巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

「鳥のうんちシール」 が発売! 盗難防止に最適、と開発者の本木氏は真面目

このエントリーをはてなブックマークに追加
『鳥のうんちシール』4月1日に発売! エイプリルフールの冗談ではなく本当の話だ。リアルな質感を再現したシールは、サドルなどに貼ればどう見ても鳥のウンチだ。そもそも、ある犯罪を防止できればとの思いもあって作ったという。開発者の本木レオガさん(千葉工業大学大学院)にお話を聞いてみた。
▲『鳥のうんちシール』4月1日発売。冗談ではなく、本当に発売。

【『鳥のうんちシール』 作ろうと思ったきっかけ】


「親しい人を驚かすアイテムとしても使えるんですが、実は自転車やバイクなどの盗難防止になればと思って作りました」(本木さん)
そもそも、鳥のウンチシールは本木さんが大学の卒業制作として作ったものだった。「◯◯そうで××」をテーマに何を作るか考え抜いた末、イメージと機能との間にギャップを感じる製品を提案することを決意した。それも、単にギャップがあるというだけではないものにしようとした。

「日本はグローバル化によって、分かりやすさを求められるようになりました。ユニバーサルデザインの考え方も強まりましたが、果たしてそれが全てなんだろうかと思ったんです。イメージと機能が結びつきにくいからこそ解決できる問題もあるんじゃないか……と思って企画、開発しました」
つまり、一見冗談で作ったシールのようで、実は犯罪防止を目論んで開発したというわけだ。
▲使用例その1 あぁ……。どう見てもアレだ。

「あまり広く知れわたってしまっても『どうせシールでしょ?』ってバレてしまう可能性があるので痛し痒し……というところはあります」とのこと。※そもそも、自転車やバイクを盗むこと自体が犯罪なのでやめましょう。

ライター情報: やきそばかおる

テレビやカルチャーにまつわる雑誌や書籍の仕事に携わったり、動物の写真を撮ったり、焼きそばを作ったり、消しゴムはんこを彫ったり……の楽しい毎日です。

URL:https://twitter.com/yakisoba_kaoru

2015年4月1日 10時30分

注目の商品