TOP » ワンウェイウォーターの口コミ評判まとめ
2022/05/19 更新
ワンウェイウォーターの口コミ評判まとめ

ワンウェイウォーターは、RO水と天然水、どちらの水も取り扱っているウォーターサーバーメーカーです。

水ボトルの配送料はかからず、サーバーには電気代を削減できる機能も搭載されているため、家族利用向けで、コスパのいいウォーターサーバーをお探しの方におすすめ

この記事では、ワンウェイウォーターの特徴やメリット・デメリット、利用にかかる費用や解約金、口コミ評判など、幅広い情報をお伝えしているのでぜひ参考にしてみください。

\ワンウェイウォーターを詳しくみてみる/

ワンウェイウォーターとは?

ワンウェイウォーター

ワンウェイウォーター出典:https://onewaywater.com/

ワンウェイウォーターでは、サーバーレンタル料不要の宅配水型ウォーターサーバーを提供しています。

初期費用や配送料、メンテナンス代もかからないため、水代と電気代だけで利用できるのが魅力です。※

まずは、ワンウェイウォーターのウォーターサーバーを詳しくご紹介していきます。

※smartプラスは初回に出荷手数料1,100円(税込)がかかります。

ワンウェイウォーターのウォーターサーバーは2種類!

ワンウェイウォーターのウォーターサーバーは2種類!
画像提供:ワンウェイウォーター公式

ワンウェイウォーターが提供しているサーバーは、「smartプラス」と「smart」の2種類です。

それぞれの特徴を紹介していきます。

smartプラスサーバーの特徴は?

smartプラスサーバーの特徴は?
画像提供:ワンウェイウォーター公式

サーバー名 smartプラス
サーバータイプ 床置型
サイズ(幅×奥行×高さ) 30cm×34cm×110cm
重量 約20kg
カラー ホワイト・ピンク・ブラック(3色)
温度 冷水:6℃~10℃
温水:80℃~90℃
電気代 約474円(エコモード1日2回使用時)
タンク容量 温水タンク:1.6L
冷水タンク:1.25L
搭載機能 足元ボトル交換、クリーンエア、クリーンサイクル、エコモード、チャイルドロック、静音
メンテナンス 不要

smartプラスは、スタイリッシュな見た目かつ安心して使えるような設計になっており、グッドデザイン賞を受賞しています。

サーバーの設計について詳しくご紹介すると、まず特許取得のクリーンエア・クリーンサイクルシステムを導入したWクリーン機能で水の鮮度をキープ。
また、サーバーの足元にボトル設置部分があるため、簡単に交換可能です。
ほかにも、冷水・温水両方にチャイルドロックがかけられたりと、お年寄りや子どものいるご家庭でも快適に使用できるようになっています。

smartサーバーの特徴は?

smartサーバーの特徴は?
画像提供:ワンウェイウォーター公式

サーバー名 smart
サーバータイプ 床置型
サイズ(幅×奥行×高さ) 30cm×34cm×110cm
重量 約20kg
カラー ブラック・ホワイト・ベージュ・ピンク・グリーン(5色)
温度 冷水:6℃~10℃
温水:80℃~90℃
消費電力 冷水:85W 温水:350W
タンク容量 温水タンク:1.6L
冷水タンク:1.25L
搭載機能 足元ボトル交換、クリーンエア、エコモード、チャイルドロック、静音
メンテナンス 不要

smartは、本体カラーを5色展開しているため、お部屋になじみやすいホワイトやブラックはもちろん、アクセントにもなるかわいらしいカラーも選べるのが魅力。

サーバー内に取り込む空気をきれいにするクリーンエアシステムがついており、開封後タンク内に入った水が雑菌を含んだ空気と触れることを防ぎます。

smartプラス同様コンパクトなサイズ感(幅30㎝×奥行34㎝)であり、足元ボトル交換やチャイルドロックなどの機能を標準搭載していますよ。

\ワンウェイウォーターを詳しくみてみる/

ワンウェイウォーターの水にはどんな魅力がある?

ワンウェイウォーターの水にはどんな魅力がある?

ワンウェイウォーターのサーバーについてチェックしたところで、ここからは取り扱っている水について見ていきましょう。

魅力① 天然水は富士・奥京都・日田の3つから選べる

魅力① 富士・奥京都・日田の3つの天然水から選べる
画像提供:ワンウェイウォーター公式

ワンウェイウォーターでは、採水地が異なる3種類の天然水から選べます。

ラインナップは、バナジウムが含まれる富士銘水「彩(SAYA)」、バランスの良いまろやかな味わいの京都三岳山麓「京の湧水」、亜鉛や有機ゲルマニウムが含まれる九州日田「天寿の水」。味の好みや含有成分から、自分好みの天然水を選んでみましょう。

ちなみに、健康や美容のためにと注目されているバナジウム。そんなバナジウムを含む天然水を取り扱っているメーカーは以下の通りです。気になる方はぜひ参考にしてみてください。

メーカー 100mlあたりのバナジウム含有量
ワンウェイウォーター 富士山銘水「彩(SAYA)」:6.1μg
フレシャス 富士: 7.9μg、朝霧高原: 18μg
プレミアムウォーター 富士:7μg、富士吉田:9.1μg
ふじざくら命水 5.9μg

魅力② 天然水から生まれたお手頃価格のRO水もあり

魅力② 天然水から生まれたお手頃価格のRO水もあり
画像提供:ワンウェイウォーター公式

ワンウェイウォーターでは、天然水をROフィルターでろ過したRO水「プラスプレミアム」も選べるのが特徴です。

1000万分の1mmの極小浄化孔フィルター逆浸透膜(RO膜)でろ過しており、一般の浄水器では取り除けない環境ホルモンまで除去できます。

天然水由来のミネラル成分
画像提供:ワンウェイウォーター公式

さらに、天然水由来のミネラル成分を程よく残しつつ、不純物は取り除く製法により、おいしさもキープ。

水道水は一切使用せず、天然水をろ過することでうまみと安全性を両立しています。

魅力③ 空ボトルは自宅で処分可能!収縮するのでかさばらない

魅力③ 空ボトルは自宅で処分可能!収縮するのでかさばらない
画像提供:ワンウェイウォーター公式

ワンウェイウォーターは、空ボトルを家庭用ごみとして処分できるワンウェイ方式を採用しています。

さらに、水が減ると収縮していくボトルなので、ごみの収集日まで部屋に置いておいてもかさばらないのが魅力。

業者による空ボトルの回収を待つ必要もないため、お部屋のスペースに余裕がない方でも導入しやすいです。

\ワンウェイウォーターを詳しくみてみる/

ワンウェイウォーターにかかる費用一覧

ウォーターサーバーにかかる費用

ワンウェイウォーターを利用するには、どれくらいのお金がかかるのでしょうか?
気になる費用についてまとめました。

ワンウェイウォーターの月額費用はいくらかかる?

ワンウェイウォーターにかかる月々の費用は、以下の通り。

サーバーレンタル料 0円
水代 プラスプレミアム:4,050円~
天然水:4,104円~
配送料 0円
電気代(目安 400〜1,000円前後
月額費用の合計 4,450円〜

※表示金額は全て税込み(1回当たり2本を20日間隔で配送)

ワンウェイウォーターは、サーバーレンタル料や水配送料がかからないため、水代と電気代のみで利用可能です。

水ボトル(12L/本)は、プラスプレミアムで月3本以上、天然水で月2本以上契約する必要があり、最低でも毎月4,050円(税込)の費用がかかります。

電気代は、省エネモードをうまく活用することで、400円程度まで抑えられる設計です。
※smartプラスの場合

配送料はいくらかかる?

ワンウェイウォーターでは、配送料は初回・定期・追加注文すべて無料です。
※ただし、smartプラスのサーバーを利用する場合は、初回のみ出荷手数料として1,100円(税込)がかかります。

利用可能な支払方法は?

ワンウェイウォーターで利用できる支払い方法は、クレジットカード決済と代金引換です。

利用可能クレジットカード会社
VISA・MasterCard・NICOS・JCB・AMERICAN EXPRESS・Diners Club

なお、代金引換を利用した場合は、1配送ごとに330円(税込)の手数料がかかります。

解約金(手数料)はいくらかかる?

ワンウェイウォーターでは、規定利用期間である2年以内に解約した場合に、解約料(手数料)が発生します。

サーバーレンタル料 解約金
規定利用期間2年以内の解約 サーバー引取手数料:9,900円
サーバー交換手数料:5,500円

※表示金額は全て税込み

「もう少し利用していれば解約金がかからなかったのに」となってしまわないように、契約期間はしっかりと把握しておきましょう。

オプションはなにかある?

ワンウェイウォーターでは、保障サポートプランやオプション商品などの提供はありません。

ですが、サポート対応はしっかりしていて、フリーダイヤルのお問い合わせ窓口や、利用者による破損・汚損以外でサーバーが故障した場合は、無料で新しいウォーターサーバーに交換してくれます。

ワンウェイウォーターを選ぶメリット

ワンウェイウォーターを選ぶメリット

ワンウェイウォーターを実際に使った場合の費用について見てきました。

ここからは、ワンウェイウォーターを選ぶメリットについて紹介していきます。

メリット①選べる水の種類が豊富!RO水の価格が安い

ワンウェイウォーターは、RO水と3つの天然水の計4種類から水を選べます。

また、RO水は12Lあたり1,350円(税込)と、同じRO水メーカーと比較しても安めなのが特徴です。(アルピナウォーターは水代のほかサーバーレンタル料が毎月629~1,729円(税込)かかります。)

メーカー RO水12Lあたりの料金
ワンウェイウォーター 1,350円
アルピナウォーター 1,134円
クリクラ 1,460円
アクアクララ 通常プラン:1,512円
2年制プラン:1,404円

※表示金額は全て税込み

水をたくさん使いたいけどコストを抑えたい方はRO水、よりおいしさにこだわりたい方は天然水と、希望に合わせた契約ができますよ。

メリット②足元ボトル設置型のサーバーが無料で使える

ワンウェイウォーターはでは、ボトル交換時に重いボトルを持ち上げる必要がない、足元ボトル設置型の高性能なサーバーを無料でレンタルできます。

ボトル交換は、ボトルをバスケットに乗せ、サーバー内部にスライドさせてセットするだけ!

力に自信がない方やお年寄りの方でも、簡単に交換できるのが魅力です。

メリット③省エネ性能が優秀!月400円台に抑えることも

ワンウェイウォーターのサーバーにはエコモードがついており、うまく活用することで電気代を月400円台に抑えることも可能です。

一般的にサーバーの電気代は月800円〜1,300円程度ですが、その半分以下で利用できますよ。

ワンウェイウォーターは、省エネしたい方や月額費用を抑えたい方におすすめです。

\ワンウェイウォーターを詳しくみてみる/

ワンウェイウォーターを選ぶデメリット

ワンウェイウォーターを選ぶデメリット

ワンウェイウォーターのメリットについて見てきましたが、とくに気になるのはデメリットですよね。

マイナス面も知ったうえで、利用を検討しましょう。

デメリット①水の注文ノルマがある

ワンウェイウォーターでは、RO水のプラスプレミアムで月3本(36L)以上、天然水で月2本(24L)以上の契約が必要です。

プラスプレミアムは12Lあたり1,350円(税込)と確かに安いですが、ノルマ分を頼むと月4,050円(税込)かかり、天然水のノルマ2本の注文とほぼ同じ価格になります。

また2カ月以上注文を休止すると、休止手数料として月額880円/台(税込)がかかります。

そのため、水をあまり使わない方や、とにかく水代を抑えたい方には不向きかもしれません。

一方、毎月36L(1日あたり1.2L)以上水を使う方や利用人数が多い方は、ワンウェイウォーターがおすすめです。

デメリット②停電時に使用できない

ワンウェイウォーターは、足元ボトル設置型のサーバーなので、排出口まで水を吸い上げる際に電気が必要です。そのため、停電時にサーバーで注水できません。

とはいえ、水のストックがあるだけでも役に立つことは間違いなし。災害時の備えとしてサーバーを契約するのもおすすめです。

デメリット③北海道・沖縄・離島では利用できない

ワンウェイウォーターの利用可能地域は本州・四国・九州のみであり、北海道・沖縄・離島への配送は残念ながら行っていません。

引っ越しや転勤の際に、利用できなくなる可能性があるのは残念ですね。

北海道や沖縄にお住まいの方は、プレミアムウォーターアクアクララを利用するのがおすすめです。

\ワンウェイウォーターを詳しくみてみる/

ワンウェイウォーターの口コミ・評判からわかったこと

ワンウェイウォーターの口コミ・評判からわかったこと

ワンウェイウォーターを実際に使ってみた感想はどうなのでしょう。利用者の口コミ評判からわかったことをまとめていきます。

※当サイトの口コミに関する内容は、インターネット上に公開された実際の意見への考察をまとめたものです。契約前に必ず公式サイトを確認してください。

ワンウェイウォーター の良い口コミ評判まとめ

ワンウェイウォーターの良い口コミをまとめると、「水の交換が楽」「水がおいしい」「サーバーがコンパクト」との意見が挙がっていました。

ワンウェイウォーターのサーバーは足元ボトル設置型なので、重いボトルを高く持ち上げる必要のない点が評判です

また、水のおいしさにも定評があり、3種類の天然水はもちろん、RO水のプラスプレミアムの味についても評価が高い印象。

そのなかでもプラスプレミアムは、水道水を一切使用せず天然水をろ過しているため、天然のミネラル分が程よく残っているのがおいしさの秘密と言えます。

価格が安くておいしいプラスプレミアムは、コスパもばっちりですね。

さらに、「サーバーがコンパクトなのでちょっとしたスペースに置ける」「注水口までの高さが低いため、子どもでも使用できる」など、サーバー本体の大きさやデザインについても評価されていました。

ワンウェイウォーター の悪い口コミ評判まとめ

一方、ワンウェイウォーターの悪い口コミをまとめてみると、「サーバーの音がうるさい」「エコモードが6時間で切れる」などの意見が出ていました。

ワンウェイウォーターのサーバーは静音設計との記載がありますが、思っていたよりも音がうるさいとの声が挙がっています。

排出口まで水を汲み上げる音やクリーンシステムの稼働音が気になる方もいるかもしれません。

また、サーバーのエコモードが6時間で切れてしまうため、長時間の外出や旅行時だとお得感があまりないとの意見もありました。

エコモードは手動で設定する必要があり、常時ONにしておけないため、家を空けることが多い方は電気代の節約が思うようにできないでしょう。

ワンウェイウォーターと他社ウォーターサーバーを比較

ワンウェイウォーターは、他社のウォーターサーバーと比較してどうなのでしょうか?プレミアムウォーター(天然水)・クリクラ(RO水)・フレシャス(天然水)と違いを比べてみましょう。

プレミアムウォーター

プレミアムウォーター
出典:プレミアムウォーター公式

プレミアムウォーターは、2022年モンドセレクション優秀品質最高金賞・優秀品質金賞を受賞※した、非加熱処理の天然水を味わえるのが魅力です。

※優秀品質最高金賞:北アルプス・吉野・朝来、優秀品質金賞:富士吉田・富士・金城・南阿蘇(採水地:岐阜北方を除く)
※参照:プレミアムウォーター公式サイト

ワンウェイウォーターと比較すると、プレミアムウォーターは採水地の種類が多いものの、自動指定方式を導入しているので、お住まいの地域によって自動的に採水地が決定されます。

そのため、採水地にこだわりたい方は、自由に選べるワンウェイウォーターのほうが向いているでしょう。

一方、ワンウェイウォーターのサーバーは2種類ですが、プレミアムウォーターは6種類で卓上型も選べるのが特徴です。

サーバーのデザインや機能を重視したい方は、プレミアムウォーターがおすすめですよ。

クリクラ

クリクラ出典:https://www.crecla.jp/

クリクラは、宇宙開発の現場などでも利用されている最先端の逆浸透膜を使用したRO水のみを提供しています。

サーバーレンタル料や配送料がかからないのはどちらも同じですが、RO水12Lあたりの価格はクリクラ1,460円(税込)※、ワンウェイウォーター1,350円(税込)と、水代がお得なのはワンウェイウォーターです。
※クリクラ2年プランの場合

また、ワンウェイウォーターが自宅で空ボトルを処理できるワンウェイ方式なのに対し、クリクラは使い終わったボトルを業者が回収するリターナブルボトル方式を採用。

簡単に捨てられるボトルがよい方はワンウェイウォーター、環境のことも考えたい方はクリクラを選びましょう。


フレシャス

フレシャス出典:https://www.frecious.jp/

フレシャスは、富士など3種類の天然水と、グッドデザイン賞を受賞した使いやすいサーバーを提供しています。

ワンウェイウォーターと比較すると、どちらも採水地は3カ所ですが、フレシャスは富士・朝霧高原・木曽、ワンウェイウォーターは富士・京都三岳・九州日田です。

また、フレシャスはサーバーの選択肢が豊富で、卓上型やコーヒーを入れられるタイプ、ミッフィーやリラックマなどのキャラクターコラボデザインなどから選べるのが特徴です。

採水地やサーバーのデザイン・機能をチェックして、選んでみましょう。

ワンウェイウォーターと他社ウォーターサーバーの比較一覧表

※表記金額は全て税込み。 ※1 最安プランかつ、小数点以下を切り捨てた料金。※2 初期費用=設置費用+その他諸費用 ※3 月額費用=サーバーレンタル料+配送料 ※4 規定利用期間内に解約した場合
比較項目 ワンウェイウォーター プレミアムウォーター クリクラ フレシャス
水の料金/500ml※1 56円 82円 60円 85円
初期費用
(最安値)※2
0円 3,300円 0円~ 0円
月額費用
(最安値)※3
0円 0円 0円 0円
配送料 無料 無料
※一部地域を除く
無料 無料
無料メンテナンス
解約金※4 9,900円 10,000~20,000円 12,100~15,000円 9,900~16,500円
水の種類 天然水、RO水 天然水 RO水 天然水
硬度 30~68mg/L 25~83mg/L 30mg/L 24mg/L
水質・放射能検査
機能の豊富さ
取扱サーバータイプ 床置き型 床置き型
卓上型
床置き型
卓上型
床置き型
卓上型
水ボトルの注文方式 ワンウェイ方式 ワンウェイ方式 ワンウェイ方式
リターナブル方式
ワンウェイ方式
最低利用量 2~3本 2本 なし なし
補償サービス なし あり あり なし

よくある質問

水のお届け日の指定はできますか?

お届け日の指定はできませんが、出荷日の指定は可能です

出荷日から1~2日後にお届け 出荷日から2~3日後にお届け
滋賀・京都・大阪・兵庫・奈良・香川・徳島 青森・岩手・秋田・宮城・山形・福島・茨城・栃木・群馬・埼玉
千葉・東京・神奈川・山梨・長野・新潟・富山・石川・福井・静岡
愛知・岐阜・三重・和歌山・島根・鳥取・岡山・広島・山口・高知
愛媛・福岡・佐賀・長崎・大分・熊本・宮崎・鹿児島
サーバーが故障・破損してしまった場合はどうしたら良いですか?
すみやかに、お客さまセンターに連絡を入れましょう。
お客さまセンター:0120-60-1407(平日9:00〜18:00、土日9:00〜17:00)
利用者による破損・汚損でなければ、無料で新しいサーバーに交換してもらえます。
解約したいときはどうすれば良いですか?
お客さまセンターか、定期配送サービスキャンセルフォームに連絡をしましょう。
お客様センター:0120-60-1407(平日9:00〜18:00、土日9:00〜17:00)
定期配送サービスキャンセルフォーム

ワンウェイウォーターメーカー紹介と口コミ評判まとめ

今回は、ワンウェイウォーターの利用料金や口コミ、メリット・デメリットなどについて紹介しました。

ワンウェイウォーターは、お得でおいしいRO水・プラスプレミアムや、省エネ性能の優秀なサーバーを提供しているのが魅力。

水のノルマがあったり、利用地域が限られたりする点は少し残念ですが、たくさんお水を使う(1日1.2L以上)方や利用人数が多い方、転勤や引っ越しすくない方にはおすすめです。

本記事を見て、ワンウェイウォーターが気になった方は、ぜひ利用をスタートしてみてはいかがでしょうか。

\ワンウェイウォーターを詳しくみてみる/

ワンウェイウォーターの詳細情報まとめ

ワンウェイウォーター

ワンウェイウォーター出典:https://onewaywater.com/


ワンウェイウォーターの料金

水の料金/月※2 料金プラン RO水
プラスプレミアム:1,350円/12L
天然水
富士の名水「彩(SAYA)」:2,052円/12L
京都三岳山麓「京の湧水」:2,052円/12L
九州日田「天寿の水」:2,052円/12L
12L×2本使用(2人目安) 月2,700円/1日90円
12L×3本使用(3人目安) 月4,050円/1日135円
12L×4本使用(4人目安) 月5,400円/1日180円
12L×5本使用(5人目安) 月6,750円/1日225円
初期費用 合計 0~1,100円
設置料金 0円
※smartプラスのウッド、ライトウッドは初回出荷手数料:1,100円
月額費用 合計 0円
サーバーレンタル料金 0円
メンテナンス料金 0円
配送料 0円
※北海道、沖縄、離島は配達対象外
最低利用期間 2年
最低利用期間内に解約した場合にかかる解約金 サーバー引取手数料:9,900円
サーバー交換手数料:5,500円
※表示金額はすべて税込み。※2 1人あたりの利用量400ml/日で算出。

ワンウェイウォーターの水・サーバー情報

スマホでご覧の方はスクロールできます >>>
水の種類 天然水・RO水
水の産地 大分、静岡、京都
含有ミネラル
(100mlあたり)
天寿の水
カルシウム:1.66mg
ナトリウム:4.88mg
マグネシウム:0.48mg
カリウム:0.8mg
有機ゲルマニウム:4μg / L
亜鉛:160μg / L
※採水地によって異なる。こちらは天寿の水の成分表
水質・放射能検査 放射能検査:2ヶ月に1回
機能 冷水、温水、クリーンサイクルシステム、クリーンエアシステム、チャイルドロック、省エネ機能 など
タイプ 床置き型
サイズ(幅×奥×高)
smartプラス(床置):30cm×34cm×110cm
smart:30cm×34cm×110cm
最低利用量 2本
注文方法 ワンウェイ方式
補償サービス なし

ワンウェイウォーターのキャンペーン情報

新規ご契約キャンペーン
適用条件
新規ご契約した方
特典
・アンケートに答えてもらえる!「ホテルオークラ バウムクーヘン」
・もれなくもらえる!「アマノフーズ おみそ汁6食セット」
期間
2022年5月31日まで

\ワンウェイウォーターを詳しくみてみる/


この記事を書いた人

ウォーターサーバーがある暮らし編集部
ウォーターサーバーがある暮らし編集部
生活の質を上げる(QOL)ことができて、さらには便利で水も美味しいウォーターサーバー。ひとりひとりのライフスタイルにピッタリのウォーターサーバーを選んでもらうために情報を発信しています。