【調剤薬局薬剤師の平均年収】低い年収を上げる方法も解説

薬剤師転職

薬剤師年収について疑問を感じたことはありませんか?薬剤師の年収については世間では比較的に高いイメージを持たれていますが、同じ薬剤師ではなかなか年収について話すことは少ないでしょう。

年収は、将来のキャリアプランや転職を考えたときに経験や資格と並んで重要な要素です。調剤薬局は近年では店舗数が6万件を超え、薬局の生存競争が加速することが予想されます。薬局のあり方が変化していく時代において、薬剤師の中で自分の年収がどのくらいの位置にあるかを知ることは重要です。

今回は、調剤薬局の平均年収と年収を決める要因、今の年収が低い場合に年収アップするための具体的な方法などを解説していきます。

調剤薬局薬剤師の平均年収は?

まずは、薬剤師の年収が一般の会社員に比べるとどのくらいあるのかを知ってみるといいでしょう。薬剤師は世間では高収入と思われていることが多いですが、実際にはどうでしょうか。

日本人の平均年収は国税庁の「令和元年分民間給与実態統計調査結果」によると436万円です。この調査では中小企業、大企業、男女などの区別なく1年を通じて勤務した給与所得者合計したものとなっています。では薬剤師の平均年収についてはどうでしょうか?

薬剤師全体の平均年収

厚生労働省が発表している「令和元年賃金構造基本統計調査」では薬剤師全体の平均年収を示す数字として「企業規模計(10人以上) のデータ」があって、きまって支給する現金給与額(毎月の給与)が398,600円、年間賞与その他特別給与額が833,300円で年収が561万6500円とありますので、多くの職場では10人以上の勤務者がいることを考えるとこれを1つの目安としていいでしょう。この数字を目安とすると日本人の全体の平均年収より薬剤師の年収は約126万円より高いということになります。

ちなみに「令和元年賃金構造基本統計調査」では平成30年の薬剤師の平均年収は543万8200円だったので2年で平均年収が約18万円上昇し、全体として緩やかな上昇傾向にあります。しかし、2020年から新型コロナウイルスが感染拡大してから経営が圧迫している病院や薬局も増えてきているので将来的に平均年収が上昇するかは不明です。

他の医療職と比べてみると医師の平均年収が約1169万2300円(令和元年)、看護師の平均年収が482万9100円(令和元年)、理学療法士・作業療法士 の平均年収は409万6400円(令和元年)となっています。薬剤師全体の平均年収は、他の医療職と比べても高年収と言えるでしょう。

調剤薬局の薬剤師の平均年収

第22回医療経済実態調査」で発表された統計(278ページ目)によると保険薬局に従事している一般薬剤師の平均年収は473万8,925円でした。薬剤師全体の平均年収と比べると低めになっています。

管理薬剤師の平均年収

第22回医療経済実態調査」で発表された統計(278ページ目)によると、管理薬剤師の平均年収は751万8,472円でした。管理薬剤師になると一般薬剤師の比べると年収が高くなるという傾向はあります。

管理薬剤師には通常の調剤業務に加えて薬局の管理・運営業務も加わります。従業員に対しての指導やクレーム対応、地方厚生局などの対外組織への対応など責任も業務内容も負担が増えます。そのため、管理薬剤師に対して手当をつける企業が多いです。

管理薬剤師の年収データを見る上での注意点として、薬局のオーナーが管理薬剤師を兼任していることもあることは意識しておきましょう。薬局のオーナーになると経営者でもあるので雇用されている立場の管理薬剤師よりも年収がかなり高くなる傾向にあります。1店舗のみ薬局を経営している企業の管理薬剤師の平均年収は、多店舗経営企業での管理薬剤師の平均年収より高いというデータもあります。それを差し引いても管理薬剤師になると年収が高いというのは事実としてあります。

■(薬剤師の年収の特徴1)地域差がある

令和元年賃金構造基本統計調査」では都道府県ごとの薬剤師の平均年収の統計も発表しています。2019年のデータでは薬剤師の平均年収が最も高い都道府県は静岡県の698万円となっています。一番平均年収が低かったのは長崎県の428万円です。しかし、2018年のデータでは栃木県が最も平均年収が高い県で623万円、最も低い県が山口県の415万円となっています。平均年収の地域差は毎年変化しています。

都道府県別にみた薬剤師の平均年収では静岡県、長野県、高知県、島根県などの地方では600万円を超えています。都市部では人材が集まるため薬剤師が充足する可能性が高いですが、医療が不足している地域では薬剤師を確保するために年収を高く提示することが多いです。しかし、地方でも近くに薬科大学や薬学部のある大学があると薬剤師を確保しやすくなる平均年収が低下する可能性もあります。調剤薬局の薬剤師の年収にも似たような傾向があると言えます。

■(薬剤師の年収の特徴2)初任給は高いけど昇給は少ない

薬剤師の初任給については「令和元年賃金構造基本統計調査」を見ると、男性で企業規模計(10人以上)のデータで320万8000円が所定内給与額で56万1000円が年間賞与その他特別給与額ですので約376万円が初任給の平均、女性のデータだと313万2000円が所定内給与額で55万5000円が年間賞与その他特別給与額ですので約369万円が初任給の平均になります。共に全薬剤師のデータです。厚生労働省の賃金構造基本統計調査大卒初任給は21万200円ほどになっています。薬剤師の初任給は通常の職種に比べると高いといえます。

一方で経験年数が15年以上になると、男性で企業規模計(10人以上)のデータで433万円が所定内給与額で101万4400円が年間賞与その他特別給与額ですので約534万円が年収の平均、女性のデータだと410万4000円が所定内給与額で91万2200円が年間賞与その他特別給与額ですので約504万円が年収の平均になります。15年かけて150万円ほど昇給すると考えることができますが他の職種の昇給率と比べると低いと言えます。管理薬剤師など役職が上がらないと高い昇給は望めない傾向があります。

調剤薬局薬剤師の年収を決める要因とは?

調剤薬局の薬剤師の年収を決める要因は様々存在しています。調剤薬局の年収を上げる要因を把握していると転職活動やキャリアアップにも活用できるので確認していきましょう。

前職までのキャリア・給料

転職活動を考えたときに通常は前職のキャリアや年収を参考にして給与交渉することが多いです。年収が低い状態から平均年収よりも高い条件で転職するのは難しいことがほとんどです。当たり前ですが好条件の求人を狙うにはある程度の実績が必要となってきます。

勤務歴

薬剤師が平均年収を上げようと考えたときに経験年数は大きな要素といえます。経験年数と年収の関係は、上記で説明した通り15年の経験を積むと約150万円ほど年収があがるという統計があります。他職種と比べると昇給率は低いという見方もありますが、年収に勤務歴の長さが影響してくることは事実です。転職活動を考えたときには、短い期間に転職を繰り返していると企業も採用を躊躇する可能性が高くなる傾向もあります。

薬局の状況

薬局の経営状況が悪化しているなど余裕がない状態だと従業員に対して高い年収を支払うことが難しくなることが多いです。経営難の薬局で年収を上げるのは逆風の中で進むようなイメージになるため年収アップを目指すなら薬局の経営状況などを確認が可能ならしたほうがいいでしょう。薬局の人員が不足している場合には薬剤師を確保するために年収を高くして募集していることもあります。

地域

近隣に薬科大学、薬学部のある大学がない場合や病院や薬局などの医療資源が不足しやすい地方では薬剤師の確保が難しいことがあるので平均年収が高い傾向にあります。年収を上げたい場合には都市部ではなく地方の薬局の求人を探してみるのもいいでしょう。

雇用形態

場合によっては正社員よりも派遣薬剤師のほうが年収が高くなることがあります。本当に薬剤師が不足している薬局に短期的に派遣されるので通常より高い時給が支払われることが多いです。また、地方の企業では住居や車の貸し出しなど好条件の求人を出していることもあります。しかし、新型コロナウイルス感染症の拡大によって調剤薬局の経営状態も悪化している場合が多いので派遣薬剤師の求人も薬剤師求人サイトなどで常に最新データを確認するようにしましょう。

■一時的に薬剤師の需要の高い地域に就職する薬剤師もいる

転職活動では、前職の年収を参考に給与交渉することが多いので、可能であれば一時的に平均年収が高い地方で就職してみるのも一つの考え方でしょう。

都市部では平均年収が地方に比べると抑えられていることが多く、年収を上げるのはなかなか難しいです。しかし、平均年収の高い地方で数年間勤務してから都市部に戻って転職活動をすれば前職の年収を参考に交渉できるので、長期的には平均年収に上げられる可能性があります。

高年収求人は危険?高年収を提示されても注意が必要

ここまで調剤薬局薬剤師の年収について紹介してきましたが、いざ転職活動を始めたときに企業から高年収を提示されても思わぬ落とし穴があることもあります。せっかく高年収で転職ができても心身を壊してしまうと長期間働けなくなってしまうこともあるので注意が必要です。

労働時間が長い

企業から高年収を提示されたときに平均的な残業時間や休日数を確認した方がいいでしょう。残業代がしっかりでている企業ならいいですが、残業を含んだ年収を提示している場合もあります。また、休日数も企業によって大きく異なってきます。休日数が少ないために年収を高くしないと薬剤師が確保できないということあります。年収だけでなく平均残業時間や休日数にも注意が必要です。

激務の可能性がある

年収が高い理由として人員を少なくして人件費を抑えている場合もあります。薬局は処方箋40枚に対して薬剤師1人を確保する必要があります。しかし、薬剤師の業務内容が多様化している現代では処方箋40枚に対して行うこと多く、多忙なこともあります。また、人員がギリギリで運営している薬局では有給休暇が取りづらい可能性が高く、急な体調不良で欠員がでた場合などにも多忙になることもあります。処方箋枚数に対して薬剤師の人数も確認した方でいいでしょう。

全国転勤がある

大企業の場合には全国に店舗を展開していることが多いです。そのため、日本全国で転勤や人員不足の店舗に応援する必要がでてくることもあります。企業の中には、日本全国で転勤できる薬剤師には高い年収を設定していることが多いです。しかし、全国転勤に問題を感じない場合には高年収を狙いやすいともいえます。

人間関係に問題あり

薬剤師が調剤薬局を退職する理由として常に上位にあがるのが「人間関係」です。薬局内の人間関係に問題がある場合、人の入れ替わりの激しい薬局ということにも繋がり、薬剤師を確保するために高年収を提示することがあるので企業の評判や退職理由を確認した方がいいでしょう。

調剤薬局の薬剤師が年収を上げるために必要な行動

調剤薬局薬剤師が年収を上げようと考えたときには実績を積み上げたり、企業の求めるスキルを磨く必要があります。企業に高年収で確保したいと思わせるためにはそれなりの実績というものが必要です。それらも含めて具体例をいくつか挙げてみます。

管理薬剤師を目指す

管理薬剤師は、薬機法によって医薬品が関わる事業所には1人置く必要があります。そのため、薬局開設者は管理薬剤師が退職した場合には後任の管理薬剤師を決めなければなりません。管理薬剤師の経験があればすぐに管理薬剤師として即戦力になると企業は考えるので高年収で確保したいと考える可能性が高いです。薬剤師としてキャリアアップを考えたときには管理薬剤師を経験してみるといいでしょう。実際に上記で説明したように、管理薬剤師と一般薬剤師の平均年収を比較したときに200万円以上の差があります。

管理薬剤師の業務内容は通常の調剤業務に加えて、薬局に勤務している薬剤師や事務に対しての指導、管理も含まれています。地方厚生局、保健所などの公共的組織に対しても管理薬剤が対応する必要があるため高いマネジメント能力とコミュニケーション能力、法的知識を持っている必要があるため、管理薬剤師の経験を持っていると高年収での転職がしやすくなります。

資格を取得する

かかりつけ薬剤師の条件として研修認定薬剤師を取得することがあります。研修認定薬剤師を取得するためには所定の研修を一定時間受ける必要があるので、ある研修認定薬剤師を保持しているとある程度の知識とスキルを持っていることの証明にもなります。その他にも、小児薬物療法認定薬剤師、がん専門薬剤師を持っていると小児科やがん患者の多い薬局へ転職しやすくなります。そのため、企業が求める資格やスキルを取得することで高年収を狙いやすくなります。

平均年収の高い地域で転職する

薬剤師の平均年収は地域差が大きいです。上述で説明した通り薬剤師の平均年収が最も高い静岡県で698万円、最も低い長崎県で428万円と270万円の差があります。そのため、調剤薬局の薬剤師が年収を上げるためには平均年収の高い地域で転職活動をするのは一つの方法です。しかし、地方でも薬科大学や薬学部のある大学が近くにある場合には薬剤師が充足している可能性が高いので求人も年収が低くされている可能性があるので注意が必要です。

手当を交渉して実質年収を上げる

家賃補助や社宅制度など手当や福利厚生が充実している企業も存在しています。家賃補助を5万円支給している場合には年間に60万円も実質年収が上昇するといえます。その他にも、社用車を借りられることもあります。車体費用や車検、保険代などの維持費を考えた場合には大きい出費を減らすことができます。奨学金を肩代わりする企業も存在しているのでベースとなる年収とプラスして福利厚生や家賃補助などの手当を企業と交渉してもいいでしょう。

正社員にこだわらない

薬剤師の人員が不足している企業では派遣薬剤師を入れている場合があります。人員が不足しているために派遣薬剤師を入れるため時給は高めに設定されていることが多いです。短期間での派遣が多いので収入が不安定になる可能性もありますが、正社員に比べると高年収になることもあります。しかし、新型コロナウイルス感染症の拡大によって経営が悪化している薬局も増えてきているので派遣薬剤師をする場合には薬剤師業界の動向を確認する必要があります。

対人業務のキャリアを積む

薬剤師の業務内容は過渡期といえます。20年前の薬剤師の業務内容と現在の業務内容では異なる部分も増え、在宅訪問医療の比重も増えています。新型コロナウイルス感染症の拡大によってオンライン服薬指導など新しい医療の需要が増えてくることも予想されています。調剤報酬改定によって単純作業の調剤業務の報酬が低くなり、かかりつけ薬剤師などの対人業務などの報酬の比重も増えてきています。そのため、対人業務であるかかりつけ薬剤師などの需要も増えてくると予想されるので対人業務がこなせるようになった方がいいでしょう。

対人業務意外にも、企業によって薬剤師に対して求めるスキルは異なることがあります。管理薬剤師を募集している場合には管理薬剤師経験がある、管理薬剤師として薬局を運営できる能力を採用するときに重視します。その他にも、かかりつけ薬剤師を増やしたい薬局の場合にはかかりつけ薬剤師の経験だけでなく、かかりつけ薬剤師の条件である研修認定薬剤師を取得していることも重要といえます。そのため、自分の持っているスキルや実績と会社の求めている条件を合わせることで年収を高められる可能性が上がります。

転職サイトの担当者に相談する

「スキルアップや資格取得の前にすぐに年収アップができる方法を探りたい」という人はとりあえず一人で考えても情報が限られるので、転職サイトの担当者に相談するのもいいでしょう。

例えば上記の「平均年収の高い地域で転職する」などは同じスキルで年収をアップさせる方法ですし、求人マーケットの状況によってはすぐに年収をアップさせられることもあるかもしれません。以下大手薬剤師転職サイトですのでご参考ください。

マイナビ薬剤師


今すぐ無料登録!

ファルマスタッフ


今すぐ無料登録!

まとめ

この記事では調剤薬局薬剤師の平均年収や年収を上げる方法などを解説しました。

薬剤師全体のの平均年収は、企業規模計(10人以上) のデータで約562万円となっているため日本人の平均年収436万円よりも高額なので数字としては薬剤師は高年収といえます。他の医療職に比べても高年収です。また管理薬剤師の平均年収は751万円、一般の薬局薬剤師の平均年収が474万円となっています。地域差も大きく最も平均年収の高い県では698万円、最も低い県では428万円でした。このことから、調剤薬局の薬剤師が単純に年収を上げたい場合には平均年収の高い地域へ移住するのも1つの方法でしょう。

薬剤師のあり方は今変わってきています。在宅訪問医療の普及、かかりつけ業務の増加、オンライン服薬指導の推進など様々な変化が起きているので、変化できない薬剤師は不要とされる時代が到来する可能性もあります。そのため、年収を上げることとは別で、どの薬剤師も薬剤師としてのスキルアップは常に考えておくことが必要な時代なのかもしれません。

自分の薬剤師としてのあり方の悩みや年収面の悩みを抱えた時には薬剤師専門の転職サイトに相談してみるのもいいでしょう。調剤薬局業界の動向に詳しい担当者に相談することで目指すべき薬剤師像を見つけることができるかもしれません。

タイトルとURLをコピーしました