【5社比較】口座振替対応のおすすめポケットWiFiと3つの注意点を解説!

マサ
マサ
おすすめのポケットwifiを紹介するメディア「Excite WiMAX比較」ライターのマサです。

口座振替で申し込めるポケットWiFiを知りたいという人は多いです。あなたもそうではないでしょうか?

本記事では、数少ない口座振替対応のおすすめポケットWiFiおよびWiMAXを紹介します。選ぶコツや注意点に注目してください。

なお「Broad WiMAX」が最も使いやすいWiMAXなのですが、その理由についてもお伝えしています。ぜひ参考にしてください。

口座振替対応のポケットWiFi5社を5つの項目で比較!

← 横にスクロールできます →
実質月額料金契約期間回線容量制限最大速度
縛りなしWi-Fi4,730円(税込)WiMAX100GB/月
(3日で10GB)
1.2Gbps
BIGLOBE WiMAX4,378円(税込)1年WiMAX100GB/月
(3日で10GB)
1.2Gbps
Broad WiMAX3,910円(税込)3年間WiMAX
au
100GB/月
(3日で10GB)
1.2Gbps
UQ WiMAX4,268円(税込)2年間WiMAX100GB/月
(3日で10GB)
1.2Gbps
ワイモバイルポケットWiFi4,818円(税込)SoftBank
AXGP
7GB/月
100GB/月
(3日で10GB)
838Mbps

口座振替に対応したポケットWiFi(WiMAX)をそれぞれ5つの項目で比較しています。ちなみにWiMAXとは、KDDIグループが提供する通信回線のこと。

まず、口座振替に対応しているポケットWiFi(WiMAX)は多くないということは知っておきましょう。ほとんどがクレジットカード払いにしか対応していません。

各ポケットWiFiの最大速度や容量制限、回線種類を参考にしてください。各社サービス内容は様々です。特に「実質月額料金」に注目しましょう。

毎月の月額料金を最も抑えたいと考えるならBroad WiMAXがおすすめです。ただし、契約期間は「3年間」なのでその点は理解しておいてください。

とはいえ、インターネットサービスは基本的に一度契約すると使い続ける人が多いのが現実です。

短期契約だと、新たなポケットWiFiを毎回考えなくてはいけないため、手間がかかるからです。

口座振替に対応したポケットWiFiを選ぶ際のポイントを3つ紹介!

ここでは、口座振替に対応したポケットWiFiを選ぶポイントを3つ紹介します。特に「利用可能なサービス」に注目すると、よりお得に使えるので参考にしてください。

次から1つずつ解説するので見ていきましょう。

①:データ量は自分の使い方に合っているか

← 横にスクロールできます →
用途1GBの目安
メール送受信約2,090通
ニュースサイトの閲覧約3,490ページ
動画視聴約4.5時間
音楽のダウンロード約250曲

ポケットWiFiの料金は使用できる「データ量」によって異なります。当然データ容量が小さければ金額は抑えられるわけですが、その代わり使い方が限られてしまいます。

つまり、金額だけでなく、あなたの目的に合ったプランやポケットWiFiを選ぶのが大事です。上に1GBで使用できる各サービスの目安を記載しました。

メールなどは一回のデータ量が大きくないため、1GBでも個人で利用するなら十分です。ですが、動画などデータサイズの大きいものは、ある程度視聴時間は限られてしまいます。

ちなみに1GBだと「約4.5時間」です。「YouTubeで好きな動画をたくさんみたい!」「LINEのビデオ通話を使いたい!」などと考えているなら、データ量の大きいプランを選びましょう。

②:利用可能なサービスで判断する!

← 横にスクロールできます →
利用可能なサービス
Broad WiMAX端末代無料
店舗で最短当日受け取り
違約金不要で他回線サービスへの乗り換え
UQ WiMAX15日間無料お試し(Try WiMAX)
店舗での当日受取
縛りなしwifi違約金なし
(縛りなしプラン)

口座振替に対応したポケットWiFiを選ぶ際は、利用可能な「サービス」にも注目しましょう。「口座振替に対応していればどこでもいい!」などと考えていると損をしてしまいます。

上の表を見てください。代表的なポケットWiFi(WiMAX)で利用できるサービスを紹介しています。

UQ WiMAXの無料お試し「Try WiMAX」や縛りなしWi-Fiの違約金なしなどは便利ですが、特にBroad WiMAXは魅力的です。

例えば、WiMAXに申し込んでみたが不満だという場合は、固定回線など他の回線サービスに違約金なしで乗り換えできます。また、受取店舗があるので最短当日に端末を受け取れます。

WiMAXの回線元であるUQ WiMAXだと端末代は16,500円(税込)しますが、Broad WiMAXなら無料です。このようにお得に使えるため、各社で提供しているサービスは事前に確認しましょう。

③:速度制限は受けにくいか?

← 横にスクロールできます →
条件容量制限制限中の速度速度制限の発生条件
ギガ放題プラン10GB/3日間概ね1Mbps3日間のデータ量が10GBを超えた日の翌日18時頃から翌々日2時頃まで速度制限がかかる
7GBプラン7GB/月概ね128kbps月間合計7GBを超えると月末まで速度制限がかかる
ハイスピードプラスエリアモード7GB/月概ね128kbps月間合計7GBを超えると月末まで速度制限がかかる

ポケットWiFiやWiMAXでは使用できるデータ容量が決まっています。その上限を超えてしまうと「速度制限」を受けてしまいます。

上にWiMAXの速度制限の発生条件を記載しました。残念ながら無制限で利用できるプランは存在せず、それぞれ一定の条件に達した場合速度制限が発生します。

ですが、これはWiMAXに限らず他のポケットWiFiでも同様です。そのためあなたが頻繁にネットを使うのであれば、なるべく速度制限を受けにくいプランを選びましょう。

WiMAXなら「ギガ放題プラン」がベストです。なお、WiMAXの通信モードの1つに「ハイスピードプラスエリアモード」があります。

これは、auのLTE回線が使用できるもので、障害物に強いのがメリットです。こちら、月間7GBの制限があるので、お使いの電波状況に合わせて使用しましょう。

口座振替対応のポケットWiFiなら「Broad WiMAX」がおすすめ!

Broad WiMAXをおすすめする理由
  1. 端末代が無料!
  2. 端末の当日受取が可能!
  3. 違約金不要で他の回線に乗り換え可能!

数少ない口座振替対応のポケットWiFi(WiMAX)ですが、中でも最もおすすめしたいのは「Broad WiMAX」です。というのもBroad WiMAXには他社にはない魅力があるからです。

まず、端末代が無料なのがメリットです。例えばBIGLOBE WiMAXで購入すると21,120円(税込)します。そのため端末代だけでコストがかさみます。

また、端末の受取店舗があるため、申し込み後最短当日に端末を受け取れます。

現在店舗は「渋谷」と「秋葉原」の2店舗のため数は限られていますが、人気のWiMAXなので今後増えることは容易に予想できます。

はじめてWiMAXを申し込む場合でも安心です。以上の理由から、口座振替のポケットWiFi選びで迷ったら「Broad WiMAX」への申し込みを検討してみてください。


Broad WiMAXの公式HPはこちら!

口座振替対応のポケットWiFiを契約する際の3つの注意点!

口座振替に対応したポケットwifiを契約する際に、注意してほしい3つのポイントについて解説していきます!

①:クレジットカード払いと比較しコストが膨らむことがある!

← 横にスクロールできます →
口座振替コンビニ払いクレジットカード払い
手数料165円(税込)〜220円(税込)程度165円(税込)〜220円(税込)程度
キャンペーンキャッシュバック(※BIGLOBE WiMAX)キャッシュバック
初期費用無料
他社違約金負担など
ポケットWiFi
(WiMAX)
BIGLOBE WiMAX
UQ WiMAX
Broad WiMAXなど
イモトのWiFi
UQ WiMAX(※口座振替までのつなぎ)
Broad WiMAX
GMOとくとくBB
UQ WiMAX
BIGLOBE WiMAX
縛りなしWiFi
モンスターモバイルなど多数

口座振替でポケットWiFiやWiMAXを選ぶ際に注意したいのは「コスト」です。残念ながらほとんどのキャンペーンはクレジットカード払いが条件のため、口座振替では適用されません。

同様にコンビニ払いも限られたポケットWiFiでしか利用できません。クレジットカードで利用できるキャンペーンの中には、高額キャッシュバックや、初期費用無料などがあります。

そのため、コストを抑えたいなら、本来クレジットカード払いを選択しキャンペーンを利用するのがベストです。また、口座振替・コンビニ払いともに手数料もかかります。

どうしてもクレジットカードがない場合は仕方ありませんが、お得にポケットWiFiを使いたいなら口座振替は避けるべきということは覚えておきましょう。

②:口座振替だと申し込みに時間のかかることがある!

口座振替で申し込むと、申し込みに時間がかかる場合があるのも注意点です。

例えば、クレジットカード払いだと即日申し込みが可能でも、口座振替だと数日から一週間程度審査に時間がかかってしまいます。

というのも、口座振替用紙を郵送したり、本人確認書類を提出したりするからです。ですが、Broad WiMAXなら即日申し込みおよび、端末の即日受取が可能です。

店舗は現在渋谷と秋葉原に限りますが、少しでもはやく端末を手にしたいと考えるなら「Broad WiMAX」を選びましょう。

③:口座振替に対応したサービスは非常に少ない!

← 横にスクロールできます →
クレジットカードのみクレジットカードと口座振替
GMOとくとくBB
Sonet WiMAX
JPWiMAX
カシモWiMAX
朝日ネット WiMAXなど
Broad WiMAX
BIGLOBE WiMAX
UQ WiMAX

口座振替対応のポケットWiFiは「ほとんどない」ということは覚えておきましょう。口座振替だと、申込者に支払い能力があるかの調査が必要だからです。

プロバイダは直接口座の調査を行わなくてはいけません。つまり口座振替だと手間がかかってしまいます。

一方クレジットカードなら信用調査を省けるのがメリットです。というのも、すでにクレジットカードの審査に通過しているからです。

実際に上の表にクレジットカードのみ対応したWiMAXと、クレジットカードと口座振替に対応したWiMAXを記載しました。これがすべてではありませんが、明らかに数に差があります。

まとめ

まとめ
  • 口座振替対応のポケットWiFiは、自身の使い方にあったサービスを選ぶ!
  • 口座振替はクレジットカードよりコストがかさむ!
  • 口座振替で最もおすすめはBroad WiMAX!

今回は、口座振替に対応したポケットWiFiの選び方についてお伝えしてきました。口座振替に対応したサービスは残念ながらほとんどありません。

その中でも選ぶときは、自身の使い方に合わせたサービスやプランを選びましょう。料金が安いだけだと、使いにくいと感じてしまう恐れがあります。

また、口座振替はクレジットカードに比べコストがかさむことは覚えておいてください。キャンペーンの適用条件に該当しないケースがほとんどだからです。

その中でもおすすめは「Broad WiMAX」です。端末無料や、即日受取、何よりWiMAXに満足できない場合は他の回線に違約金不要で乗り換えできます。

今回の記事を読んで気になったら、まずは公式ページを覗いてみてください。


Broad WiMAXの公式HPはこちら!