【評判は?】ギガトラWiFiの口コミ〜7つのメリットデメリットまで全てを解説!

マサ
マサ
おすすすめのポケットwifiを紹介する総合メディア「Excite WiMAX比較」のライターマサです。

数あるポケットWiFiの中でも「ギガトラWiFi」への申し込みを検討していますか?

違約金不要や端末不要などのメリットはありますが残念ながらデメリットの多いサービスなので申し込みを検討しているなら注意が必要です。

今回はギガトラWiFiの口コミ評判の他メリット・デメリットを詳細に解説します。なお解約方法についても触れているのでぜひ参考にしてください!

ギガトラWiFiとは?基本項目をまずは知ろう!

← 横にスクロールできます →
ギガトラWiFiの基本情報
月額料金(税込)4,180円(※カッコ内はおまとめ割の最低料金)
事務手数料4,180円
契約期間1ヶ月~
支払い方法クレジットカード
容量制限ルーターセット料金プラン:100GB/月
SIMのみ料金プラン:90GB/月
通信速度最大612Mbps
端末602HW
FS030WMB1
G3000
キャンペーンクーポン適用による月額料金割引
使用回線softbank
海外利用不可
会社名株式会社GLANZ
住所本社:〒150-0013 東京都渋谷区恵比寿1-15-9 シルク恵比寿ビル4階
電話番号03-6883-7222
公式HPギガトラWiFi
おすすめ度 3.8

株式会社GLANZが提供するポケットWiFiが「ギガトラWiFi」です。ソフトバンク回線に対応した端末およびSIMカードを扱っています。

まとめ払いで支払うと通常料金よりもお得になる点や解約にあたり違約金が不要な点はメリットですが基本的にデメリットの多いサービスです。

下記にそのマイナスポイントをまとめているので注目してください。

ギガトラWiFiのマイナスポイント
  1. SIMのみプランを選択しても月額料金は他社より高い!
  2. SIMのみプランでテザリングが使えない!
  3. 初期費用が他社と比べて高い!
  4. 口座振替に対応していない!
  5. 海外でインターネットを使えない!

以上のデメリットがあります。特にルータープランを選ぶ理由があまりないので、ポケットWiFiをお探しの方は他社サービスの利用をおすすめします。

下記ボタンの飛び先でおすすめポケットWiFiを紹介しているので、参考にしてみてくださいね。


おすすめポケットWiFi紹介記事はこちら!

ギガトラWiFiのネット上での悪い口コミ・良い評判を紹介!

ギガトラWiFiのネット上で伝えられている口コミ評判を紹介します。悪い口コミと良い評判をそれぞれお伝えするので参考にしてください。次からひとつずつ紹介します。

悪い口コミ例1.通信速度が非常に遅い…

悪い口コミのひとつ目は通信速度に関するものです。

通信速度が遅いと、動画の視聴などデータ使用量が大きいコンテンツは特に不便になりますね。

悪い口コミ例2.いまいち遅い…

こちらも速度に関するネガティブな口コミでした。「イマイチ遅い気がする」と投稿者は感じているようです。

悪い口コミ例3.日割料金に対応していない…

投稿者は日割り料金に対応していないことについて述べています。日割り計算がないため利用開始が月末になりそうな場合は翌月からの利用をおすすめします。

良い口コミ例1.クーポン適用で結構安い!

クーポンを利用すると安いと投稿者は伝えています。ギガトラWiFiは申し込み時に割引クーポンを利用でき本来の月額料金よりもお得に使えます。

良い口コミ例2.SIMのみプランが安くてお得!

こちらの投稿者はSIMのみプランがお得だと伝えています。自身でSIMフリー端末を準備できるならSIMのみプランはルーターセットプランよりもお得に使えます。

ギガトラWiFiの口コミ評判まとめ

ギガトラWiFiの口コミ評判を見てもらったところでそのまとめに入ります。

悪い口コミでは「速度が遅い」というネガティブな意見が目立ちました。また日割り計算に対応していないためその不便さにについて触れられているツイートも目にしました。

一方よい口コミでは「クーポンがお得」や「SIMのみプランがお得」などの料金に関するポジティブなツイートが目立った感じです。

残念ながらギガトラWiFiに関しては良いものより悪い口コミが目立つ印象です。そのためこの後紹介するデメリットは特に注意し目を通してください。

ギガトラWiFiを契約する5つのデメリットを解説!

口コミの結果がいまひとつだったギガトラWiFiですがここでは具体的なデメリットに焦点を当て解説します。

特に料金が他社よりも高い点については注意してください。次からひとつずつお伝えします。

①:SIMのみプランを選択しても月額料金は他社より高い!

← 横にスクロールできます →
ギガトラWiFiルーターセットSIMセット
実質月額(税込)一括払い(税込)実質月額(税込)一括払い(税込)
期間なし4,180円4,180円4,070円4,070円
3ヶ月4,070円12,210円3,960円11,880円
6ヶ月3,960円23,760円3,850円23,100円
12ヶ月3,850円46,200円3,740円44,880円
通信量100GB/月90GB/月
参考:他社ポケットWiFi料金
Mugen WiFi月額3,293円 通信量100GB/月
※ルーター付き
どこよりもWiFi
(段階定額制)
月額最大3,400円 通信量100GB/月
※ルーター付き

ギガトラWiFiひとつ目のデメリットは月額料金が他社と比較し高いということです。

ギガトラWiFiには一定期間分の料金をまとめて支払うと割引される制度があり、最長の12ヶ月分まとめて払うと最安で実質月額3,740円で使用可能です。

ですが、この最安3,740円でも他社のポケットWiFiと比べると割高です…。更に、12ヶ月分まとめて払うため、その間に解約してしまうと損してしまいます。

月額料金を重視する場合、MugenWiFiなどの他社ポケットWiFiを利用した方が良いでしょう。

②:テザリングが使えない!

← 横にスクロールできます →
ギガトラWiFiUQモバイルワイモバイル
テザリング不可

ギガトラWiFiの2つ目のデメリットはテザリングができないことです。

テザリングとはスマートフォンなどのデータ通信を利用しパソコンやタブレットなどの機器をインターネットに接続することです。

ギガトラWiFiのSIMをスマートフォンに挿入してもテザリングは行えません。公式サイトを見てもテザリングオプションは提供していないと記載されています。そのため注意してください。

どうしもてテザリングを希望するならUQモバイルやワイモバイルなどの格安SIMの申し込みをおすすめします。

③:初期費用が他社と比べて高い!

← 横にスクロールできます →
ギガトラWiFiワイモバイル
ポケットWiFi
ソフトバンク
ポケットWiFi
契約事務手数料(税込)4,180円3,300円3,300円
オプションサービスへの加入必須
(※ギガトラバリア月額330円~660円)
不要不要

ギガトラWiFiの3つ目のデメリットは初期費用が他社と比較し高額ということです。一般的な事務手数料は3,300円ですがギガトラWiFiは4,180円します。

またギガトラWiFiは契約時にはオプションサービスへの加入が必須です。オプションであるギガトラバリアは端末の破損や紛失などの保障サービスなので便利なのですが有料(330円~660円/月)です。

当然初月は月額料金も請求されるため費用はより高額となります。この点ギガトラWiFiのデメリットです。

一方ワイモバイルやソフトバンクのポケットWiFiは申し込み時にオプションサービスへの加入が必須ではありません。

初月の支払い抑えたいと考えるなら他社ポケットWiFiを検討してください。

④:口座振替に対応していない!

← 横にスクロールできます →
ギガトラWiFiワイモバイル
ポケットWiFi
ソフトバンク
ポケットWiFi
支払方法クレジットカードクレジットカード
口座振替
クレジットカード
口座振替

ギガトラWiFiの4つ目のデメリットは支払方法に口座振替を選択できないことです。ギガトラWiFiの支払方法はクレジットカード払いにしか対応していません。

クレジットカードをすでに持っているのならそれでも問題ないはずですがそうでない場合は困ってしまいます。

一方他社に目を向けるとワイモバイルとソフトバンクのポケットWiFiはどちらもクレジットカード払いと口座振替のそれぞれに対応しています。

つまり支払方法の選択肢を考えた場合ギガトラWiFiは使いやすいとはいえません。口座振替を希望する際は他社ポケットWiFiの利用を検討してください。

⑤:海外でインターネットを使えない!

← 横にスクロールできます →
ギガトラWiFiTHE WiFiZEUS WiFi
国内利用
海外通信×

ギガトラWiFiの5つ目のデメリットは海外で利用できないことです。インターネットを利用できるのは国内のソフトバンクエリアに限ります。

そのため海外旅行や出張に行くときは別途海外専用ルーターなどを用意しなくてはいけません。一方クラウドSIM対応ルーターを提供しているポケットWiFiは国外でもそのまま利用できます。

他社だとTHE WiFiやZEUS WiFiがクラウドSIMに対応しています。

国内だけでなく海外でもスムーズにインターネットを使いたいと思うなら、クラウドSIMを提供する他社への申し込みを検討してください。

ギガトラWiFiを契約する2つのメリットを解説!

残念ながらデメリットの多かったギガトラWiFiでしたがメリットもあるので覚えておいてください。特に上の2点は他社と比較し優位なところです。次からひとつずつ解説します。

①:いつ解約しても違約金を請求されない!

← 横にスクロールできます →
ギガトラWiFiTHE WiFiMugen WiFi
最低利用期間1ヶ月~2年2年
違約金(税込)なし最大10,780円最大9,900円

ギガトラWiFiのひとつ目のメリットはいつ解約しても違約金を請求されないことです。ギガトラWiFiは日割り計算に対応していないため月の途中で解約しても1ヶ月分の料金を請求されます。

しかし違約金は不要です。一方他社ポケットWiFiを見ると長期間の最低利用期間が設けられている事業者も少なくありません。その場合途中で解約した場合高額な違約金を請求されます。

表で取り上げているTHE WiFiおよびMugen WiFiにはそれぞれ2年間の契約期間があり途中で解約した場合違約金を請求されます。

そのため違約金を支払いたくないと思うならギガトラWiFiのポケットWiFiが最適です!

②:端末代が無料!

← 横にスクロールできます →
ギガトラWiFiワイモバイル
ポケットWiFi
ソフトバンク
ポケットWiFi
端末代無料10,800円24,546円
端末扱いレンタル買取買取

ギガトラWiFiの2つ目のメリットは端末代が無料ということです。ギガトラWiFiの端末はレンタル扱いのため解約時必ず返却しなくてはいけません。しかし端末の購入費用は不要です。

他社に目を向けると端末買取扱いの事業者も少なくありません。例えば上の表で紹介しているワイモバイルとソフトバンクのポケットWiFiが当てはまります。

端末代は高額なのがネックです。特にソフトバンクのポケットWiFiの端末代は24,546円もします。

レンタル扱いでもよいので高額な端末代を支払いたくないと思うならギガトラWiFiの申し込みが最適です!

ギガトラWiFiの契約前に気をつけたい得をするための3つのポイントを解説!

ギガトラWiFiを申し込む上で抑えておきたい得する3つのポイントを紹介します。特に全額保証制度は便利なので覚えておきましょう。次からひとつずつ解説します!

①:30日以内の解約なら全額返金保証制度を利用する!

全額返金保証の適用条件
  1. 端末発送日から3週間以内に端末を返却し返送時に追跡番号も伝える
  2. ギガトラWiFiの利用がはじめてであること
  3. クーポンを利用しての申し込みであること
  4. 返却手数料1,100円を支払うこと

ギガトラWiFiをお得に利用するための1つ目のポイントは「全額返金保証制度」を利用することです。これはギガトラWiFiと契約後30日以内なら申し込みをキャンセルできるシステムです。

思っていたほど速度がでない、電波の入りが悪いなどの理由で解約したいときは上記4つの条件をクリアすれば解約できます。

必ず発送日から3週間以内に端末を返却するのを忘れないでください。

また返金までの具体的な流れについてはギガトラWiFiに問い合わせるとその時教えてくれると公式ページに記載されています。

全額返金保証制度はギガトラWiFiだけでなくポケットWiFiをはじめて利用する場合にも役立つサービスです。ぜひ利用してみてください!

②:解約後は期限までに必ず端末を返送する!

発送

ギガトラWiFiをお得に使うためのポイント2つ目は端末の返却に関することです。ギガトラWiFiの端末はレンタル扱いなので解約するときは必ず返却しなくてはいけません。

返却期限は「解約月の末日」です。期限までに返却しないと翌月分の月額料金を請求されてしまいます。無駄なお金を支払わないためにも注意してください。

なお返却物は端末一式なので漏れなく返却しましょう。ネコポスやレターパックに入れて送るとスムーズです!

③:初月は日割り計算ではないのでタイミングによっては翌月スタートとする!

カレンダー

ギガトラWiFiをお得に使うためのポイント3つ目は利用開始日に注意することです。残念ながらギガトラWiFiの契約初月の料金は日割り計算ではありません。

つまりいつ申し込んでも丸々1ヶ月分の料金を請求されてしまいます。その場合例えば月末が開始日だと割高になってしまうのです。

毎月「1日~27日」の間に申し込むと「当月スタート」と「翌月スタート」の選択が可能です。「28日~月末」の間に申し込むと必ず翌月スタートになります。

そのため月末など申し込みのタイミングによっては来月スタートにするとコスト的にお得です!

ギガトラWiFiの解約方法を3ステップで解説!

解約方法

  1. 解約希望月の21日までに問い合わせフォームから解約の連絡をする!
  2. 端末一式を当月末までに返却する!
  3. 解約完了!

ギガトラWiFiの解約方法を解説します。上記3ステップで解約できます。特別難しいことはありませんが当月21日までに解約するのを忘れないでください。

というのも毎月21日が解約手続きの期限だからです。過ぎた場合は翌月扱いの解約となりひと月分余計に月額料金を請求されてしまいます。

手続きが終わったら端末の返却も忘れず行いましょう。端末一式を解約月の末日までにギガトラWiFiに返送します。こちらも期限を過ぎた場合翌月分の月額料金が発生します。

端末一式は追跡サービスのあるレターパックなどに入れ送ってください。返却先住所は解約の問合せをしたあとメールが来るのでそちらを確認してください。

以上の注意点を抑え確実に解約しましょう!

ギガトラWiFiに関する7つのFAQ

ギガトラWiFiを申し込む前に抑えておきたいよくあるFAQをまとめて紹介します。

どれも問合せの頻度の多い内容のものばかりなので知っておくと役立つはずです。次からひとつずつ解説するので注目してください!

ギガトラWiFiのSIMのみプランはテザリングできますか?

いいえ。残念ながらテザリングに対応していません。

ギガトラWiFiの速度制限中の速度はどの程度ですか?

速度制限がかかると通信速度は概ね128kbpsに落ちます。リセットされるのは毎月1日です。

ギガトラWiFiのクーポンはどこで手に入りますか?

クーポンはギガトラWiFiの申し込みページで「クーポンコードがない方はこちら」をクリックすると適用されます。契約手続きの際ぜひ使用してください。

SIMのみプランのSIMカードはどうやって使うの?

SIMのみプランで契約したSIMカードはSIMフリー端末に挿して使用します。

SIMのみプランでSMSは使えますか?

SIMのみプランではデータ通信およびSMSの受信が可能です。SMSを送信すると賠償金5,500円を請求されるため注意してください。

発送はいつですか?

当月利用の場合は3営業日以内の発送、翌月からの利用の場合は開始月の4日までに発送されます。

契約情報の確認はどこでできる?

契約者情報はギガトラWiFiのマイページで確認できます。

ギガトラWiFiについてのまとめ

この記事のまとめ

  • SIMのみプランを選択しても月額料金は他社より高い!
  • 初期費用が他社と比べて高い!
  • 口座振替に対応していない!
  • いつ解約しても違約金を請求されない!
  • 端末代が無料!

ギガトラWiFiの最後まとめに入ります。今回のポイントとなるのは上記5つです。

残念ながら月額料金と初期費用が他社ポケットWiFiと比べて高い、口座振替に対応していないなどのデメリットがありました。

メリットは解約にあたり違約金が必要ないこと、レンタル扱いのため高額な端末購入費用がかからないことでした。違約金がないため短期契約を検討しているなら申し込む価値はあります。

しかしコスト重視ならあまりおすすめできません。サービスの詳細が気になる場合は下のリンクより公式ページもチェックしてみてください!

ギガトラWiFiの公式HPはこちら