TOP » フレシャスのdewoサーバー
2022/05/10 更新
フレシャスdewo(デュオ)

dewoはデザイン性や機能面を追求した、人気の床置き型ウォーターサーバーです。

この記事では、家電総合アドバイザーの大岩俊之さんに聞いた、フレシャスdewoの特徴をご紹介します。

オススメのポイントを聞いた専門家

家電製品総合アドバイザー 大岩俊之 さん
家電製品総合アドバイザー 大岩俊之 さん
家電コンサルタントとして『家電の購入』アドバイスや、『家電の賢い買い方』のアドバイスなどに加え、『家電の達人』として、メーテレ、東海テレビなどに、複数回テレビ出演した経験を持つ。家電総合アドバイザー・スマートマスター・フォトマスター検定などの試験対策講座なども手がける。

dewo(デュオ)は洗練されたデザインのウォーターサーバー

洗練されたデザインのサーバー
画像提供:dewo フレシャス公式

dewoは、世界的に活躍するデザイナーの安積伸氏が設計し、グッドデザイン賞(2018年)とキッズデザイン賞(2015年)を受賞しています。

丸みを帯びた美しいフォルムが特徴的で、見た目はウォーターサーバーとは思えないほどスタイリッシュ。
デザイン性が高いだけに、このサーバーに合わせて、リビングをオシャレにするくらいの工夫が求められるかもしれませんね。

\dewoを詳しくみてみる/

使いやすさへのこだわり

使いやすさへのこだわり
画像提供:dewo フレシャス公式

上面に配置された注水ボタンは操作しやすさがポイント。大きく腰をかがめることなく楽に注水できるよう計算されています。
また、水受け皿は鍋が置けるくらいのワイドトレイ。

ユーザー目線に立ち、細部まで使いやすさに配慮したデザインがされています。

カラーは充実の5色

カラーは充実の5色
画像提供:dewo フレシャス公式

色の種類も充実しており、ウォーターサーバーにはあまり見かけない、以下のカラーバリエーションが用意されています。

スカイグレー 少しくすみのある白を基調としたカラーリングで、給水部が淡いグレーのデザイン。
メタリックブラック マットブラックでも光沢感があり、高級感のある雰囲気。
ミルキーベージュ ホワイトと明るいベージュの配色。温かみのある印象。
ペールブルー 淡いブルーで、白い壁紙や家具との相性も良い。
ローズトープ くすみがかったピンク色で、トレンド感もある印象。

日本の住宅になじみやすい、淡いカラーが選ばれているようです。

省エネ設計で電気代節約

省エネ設計で電気代節約
画像提供:dewo フレシャス公式

dewoには光センサーが搭載されています。センサーで部屋の明るさを感知するとSLEEP機能がオンになり、無駄な電気代をカット。
また温水、冷水のタンクが分離しているので、熱干渉による余分な電気代もかかりません。

水は扱いやすい7.2L

水は扱いやすい7.2L
画像提供:dewo フレシャス公式

dewoは7.2Lの軽量水パックが使用されており、女性や年配の方でも簡単に交換できる工夫がされています。
この軽量パックはボトル型と違い、置くだけで簡単に設置でき、捨てるときも非常にコンパクトにたためますので邪魔になりません。

ただ、水の使用量が多い場合は、交換の頻度が増え少し面倒かもしれませんね。

フレッシュ機能でいつでも清潔

フレッシュ機能でいつでも清潔
画像提供:dewo フレシャス公式

FRESHボタンを押すと、サーバー内を温水が循環し内部の清潔を保ちます。
また「オートピュアキープシステム」にしておけば、5日ごとに自動でサーバー内に水が循環。

定期的なメンテナンスを行わない分、サーバー内をクリアに保つ機能が搭載されているので安心して長く利用できるのです。
※フレッシュ機能動作中は出水ができません

\dewoを詳しくみてみる/

サーバーの機能・料金

サーバーの機能・料金
画像提供:dewo フレシャス公式

ウォーターサーバー名 dewo
メーカー名 フレシャス
水の種類 天然水
ボトル(供給)の種類 宅配型使い捨てパック
家電のプロの評価 ★★★★★ 5
費用 初期費用 0円
レンタル料 0円
※前月0~1箱の利用で550円
消費電力 冷水=80W/温水=350W
水代 富士(7.2L):1,248円
朝霧(7.2L):1,231円
木曽(7.2L):1,264円
注文ノルマ なし
ボトル配送料 無料
解約金 1年未満:16,500円
1年~2年未満:9,900円
仕様 カラー スカイグレー
メタリックブラック
ペールブルー 
ローズトープ
ミルキーベージュ
ボトルサイズ 7.2L
サイズ(幅×奥×高) 29cm×36.3cm×112.5cm
(蓋を開けた高さ:137.5cm)
重量 20kg
機能 フレッシュ機能
チャイルドロック
ワイドトレイ
静音設計
省エネ機能
メンテナンス なし

※表示金額はすべて税込み。

dewoを他のウォーターサーバーと比較

スマホでご覧の方はスクロールできます >>>

サーバー名 dewo dewo mini Slat+cafe Slat SIPHON+
画像 dewo dewo mini slat+cafe slat SIPHON
サーバータイプ 床置き型 卓上型 床置き型 床置き型 床置き型
卓上型
サーバーレンタル料 0円 0円 0円 0円 0円
カラー スカイグレー
メタリックブラック
ペールブルー
ローズトープ
ミルキーベージュ
ローズトープ
スカイグレー
カッパ―ブラウン
メタリックブラック
マットホワイト
マットブラック
マットホワイト
マットブラック
クールホワイト
ショコラブラウン
クールブラック
シャイニーホワイト
パールピンク
ミルキーベージュ
サイズ(幅×奥×高) 29.0cm×36.3cm×112.5cm
(蓋を開けた高さ:137.5cm)
25.0cm×29.5cm×47.0cm
(蓋を開けた高さ:67.0cm)
29.0cm×35.0cm×111.0cm 29.0cm×35.0cm×111.0cm <ロング>
30.0cm×34.0cm×122.5cm
(蓋を開けた高さ:147.5cm)

<ショート>
30.0cm×34.0cm×77.5cm
(蓋を開けた高さ:102.5cm)

重量 20kg 7.3kg 25.5kg 24kg ロング:18.1kg
ショート:15.1kg
機能 フレッシュ機能
チャイルドロック
ワイドトレイ
静音設計
省エネ機能
チャイルドロック
ワイドトレイ
静音設計
省エネ機能
UV LED搭載
カフェ機能
リヒート機能
エコ機能
静音設計
足元ボトル
チャイルドロック
リヒート機能
エコ機能
静音設計
足元ボトル
チャイルドロック
UV LED殺菌
チャイルドロック
エコ設計

※表示金額はすべて税込み。

\他サーバーをもっと知りたい/

dewoが使えるのは・・・

フレシャス

フレシャス出典:https://www.frecious.jp/


フレシャスの料金

水の料金 料金プラン
(1パックあたり)
999円/4.7L
※対応サーバー:dewo mini
1,231~1,264円/7.2L
※対応サーバー:dewo、SIPHON+
1,627円/9.3L
※対応サーバー:Slat、Slat+cafe
初期費用 合計 0円
設置料金 0円
月額費用 合計 0~1,320円
サーバーレンタル料金 前月3箱以上利用の場合:0円
前月0~2箱利用の場合:550~1,320円
メンテナンス料金 0円
配送料 0円
最低利用期間 2年
最低利用期間内に解約した場合にかかる解約金 1年未満の場合:16,500円
1年~2年未満の場合:9,900円
※表示金額はすべて税込み。

\フレシャスをもっと知りたい/


フレシャスのキャンペーン情報

全員プレゼントキャンペーン
適用条件
キャンペーン期間中にWEBまたは電話にて、対象製品を新規申し込んだ方
特典
・初回お届けの水1箱無料!
・さらに、FRECIOUSオリジナル「マルチ保存BOX」もプレゼント!
※対象製品:Slat+cafe、dewo、dewo mini、Slat、SIPHON+、AQUWISH
※フレシャスグッズは予定数に達し次第終了します。
期間
2022年5月29日まで
ウォーターサーバー乗り換えサポート!
適用条件
・他社ウォーターサーバーをご利用中でフレシャスを新規でご契約される方
・フレシャスの支払方法がクレジットカードの方
※対象外のウォーターサーバー:フレシャスブランド、AQUWISH、ダイワハウスグループ「EMISUI」、なちゅみず本舗、エアーレス・ウォーター、ロハスタイル「LOHASUI」、WUU!、First water、Aqpina(アクピナ)、うるのん with LOHASUI
※支払方法が代引きの場合はキャンペーン対象外
特典
・他社サーバー解約時に発生する解約金(違約金)を最大16,500円キャッシュバック!
・また、対象サーバーの申込の場合、初回の水1箱が無料に!
※コラボサーバー(ワンピース、リラックマ、ミッフィー)は水1箱無料対象外。
期間
2022年5月29日まで

\dewoを詳しくみてみる/

編集部のdewoの紹介まとめ

dewoは世界的なデザイナーが設計した丸みを帯びたオシャレなサーバーです。水は上置きながら、重さを考えて7.2Lの軽量パックが使用されています。この軽量パックは、置くだけで簡単に設置でき、捨てるときも簡単です。

\dewoを詳しくみてみる/

ウォーターサーバーがある暮らし編集部

当サイトでは様々なユーザーのライフスタイルに応じて、編集部のおすすめウォーターサーバーを紹介しています。
それらの記事を参考に、まずは自分がウォーターサーバーに何を求めているのかを洗い出したうえで、各社公式サイトを見比べ自身に合ったサービスを探すようにしましょう。