保健師転職サイト人気おすすめ9選!メリット・デメリットも解説

看護師転職

転職を検討している保健師の強い味方になってくれる転職サイトや転職エージェント。しかし、転職サイトを使って転職しようと考えている人の中にはこんな不安があるのではないでしょうか。

「保健師転職サイトを使って転職したいけど、自分のニーズに最適な転職サイトが分からない」「転職した職場がブラックじゃないか不安」「実際のところどのサイトが口コミで人気なのかおすすめがわからない」

そこで、この記事では数多くある保健師転職サイトの中から厳選した9サイトを詳しく紹介します!それぞれの特徴や口コミも解説しているので、自分に合った転職サイトで希望通りの転職先を見つけましょう!

保健師転職サイトは一見看護師転職サイトと表示されているものも多いですが、求人検索のチェック項目などを見れば「保健師」の表示がありますので実際にサイト登録後に求人検索をする際は「保健師」を選択するようにしましょう。

【保健師対応】転職サイト人気おすすめ9選

早速、保健師におすすめの人気転職サイトを9つ紹介していきます。

ナース人材バンク

公開求人数 不明
地域 全国
職種 看護師、准看護師、保健師、助産師
雇用形態 常勤、非常勤
祝い金 なし

ナース人材バンクは、株式会社エス・エム・エスが運営する保健師・看護師の転職サイトです。

公開求人数は非公開になっていますが、全国各地に幅広いネットワークを持っており、病院から支援センター、保育園と、数多くの求人情報が掲載されています。また、ナース人材バンク独自の転職サポートも魅力的で、電話相談から求人紹介、面接まで、全面的にサポートしてくれます

以下のリンクをクリックすると「どんな資格をお持ちですか?」と出ますのでその中から「保健師」を選択し登録することで保健師向けの求人を多く紹介してもらえます。

今すぐ無料登録!

マイナビ看護師

公開求人数 1,200件以上
地域 全国
職種 看護師、准看護師、保健師、助産師、ケアマネージャー
雇用形態 常勤、非常勤
祝い金 なし

マイナビ看護師は、看護師・保健師・ケアマネージャーなど、総合的な医療転職をサポートしている転職サイトです。サイトの名前は「看護師」ですが保健師にも対応していて人気でおすすめのサイトの1つです。こちらも日本全国に対応しているので、どこに住んでいても希望の転職先を見つけられるでしょう。

また、全国各地に拠点があり、プロのキャリアアドバイザーが医療機関への訪問をしていることから、常に最新の求人情報や職場の雰囲気を教えてくれます

マイナビ看護師の拠点が近い場合、実際に出向いてキャリアアドバイザーとの面談も可能。「自分と合う職場をじっくり見つけたい」そんな人はぜひマイナビ看護師を検討してみましょう。

こちらもナース人材バンク同様に取得資格から保健師を選択すればおすすめの求人を紹介してもらえます。

今すぐ無料登録!

看護roo!

公開求人数 1,100件以上
地域 全国
職種 看護師、准看護師、保健師、助産師
雇用形態 常勤、非常勤、契約社員
祝い金 なし

看護roo!は株式会社クイックが運営する保健師転職サイトです。保健師の求人数は1,100件と多いことも特徴ですが、なにより看護roo!は転職や保健師に関するコンテンツが充実しています。

元のサービスが情報発信の総合サイトだったこともあり、保健師に関するコラムや職場別の仕事内容、現職の保健師と交流ができる掲示板まで様々なサービスを活用可能です。

また、肝心の転職サポートもしっかりしており、エージェントとLINEでも相談もできます。希望に合う求人をできるだけ多く紹介してくれるのも、メリットのひとつでしょう。

こちらも保有資格で「正看護師/准看護師/保健師/助産師/看護学生」の中から保健師を選択することで人気の求人を随時紹介してもらえるのでおすすめです。

今すぐ無料登録!

MCナースネット

公開求人数 200件以上
地域 全国
職種 看護師、保健師、助産師
雇用形態 常勤、非常勤、派遣、パート、短期・長期
祝い金 なし

MCナースネットは株式会社メディカル・コンシェルジュが運営する保健師転職サイトです。

保健師の求人数は200件程度とやや少なめですが、申し込みからアフターフォローまでの徹底したサポートが魅力で、利用者満足度は95%を獲得*しています。

転職のサポートだけではなく、求人先へ就業条件の交渉や、職場での悩み相談も行っており、転職希望者が「絶対ここで働きたい!」という職場が見つかりますよ。

また、派遣や単発の仕事も紹介しているので、そういった人にもおすすめです。

*自社調べ

今すぐ無料登録!

医療ワーカー

公開求人数 500件以上
地域 全国
職種 看護師、准看護師、保健師、助産師
雇用形態 常勤、非常勤、派遣、バイト
祝い金 なし

医療ワーカーは株式会社トライトが運営している保健師対応の転職サイトです。他サイト同様に看護師や助産師・准看護師などにも対応していておすすめです。保健師求人数は500件以上と平均的ですが、普通では見つけられない非公開求人も多数取り扱っています。

医療ワーカーもエージェント型の転職サイトなので、転職先選びから就職まで、一貫したサポートが魅力的です。また、Webカウンセリングも実施しており、ビデオ会議方式で転職者の悩みや模擬面接、履歴書の添削も行ってくれます。

今すぐ無料登録!

看護のお仕事

公開求人数 不明
地域 全国
職種 看護師、准看護師、保健師、助産師
雇用形態 常勤、非常勤、派遣
祝い金 なし

看護のお仕事は、転職エージェントサービスを展開しているレバレジーズメディカルケア株式会社が運営するサービスです。保健師の求人数は不明ですが、医療関係専任アドバイザーから細やかな転職サポートが受けられます。

その証拠に、看護のお仕事は「ともだちに勧めたいサービスランキング」で1位を獲得*。しっかりした転職サポートに定評のある転職サイトです。

また、転職アドバイザーのプロフィールが公式サイトで公表されており、初めての人でも安心して利用できるでしょう。

*レバレジーズ株式会社調べ

今すぐ無料登録!

ナースではたらこ

公開求人数 100件以上
地域 全国
職種 看護師、准看護師、保健師、助産師
雇用形態 常勤、非常勤
祝い金 なし

ナースではたらこは、ディップ株式会社が運営する看護師・保健師・助産師向けの転職サイト。保健師の求人数は100件程度とやや少なめですが、介護施設や病院、訪問介護ステーションなど、あなたの希望に応じた転職先が見つかります。

また、ナースではたらこは地域専任のアドバイザーを完備しており、給与や転職市場の状況が細かくチェックされています。そのため、転職希望者が知りたい情報のさらに深いところまで教えてもらえますよ。運営元のディップ株式会社も東証1部上場企業なので、安心感も抜群です。

今すぐ無料登録!

ナースパワー

公開求人数 500件以上
地域 全国
職種 看護師、准看護師、保健師、助産師
雇用形態 正社員・パート・派遣
祝い金 なし

ナースパワーは全国初の民間看護師紹介所として登場し、36年以上の歴史を持つ老舗の看護師・保健師・助産師向け転職サイトです。

保健師の求人数も500件以上と多く、全国各地で自分に合った職場が見つかります。また、36年以上の実績を誇る転職サイトなので、ノウハウ・転職実績ともに間違いありません。

それに、ナースパワーは企業が支払う紹介料が業界一の低料金なので、転職サイト経由の応募者が不利になりくいのも特徴です。

「実績のある保健師転職サイトを使いたい!」という人は、ぜひナースパワーを検討してみてください。

今すぐ無料登録!

アポプラス

公開求人数 不明
地域 全国
職種 看護師、准看護師、保健師
雇用形態 正社員・パート・派遣
祝い金 なし

アポプラスは、アポプラスステーション株式会社が運営する転職サイトです。保健師の転職・就職を一貫してサポートしてくれる体制に定評があります。もちろん看護師も対応しています。

そんなアポプラスでは、エージェントが職場を実際に訪問し、採用情報だけではつかみきれない職場の空気感や社風などもしっかり把握。就業中で日中に面接時間が取れない人でも、業界に精通したエージェントが先方と交渉してくれます。

また、全国9箇所にアポプラスの拠点があるので、対面での転職サポートが可能。「転職サポートに力を入れているサイトを使いたい」人は、アポプラスがおすすめです。

今すぐ無料登録!

保健師転職サイトを使うメリット

上記のように人気の保健師転職サイトは多数ありますが、「実際直接応募する場合とどういう違いがあるのか?」と考える人もいるでしょう。保健師転職サイトを使うメリットとしては、以下の3つが挙げられます。

  • 転職の相談やサポートを受けられる
  • 非公開求人を紹介してもらえる
  • 企業の雰囲気など求人票以外の情報も教えてもらえる

それぞれ詳しく見ていきましょう。

メリット1.転職の相談やサポートを受けられる

まず、転職サイトを利用することで転職の相談やサポートを受けられます

特にエージェント型の転職サイトであれば、企業選びから面接、入社まで一貫したサポートを受けることが可能です。模擬面接や履歴書の添削もやってくれるので、プロのアドバイスを受けながら転職活動ができ、自信を持って面接に臨めるでしょう。

また、どんな職場が良いのか決まっていない人には、キャリアプランの相談にも乗ってくれ、全面的なサポートが受けられます。

「一人で転職活動をする自信がない」こんな人におすすめのサービスです。

メリット2.非公開求人を紹介してもらえる

続いて、転職サイトにしかない非公開求人を紹介してもらえることです。そもそも非公開求人とは、一般的な求人情報誌や転職サイトに掲載されない求人情報を指します。

企業が非公開求人を設定する理由は様々ですが、応募が多いと採用コストや時間がかかってしまうことが主な理由でしょう。

そのため「本当に良い人がいたら、紹介してください」と転職サイトに非公開求人を渡すのです。

非公開求人は転職サイト以外では見つけられないため「非公開求人を紹介してもらいたい」人は、ぜひ転職サイトに登録しましょう

メリット3.企業の雰囲気など求人票以外の情報も教えてもらえる

最後に、転職サイトを使うと求人票に載っている以外の情報も詳しく教えてもらえます

保健師転職サイトのエージェントは保健師・看護師など医療系専任のエージェントであることが多く、各地域の医療機関と密なやりとりを行っているからです。

しかも、その職場で働いている現職の保健師にも調査を行い、生の声や雰囲気を教えてくれる転職サイトも珍しくありません。

そのため、転職サイトを使うと転職先がより鮮明にイメージでき、自身のキャリアや転職先を失敗しにくくなるでしょう。

保健師転職サイトを使うデメリットやトラブル

「メリットばかりではなくリスクやデメリットもあるのでは?」と考える人もいるでしょう。ここからは保健師転職サイトの影の部分を少し紹介します。保健師転職サイトを利用するデメリットとしては、以下の3つが挙げられます。

  • 担当してくれる転職エージェントの質が異なる
  • 直接応募と比べて不利になってしまう場合がある
  • 転職エージェントからの連絡が頻繁に来ることがある

それぞれ利用する前に押さえておきましょう。

デメリット1.担当してくれる転職エージェントの質が異なる

保健師転職サイトを使うデメリットの一つ目は、担当してくれる転職エージェントの質が異なることです。

転職エージェントは転職プロ集団ですが、その中には経験の浅い人や、転職希望者の条件をあまり聞いてくれない人もいます。そのため、担当してくれる転職エージェントの質はどうしても差が出てしまうものです。

また「性格的に転職エージェントと合わない」ということもあるでしょう。そんな時は、迷わず転職サイトの運営に問い合わせましょう。大抵の場合は転職エージェントを変えてもらえるので、気軽に相談してくださいね

デメリット2.直接応募と比べて不利になってしまう場合がある

続いて、転職サイトを利用した転職活動は、直接応募の人よりも不利になってしまう場合があると言われています。全てではないですがそういう事例もありうるということです。

なぜなら、企業は転職サイト経由よりも直接応募の人を採用した方が、採用コストを抑えられるからです。これは、転職希望者の紹介を受けた企業が転職サイトに紹介料を支払っていることが理由に挙がります。そのため、応募が殺到するような人気企業の場合、転職サイトを使うと不利になる場合もあるでしょう。もし「絶対ここで働きたい!」という企業があるのであれば、まずは直接応募してみることをおすすめします。

一方で業務簡素化の観点などから必ず転職サイト経由でないと入社できないような職場もあるのでそういう場合は保健師転職サイトの利用がおすすめでほぼほぼ必須となります。

デメリット3.転職エージェントからの連絡が頻繁に来ることがある

最後に、転職サイトを使うとエージェントからの連絡が頻繁に来ることがあります。例えば「次の面談はいつにするのか?」「面接の対策は万全か?」など、転職に関する連絡です。

そのため、自分のペースでゆっくり転職活動をしたい人はストレスに感じることもあるでしょう。「あまり連絡して欲しくない」人は、その旨を担当の転職エージェントに相談してみてください。

保健師転職サイトを使わない求人の探し方

保健師転職サイトを使わない保健師求人の探し方としては、主に以下の2つが挙げられます。

  • ハローワークを利用する
  • 日本看護協会から求人を見つける
  • 目的の企業などに直接応募する

その他友人・知人から紹介してもらうなどの方法もありますが、ここではこの3つに絞って見てきましょう。

ハローワークを利用する

まずは、ハローワークを利用する方法です。通常の求人同様、保健師の求人もハローワークでは取り扱っています。

とはいえ、ハローワークの職員は保健・看護知識のない人がほとんどです。専門的なアドバイスを求めたい人は、ハローワークよりも保健師転職サイトをおすすめします。

日本看護協会から求人を見つける

続いて、日本看護協会の求人紹介を利用する方法です。

日本看護協会は「eナースセンター」というサービスを運営しており、そのサービスを使うと無料で条件に合う求人が探し出せます。

地域や条件毎に求人を絞り込めるeナースセンターですが、企業選びから応募、面接まで全て自分一人でしなければいけません

そのため「転職サイトを使わず、自分一人で転職活動をしたい」人におすすめの方法です。

目的の企業などに直接応募する

これは先述しましたが、転職サイト経由だと採用側は転職サイトにコストを支払う必要があるので、採用側としては直接応募で採用できた方がありがたいです。

例えば地方都市で求人数がほぼ常時0に近いような医療機関などは転職サイトに求人を出していないようなケースが多く直接応募の割合がだと事例としては多いようです。一方で人材の入れ替わりの激しい都心部の医療機関などでは転職サイト経由の採用が多いようです。

自分がいきたい医療機関の雰囲気や特徴を見定めて直接応募も検討してみるのがおすすめです。

保健師転職サイトに関するよくある質問

最後に、保健師転職サイトに関するよくある質問を紹介します。

Q.保健師転職サイトは使わない方がいいの?

結論、使わなくても転職はできます

しかし、保健師転職サイトを使うと転職のサポートがしっかり受けられるため、プロのアドバイスを参考にしながら転職したい人にはおすすめです。

Q.保健師転職サイトは退職の相談や手続きもしてくれる?

基本的に、保健師転職サイトは転職先の紹介がメインです。しかし実際の利用者の声を見ると前職の退職関連の面倒も見てもらっているケースもあるようですのでサイト登録後に担当者に聞いてみるようにしましょう。

Q.保健師転職サイトを使うと不採用になることが多いの?

採用コストの問題で不利になることはありますが、保健師転職サイト経由=不採用ということはありません

また、保健師転職サイトであっても人気企業へ転職できている人もたくさんいます。転職で最も大切なのは何を使って応募したのかではなく、個人のスキルや経験ということを忘れないようにしてくださいね。

Q.未経験からでも保健師に転職できる?

もちろん、未経験でも資格さえあれば保健師になれます。看護師の2交代に疲れたような人が日勤メインで残業も少なめの保健師の仕事に転職するのは珍しいことではありません。

保健師になるには、国家資格である「看護師免許」と「保健師免許」が必要です。大学や専門学校など、看護師と保健師の養成学校に通って所定のカリキュラムを修了していれば未経験でも大丈夫です。

Q.産業保健師・行政保健師への転職に特化したおすすめの転職サイトは?

結論、産業保健師や行政保健師に特化した転職サイトはありません。そのため、産業看護師や行政看護師の求人を探したい人は、公開求人数の多い看護師・保健師転職サイトを利用してください。

公開求人数が多い=産業保健師・行政看護師の求人も取り扱っているケースが多いので、ぜひ参考にしてくださいね。保健師の公開求人数が多い転職サイトなら、ナース人材バンク・マイナビ転職・看護roo!あたりが人気でがおすすめです。

Q.保健師転職サイトに複数登録する人も多い?

看護師や保健師は複数の転職サイトを併用している事例が多いようです。

「転職サイトを使ってみたけど、微妙だったな……」そんな人は、ぜひ複数の転職サイトに登録し、自分に合ったサイトやエージェントを見つけてみてください

先述したように転職エージェントにも質の差はありますし、転職サイトのシステムや求人情報が合う合わないがあるからです。

また「〇〇の転職サイトを使っている人は、他の転職サイトを使ってはいけない」というルールはありません。自分に合った保健師転職サイトを見つけて、納得いく転職先を見つけましょう。

まとめ

保健師転職サイトを使えば、医療関係専任エージェントのアドバイスや非公開求人のアドバイスが受けられます。そのため「一人で転職活動をするのは怖い」「現職が忙しくて、ゆっくり転職活動をする時間がない」人におすすめです。

確かにエージェントの質が異なったり、直接応募より不利になったりすることはありますが、登録や利用は無料なので、迷ったら登録してみましょう

「保健師として、自分に合った転職先を見つけたい」人は、ぜひこの記事を参考に、保健師転職サイトを利用した転職を視野に入れてみてくださいね。

タイトルとURLをコピーしました