意外な転職の選択肢!薬剤師の「デスクワーク」の仕事とは

薬剤師転職

薬局や病院やドラッグストアなどの薬剤師業務に不満を感じたことはありませんか?

薬剤師が転職を考えたときにデスクワークの仕事も選択肢に挙げることができます。デスクワークと聞くと薬剤師と縁遠いイメージがありますが、薬剤師が持っている専門知識を活かすことで薬剤師にもデスクワークの仕事に転職できます。デスクワークでも様々な職種や業界での仕事があるので業務内容も異なるので事前に調べた方がいいでしょう。

今回は、薬剤師が求められるデスクワークの仕事を紹介します。

薬剤師のデスクワークってどんなものがあるの?

病院や薬局、ドラッグストアの薬剤師は意外にも立ち仕事が多く、忙しなく移動する必要があります。日々の立ち仕事に疲れてデスクワークが多い仕事を探している薬剤師も多いのではないでしょうか。薬剤師が調剤業務以外の仕事に転職するのはハードルが高いと思われがちですが、実は薬剤師が必要とされるデスクワークの仕事は様々な職種で存在しています。以下で例を挙げます。

製薬会社、医薬品卸、医療機器メーカーでのDI業務

製薬会社、医薬品卸、医療機器メーカーなど医薬品を扱う企業では、医師、薬剤師などの顧客に対して製品説明をするための部門(DI業務)が存在しています。医師、薬剤師などの専門知識を有している方への質問に答えたり、資料を作成したりする必要があるため高い専門性が必要です。また、自社の営業に対しても製品説明をすることもあるので専門知識を持っていない方へわかりやすく説明する能力も求められます。

製薬会社、医薬品卸、医療機器メーカーでの薬事職

薬事職も薬剤師のデスクワークの候補の1つです。製薬会社が開発した製品を市場に流通させるためには厚生労働省やPMDA(医薬品医療機器総合機構)に対して承認される申請書を作成する必要があります。これらの薬事関係の業務はデスクワークになります。

また医薬品卸などの医薬品を取り扱うためにも薬機法によって規制されているため薬事に関する深い知識を有意している専門家の需要があります。その他にも、医療機器メーカーでなどでも薬事職の需要があります。製薬会社が開発した医薬品は、海外で販売することもあり、この場合は海外の法律に従って医薬品を販売する必要があり、高い語学力が必要とされるケースもあります。

製薬企業の研究開発職

製薬企業は、数百億円の資金と10〜15年の年月をかけて新薬を開発します。そのため、製薬企業にとっては研究開発職は非常に重要な部門で高い研究スキルが必要とされています。花形部門もあるため競争倍率も非常に高いので最低でも大学院を出ている必要があります。学歴も重要となるので研究開発職に携わるには難易度が高いといえます。狭き門ですがデスクワークの候補の1つです。

物流センター、倉庫の管理薬剤師

医薬品を取り扱うためには薬機法によって管理薬剤師を事業所ごとに一人は配置する必要があります。医薬品の保管には温度、湿度、光の有無などに注意しなけれない医薬品も存在しています。医薬品を品質管理を適切に行うには薬の専門家である薬剤師は重要だといえます。

また、市販薬はリスク区分によっては販売するためには薬剤師の説明が必要なものがあります。インターネット通販では対面での説明の代わりに電話やメールでの文書によって説明する必要があるので顧客への医薬品の説明は倉庫に勤務する薬剤師の重要な業務の一つです。

メディカルコールセンター

製薬会社や化粧品会社、医薬品卸などの医薬品を取り扱う企業にはカスタマーサポートをするためにコールセンターを設置していることが多いです。医薬品の情報に関する問い合わせに対応する仕事をするのがメディカルコールセンターです。ここにも薬剤師のデスクワークの需要があります。

臨床開発モニター(CRA)

新薬の開発に欠かせない治験(臨床開発試験)が適切に行われるように管理するのが臨床開発モニター(CRA)です。医薬品は、治験によって安全性や有効性を立証して国の承認を受けることで市場に流通できます。そのため臨床開発モニターが収集した臨床データは医薬品の開発において重要な役割を果たしているといえます。臨床開発モニター(CRA)も薬剤師のデスクワークの候補の1つです。

大手チェーン薬局の学術・DI職

学術・DI職は製薬会社や医薬品卸、化粧品会社などの企業に存在している部門のイメージがありますが、大手チェーン薬局にもDI部門がある場合もあります。社内の薬剤師向けの資料を作る業務があります。自社の薬剤師が働きやすいようにサポートをする縁の下の力持ちのようなポジションです。これもデスクワークになります。

メディカルライター

メディカルライターとは健康、医療の情報を専門知識にもとづいて執筆する業務です。メディカルライターは様々な業務内容があり、治験の報告書の作成、医薬品の製造販売の申請書作成、医薬論文の作成など所属する企業によって異なります。

薬剤師がデスクワークで勤めるメリットは?

いわゆる一般的な薬剤師の業務と異なることもありますが、薬剤師がデスクワーク業務をすることがで得られるメリットもあります。

座って仕事ができる

病院や薬局、ドラッグストアと職種に関わらず薬剤師の業務は立ち仕事であることが多いです。しかし、DI職やメディカルコールセンター、メディカルライターなどデスクワークでの仕事は座ってすることが多いです。そのため、立ち仕事以外の仕事をしたいと感じた時にはデスクワークの仕事を探してみるといいでしょう。

土日休みであることが多い

デスクワーク業務は薬局などの土日も開いている職場とは違い比較的土日休みであることが多いです。休みもとりやすい傾向で年末年始や夏季休暇など長期的に休みをとりやすいのでカレンダー通りに休みたい、長期的な休みをとりたいという希望を叶えやすいです。

福利厚生が充実している

デスクワークの求人を募集をしているのは大手企業であることが多いので中小企業に比べると福利厚生が充実していることが多いです。家賃手当などの手当や補助金の有無は年収に大きく影響します。また、育休や産休も取得しやすいので長く働くことを考えたときにメリットがあります。

業界の最前線を感じられる

製薬会社や化粧品会社など自社で製品を開発している企業の場合には業界の最善線の情報を得やすいといえます。医薬品卸など倉庫では数多くの新薬を仕入れているため新薬の情報を入手しやすいです。またDI職では常に最新の医薬品情報を更新する必要があるので自発的な情報収集能力も重要だといえます。

薬剤師がデスクワークで勤めるデメリットは?

薬剤師がデスクワークに転職するとメリットもありますが、デメリットも存在しています。薬剤師としてのキャリアプランを考えた場合にはデスクワークへの転職は慎重になった方がいいかもしれません。

年収が下がる可能性がある

薬剤師がデスクワークをしようと考えた場合にはある程度の年収低下は受け入れる必要があります。デスクワークでの業務未経験である場合にはそこまで期待しない方がいいですし、総じていわゆる薬剤師の仕事よりは給与は下がりがちです。しかし、研究開発や薬事職のように高い専門知識を要求される業務の場合には高年収を狙えることもあります。

求人はかなり少ない

デスクワークの求人はかなり少なく非公開であることが多いです。デスクワークの求人を募集している企業が大手企業であることが多いので競争率も高いといえます。製薬会社の研究開発職では高い研究スキルが要求されるので入るための難易度も高いです。

意外にハードワークな職場も

薬剤師がデスクワークの仕事をする場合には、「座れるから楽」と考えがちですが中にはそうでもない職場も。例えばメディカルコールセンターの仕事では電話対応以外にも学術業務を兼務することもあります。学術業務以外にもメディカルライターのように文章作成などをすることもあるので激務という話もあります。

高い専門知識が求められることも

薬事職では厚労省や国に提出する申請書を作成します。申請書作成には医薬品に関する知識だけでなく薬機法などの法律についても熟知している必要があります。

研究開発職では医薬品だけでなく基礎科学についての知識や大学院レベルの研究スキルが必要です。そのため、デスクワークをするためには薬剤師とは異なる高い専門知識を備えておく必要があります。

様々な職種とのコミュニケーションが求められる

DI業務では医師や薬剤師だけでなく自社の営業にも情報提供するので高いコミュニケーション能力が求められます。薬事職では申請書を提出する役所にも必要があれば連絡を取る必要があり、場合によっては海外との連絡をすることがあるのでコミュニケーション能力だけでなく語学力も必要です。

薬剤師としての復帰が難しくなるかもしれない

薬剤師がデスクワークの仕事に転職すると調剤業務から離れることになるため薬剤師として復帰しようとした時に長期間のブランクがあるものとして企業から見られます。そのため、薬剤師として思うような転職が難しくなる可能性があります。デスクワークの仕事に転職する場合には薬剤師としての復帰の可能性もあるのかを考えた方がいいでしょう。

薬剤師がデスクワークの求人を探すには?

デスクワークの求人は、調剤薬局やドラッグストアの薬剤師の求人に比べると少なく非公開であることが多いため転職は難しいのが現状です。薬剤師がデスクワークの求人を探すためには方法を考える必要があります。

転職エージェントを利用するのがおすすめ!

数が非常に少ないデスクワークの求人を効率的に探すには専門家の力を借りることが重要です。転職エージェントは、転職の専門家であるためデスクワークの求人の募集の有無だけでなくどのようなスキルが必要かなど転職を成功させるためのアドバイスを受けられます。また、希望する年収や待遇にあった求人を探してもらうこともできます。

<おすすめ1>薬キャリエージェント

薬キャリエージェントは、薬剤師転職エージェントの主要の1つです。デスクワークに関わる求人も保有しているので一見の価値ありです。

今すぐ無料登録!

ファルマスタッフ

ファルマスタッフは日本調剤グループ運営の薬剤師転職エージェントです。調剤薬局の求人がメインですがデスクワークの求人も紹介してもらえるサイトです。

今すぐ無料登録!

マイナビ薬剤師

マイナビ薬剤師は、転職大手「マイナビ」が提供する薬剤師転職エージェントです。上位サイトと併せて登録してデスクワークの求人を探してみましょう、

今すぐ無料登録!

薬剤師のデスクワークの仕事のまとめ

薬剤師は立ち仕事が多いですが、薬剤師が保有している専門知識を活用することでデスクワークの仕事に転職することも可能です。デスクワークの求人を募集している会社は大企業であることが多いので充実した福利厚生と休日の取得のしやすさがメリットになることが多いです。

薬剤師がデスクワークの仕事への転職を成功させるためには転職エージェントを利用した方がいいでしょう。転職エージェントを利用することで希少な求人を探してもらえるだけでなく転職するために対策を一緒に考えてもらうこともできます。転職にお悩みがあれば転職エージェントに相談してみてください。

 

タイトルとURLをコピーしました