職サイトを検討してみてください。

マイナビ看護師

マイナビ看護師は、転職業界大手「マイナビ」が運営する看護師転職に特化した転職サイトです。

看護師の転職サイトとして認知度は4年連続1位を獲得*。実績もさることながら、2021年5月時点の公開求人数は5万件以上と、豊富な求人数も人気の秘訣です。

全国的に豊富な求人があるので「一番安心できる求人サイトを使いたい」方は、マイナビ看護師を選べば間違いありません。

*楽天インサイト調べ

今すぐ無料登録!

ナース人材バンク

ナース人材バンクは、介護サービスやヘルスケア事業を手がける「株式会社株式会社エス・エム・エス」が運営している看護師専門転職サービスです。

そんなナース人材バンクは、年間10万人以上の看護師に利用されている転職サービスで、病院からクリニック、訪問看護、訪問入浴、介護施設、治験(CRC)の求人まで、さまざまな求人が用意されています。

また、アドバイザーが地域専任の看護師専門スタッフなので、的確なアドバイスが受けられるのも魅力の1つです

今すぐ無料登録!

ナースではたらこ

ナースではたらこは、バイト情報誌「バイトル」でお馴染みの「ディップ株式会社」が運営する看護師専門の転職サービスです。

ナースではたらこの特徴は、看護師対応満足度第1位を獲得したこともある程、アドバイザーのサポートが充実している点*。

転職希望者の「看護師の平均年齢は?」「ママさん看護師も働きやすい環境?」といった疑問を、看護部長やそこで働いている看護師へヒアリングを行い、実際の職場情報を転職希望者に伝えてくれます。

*2019年ディップ株式会社調べ

今すぐ無料登録!

ジョブメドレー

ジョブメドレーは「MEDLEY」が運営する医療系転職サイトです。看護師転職の他にも、医師や介護、保育スタッフといった医療に関わる幅広い職種の転職活動をサポートしています。

医療系全般の転職サイトなので、全国30万件以上の求人を掲載中。求人数が業界最大規模だからこそ、様々な特徴や希望の年収・時給・月給などから求人を探せる転職サイトです。

今すぐ無料登録!

看護roo

看護rooは、株式会社クイックが運営する看護師のための総合サイトです。2021年5月時点での公開求人数は5万件以上で、全国の幅広い企業から自分に合った職場を選べます

また、看護rooは看護師転職サービス以外にも看護師のためのコンテンツが充実。様々な職場の給料明細や看護知識などが手軽に学べるサイトです。

「転職サポートを受けながら、サイトで看護情報や転職成功のスキルを学びたい」そんな方は、ぜひ看護rooを検討してみてください。

今すぐ無料登録!

看護師転職サイトのよくある質問

最後に看護師転職サイトのよくある質問にお答えします。

転職サイトに登録する前に、疑問に感じていることを解決してくださいね。

Q. ハローワークと転職サイトはどちらがオススメ?ハローワークより民間サイトの方がデメリットが多い?

看護師として転職するなら、ハローワークよりも看護師特化の転職サイトがおすすめです

ハローワークはハローワークにしかない求人があったり、地元企業の求人を多く取り扱っているなどのメリットもありますが、担当職員に看護師の知識はありません。

そのため、ハローワークよりも転職サイトの方がより的確なアドバイスが受けられます

また、ハローワークは求人票の質が安定していないこともデメリットなので、安心して転職活動をしたい方は、転職サイトを利用しましょう。

ハローワークはデメリットばかりではなく公的なサービスが安心できる、民間のサイトはどうしてもいやだという人は登録してみる価値はあるでしょう。

Q. 病院から見て採用したくない看護師ってどんな人?

病院から見て採用したくない看護師の特徴は、以下の2つが挙げられます。

  • 採用してもすぐに辞めそう
  • 即戦力として活躍できなさそう

最初の「採用してもすぐに辞めそう」な看護師は、看護師に限らずどんな職場でもマイナスポイントです。そのため、転職歴が多い方や、前の職場をすぐに辞めてしまった経歴のある方は、転職活動が難航する場合もあります。

続いて「即戦力として活躍できなさそう」な看護師も、病院から見ると採用したくありません。特に、30代以上の看護師は「即戦力か否か」が重視されます。そのため、経験が浅い方や、長期間のブランクがある方は、病院への転職はなかなか決まらないこともあるでしょう。

Q. 転職エージェントの人は現職の退職交渉もしてくれる?

結論、転職エージェントは転職のサポートをするサービスなので、退職交渉は業務範囲に含まれません

とは言え、退職交渉をスムーズにできるアドバイスは受けられるので、退職で困っていることもアドバイザーに相談してみましょう。

看護師転職サイトのデメリットまとめ

看護師転職サイトは、看護師の転職をサポートする転職サイトです。上記のようにデメリットも内在するものの多数のデメリットがあるサービスです。

まとめると、

  • 看護師転職サイト経由で人気企業に行こうとすると、直接応募よりも不利になる
  • 看護師転職サイトから催促の電話が掛かってきたり、希望に沿わない求人を提示されることもある
  • 看護師転職サイトは、紹介した企業から「紹介手数料」を受け取っているビジネス
  • 求人数や実績、専門性の高さから、失敗しない看護師転職サイトを選ぼう

看護師転職サイトは、転職を希望している看護師の味方です。とは言え、この記事で紹介したようなデメリットもあり、利用する際はしっかりとしたサポートを受けられる転職サイトを選ばなければいけません。

「今の職場が合わない」「キャリアップのために転職したい」看護師の方は、ぜひこの記事を参考に、失敗しない転職サイトを見つけて、転職を成功させてくださいね。

タイトルとURLをコピーしました