【シングルマザー看護師の働き方】転職例や人気の勤務条件など

看護師転職

看護師の中には、一度結婚し出産したものの離婚を経験しシングルマザーになった「シングルマザー看護師」の方もいるでしょう。もちろん一言にシングルマザーと言っても、実家の支援を受けられる人もいれば、全くそういった支援が受けられない人もいますので、同じ「シングルマザー看護師」でもそれぞれ状況は異なるでしょう。お子さんの年齢が乳幼児なのかある程度大きいのかによっても異なります。

ただどのシングルマザー看護師の方も、子供を育てていく子育ての話と、仕事をして給料を稼いでいく収入の話を両立させていかなければいけません。シングルマザー看護師として子育ても大変な中、周囲と同じように看護師として立派に働いていくことができるのだろうか…。このように悩んでしまう人は実に多いです。

そこでこの記事では、シングルマザー看護師が子育てと仕事を両立していくための働き方の例、また夜勤などに関連する年収の話をまとめていきます。この記事を読むことで「シングルマザー看護師としてもっといい転職先があるのではないか?」というきっかけになればと思いますのでご参考ください。

シングルマザー看護師が仕事と子育てを両立しやすい勤務条件とは?

シングルマザーが看護師として働いて子育ても両立させていくためには、理想の勤務条件・雇用条件があります。毎日夜勤の夜勤専従などで働いてしまえば子供とのコミュニケーションがしにくくなくなるでしょう。また一方で、経済的な側面も考えなければなりません。ひとり親家庭であれば支給対象となる児童扶養手当などはありますが、それに追加して看護師としての収入を得ていかなければ十分な子育てができないでしょう。ここではシングルマザー看護師が仕事と子育てを両立しやすい勤務条件についていくつか例を挙げてみます。もちろん必須ではないですがこの条件が揃うと働きやすいという観点でご覧下さい。

定時で帰りやすい・残業が少ない・土日休み

看護師の多くは二交代制などで病棟勤務をしています。病棟勤務は個人クリニックの外来などと比較すると患者の急変などで残業が出やすい傾向にあります。残業が多く定時帰りがしにくいと、シングルマザー看護師にとってはデメリットが多いです。子供の迎えに行けなかったり、子供との約束を守れなかったりするからです。

シングルマザー看護師にとって、家庭や子育てと仕事の両立をうまく進めるにあたって「残業時間」というのが大きなネックとなるケースは多く、残業時間が少なく、あっても許容範囲内の時間であるということを転職条件として挙げる人は多いです。残業と年収は背中合わせの関係にありますが、ある程度の年収ダウンを覚悟しても勤務条件を優先するシングルマザー看護師も多いです。残業が少なければ少ないほど、身体的な負担も精神的な負担も減り、プライベートな時間の確保もしやすくなります。

子供との時間を作るという意味で、土日祝日休みかそれに準じる勤務条件を希望するシングルマザー看護師も多いです。ただ二交代が多い看護師の仕事にとって土日祝日休みとなると、個人のクリニックが求人数としてはメインになり、求人の幅からすると相当限られます。上記の「定時で帰りやすい・残業が少ない」と「土日祝日完全休み」を併せて実現させるためにパートや派遣の働き方を選択するシングルマザー看護師もいます。

託児所や院内保育施設がある

子供の年齢によりますが、特に子供が小さいうちは勤務中に子供の世話をしてくれる人が必要になります。「子供さえ預けることができたら、仕事にもっと打ち込める」そんなシングルマザー看護師の要望に応え、託児所や院内保育施設を完備している職場もあります。

職場の託児所や院内保育施設を利用するメリットは多いです。一番のメリットは、安心して働くことができることでしょう。職場内の託児所や院内保育施設ですから、スタッフがどのような人かもわかりやすく信頼関係が築けます。また、勤務時間に合わせて預けることができ、仮に残業になった場合でも連絡が入れやすく、時間を気にせず働くことができたり、子供の体調が悪くなった時にもすぐに様子を見にいくことができます。つまり、子供、距離の上でも気持ちの上でもいつもそばにいることができるため、安心して働くことができるのです。

また、職場内に託児所がある場合、通勤=通園で、わざわざ子供を託児所や保育園まで送迎する必要がなく、時間的余裕が生まれます。その他、勤務先によって違いますが一般の託児所よりも安く預けることができる場合も多く、経済的にも援助されます。やはり子育てをしながら働くことができる託児所付きの職場の人気は高く、女性が多く働く企業や事業所では託児所の設置を積極的に行っています。

急な予定も融通が利きやすい、子育て経験者が多い

子供がまだ小さい間は、子供の体調の急変などもあります。上記のような託児所や院内保育施設があればまだ安心ですが、自分で学校などへ迎えに行かないといけなかったり対応を迫られることもあります。その場合に急な予定も融通が利きやすいというのは有難い条件です。激務度合いと関係しますのである程度ゆっくり働けるところや人材の替えが利くところのほうが理想ではあります。

また急な予定も融通が利きやすいというのは、「周りの人の子育てへの理解」も重要になります。一般的に女性が多い看護師の職業ですが、周りが若手ばかりで子育て経験もない人が多ければ、子育てへの理解が得られにくく、もめごとや嫉妬などが起こりやすいかもしれません。一方で子育て経験者が多い職場であれば、いざというときなどシングルマザー看護師としての大変さを理解してくれたり、仕事を代わってくれたりするかもしれません。シングルマザー看護師にとっては、周りの看護師との人間関係を良好に築けるかは大切です。

【働き方事例】シングルマザー看護師の色々な活躍の方法

看護師として働いているシングルマザーは、医療に従事する職業人として、あるいは子どもを育てていくという母親として、二足のわらじを履くこととなります。上記のような条件が揃っている職場であれば働きやすいでしょうが、全ての職場で「急な予定も融通が利きやすい」「託児所がある」など条件が揃っているわけではありません。ここでは職場・働き方別でシングルマザー看護師の活躍例をいくつか紹介します。

(1)意外と「病棟勤務」は多い

病棟勤務は看護師の求人の中ではかなり多い部類に入るので仕事は見つかりやすいです。ただ二交代で夜勤をこなさなければいけないのでシングルマザー看護師にとってはきついのかな?と考えがちです。しかし一部のシングルマザー看護師は病棟勤務を選択していて、その理由としては「大きい病院は託児所や院内保育が充実していた」「子育てにお金がかかり年収面で妥協したくなかったので夜勤のある病棟を選んだ」などの声が多いようです。大きい病院の安心の託児所支援を受けながら、年収面も妥協したくない人は病棟勤務も選択肢に入れておきましょう。

(2)夜勤を敬遠して「外来勤務(病院)」を選択する人も

病棟勤務は、入院中の患者さんの看護を24時間体制で行います。一方で同じ病院の外来勤務は、急な怪我や病気、自宅で継続的に疾患の治療を行っている患者さんが定期的に診察を受けにくる場での対応を中心に行います。外来勤務と病棟勤務の一番の違いは、勤務体制です。多くの場合、外来勤務は夜勤のない日勤だけの勤務ですので、シングルマザー看護師など子育てで夜勤を敬遠したい看護師にとても人気があります。転職ではなく同じ病院の中で異動するというシングルマザー看護師も多いです。

(3)「クリニック」で日勤専従に!病院から転職するケースも

「夜勤は避けたい」「土日休みがいい」「なるべく家の近くがいい」などであれば個人経営のクリニックなどは候補になります。個人経営のクリニックなどは病棟は基本的にないですし、仕事内容としては、医師が患者さんを診察し、疾患の種類、治療方針、入院の必要性を判断する業務の補助を行うのが業務になり、病棟勤務ほどの忙しさはありません。土日完全休みのところがあったりメリットが多いので転職するシングルマザー看護師も多いですが、夜勤がない分の年収ダウンは覚悟しなければいけません。

(4)介護施設関係は残業は少ないが給料は安め

老人ホーム関係にも看護師の需要はあります。認知症などの病気で介護が必要になった高齢者を受け入れ介護を行う施設では、 介護士をはじめ、看護師なども必要になる職場です。介護施設はその種類が幅広いので一概は言えませんが、病院に比べて急変の人への対応は少ないので、多くの職場で定時帰りが実現しやすいなどのシングルマザー看護師にうれしいメリットがあります。一方で夜勤がある職場が全てではないので年収相場が安かったりするデメリットはあります。

(5)あえて夜勤専従を選ぶシングルマザー看護師も

託児所などが充実している病院などで、あえて夜勤専従を選ぶ看護師もいます。シングルマザー看護師で夜勤専従はきついのではないか?と感じる人も多いでしょうが、子供の年齢次第で、託児所を使っていくことで十分仕事をこなしている人も多いですし、夜勤を増やすことで年収が上がることを優先するシングルマザー看護師もいます。また夜勤専従の場合は勤務日数自体は少なかったりするメリットもあります。

(6)透析関係の仕事は夜勤がない職場も多く、残業も少な目

透析関係の仕事は、透析クリニックと病院にある透析室がありますが、透析クリニックは仕事等の社会生活を送りながら通院で透析を受ける人を対象にした施設です。一方病院にある透析室は、入院患者を対象とした透析室のことです。透析は特にクリニックは定期的にくる患者さんの予約制のところが多く急な残業などは少ないです。また夜勤などもないところが多いです。透析室の看護師は特別な技術や知識が必要とされ、血液汚染や針刺し事故などのリスクが高い環境ということが考慮されて、お給料の面では優遇されているところも多くなっています。

(7)常勤を辞めて思い切ってパート・派遣を選ぶ人も

シングルマザー看護師の働き方のひとつとしてパートタイマーや派遣など正社員以外の看護師として働くということが選択肢があります。正社員にこだわらなければ一気に選択肢は広がります。家庭を持ちながら活躍している看護師の中には、子育てと仕事とのバランスを重視させるためにパートや派遣を選ぶ人も多いです。

パートや派遣として働くことを考えた場合、メリットとしては、フルタイムで働くことに比べると仕事にあてる時間が少なくなるため、プライベートな時間との両立がしやすい、フルタイムで働くよりは負担が少なく働くことができる、職場によっては自分のやりたい仕事を選ぶことが出来ることなどがあるでしょう。デメリットとしては、職場によって役割や業務内容の差が大きくあり、やりがいが感じられない場合もある、パートや派遣で働く方が給与や待遇など不利になる場合があることなどがあるでしょう。シングルマザー看護師といっても実家の支援度合いによって状況も変わるため、パートや派遣も視野に入れる人も存在します。

シングルマザー看護師の転職時のよくある質問

ここまでシングルマザー看護師の活躍の事例などを見てきましたが、最後にシングルマザー看護師の転職時のよくある質問をまとめてみましょう。

シングルマザー看護師に対して手当が出る転職先はある?

子育て支援という意味では院内保育などの支援体制をとっている転職先は多数ありますが、シングルマザー看護師に限定した支援を掲載している求人は見当たりません。扶養手当(家族手当)などはシングルマザー看護師に限定したものではないですが子供が扶養に入っていれば受け取れます。また年収が国で定めた基準に到達しない場合はひとり親世帯への手当は自治体の方から受け取れることはあります。

シングルマザー看護師専用の転職サイトはある?

シングルマザー看護師に特化した転職サイトというのは見当たりません。ただどのサイトも看護師資格があれば登録できますし、担当者にシングルマザー看護師ならではの希望を提出すれば最新求人を提案してくれますので是非登録してみましょう。大手としてはマイナビ看護師が人気です。

マイナビ看護師

今すぐ無料登録!

派遣に特化して働きたいが派遣特化型のサイトはある?

これはいくつかあります。看護師転職サイトの中にはパートや派遣、また資格も看護師・保健師・助産師とすべてに対応しているサイトもあれば「看護師×派遣」のように条件を絞っているサイトもあります。派遣特化型のサイトで有名なのは「看護のお仕事派遣」なので、興味のあるシングルマザー看護師の方はチェックしてみましょう。

看護のお仕事派遣

今すぐ無料登録!

シングルマザー看護師の転職【まとめ】

この記事ではシングルマザー看護師の活躍の事例などを見てきました。

シングルマザー看護師は、可能な限り看護の仕事をしながら、子どもは近くで見ていたいという人が多いです。保育所が併設されている職場などはシングルマザー看護師にとってありがたいですし、そういったサポートがあれば看護師業務に一生懸命に取り組むことができるでしょう。

保育所は一つの例に過ぎませんが、シングルマザーにとって働きやすい看護師の求人はたくさんあります。シングルマザーと言っても、家庭環境はそれぞれでしょう。まずは、各家庭に見合った条件を絞り込んで検索を行っていくことができる看護師の求人サイトを利用してみるのは1つのおすすめです。上記の2サイト以外にも以下にもまとめがありますので参考にしてみましょう。

【比較】看護師転職サイト19選!選び方は?複数登録もおすすめ
看護師の転職を考えている方は、以下のような悩みをお持ちではないでしょうか? 求人数の多いおすすめの看護師転職サイトが知りたい 看護師転職サイトが多くて、どれが良いのか分からない 自分に合った看護師転職サイトの選び方が知りたい 看護師
タイトルとURLをコピーしました