TOP » 信濃湧水・スタンダードサーバー
2022/01/12 更新
信濃湧水スタンダードサーバー

信濃湧水には2種類のウォーターサーバーがあり、それぞれ特徴が異なります。

今回はそんな信濃湧水の基本となるウォーターサーバースタンダードサーバーにどのような特徴やメリットがあるのかを中心に見ていきましょう。

さらに、家電総合アドバイザーの大岩さんにスタンダードサーバーのイチオシポイントを聞いてみました。

オススメのポイントを聞いた専門家

家電製品総合アドバイザー 大岩俊之 さん
家電製品総合アドバイザー 大岩俊之 さん
家電コンサルタントとして『家電の購入』アドバイスや、『家電の賢い買い方』のアドバイスなどに加え、『家電の達人』として、メーテレ、東海テレビなどに、複数回テレビ出演した経験を持つ。家電製品アドバイザー・スマートマスター・フォトマスター検定などの試験対策講座なども手がける。

信濃湧水のスタンダードサーバーとは?

まずはスタンダードサーバーの基本情報と評価についてまとめます。

信濃湧水

信濃湧水出典:https://shinanoyusui.jp/

スタンダードサーバーの基本の仕様と評価

スタンダードサーバーの基本の仕様と評価
引用:https://shinanoyusui.jp/server/

サーバー名信濃湧水スタンダードサーバー
家電のプロの評価★★★★☆3.0
サーバーレンタル料0円
カラーホワイト
サイズ(幅×奥×高)27cm×37cm×100cm
重量15kg
1ヶ月の電気代約800円~
機能チャイルドロック

エコサーバーが消費電力を抑えたウォーターサーバーなのに対して、スタンダードサーバーは省エネ設計ではないものの、温水や冷水の温度が重要視されています。

信濃湧水のスタンダードサーバーの特徴・メリット

信濃湧水のスタンダードサーバーの特徴・メリット

まずは、信濃湧水の特徴やメリットについてご説明します。

チャイルドロック機能が付いているので心配いらず

温水の出る蛇口にはロック機能が備え付けられており、注水レバーを押しただけではお湯が出ない仕組みとなっています。

温水は85°C程度にもなるため、誤って利用すると火傷の危険性がありますが、チャイルドロックが設けられているため火傷の心配がほとんどありません。

もちろん、チャイルドロックがあっても、誤って利用する可能性はゼロでないため注意しておきましょう。

温水・冷水どちらもすぐに出せる

通電していれば、いつでも約85°Cの温水と約5℃の冷水が利用できます。

どちらも安定した温度を保っているため、ウォーターサーバーとしての機能を十分に発揮します。

通電していることで温度を保っているため、停電時は常温になってしまいますが、エコサーバーよりも温度面で優れています。

レンタル料金が無料

スタンダードサーバーは、ウォーターサーバーのレンタル料金がかかりません。ただし、レンタル料を無料にするためには、購入本数の条件をクリアする必要があります。

他社のウォーターサーバーでは、レンタル料金が必要になるケースは多々あるため、それらと比較すると、無料で利用できることはメリットでしょう。

卓上・床上が選べる

卓上・床上が選べる
引用:https://shinanoyusui.jp/server/

ウォーターサーバーといえば、床上に置くものが一般的ですが、スタンダードサーバーには卓上と床上の2種類があります。

卓上サーバーならば設置場所を選ばないため、部屋のインテリアに合わせてウォーターサーバーを設置しやすくなるでしょう。

大岩さんからのコメント

北アルプスのお水を安く提供することにこだわったスタンダードサーバーです。

エコモードや温水循環自動クリーンシステムなどを省き、安く提供することにこだわっています。2年に1度無料メンテナンスが付いています。

信濃湧水のスタンダードサーバーのデメリット

信濃湧水のスタンダードサーバーのデメリット

信濃湧水のスタンダードサーバーにはデメリットもあるため、こちらについても解説します。

ボトルについているラベルが邪魔

信濃湧水は、ボトルにラベルが巻きつけてあります。

このラベルをはがさずに利用すると、一目で「信濃湧水」だとわかってしまう点がデメリットです。

人によってはインテリアの邪魔だと感じる人もいるでしょう。

自動クリーニング機能やECOモードがない

スタンダードサーバーは、エコサーバーのような自動クリーニング機能やECOモードがありません。搭載されている機能が少ない点では、エコサーバーと比較してデメリットだといえます。

ただ、自動クリーニング機能はないものの、無料メンテナンスはエコサーバーとは違い2年に1度です。ですので、スタンダードサーバーを使用する場合は、最低限必要なクリーニングは自分で行い、無料メンテナンスを待つようにしましょう。

大岩さんからのコメント

ECOモードがないため電気代にこだわる方は気になるかもしれません。

温水循環自動クリーンシステムもありませんが、2年に1度無料メンテナンスが付いていますので、メンテナンスでカバーしている感じでしょうか。

安くおいしいお水が飲みたいという方向けのサーバーですね。使い切りのワンウェイボトルを使用していて、使い捨てなのは嬉しい点です。

信濃湧水のサーバー別におすすめな人をご紹介

信濃湧水のサーバーは、それぞれどのような人におすすめなのかをご紹介します。

スマホでご覧の方はスクロールできます >>>
サーバー名エコサーバースタンダードサーバー卓上サーバー
画像信濃湧水エコサーバー信濃湧水スタンダードサーバー信濃湧水卓上サーバー
サーバーレンタル料300円0円0円
カラーホワイトホワイトホワイト
サイズ(幅×奥×高)31cm×33cm×100cm27cm×37cm×100cm30cmx31cmx58.4cm
重量17kg15kg12.5kg
1ヶ月の電気代約472円約800円約800円
機能二重チャイルドロック
自動クリーニング
ECOモード
チャイルドロック
チャイルドロック

信濃湧水のエコサーバーがおすすめな人

信濃湧水のエコサーバーは、できるだけ電気代を抑えたい人におすすめです。

エコサーバーなら、最大で42%の消費電力をカットできるため、電気代を気にせず利用したい人におすすめです。

また、エコサーバーには2種類のロック機能が搭載されているため、子どもの誤操作を防止したい人にもおすすめです。

信濃湧水のスタンダードサーバーがおすすめな人

スタンダードサーバーは、サーバーのレンタル料金が無料です。

電気代よりもサーバーのレンタル料金が気になる人は、スタンダードサーバーを選択するようにしましょう。

また、スタンダードサーバーはエコサーバーよりも設定温度の面で優れています。

温水や冷水の温度にこだわっている人もスタンダードサーバーがおすすめです。

信濃湧水スタンダードサーバーまとめ

今回は、信濃湧水のスタンダードサーバーについて説明しました。

ウォーターサーバーの中でも水温にこだわったもので、一定温度に保たれた水が利用できます。

また、レンタル料金が無料に設定されているため、エコサーバーよりも料金面で使いやすいでしょう。

\信濃湧水を詳しくみてみる/