TOP » アルピナウォーターのスタンダードサーバー(床置き型)
2022/05/09 更新
アルピナウォータースタンダードサーバー

アルピナのスタンダードサーバー(床置き型)は、シンプルで日常使いしやすいウォーターサーバーです。

この記事では、家電総合アドバイザーの大岩俊之さんに聞いた、アルピナウォーターのスタンダードサーバーの特徴をご紹介します。

オススメのポイントを聞いた専門家

家電製品総合アドバイザー 大岩俊之 さん
家電製品総合アドバイザー 大岩俊之 さん
家電コンサルタントとして『家電の購入』アドバイスや、『家電の賢い買い方』のアドバイスなどに加え、『家電の達人』として、メーテレ、東海テレビなどに、複数回テレビ出演した経験を持つ。家電総合アドバイザー・スマートマスター・フォトマスター検定などの試験対策講座なども手がける。

おいしい水がリーズナブル

おいしい水がリーズナブル
画像提供:スタンダードサーバー アルピナウォーター公式

アルピナのスタンダードサーバーは、北アルプスの水を安く提供することにこだわっているのが特徴です。
初期費用は0円、サーバーのレンタル料金は月629円かかりますが、補償サポート等の追加料金はかかりません。

おいしい水やお湯がリーズナブルに飲めるのでご自宅はもちろん、オフィスなどの利用にもおすすめです。

\スタンダードサーバーを詳しくみてみる/

選べるボトルは3タイプ

選べるボトルは3タイプ
画像提供:スタンダードサーバー アルピナウォーター公式

水ボトルラインナップは標準的な12Lに加え、軽量の7.6L、大容量18.9Lの3種類が用意されています。

標準的な12Lのボトルは男性でもかなり重いと感じるレベルで、女性や年配者がサーバー上部にセットするのは苦労するでしょう。
一般家庭で使用するには軽量の7.6Lがオススメです。

またビッグサイズの18.9Lはさらに重量があり交換が大変ですが、食堂やオフィスなど、お水の消費量が多い場所では、ボトル交換の回数を減らせるメリットがあります。

ちなみに、7.6Lは家庭で捨てられるワンウェイボトル、12Lと18.9Lは次回配達時に回収するリターナルボトルです。リターナルボトルは空ボトルの置き場所が邪魔になるので、この点が少し残念です。

なじみやすいシンプルなデザイン

なじみやすいシンプルなデザイン
画像提供:スタンダードサーバー アルピナウォーター公式

ウォーターサーバーのデザインはごく一般的です。
白が基調の丸みを帯びたシンプルなサーバーで、水ボトルを隠すカバーもありません。そのため、おしゃれなインテリアに合わせようとすると難しい面もあるでしょう。
ただ昔に比べて、だいぶデザインは良くなったと感じています。

サイズは横幅27mmとかなりスリムなボディになっており、置く場所の自由度はあるでしょう。

最小限の機能でコスパがよい

最小限の機能でコスパがよい
画像提供:スタンダードサーバー アルピナウォーター公式

スタンダードサーバーには、チャイルドロック等の最低限の機能しか搭載されていません。
エコモードや自動クリーンシステムなどを省き、できるだけ水を安く提供することにこだわっています。

その分シンプル設計なので、複雑な操作が苦手な人にも扱いやすいのではないでしょうか。
また蛇口は手動式を採用していますので、停電時には常温水を使えるメリットもあります。

2年に1度の無料メンテナンス

2年に1度の無料メンテナンス
画像提供:スタンダードサーバー アルピナウォーター公式

こちらは2年に1度無料メンテナンスが付いています。
自動クリーンシステムは搭載していませんが、定期メンテナンスがあるので衛生的。
また通常使いの故障時にも、無料で対応してくれます。

\スタンダードサーバーを詳しくみてみる/

スタンダードサーバー(床置き型)の機能・料金

ウォーターサーバー名 スタンダードサーバー(床置き型)
メーカー名 アルピナウォーター
水の種類 RO水
ボトル(供給)の種類 宅配型使い捨てボトル
リターナブルボトル
家電のプロの評価 ★★★☆☆ 2.5
費用 初期費用 0円
レンタル料 629円
消費電力 冷却:80W/50Hz 85W/60Hz
加熱:300w
水代 12L:1,134円
18.9L:1,171円
(東京、神奈川、埼玉、千葉、茨城)
1,879円(栃木、群馬、福島)
7.6L:842円(1箱3本入りで2,728円)
注文ノルマ なし
ボトル配送料 0円
解約金 11,000円(関東、北関東)
5,500円(関西、中部)
仕様 カラー ホワイト
ボトルサイズ 7.6L、12L、18.9L
サイズ(幅×奥×高) 27cm×37cm×100cm
(ボトル設置した高さ125cm)
重量 15kg
機能 チャイルドロック
エアフィルター
メンテナンス 2年

※表示金額はすべて税込み。

スタンダードサーバーを他のウォーターサーバーと比較

スマホでご覧の方はスクロールできます >>>

サーバー名 スタンダードサーバー床置き型 スタンダードサーバー卓上型 エコサーバー 水素水サーバー
画像 standard standard short eco suiso
サーバータイプ 床置き型 卓上型 床置き型 床置き型
サーバーレンタル料 629円 629円 959円 1,729円
カラー ホワイト ホワイト ホワイト ホワイト
サイズ(幅×奥×高) 27cm×37cm×100cm
(ボトル設置した高さ125cm)
30cm×30cm×59cm
(ボトル設置した高さ82cm)
31cm×33cm×100cm
(ボトル設置した高さ125cm)
30cm×31cm×96.5cm
重量 15kg 13.5kg 17kg 15.5kg
機能 チャイルドロック
エアフィルター
チャイルドロック
エアフィルター
ダブルチャイルドロック
自動クリーニング
エコモード
チャイルドロック

\スタンダードサーバーを詳しくみてみる/

スタンダードサーバーが使えるのは・・・

アルピナウォーター

アルピナウォーター出典:https://www.alpina-water.co.jp/


アルピナウォーターの料金

水の料金/月※2 料金プラン 842円/7.6L 1,134円/12L 1,771円/18.9L(東京・神奈川・埼玉・千葉・茨城) 1,879円/18.9L(栃木・群馬・福島)
※12L、18.9Lはトーエル配送エリア(東京、神奈川、千葉、埼玉、茨城)のみ
12L×2本使用(2人目安) 月2,268円/1日75円
12L×3本使用(3人目安) 月3,402円/1日113円
12L×4本使用(4人目安) 月4,536円/1日151円
12L×5本使用(5人目安) 月5,670円/1日189円
初期費用 合計 0~660(11,600)円
設置料金 0円(水素水サーバーのみ11,000円)
月額費用 合計 629~2,389円(8,989円)
サーバーレンタル料金 629~1,729円
メンテナンス料金 0円(水素水サーバーのみ2年に1回6,600円)
配送料 トーエル配送エリア:0円 
北海道、九州、四国:660円
本州:385円
最低利用期間 1年
最低利用期間内に解約した場合にかかる解約金 解約もしくは機種変で11,000円
※エリアと機種によって条件あり
※表示金額はすべて税込み。※2 1人あたりの利用量400ml/日で算出。

\アルピナウォーターをもっと知りたい/


アルピナウォーターのキャンペーン情報

新規全員プレゼントキャンペーン
適用条件
WEBより新規申込の方
特典
・初回ボトル最大4本無料
・初月サーバーレンタル無料
・ピュアハワイアンボトル(320ml×24本)プレゼント
※対象:エコサーバー、スタンダードサーバー
期間
2022年6月30日まで
水素水サーバースタートキャンペーン
適用条件
新規お申込みで水素水サーバーを契約した方
特典
・初回導入設置料が半額(税込11,000円 → 税込5,500円)
※トーエルの他サービス(LPガス・電気・インターネット)を一緒にご利用の場合、セット割適用で0円に!
・ステンレスボトル1本プレゼント
・ピュアハワイアンボトル(320ml×24本)プレゼント
期間
2022年6月30日まで
乗り換えキャンペーン
適用条件
他社から乗り換えること
特典
・現金5,000円キャッシュバック
・初回お届けボトル最大4本無料
・初月サーバーレンタルが無料
・ピュアハワイアンボトル(320ml×24本)プレゼント
期間
2022年6月30日まで

\スタンダードサーバーを詳しくみてみる/

編集部のスタンダードサーバーの紹介まとめ

北アルプスのお水を安く提供することにこだわったスタンダードサーバーです。
機能面はとてもシンプルで、とにかく安くおいしいお水が飲みたいという人向けのサーバーですね。

\スタンダードサーバーを詳しくみてみる/

ウォーターサーバーがある暮らし編集部

当サイトでは様々なユーザーのライフスタイルに応じて、編集部のおすすめウォーターサーバーを紹介しています。
それらの記事を参考に、まずは自分がウォーターサーバーに何を求めているのかを洗い出したうえで、各社公式サイトを見比べ自身に合ったサービスを探すようにしましょう。